for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本興業株式会社

5279.T

現在値

726.00JPY

変化

14.00(+1.97%)

出来高

1,800

本日のレンジ

710.00

 - 

740.00

52週レンジ

545.00

 - 

1,315.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
712.00
始値
710.00
出来高
1,800
3か月平均出来高
0.06
高値
740.00
安値
710.00
52週高値
1,315.00
52週安値
545.00
発行済株式数
2.90
時価総額
2,224.61
予想PER
--
配当利回り
2.75

次のエベント

Q3 2021 Nihon Kogyo Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Nihon Kogyo to issue year-end dividend for FY 2016

Nihon Kogyo amends consolidated full-year outlook for FY 2016

Nihon Kogyo to establish joint venture with Ibaraki-based company

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本興業株式会社とは

日本興業グループは、コンクリート二次製品の製造・販売ならびにこれらに付帯する輸送、工事請負などの事業活動を行う。【事業内容】同社は、3つのセグメントを展開する。土木資材事業は、社会インフラ整備を使途としたボックスカルバートや重圧管などの暗渠製品、擁壁、側溝、河川・護岸製品などの製造・販売を主な事業とする。景観資材事業は、歩道や公園などの公共施設向けに供される舗装材、縁石や階段ブロック、擬木・擬石製品などの製造・販売を主な事業とする。エクステリア事業は個人住宅向けに立水栓を中心としたガーデン関連製品や、化粧ブロックや門柱などの住宅外構製品の製造・販売を主な事業とする。その他、子会社が製品の運送手配および出荷業務、グループの製品製造に係る型枠製作および鉄筋加工品の製造・販売も行う。

業種

Construction - Raw Materials

連絡先

4614-13, Shido

SANUKI-SHI, KGW

769-2101

Japan

+81.87.8948130

http://www.nihon-kogyo.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Hitoshi Takeda

Chairman of the Board

Ayao Tada

President, Executive President, Representative Director

Satoshi Fujita

Director of Production, President of Subsidiary, Director

Sumio Tanaka

Executive Officer, Director in charge of Accounting in Administration Unit, Director

Hideaki Kawahito

Executive Officer, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
10.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.18
株価純資産倍率(四半期)
0.32
株価キャッシュフロー倍率
4.22
総負債/総資本(四半期)
43.93
長期負債/資本(四半期)
6.20
投資利益率(過去12カ月)
2.78
自己資本利益率(過去12カ月)
1.61

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、三角もちあい上放れ後の小休止

<15:45> 日経平均・日足は「短陰線」、三角もちあい上放れ後の小休止 日経平均・日足は極端に上下にヒゲを伴う「短陰線」。上値を切り上げ、基調が強いことを示したもの の、今回の形状は「コマ」であるため、若干の気迷いを生じさせている。ただ、前日の上昇で、三角もちあ いからの上放れを鮮明にしたことで、引き続きチャート的には追撃買いの好機との感触を与えている。前日 の上げが急ピッチであったことから、この「コマ」は小休止の印象だ。 引き続き5日移動平均線(2万2380円60銭=7日現在)、25日移動平均線(2万2489円1 1銭=同)を上回っており...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、値動きの良い銘柄に資金が集中

<15:15> 新興株式市場は堅調、値動きの良い銘柄に資金が集中 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続伸した。引き続き値動きの良 い銘柄に資金が集中しており「個人投資家の買い姿勢に変化はみられない。値幅取りの人気銘柄が日替わり で登場する」(国内証券)という。 きょうマザーズ市場に新規上場したBranding Engine が買い気配を切り上げる 展開となり、初値形成は明日以降に持ち越しとなった。公募価格490円に対して、この日は1127円買 い気配で終了。差し引き約110万株の買いを残した。 ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線と25日線を上抜け

