for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社MARUWA

5344.T

現在値

16,490.00JPY

変化

-340.00(-2.02%)

出来高

151,500

本日のレンジ

16,160.00

 - 

17,110.00

52週レンジ

13,130.00

 - 

19,090.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16,830.00
始値
16,600.00
出来高
151,500
3か月平均出来高
0.79
高値
17,110.00
安値
16,160.00
52週高値
19,090.00
52週安値
13,130.00
発行済株式数
12.34
時価総額
208,220.80
予想PER
12.94
配当利回り
0.44

次のエベント

Q3 2023 Maruwa Co Ltd Earnings Presentation (Japanese)

適時開示

その他

Maruwa to acquire business from Hitachi Power Semiconductor Device for 100 mln yen

Maruwa to transfer business to wholly owned subsidiary

Maruwa to dissolve Aichi-based subsidiary

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社MARUWAとは

MARUWAグループは、主に電子部品を含むセラミック部品及び照明機器等の製造販売を行う。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。セラミック部品事業は、電子部品やセラミック基板、半導体製造装置に関連する製品等の生産・販売を行う。照明機器事業は、従来照明機器のほか発光ダイオード(LED)を使用した照明機器の生産・販売を行う。その他は、不動産の賃貸業を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

3-83, Minamihonjigahara-cho

OWARIASAHI-SHI, ACH

488-0044

Japan

+81.561.510841

https://www.maruwa-g.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Sei Kambe

Chairman of the Board, Representative Director

Toshiro Kanbe

President, Chief Executive Officer of Information and Communication Related Business, Representative Director

Haruyuki Hayashi

Vice Chairman of the Board

Anthony Manimaran

Senior Managing Director, Chief Executive Officer of Industrial Equipment Related Business

Koichi Goto

Executive Officer, Chief Director of Administration

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

477.880

2021

562.300

2022

1,082.110

2023(E)

1,300.800
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.67
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.51
株価純資産倍率(四半期)
2.34
株価キャッシュフロー倍率
10.85
総負債/総資本(四半期)
1.77
長期負債/資本(四半期)
0.68
投資利益率(過去12カ月)
20.08
自己資本利益率(過去12カ月)
17.52

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、転換線と基準線が「ゴールデンクロス」

<15:51> 日経平均・日足は「中陰線」、転換線と基準線が「ゴールデンクロ ス」 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。終値は2万7362円75銭だった 。 一目均衡表では転換線(2万6625円13銭=26日)が基準線(2万6582円 02銭=同)を下から上に突き抜け、「ゴールデンクロス」となり、買いシグナルが点灯 している。 日経平均は底堅い展開が見込まれる一方、きょうの取引では2万7500円付近で上 値の重さも意識された。目先は同水準を明確に上回ることができるかや、一目均衡表の「 雲」を突き抜けられるかが焦点となりそうだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが7日ぶり小反落、連騰の反動で売り優勢

<15:06> 新興株はマザーズが7日ぶり小反落、連騰の反動で売り優勢 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.12%安の777.28ポイントと 7営業日ぶりに反落した。東証グロース市場指数は同0.15%安の986.37ポイン トだった。新興株市場は前日までに6日続伸しており、連騰の反動で売りが優勢となった 。ただ、下値では押し目買いが流入しプラス圏に浮上する場面もあり、一時、昨年12月 15日以来の高水準を付けた。 きょうグロース市場に新規上場したテクノロジーズは初値が付かず、差し引 き約45万株の買い気配で終了した。 個別では、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、寄与度大きい銘柄で上値重く

<13:30> 日経平均は下げ幅拡大、寄与度大きい銘柄で上値重く 後場の日経平均は下げ幅を拡大している。一時110円安に下落した。足元では10 0円安の2万7300円付近となっている。 午前中は心理的節目2万7500円をわずかに上回った後に失速しており「上値の重 さが確認され、売りが強まった」(国内証券のストラテジスト)との声が出ている。 指数寄与度の大きい銘柄群の上値の重さが目立つ。半導体関連では、東京エレクトロ ンが前引け時点から下げ幅を拡大し、信越化学工業はわずかにマイナス 転換した。このほか、ファーストリテイリングが小幅にマイナス...

午前の日経平均は反落、連騰の反動も 半導体株安が重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比33円91銭安の2万7361円10銭と、反落した。4連騰を経て過熱感が意識される中、半導体関連株の下げが指数の重しになった。一方、下値では押し目買いが入り、底堅さも意識された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、過熱感への警戒が重し 押し目買意欲も

<10:30> 日経平均は一進一退、過熱感への警戒が重し 押し目買い意欲も 日経平均は前日終値を挟んだ一進一退となっている。前日までの4連騰で1000円 近く上昇し「過熱感が警戒され、戻り待ちの売りが上値を抑えやすい」(国内証券のスト ラテジスト)という。足元では40円安の2万7300円台半ばの推移となっている。 半導体関連株の一角が引き続き軟調で、東京エレクトロンとアドバンテスト の2銘柄の下落で50円程度、指数を押し下げている。 米市場ではフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が小幅プラスだったが「米ラ ムリサーチの業績見通しが市場予想...

寄り付きの日経平均は続伸、半導体株安く伸び悩み

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比49円63銭高の2万7444円64銭と、5日連続で続伸してスタートした。上げ幅は一時100円を超えたが、その後は伸び悩んでいる。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、テノ.HLDGは買い優勢 三桜工業が売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、テノ.HLDGは買い優勢 三桜工業が売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 テノ.HLDG 11% 1,000 999 1,000 904 2 テイ・エス テック 10% 1,746 1,746 1,746 1,584 3 中央発條 9% 811 811 811 745 4 栄研化学 9% 1,805 1,804 1,805 1,658 5 ユニ・チャーム 9% 5,350...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up