for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本碍子株式会社

5333.T

現在値

1,950.00JPY

変化

31.00(+1.62%)

出来高

1,113,400

本日のレンジ

1,925.00

 - 

1,951.00

52週レンジ

1,461.00

 - 

2,153.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,919.00
始値
1,933.00
出来高
1,113,400
3か月平均出来高
19.66
高値
1,951.00
安値
1,925.00
52週高値
2,153.00
52週安値
1,461.00
発行済株式数
307.91
時価総額
608,729.80
予想PER
9.96
配当利回り
1.56

次のエベント

Q2 2022 NGK Insulators Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Ngk Insulators Ltd - To Buy Back Up To 1.6% Of Own Shares Worth 10 Billion Yen

Ngk Insulators Ltd - To Buy Back, Cancel Up To 2.2% Of Own Shares Worth 10 Billion Yen

R&I affirms NGK Insulators's rating at "A+" and says stable outlook-R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本碍子株式会社とは

日本碍子グループは、主に電力関連事業、セラミックス事業、エレクトロニクス事業及びプロセステクノロジー事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。電力関連事業は、電力用がいし・架線金具、送電・変電・配電用機器、がいし洗浄装置・防災装置、電力貯蔵用ナトリウム・硫黄電池の製造・販売を行う。セラミックス事業は、自動車用セラミックス製品、一般産業用セラミックス製品・機器装置の製造・販売を行う。エレクトロニクス事業は、ベリリウム銅圧延製品、電子工業用製品、金型製品の製造・販売を行う。プロセステクノロジー事業は、半導体製造装置用製品、化学工業用耐食機器、液・ガス用膜分離装置、燃焼装置・耐火物、放射性廃棄物処理装置の製造・販売を行う。また、保険代理業及びゴルフ場の経営も行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

2-56, Suda-cho, Mizuho-ku

NAGOYA-SHI, ACH

467-8530

Japan

+81.52.8727181

https://www.ngk.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Taku Oshima

Chairman of the Board, Representative Director

Shigeru Kobayashi

President, Representative Director

Hiroshi Kanie

Vice President, Chief Compliance Officer, Representative Director

Chiaki Niwa

Vice President, Representative Director

Ryohei Iwasaki

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Process Technology Business, Director

統計

2.33 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.5K

2020

0.4K

2021

0.5K

2022(E)

0.5K
EPS (JPY)

2019

110.350

2020

84.730

2021

121.610

2022(E)

192.714
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.22
株価純資産倍率(四半期)
1.16
株価キャッシュフロー倍率
5.97
総負債/総資本(四半期)
50.72
長期負債/資本(四半期)
40.95
投資利益率(過去12カ月)
7.51
自己資本利益率(過去12カ月)
6.38

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、200日線が上値抑える

<15:53> 日経平均・日足は「中陽線」、200日線が上値抑える 日経平均・日足は上に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。200日移動平均線(2 万7845円72銭=2日)で上値を抑えられており、あす上回れるかがポイントだ。再 び下回るようであれば、リバウンドムードは高まりにくい。200日線と25日線(2万 8234円98銭=同)がデッドクロスするかも焦点だ。 <15:27> 新興市場は反発、上昇率は小幅 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。ただ、 日経平均(1.82%)や、TOPIX(2.05%)などと...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、上昇率は小幅

<15:27> 新興市場は反発、上昇率は小幅 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。ただ、 日経平均(1.82%)や、TOPIX(2.05%)などと比べて、上昇率は小さかっ た。 マザーズ総合は前営業日比0.28%高。グローバルウェイ や、ブレイン ズテクノロジー 、Aiming が買われた一方、すららネット <3998 .T>やサーキュレーション がさえなかった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.30%高。FHT ホールディングス <3777. T>やニッポン高度紙工業 が高かったが、テクノホライゾン...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場に上げ幅拡大、200日線を前に伸び悩みも

<13:15> 日経平均は後場に上げ幅拡大、200日線を前に伸び悩みも 日経平均は、昼休み時間中に先物が上値を伸ばす中、後場に入って上げ幅を拡大した。米株先物や中国 株がしっかり推移していることも「安心感につながっている」(国内証券)という。 もっとも、2万7800円を一時回復した後は、戻り売り圧力も警戒され、高値圏でのもみあいに移行 している。200日移動平均線が2万7800円台半ばを通っており、「目先の上値めどとして意識されて いる」(別の国内証券)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は急反発、好決算発表銘柄を中心に物色...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は急反発、好決算発表銘柄を中心に物色