<16:55> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線と25日線を上抜け 日経平均・日足は極端に短い上ヒゲを伴う「中陽線」、先高見込みを示している。日経平均は前営業日 比407円高となり、終値は5日移動平均線(2万2315円35銭=6日)と25日移動平均線(2万2 477円55銭=同)を上抜けた。ただ、東証1部の売買代金は2兆円を下回っていることから、買い圧力 が弱いとの声も多い。市場では「見た目は強い相場だが、海外投資家不在で商いが伴っていないため、単な る一時的な買い戻しとなっている可能性が高い」(国内証券)との声が出ていた。 <16:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は続伸、防災関連に物色 直近IPO銘柄はまちまち

<16:15> 新興株は続伸、防災関連に物色 直近IPO銘柄はまちまち 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに1%超高となり続伸した。日 経平均が大幅に3日続伸したことを受け、新興株も連れ高となった。ジャスダック平均では防災関連銘柄で の物色が目立った。このところ買いが殺到していたマザーズ市場での直近IPO銘柄はまちまちとなった。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.11%高。ワークマン 、ジェクシード 、ハー モニック・ドライブ・システムズ などが上昇。そのほか、熊本県における豪雨災害に絡み、河川や 道路など...

ホットストック:麻生フオームが一時ストップ高、熊本豪雨関連で買い

麻生フオームクリートが一時ストップ高。熊本県における豪雨災害に絡み、河川や道路などインフラの復旧需要への思惑が出ている。ヤマウ、イトーヨーギョー、日本興業、ベルテクスコーポレーションなども買われている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、年初来高値がとても重い印象

<15:25> 日経平均・日足は「小陰線」、年初来高値がとても重い印象 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「小陰線」。上値・下値を いずれも切り上げるとともに、5日移動平均線(2万3320円05銭=9日現在)、2 5日移動平均線(2万3313円63銭=同)をいずれも上回っており、強い基調を維持 している。ただ、「坊主」で押し戻された動きから、再び接近してきた11月26日の年 初来高値(2万3608円06銭)がとても重いとの印象を植え付けた。 チャートは徐々に煮詰まりを呈している。上放れるか下放れるか、このところ推移し...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は高安まちまち、日経ジャスダック平均は12日続伸

<15:05> 新興株式市場は高安まちまち、日経ジャスダック平均は12日続伸 新興株式市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均は12日続伸し連日の年初来高 値更新となったが、東証マザーズ指数は反落した。市場からは「今週はIPOが注目され そうなど、新興市場に資金が集まりやすい」(国内証券)との声が聞かれる。 ジャスダック市場では、大谷工業 、日本興業 がストップ高となり、 ワークマン も小じっかりだが、日本マクドナルドホールディングス はさ えない。 マザーズ市場では、アクセルマーク がストップ高となったほか、HEROZ も一時ストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、転換線に押さえられ調整から抜け出せず

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、転換線に押さえられ調整から抜け出せず 日経平均・日足は、長い下ヒゲと短めの上ヒゲを伴う「小陽線」。75日移動平均線(2万1293円 01銭=10日現在)、一目均衡表の基準線(2万1404円86銭=同)に引き続きサポートされながら も、同じく均衡表の転換線(2万1607円39銭=同)に頭を押さえつけられる格好となり、調整局面か ら抜け出すまでに至っていない。 長い下ヒゲが強い抵抗力を示し、4日の直近安値(2万1276円01銭)を割り込まなかったことは 評価できる。一方、上値の目安として意識される...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPO中心に利益確定売りが先行

<15:10> 新興株市場はさえない、直近IPO中心に利益確定売りが先行 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落した。全体的に見送 りムードが広がり、直近IPOを中心に利益確定売りが先行する展開となっている。 個別銘柄では、ワークマン が年初来高値を更新したほか、創通 がストップ高比例配分 で寄り付き、日本興業 、トランザス もストップ高。半面、そーせいグループ 、メ ルカリ 、UUUM などが軟調となった。 直近IPOでは、前日に上場したアンビスホールディングス は上値を追う場面もあったが、小 幅安...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up