for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本製鉄株式会社

5401.T

現在値

1,961.50JPY

変化

14.50(+0.74%)

出来高

5,581,500

本日のレンジ

1,933.00

 - 

1,977.50

52週レンジ

1,005.50

 - 

2,381.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,947.00
始値
1,975.00
出来高
5,581,500
3か月平均出来高
192.34
高値
1,977.50
安値
1,933.00
52週高値
2,381.00
52週安値
1,005.50
発行済株式数
920.77
時価総額
1,850,276.00
予想PER
4.77
配当利回り
0.51

次のエベント

Q2 2022 Nippon Steel Corp Earnings Release

適時開示

その他

Nippon Steel To Implement Capex Of 2.4 Trln Yen Over Next 5 Years

Tokyo Rope Mfg Co - Opposes Nippon Steel's Tender Offer Bid

Nippon Steel Corp - To Launch Tender Offer For Tokyo Rope Mfg

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本製鉄株式会社とは

日本製鉄グループは、製鉄事業、エンジニアリング事業、ケミカル&マテリア事業、システムソリューション事業を展開する。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。製鉄事業セグメントは、条鋼、鋼板、鋼管、交通産機品、特殊鋼、鋼材二次製品等の鉄鋼製品の製造販売及び製鉄事業に付帯する事業を行う。エンジニアリング事業セグメントは、産業機械・装置、鋼構造物等の製造販売、建設工事の請負、廃棄物処理・再生処理事業、電気・ガス・熱等供給事業を行う。ケミカル&マテリアル事業セグメントは、石炭化学製品、石油化学製品、電子材料、半導体・電子部品用材料・部材、炭素繊維・複合材、金属加工品の製造販売を行う。システムソリューション事業セグメントは、コンピュータシステムに関するエンジニアリング・コンサルティング、情報技術を用いたアウトソーシングサービス等のサービスを提供する。

業種

Iron & Steel

連絡先

Marunouchi Park Bldg., 2-6-1, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8071

Japan

+81.3.68674111

https://www.nipponsteel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kosei Shindo

Chairman of the Board, Representative Director

Eiji Hashimoto

President, Representative Director

Takahiko Iwai

Executive Officer, Director of Finance

Kazuhisa Fukuda

Executive Vice President

Akio Migita

Vice President, Representative Director

統計

1.70 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

6.2K

2020

5.9K

2021

4.8K

2022(E)

6.5K
EPS (JPY)

2019

281.770

2020

-468.740

2021

-35.220

2022(E)

413.052
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.36
株価純資産倍率(四半期)
0.60
株価キャッシュフロー倍率
3.73
総負債/総資本(四半期)
85.31
長期負債/資本(四半期)
72.62
投資利益率(過去12カ月)
3.61
自己資本利益率(過去12カ月)
2.57

最新ニュース

最新ニュース

TSMCの国内工場新設、経済安保上の意義あり歓迎=官房長官

松野博一官房長官は15日の閣議後会見で、世界最大の半導体受託生産企業である台湾積体電路製造(TSMC)が日本に工場を新設すると表明したことについて、経済安全保障上の意義もあり、政府として歓迎していると述べた。サプライチェーンの効率化や産業競争力強化のため、国内に先端半導体の製造基盤を持つことは重要だとの認識も示した。

日鉄が特許侵害でトヨタを提訴、電動車の製造販売差し止め申し立て

日本製鉄は14日、トヨタ自動車と中国鉄鋼大手の宝山鋼鉄を特許侵害で東京地裁に提訴したと発表した。両社にそれぞれ200億円の損害賠償を求めている。電動車に使われる「無方向性電磁鋼板」に関する日鉄の特許を侵害したとし、トヨタには同製品を使用した電動車の製造販売の差し止め仮処分も申し立てた。

