for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AGC株式会社

5201.T

現在値

4,900.00JPY

変化

40.00(+0.82%)

出来高

795,400

本日のレンジ

4,845.00

 - 

4,905.00

52週レンジ

4,105.00

 - 

6,040.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,860.00
始値
4,855.00
出来高
795,400
3か月平均出来高
21.91
高値
4,905.00
安値
4,845.00
52週高値
6,040.00
52週安値
4,105.00
発行済株式数
221.97
時価総額
1,114,463.00
予想PER
9.19
配当利回り
3.27

次のエベント

Dividend For 5201.T - 105.0000 JPY

適時開示

その他

AGC Inc - To Sell Architectural Glass Business In North America For $450 Million

MolMed Bidder AGC To Complete Squeeze Out

MolMed Reports Final Results Of Tender Offer By AGC

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AGC株式会社とは

AGC(旧名:旭硝子)グループは、主にガラス事業を行う。【事業内容】ガラス事業は、主要製品はフロート板ガラス、型板ガラス、網入り磨板ガラス、Low-E(低放射)ガラス、装飾ガラス、建築用加工ガラス(断熱・遮熱複層ガラス、防災・防犯ガラス、防・耐火ガラス等)、自動車用ガラス等を含む。電子事業は、液晶用ガラス基板、ディスプレイ用特殊ガラス、車載ディスプレイ用カバーガラス、ディスプレイ用周辺部材、ソーラー用ガラス、産業用加工ガラス、半導体プロセス用部材、オプトエレクトロニクス用部材、照明用製品、理化学用製品等である。化学品事業は、 塩化ビニル、塩化ビニル原料、苛性ソーダ、ウレタン原料、フッ素樹脂、撥水撥油剤、ガス、溶剤、医農薬中間体・原体、ヨウ素製品等である。同社はまた、セラミックス製品、物流・金融サービスの提供に従事する。

業種

Constr. - Supplies & Fixtures

連絡先

1F, Shin-Marunouchi Bldg.

1-5-1, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8405

Japan

+81.3.32185741

https://www.agc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Takuya Shimamura

Chairman of the Board

Yoshinori Hirai

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Shinji Miyaji

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Chief Compliance Officer, Chief Director of Business Planning, Representative Director

Toshiro Kasuya

Managing Executive Officer, Director of Accounting & Finance

Hideyuki Kurata

Senior Managing Executive Officer, Chief Technology Officer, Chief Director of Technology, Director of Business Development, Representative Director

統計

1.79 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.5K

2020

1.4K

2021

1.7K

2022(E)

1.8K
EPS (JPY)

2019

200.850

2020

147.840

2021

559.110

2022(E)

533.155
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.68
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.63
株価純資産倍率(四半期)
0.79
株価キャッシュフロー倍率
3.30
総負債/総資本(四半期)
47.12
長期負債/資本(四半期)
35.05
投資利益率(過去12カ月)
8.52
自己資本利益率(過去12カ月)
6.08

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は大幅反落、ロシアのウクライナ原発攻撃でリスク回避

東京株式市場で、日経平均は前営業日比591円80銭安の2万5985円47銭と、大幅に反落して取引を終えた。ロシア軍の攻撃によってウクライナの原発で火災が発生したと伝わり、リスク回避の売りが強まった。2月24日につけた昨年来安値(2万5775円64銭)を更新する場面もあった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、半値戻しが視界に

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7579円87銭。5日移動平均線(2万7358円91銭=9日)を上放れた。25日線(2万7691円23銭=同)に接近しており、年明け後の下落局面の半値戻しとなる2万7716円34銭(終値ベースでは2万7751円23銭)も視界に入る。

日経平均は続伸、決算物色が支え トヨタは発表後に上げ幅縮小

東京株式市場で日経平均は続伸した。米株高を受けて高く寄り付いた後も、企業決算を手掛かりとした物色が支えとなり、堅調に推移した。場中に決算を発表したトヨタ自動車は営業利益予想を据え置き、上げ幅を縮小した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、米グロース株高で投資家心理を支援

新興株市場は、東証マザーズ指数が5日ぶりに反発した。日経ジャスダック平均も3日ぶりに反発した。前日の米国市場でグロース(成長)株が上昇し、投資家心理を支援した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏、トヨタが決算発表後に上げ幅縮小

日経平均は高値圏での推移となっている。トヨタ自動車が決算を発表し、同社の株価は発表前の水準から上げ幅を縮小している。2022年3月期の営業収益予想を29兆5000億円に下方修正(従来予想は30兆円)した一方、利益予想は据え置いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段高、トヨタ決算の先回り買いとの見方

日経平均は後場一段高となっており、2万7600円付近で売買が交錯している。トヨタ自動車が決算を発表する予定となっており「好決算の先回り買いが入っているようだ」(国内証券)との声が聞かれる。

前場の日経平均は続伸、決算手掛かりの物色続く 米株高が支援

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比246円30銭高の2万7530円82銭と、続伸して午前の取引を終えた。米株高を受けて高く寄り付いた後も、企業決算を手掛かりとした物色がみられ、堅調に推移した。前日に決算を発表したソフトバンクグループは約5%の大幅高となり、指数を50円程度押し上げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均伸び悩み、決算手掛かりの物色は継続

