for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ブリヂストン

5108.T

現在値

3,389.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

2,861.50

 - 

4,734.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,389.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
35.71
高値
--
安値
--
52週高値
4,734.00
52週安値
2,861.50
発行済株式数
704.12
時価総額
2,418,723.00
予想PER
24.96
配当利回り
3.84

次のエベント

Q3 2020 Bridgestone Corp Earnings Release

適時開示

その他

Bridgestone representatives will also be present at talks next Monday with French govt -Attal

Bridgestone Corp - Shuichi Ishibashi To Become CEO, Group CEO After Annual Shareholders Meeting At End-March

Bridgestone Joins International Space Exploration Mission With Jaxa & Toyota

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ブリヂストンとは

ブリヂストングループは、タイヤ事業を主なる事業とする。【事業内容】同社は、2つの事業セグメントを運営する。タイヤ事業は、乗用車用、トラック・バス用、建設・鉱山車両用、産業車両用、農業機械用、航空機用、二輪自動車用のタイヤ・チューブ、タイヤ関連用品、リトレッド材料・関連技術、自動車整備・補修及びタイヤ原材料などを提供する。多角化事業は、自動車関連部品、ウレタンフォーム及びその関連用品、電子精密部品、工業資材関連用品及び建築資材関連用品などの化工品の提供、屋根材事業、ゴルフボール及びゴルフクラブなどのスポーツ用品の提供、自転車及び自転車関連用品の提供、並びにファイナンス事業を行う。

業種

Tires

連絡先

20F-24F

Tokyo Square Garden, 3-1-1, Kyobashi

CHUO-KU, TKY

104-8340

Japan

+81.3.68363001

https://www.bridgestone.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masaaki Tsuya

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Akihiro Eto

President, Chief Operating Officer, Representative Executive Officer, Director

Shuichi Ishibashi

Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Masahiro Higashi

Vice Chairman, Representative Executive Officer

Paolo Ferrari

Executive Vice President, Chairman, President & Chief Executive Officer of Subsidiary

統計

2.82 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

3.6K

2018

3.7K

2019

3.5K

2020(E)

3.0K
EPS (JPY)

2017

375.670

2018

387.950

2019

404.950

2020(E)

133.190
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.77
株価純資産倍率(四半期)
1.09
株価キャッシュフロー倍率
5.94
総負債/総資本(四半期)
49.72
長期負債/資本(四半期)
30.21
投資利益率(過去12カ月)
5.06
自己資本利益率(過去12カ月)
3.84

最新ニュース

最新ニュース

仏政府、ブリヂストンと共同で工場に投資する用意=高官

フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は12日、ブリヂストン<5108.T>が閉鎖を検討している仏北部ベチューンのタイヤ工場について、フランス政府は同社と共同で工場に投資する用意があると表明した。

仏政府、ブリヂストンと工場閉鎖の代替策協議へ=高官

フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は21日、ブリヂストン<5108.T>が閉鎖を検討する仏北部ベチューンのタイヤ工場について、同社やその関係者と今後2-3週間のうちに代替シナリオを議論する考えを示した。

フランス政府、閉鎖検討のブリヂストン工場に閣僚を派遣

フランス政府は21日にも、ブリヂストン<5108.T>が閉鎖を検討している北部ベチューン工場に2閣僚を派遣する方針。ボルヌ労働相が18日、ラジオ番組で述べた。

ブリヂストンの仏工場閉鎖阻止に向け闘う=ルメール経財相

フランスのルメール経済・財務相は17日、同国北部ベチューンにあるブリヂストン<5108.T>工場の閉鎖阻止と雇用の維持に向けた方策を模索する考えを示した。

ブリヂストンの仏工場閉鎖阻止に向け闘う=ルメール財務相

フランスのルメール財務相は17日、ブリヂストン工場の閉鎖阻止と雇用の維持に向けた方策を模索する考えを示した。

ブリヂストンが収益悪化でべチューン工場閉鎖へ、フランス反発

ブリヂストン<5108.T>は16日、欧州の乗用車用タイヤ市場の収益構造悪化などを踏まえ、グループ会社ブリヂストン フランス エスエーエスが保有する仏べチューン工場の閉鎖に向けて関係者と協議に入ったと発表した。乗用車用タイヤを生産する同工場の従業員数は863人で、生産能力は1日約1万7000本。

ブリヂストン、仏べチューン工場閉鎖へ 乗用車用タイヤの収益悪化で

ブリヂストンは16日、欧州の乗用車用タイヤ市場の収益構造悪化などを踏まえ、グループ会社ブリヂストン フランス エスエーエスが保有する仏べチューン工場の閉鎖に向けて関係者と協議に入ったと発表した。乗用車用タイヤを生産する同工場の従業員数は863人で、生産能力は1日約1万7000本。

ブリヂストン、南アのポートエリザベス工場閉鎖へ協議開始

ブリヂストン<5108.T>は21日、同社が保有する南アフリカのポートエリザベス工場の閉鎖に向け協議を開始すると発表した。タイヤ・ゴム事業では生産拠点の最適化を含む経費・コスト構造改革とともに、「稼ぐ力」の再構築を図っており、その取り組みの一環。