<11:45> 前場の日経平均は急反発、好決算発表銘柄を中心に物色 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比458円69銭高の2万7742円28銭となり、急反 発。前週末に急落した反動もあって、買い戻しが活発化した。好決算を発表した銘柄を中心に物色されてい る。 7月30日の米国株式市場は下落して取引を終了。売上高の伸びが鈍化するとの見通しを示したアマゾ ン・ドット・コム が値下がりした。アマゾン下落の日本株に対する影響はほとんどみられず、日本 株はしっかりで始まった。新型コロナウイルス感染拡大に対する警戒は残るものの、きょうの市場では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、トヨタ自が11日ぶりに1万円回復

<11:05> 日経平均は高値圏でもみあい、トヨタ自が11日ぶりに1万円回復 日経平均は高値圏内でもみあう動きとなっている。引き続き好決算銘柄を中心に個別物色の展開となっ ているが「全体としては戻り売りが警戒され、上値に対し慎重な動きとなっている」(国内証券)という。 4日に決算発表を予定しているトヨタ自動車 が7月14日以来、11営業日ぶりに1万円大台を回 復した。 <10:05> 日経平均は堅調、好決算銘柄が株価を支える要因に 日経平均は堅調に推移。400円を超す上昇となり、前週末に急落した値幅を帳消しにした。市場では 「コンセンサス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、好決算銘柄が株価を支える要因に

<10:05> 日経平均は堅調、好決算銘柄が株価を支える要因に 日経平均は堅調に推移。400円を超す上昇となり、前週末に急落した値幅を帳消しにした。市場では 「コンセンサスを上回る好決算銘柄が株価を支える要因になっている」(国内証券)との声が聞かれる。 2022年3月期通期見通しの上方修正を発表した日本ガイシ 、ヒロセ電機 などが買 われているほか、前週末7月30日の立ち会い時間中に上方修正を発表して急騰した商船三井 も引 き続き上値を追う展開となった。 <09:05> 日経平均は反発、買い戻し活発化 半導体関連株がしっかり 寄り付きの...

ホットストック:日本ガイシが昨年来高値更新、業績見通しを上方修正

日本ガイシが堅調な始まりとなり、15日に付けた昨年来高値2146円を更新した。前日に業績見通しの上方修正を発表したことが好感されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、25日線近辺でのもみあい継続か

<16:15> 日経平均・日足は「十字線」、25日線近辺でのもみあい継続か 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「十字線」。厳密に言えば実体部分は「陰」ながら、値幅はわずか 約12円、単独では気迷いを示す足となった。終値は連日で25日移動平均線(2万3220円34銭)を 下回っており、買い圧力は強まりにくい。当面は25日線近辺でのもみあいが継続しそうだ。 <15:28> 新興株市場は小反発、デジタル関連の中小型銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック、東証マザーズ指数はともに小反発した。市場では「日経 平均が2万3000円を割...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、デジタル関連の中小型銘柄が買われる

   <15:28> 新興株市場は小反発、デジタル関連の中小型銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック、東証マザーズ指数はともに小反発した。市場では「日経 平均が2万3000円を割り込まず、高値圏でもみあうなど方向感を欠く展開となる中、値動きが軽い新興 株市場にマネーが流れている。特に、デジタル関連の中小型銘柄に人気が集まっている」(国内証券)との 声が聞かれる。 週明け28日は権利落ち日を前に一部に調整が入るとの見方もある。来週はrakumo やヘ ッドウォータース など注目が集まる企業の新規上場を控えており、「引き続き...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場小動き、材料少なく方向感欠く

<14:20> 日経平均は後場小動き、材料少なく方向感欠く 日経平均は後場小動き。2万3200円付近で推移している。午後2時現在の東証一 部売買代金は1兆4952億円と薄商い。市場では「テクニカル的には25日移動平均線 を意識した動きが続き、材料も乏しく方向感を欠いた展開となっている。昨日、一昨日と 日銀がETFを買い入れたことで需給に安心感もあり、権利付き最終日を控え午前中は権 利取りの動きが活発化したが、午後はその動きもなさそうだ」(国内証券)との声が聞か れる。 <13:18> 日経平均はもみあい、週末を控えたポジション調整も 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、週末を控えたポジション調整も

<13:18> 日経平均はもみあい、週末を控えたポジション調整も 日経平均は前営業日比110円ほど高い2万3200円近辺でもみあいとなっている 。一時上げ幅を縮小し、66円84銭高の2万3154円66銭で安値をつけたが、その 後は戻り歩調となっている。 市場では「週末を控えたポジション調整で、手じまい売りが出ている。上海、ハンセ ンなどのアジア株がマイナス圏での推移となっていることも、上値を重くしている可能性 がある」(運用会社)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え 前場の東京株式市場で...

