for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東海カーボン株式会社

5301.T

現在値

1,226.00JPY

変化

-23.00(-1.84%)

出来高

1,363,800

本日のレンジ

1,208.00

 - 

1,233.00

52週レンジ

666.00

 - 

1,289.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,249.00
始値
1,215.00
出来高
1,363,800
3か月平均出来高
45.83
高値
1,233.00
安値
1,208.00
52週高値
1,289.00
52週安値
666.00
発行済株式数
213.17
時価総額
280,953.90
予想PER
--
配当利回り
3.12

次のエベント

Q3 2020 Tokai Carbon Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tokai Carbon Co Completes Acquisition Of Cobex Holdco GmbH

Tokai Carbon completes acquisition of U.S.-based Sid Richardson Carbon and group companies

Tokai Carbon to buy Sid Richardson Carbon and group companies for 34.1 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東海カーボン株式会社とは

東海カーボングループは各種カーボン製品の製造・販売を行う。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。カーボンブラック事業はゴム製品用・黒色顔料用・導電用カーボンブラックの製造販売を行う。黒鉛電極事業は電気製鋼炉用黒鉛電極を提供する。ファインカーボン事業はファインカーボン(特殊炭素製品)、電機用ブラシ、トーカベイト、鉛筆用芯等の製造販売を行う。工業炉及び関連製品事業は、工業用電気炉、ガス炉、炭化けい素・アルミナ耐火物、耐火断熱煉瓦、炭化けい素発熱体、セラミックス抵抗器等の製造販売を行う。同社はまた、摩擦材の製造販売及び不動産の賃貸事業、コンピュータソフトウェアの開発販売、ゴルフ練習場の経営を行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

Aoyama Bldg., 1-2-3, Kita-Aoyama

MINATO-KU, TKY

107-8636

Japan

+81.3.37465100

https://www.tokaicarbon.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hajime Nagasaka

President, Executive President, Representative Director

Toshiaki Fukuda

Managing Executive Officer, Chief Director of Development Strategy, Director of Intellectual Property in Main Development Strategy Unit

Takashi Masaki

Executive Officer, Director of Human Resources

Hirofumi Masuda

Executive Officer, Director of Carbon black Business, Director

Yuji Serizawa

Executive Officer, Director

統計

2.00 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.1K

2018

0.2K

2019

0.3K

2020(E)

0.2K
EPS (JPY)

2017

55.430

2018

347.160

2019

150.100

2020(E)

5.630
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.30
株価純資産倍率(四半期)
1.33
株価キャッシュフロー倍率
7.38
総負債/総資本(四半期)
81.74
長期負債/資本(四半期)
55.87
投資利益率(過去12カ月)
3.46
自己資本利益率(過去12カ月)
2.61

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:台風10号で自動車など一時操業停止、目立った被害なし

台風10号の接近を受けて、九州地方に生産拠点のある自動車や電機メーカーなどの主要企業は従業員の安全を考慮し、テレワークの活用やラインの操業停止などの対応を進めた。これまでのところ目立つ被害はなく、7─8日から通常操業を再開する拠点が多い。

ホットストック:東海カーボは反落、今期業績予想の下方修正など嫌気

東海カーボンは反落。午前9時30分現在、東証1部で値下がり率4位となっている。4日、2020年12月期の連結業績予想を下方修正すると発表し、嫌気されている。20年12月期の年間配当予想も1株あたり48円から30円に減額修正した。

情報BOX:豪雨でトヨタなどの工場が停止 8日にはおおむね再開

九州地方を中心に襲った豪雨は企業の生産活動に大きな影響を与えた。同地方に生産拠点を構える自動車関連メーカー各社は従業員の安全などを考慮し、6日の操業を見合わせた。8日にはほとんどの工場で操業を再開した。エレクトロニクス関連も一時操業停止する拠点があったが、きょうまでに通常稼働に戻ってきている。主な工場の稼働状況は以下の通り。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 テンポイノベーション 02 国際紙パルプ商事 03 日本BS放送  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=10日