情報BOX:豪雨でトヨタなどの工場が停止 8日にはおおむね再開

九州地方を中心に襲った豪雨は企業の生産活動に大きな影響を与えた。同地方に生産拠点を構える自動車関連メーカー各社は従業員の安全などを考慮し、6日の操業を見合わせた。8日にはほとんどの工場で操業を再開した。エレクトロニクス関連も一時操業停止する拠点があったが、きょうまでに通常稼働に戻ってきている。主な工場の稼働状況は以下の通り。

〔情報BOX〕九州の豪雨でトヨタ、マツダなどの工場が操業停止

九州地方を襲った豪雨は、企業の生産活動に大きな影響を与えた。同地方に生産拠点を構える自動車関連メーカー各社は従業員の安全などを考慮し、6日の操業を見合わせた。7日は一部で再開の動きもみられるものの、休止している工場もある。主な工場の稼働状況は以下の通り。

早期再開目指す自動車大手、工場従業員の安全策整備を加速

世界の自動車大手は、新型コロナウイルス感染拡大が経営を直撃するなか、流行が始まった中国・武漢市や急速に感染が広がるイタリア、さらには自動車産業が集まる米ミシガン州に至る各地で、工場を再開する取り組みを加速させている。

米主要スポンサー、東京五輪の1年延期を支持

2020年東京五輪の米主要スポンサーは、国際オリンピック委員会(IOC)と安倍晋三首相が合意した1年程度の延期に支持を表明した。スポンサー契約に詳しい専門家によると、多額の協賛金の返金は求めないとみられる。

アングル:東京五輪に不透明感、動揺するスポンサー企業

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が本格化し、7月からの東京五輪・パラリンピック開催に不透明感が漂い始めた。国際オリンピック委員会(IOC)をはじめ、主催者側は中止も延期もないと強く主張しているが、多額の協賛金を支払う五輪のスポンサー企業の間には動揺がみられる。

アングル:総会開催で苦悩する企業、感染対策で「バーチャル」に弾みも

新型コロナウイルスによる感染症の拡大に終息の兆しが見えないなかで、企業は定時株主総会の開催で頭を悩ませている。感染防止策を講じながら通常通りの会場開催を決める企業が多いが、オンラインでの視聴・議決権行使を併用する「ハイブリッド」の総会を開催する企業も出始めている。感染防止の取り組みが、今後のオンラインの活用に弾みをつけるとの見方もある。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が下値支持

<16:29> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が下値支持 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3321円97銭=11日)が 下値サポ―トとして機能した。 騰落レシオ(東証1部、25日平均)は129%台と高値圏。25日移動平均線からの上方乖離率も3 .80%と高水準となっている。長短すべての移動平均線が上向きで、強い基調を維持していることは間違 いないものの、目先はスピード調整が入り、過熱感を冷ます動きとなる可能性もある。 <15:15> 新興株式市場はしっかり、メルカリなどに突っ込み買い 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、メルカリなどに突っ込み買い

<15:15> 新興株式市場はしっかり、メルカリなどに突っ込み買い 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。前 週末に急落して場味を悪くしたメルカリ が反発したことで安心感を誘った。市場 では「最近、急落した銘柄に対して、リバウンド狙いの突っ込み買いが目立っている」( 国内証券)との声が出ている。 マザーズ市場では、メルカリが切り返したほか、EduLab がストップ高 比例配分。フィット も一時ストップ高となった。半面、ユーザーローカル<3984. T>が一時ストップ安となった。 ジャスダック市場では、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、見送りムード広がる

<13:50> 日経平均は弱もちあい、見送りムード広がる 日経平均は弱もちあい。後場に入ってから、方向感が定まらず、見送りムードが広が っている。午後1時50分時点で、日経平均の上下振れ幅は30円に満たない。市場では 「香港情勢などを見極めたいという気分があるほか、連休明けの米国株式市場の動向をみ たい様子で、目立った動きがみられない」(国内証券)との声も聞かれる。 <11:54> 前場の日経平均は反落、利益確定売り優勢 香港情勢を注視  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円95銭安の2万3343円92 銭となり、反落した。...

前場の日経平均は反落、利益確定売り優勢 香港情勢を注視

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円95銭安の2万3343円92銭となり、反落した。前週末の米国株市場が上昇した流れを引き継ぎ、朝方は買いが先行。上げ幅を一時80円近くまで拡大した。ただ、その後は米中通商協議を巡る不透明感や連騰後の高値警戒感などから売りが優勢となり、マイナス圏に沈んだ。

ホットストック:ブリヂストンは反落、今期業績予想の下方修正で

ブリヂストンは反落。8日、2019年12月期の連結営業利益予想を従来の3750億円から3300億円(前年比18.1%減)に下方修正すると発表したことなどが嫌気されている。従来計画比で需要低迷によるタイヤ販売本数の減少を織り込んだ。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=11日

0.36%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 オービック 24.33 02 シーイーシー 24.49 03 ネットワンシステムズ 25.39 04 ワッツ 27.10 05 伊藤忠テクノソリューション 27.75 ズ 06 SCSK 28.82 07 ファイバーゲート 29.97 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up