前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円58銭高の2万3221円40銭となり、反発。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当権利狙いの買いが活発化し、これらに支えられる格好で株価は終始堅調に推移した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、配当権利取りを狙う動きも支えに

<11:00> 日経平均は上値追い、配当権利取りを狙う動きも支えに 日経平均は上値を追い、朝方つけたきょうの高値を上回って推移している。時間外取 引で米株先物が堅調に推移していることが買い安心感を誘った格好。そのほか「週明けに 9月期決算企業の配当権利最終日を迎える。配当権利取りを狙う動きが活発化しており、 これも株価を支える要因になっているようだ」(東海東京調査センター・シニアストラテ ジストの中村貴司氏)という。 <09:55> 日経平均は強もちあい、決算動向で投資家心理改善の声 日経平均は強もちあい。2万3200円前後で推移している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、決算動向で投資家心理改善の声

<09:55> 日経平均は強もちあい、決算動向で投資家心理改善の声 日経平均は強もちあい。2万3200円前後で推移している。朝方は買い優勢で始ま ったものの、週末とあって上値に対して慎重となり、全体的に伸び悩み気味だ。そうした 中、市場では「業績予想の上方修正を発表した日本ガイシ など好決算銘柄が物色 されているなど、決算動向が投資家心理を改善させているようだ」(野村証券・エクイテ ィ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれる。 <09:05> 日経平均は反発、米株上昇受け輸出株中心に幅広く物色 寄り付きの東京株式市場で、...

ホットストック:日本ガイシは買い気配、業績予想の上方修正を好感

日本ガイシは買い気配。24日に、2021年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表したことが好感された。純利益予想は、従来の170億円から210億円に引き上げた。

ホットストック:ガイシがさえない、今期大幅減益見通しの公表を嫌気

日本ガイシがさえない。11日にこれまで未定としてた2021年3月期の連結業績見通しを公表し、営業利益が300億円と前期実績の550億円に対して45%減の大幅減益予想となることが嫌気された。

31日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

31日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本航空 、自己保有株を除く発行済み株式総数の2.3%に当たる800 万株、取得総額200億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日から 2020年2月28日。 ・東武鉄道 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.89%に当たる40 0万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日か ら2020年2月28日。 ・中山福 、自己保有株を除く発行済み株式総数の2.1%に当たる43万株 、取得総額2億5800...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=14日

RIC 銘柄名 01 ベステラ 02 福田組 03 オエノンHLDG 04 エレマテック 05 なとり 06 三栄建築設計 07 野村不動産HLDG 08 稲葉製作所 09 共和レザー 10 ソトー 11 フィックスターズ 12 SRA HLDG 13 高圧ガス工業 14 三菱ケミカルHLDG 15 日本碍子 16 共英製鋼 17 アルインコ 18 アマダHLDG 19 ジェイテクト 20 古野電気 21 ヘリオス テクノ HLDG 22 双信電機 23 日本車輌製造 24 白銅 25 シード 26 エイベックス 27 岩谷産業 28...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=15日

RIC 銘柄名 01 植木組 02 四電工 03 高砂熱学工業 04 焼津水産化学工業 05 東京一番フーズ 06 北越コーポレーション 07 PCI HLDG 08 カネカ 09 森六HLDG 10 沢井製薬 11 日本碍子 12 日本製鉄 13 ジェイエフイーHLDG 14 東京製鉄 15 日本冶金工業 16 アルインコ 17 東洋シヤッター 18 キトー 19 JUKI 20 オリジン 21 伯東 22 長野計器 23 シチズン時計 24 永大産業 25 アートネイチャー 26 光村印刷 27 カメイ 28 椿本興業 29 青森銀行...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=13日

RIC 銘柄名 01 ホクト 02 大豊建設 03 前田道路 04 魚力 05 京阪HLDG  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up