日経平均は伸び悩んでいる。続伸で寄り付いた後、前営業日比259円24銭高の2万7543円76銭の高値をつけたが、戻り売りに上値を抑えられた。

AGC、21年12月期は営業益2.7倍・当期利益3.8倍 一部事業で減損

AGCは8日、21年12月期(国際会計基準)の連結営業利益が前期比2.7倍の2061億円になったと発表した。欧州を中心に建築用ガラスの販売価格が上昇したほか、自動車用ガラスも前期に比べ出荷が増加した。半導体関連製品も堅調だった。

日経平均は反落、前日上昇の反動 祝日やFOMCを前に模様眺め

東京株式市場で日経平均は、反落した。前日の米国株は上昇したが、日本株は前日の大幅上昇の反動で利益確定売りが先行。明日の祝日や米連邦公開市場委員会(FOMC)の開催を前に、全般的に模様眺めとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、方向感欠き不安定な地合いを示す

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、方向感欠き不安定な地合いを示す 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。若干ながら前日の安値を下回り「はらみ線」 にはならなかったが、方向性を欠く足を引いて地合いが不安定であることを示している。引き続き終値が2 00日移動平均線(2万7865円70銭=3日現在)を下回っており、これを上回るまでは底打ちとは断 言できない。ただ、5日移動平均線(2万7614円10銭=同)を上回っていることが下値に対する不安 も後退させており、当面は時価近辺でもみあう可能性が高い。 <15:10> 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード強い

<15:10> 新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード強い 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は小反落したものの、日経ジャスダック平均は続伸した。 市場では「新興市場でもマーケット参加者が減っており、見送りムードが強くなっている」(国内証券)と の声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.26%安。弁護士ドットコム 、ウォンテッドリー が軟 調となったが、ベイシス が大幅上昇。前日に大幅安となったサーキュレーション が小反発 した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.31%高。不二硝子 がストップ高となり、ニッポン高...

〔マーケットアイ〕株式:軟調に推移、不安定な地合いが続く 海運株が活況

<14:10> 軟調に推移、不安定な地合いが続く 海運株が活況 日経平均は軟調に推移している。前場に比べて下げ幅は縮小しているものの、一気に戻す雰囲気は感じ られない。不安定な地合いが続き、薄商いとなっている。そうした中で、物色面では好業績株に買いが向か い、商船三井 が連日の年初来高値更新となるなど海運株が活況を呈した。 市場では「日経平均は200日移動平均線を下回った状態が続いているため、基調が弱いとの印象が強 い。新たに買いポジションが取れない状況だ」(国内証券)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は反落、米景気減速...

午前の日経平均は反落、米景気減速や感染拡大への警戒感が重し

3日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比221円76銭安の2万7559円26銭となり、反落した。米景気減速や新型コロナウイルスの感染拡大、中国株の軟調な動きなどへの警戒感が重しとなって、朝方に安く始まった後も、景気敏感株などで上値の重い展開が続いた。 

ホットストック:AGCが買い気配、純利益予想3.6倍への上方修正を好感

AGCが買い気配となっている。2021年12月期の業績予想の上方修正を2日に発表し、好感されている。連結純利益(国際会計基準)予想を前期の約3.6倍の1170億円(従来予想は830億円)とし、IBESがまとめたコンセンサス予想の950億円を上回った。営業利益予想は同約2.4倍の1800億円に引き上げた。

AGC、通期純利益見通し1170億円に上方修正 配当予想引き上げ

AGCは2日、2021年12月期の連結純利益予想を1170億円に上方修正すると発表した。従来予想は830億円だった。東南アジアで塩化ビニル樹脂の販売価格が想定を上回ったほか、北米建築用ガラス事業売却で約250億円の譲渡益が発生した。

ホットストック:AGCが急反発、1―6月営業益が4.4倍と報道

AGCが急反発。2021年1―6月期の連結営業利益が前年同期の4.4倍になったことがわかったと一部で報じられ、好感する動きが先行した。

AGC、北米建築向け事業を米社に売却 譲渡益250億円を計上へ

AGCは15日、北米建築用ガラス事業を米カーディナル社に4億5000万ドル(約495億円)で売却すると発表した。今年7月に完了予定。これに伴い譲渡益約250億円が発生する見込みで、2021年12月期第3・四半期連結決算にその他収益を計上する。

三菱総研、キリンHDや三菱製鋼などが保有株売り出し

三菱総合研究所は28日、155万6600株の売り出しを決議したと発表した。キリンホールディングスや三菱製鋼、三菱ケミカル(東京都千代田区)など12社が売り出す。

上値重い展開、決算本格化で個別物色が中心=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は上値の重い展開が予想されている。政府は週内にも緊急事態宣言の延長を決定する可能性があり、積極的に上値を追いづらいとみられている。連休明けで主力企業の決算発表がヤマ場を迎えることから、引き続き個別物色が中心になるとの見方が多い。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up