1.85%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ランドビジネス 17.13 02 かんぽ生命保険 20.71 03 電気興業 22.48 04 OSJB HLDG 24.46 05 エステー 24.92 06 王子HLDG 25.36 07 レイズネクスト 25.61 08 住友ベークライト 25.70 09 伊藤園 優 25.87 10 昭和電工 26.52 11 三井化学 26.63 12 エア・ウォーター 26.72 13 信越ポリマー 27.16 14 オービック 27.30 15 東海カーボン 27.35 (*):RSIが70...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=23日

5.25%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 インターアクション 20.94 02 三井ハイテック 23.24 03 マイネット 24.30 04 東海カーボン 24.34 05 シナネンHLDG 24.82 06 ブラザー工業 24.92 07 武蔵精密工業 24.92 08 丸紅建材リース 25.00 09 国際石油開発帝石 25.13 10 不二越 25.16 11 日本石油輸送 25.44 12 荏原実業 25.50 13 ノリタケカンパニーリミテド 25.53 14 飯野海運 25.57 15 トレンドマイクロ 25.58...

ホットストック:東海カーボは年初来安値、今期業績予想を下方修正

東海カーボンは大幅続落し、年初来安値を更新している。9日、2019年12月期連結業績予想の下方修正を発表し、嫌気されている。当期利益の見通しは前回公表の661億円から493億円(前年比32.8%減)に引き下げた。世界的に逼迫していた黒鉛電極の需給が当初予想より早期に落ち着きを取り戻し、販売数量減となるとみている。

日経平均は3日続伸、内需株堅調 売買代金は連日2兆円割れ

東京株式市場で日経平均は3日続伸した。外部環境に手掛かり材料が乏しい中、利益確定売りに押され下げ幅を拡大する場面があったが、内需系銘柄などへの押し目買いで持ち直す展開となった。受け渡しベースで平成最後の取引となったが、商いは低調。国内企業決算を見極めたいとのムードが強まったほか、10連休も接近し、新規にポジションを構築する動きは限られた。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=28日

RIC 銘柄名 01 ホウスイ 02 東海カーボン 03 ニッパツ 04 フリュー 05 永大産業 06 松井証券  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=26日

RIC 銘柄名 01 日本工営 02 gumi 03 サカタインクス 04 本田技研工業 05 三井不動産  

日経平均は続伸、米国発の材料で心理改善 約2カ月ぶり高値

東京株式市場で日経平均は続伸した。終値は2万1000円台を回復。約2カ月ぶりの高値となった。米政府機関の再閉鎖回避の動きや米中通商協議の進展期待などで市場心理が改善し、朝方から買いが先行した。抵抗線とみられた2万1000円を超えたことで先物には買い戻しを急ぐ動きがみられた。為替の落ち着きや上海株高なども支えとなり上げ幅を拡大。一時350円近い上昇となったが、買い戻し一巡後は高値圏でもみ合った。

ホットストック:東海カーボは反落、営業益予想がコンセンサス下回る

東海カーボンは反落。12日発表した2019年12月期の連結営業利益予想は前年比31.1%増の987億円と堅調を維持しているが、市場のコンセンサスに届かなかったことや黒色電極のピークアウトに対する警戒感から売りが先行しているという。

ホットストック:東海カーボン堅調、19年12月期3割増益見通しと報道 黒鉛電極株連れ高

東海カーボンが堅調。同社の2019年12月期業績予想を巡る観測報道が材料視されている。日本経済新聞24日付朝刊は、今期の連結営業利益が1000億円弱と、前期推定値に比べ約3割増えそうだと報じた。電炉向け黒鉛電極の値上げが浸透し、利益率が上向くとしており、業績拡大を期待した買いが膨らんだ。同じく黒鉛電極を手掛ける昭和電工、日本カーボンも連れ高となっている。

ホットストック:東海カーボンが買い先行、黒鉛電極の値上げ提示と報道

東海カーボンが買い先行。黒鉛電極大手の同社が2019年1─6月期納入分の販売価格を1トン1万4000─1万5000ドルに設定し、需要家と交渉を始めたと日本経済新聞が6日付朝刊で報じた。18年7─12月の価格に比べ約2割高いという。値上げによる業績へのポジティブな影響に期待した買いが入った。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 日本アクア 02 ファーストコーポレーショ ン 03 ユアテック 04 きんでん 05 日本ハム 06 キューブシステム 07 エムスリー 08 キリンHLDG 09 Cominix 10 コスモス薬品 11 旭化成 12 ファーストブラザーズ 13 TIS 14 大王製紙 15 カナミックネットワーク 16 積水化学工業 17 リケンテクノス 18 森六HLDG 19 ツムラ 20 MORESCO 21 AGC 22 東海カーボン 23 大紀アルミニウム工業所 24 日本軽金属HLDG 25 住友金属鉱山 26...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=24日

3.67%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 コロナ 14.97 02 SUBARU 19.73 03 品川リフラクトリーズ 24.09 04 東海運 24.69 05 日本高純度化学 24.88 06 昭和電工 25.13 07 サムティ 25.19 08 ナブテスコ 25.31 09 東邦亜鉛 25.52 10 KHネオケム 25.57 11 ペッパーフードサービス 25.64 12 ダイトウボウ 25.72 13 アイ・ケイ・ケイ 25.98 14 東海カーボン 26.05 15 日進工具 26.17 (*):RSIが70以上、...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=27日

RIC 銘柄名 01 リニカル 02 ルネサンス 03 ディップ 04 サーラコーポレーション 05 ディーブイエックス 06 テクマトリックス 07 オークネット 08 東海カーボン 09 極東開発工業 10 コジマ 11 島津製作所 12 北國銀行 13 中央倉庫 14 中国電力  

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線が下値サポート

<16:03> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線が下値サポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。安寄り後は方向感に欠ける足取りと なったが、下値は75日移動平均線(2万2483円57銭=9日)にサポートされた。 終値も5日移動平均線(2万2587円59銭=同)を維持し、底堅さは示している。7 5日線と25日移動平均線(2万2454円92銭=同)とのゴールデンクロスも視野に 入っている。全体の形状は悪くない。だが、もち合い相場が煮詰まった局面では上下どち らに大きく振れてもおかしくない。翌日以降のトレンド発生を待ちたいところだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、好決算銘柄を選別物色

<15:22> 新興株はまちまち、好決算銘柄を選別物色 新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反落。東証マザーズ指数は小幅に 3日続伸した。「個人の買い意欲が盛り上がらない中、好決算銘柄が選別的に物色された 」(国内証券)という。博展 、アセンテック が高く、メルカリ 、フルヤ金属 も堅調。半面、ホットリンク 、ユーザーローカル が安く、タカギセイコー もさえない。 <14:20> 日経平均は小幅安、上海株の上昇で下げ渋る 日経平均は小幅安。2万2600円台前半で推移している。上海総合株価指数<.SSEC >は上昇率が2%を超えた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、上海株の上昇で下げ渋る

<14:20> 日経平均は小幅安、上海株の上昇で下げ渋る 日経平均は小幅安。2万2600円台前半で推移している。上海総合株価指数<.SSEC >は上昇率が2%を超えた。市場では「上海株の上昇は安心材料だが、米中貿易摩擦の先 行きが見えないほか、国内企業の4―6月期決算もおおむね予想の範囲内であり、次の材 料が出るまで動きを取りにくくなっている」(国内証券)との声が出ている。 <12:56> 日経平均は下げ幅縮小、5日移動平均線にらんだ攻防に 日経平均は下げ幅縮小。2万2600円台前半で推移している。ソニー がプ ラス圏。東海カーボン が...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up