日本製鉄、トヨタと中国・宝山を提訴 鋼板特許侵害で

日本製鉄は14日、トヨタ自動車と中国の宝山鋼鉄を特許侵害で東京地裁に提訴したと発表した。それぞれ200億円の損害賠償を求めている。電動車に使われる無方向性電磁鋼板に関する日鉄の特許を特許を侵害したとし、トヨタには同製品を使用した電動車の製造販売の差し止め仮処分を申し立てた。

日本製鉄、土地売却で340億円を計上へ

日本製鉄は7日、土地の売却に伴い2021年10─12月期に事業再編利益340億円程度を計上する見込みと発表した。今年6月に関連会社へ譲渡していたが、このほど第三者への売却が決まった。22年3月期の業績見通しへの影響は、合理的な算定が可能になった時点で開示するとしている。

日経平均は反発、終始底堅い展開 今年4番目の大商い

東京株式市場で日経平均は反発して取り引きを終えた。3連休前の週末で利益確定売りが活発化したが、押し目買いニーズも強いことから終始底堅い展開となった。東証1部の売買代金は4兆3205億1400万円と4兆円を超え、今年に入って4番目の大商いとなった。

ホットストック:日本製鉄が値下がり率1位、ユーロ円CB発行で希薄化懸念

日本製鉄が急落。午前9時10分現在、東証1部の値下がり率ランキングで第1位となっている。前日引け後にユーロ円CB(転換社債)で3000億円調達することを明らかにし、希薄化が懸念されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。25日移動平均線(2万8 499円66銭=14日)が、75日線(2万8480円94銭=同)、200日線(2 万8480円22銭=同)とゴールデンクロスし、地合いの強さがうかがえる。 一方、25日線からの乖離率が7.62%と前日(7.25%)を上回ったほか、東 証1部の騰落レシオが149.06%と高水準を継続。過熱感も示されており、目先は調 整リスクもくすぶる。 <15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発

<15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発   新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。好決算を手がかりにビジョナル が 買われたほか、セルソース が上場来高値となった。メルカリ もしっかり 。一方、前日まで連騰していたキャリア はストップ安。BASE も軟調 だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%高。増資を発表した出前館 が 買われたほか、東映アニメーション が反発した。半面、日本マクドナルドホール ディングス やシンバイオ製薬...

日経平均は3日続伸、年初来高値を更新 31年ぶり水準に

東京株式市場で日経平均は、3日続伸した。2月16日につけた終値ベースでの年初来高値(3万0467円75銭)を上回った。東証株価指数(TOPIX)は2100ポイント台に乗せ、こちらも年初来高値を更新した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、終値ベースの高値更新するかに関心

<14:14> 日経平均はもみあい、終値ベースの高値更新するかに関心 日経平均はきょうの高値圏でのもみあいが続いている。高値警戒感から上値追いに慎 重な一方、先高観も根強く下値の硬さも意識されている。 きょうは取引時間中の年初来高値を更新しており、2月16日につけた終値ベースで の高値(3万0467円75銭)を更新するかに関心が寄せられている。足元では3万0 600円付近での動きで「十分に強い」(国内証券)との見方が出ている。 <12:55> 高値もみあい、過熱感から上値に対して慎重な動き 日経平均は高値もみあいとなっている。後場寄り後...

〔マーケットアイ〕株式:高値もみあい、過熱感から上値に対して慎重な動き

<12:55> 高値もみあい、過熱感から上値に対して慎重な動き 日経平均は高値もみあいとなっている。後場寄り後は、前引けに比べて戻り歩調とな ったものの、過熱感が生じていることから上値に対して慎重な動きとなっている。市場で は「日経平均の年初来高値更新から目標達成感が生じやすい。ただ、押した場面ではすか さず買いが入るため、底堅く推移している」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は続伸、TOPIXとともに31年ぶり高値水準 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比115円05銭高の3万0562円4 2銭となり...

前場の日経平均は続伸、TOPIXとともに31年ぶり高値水準

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比115円05銭高の3万0562円42銭となり、続伸した。引き続き物色意欲が強い中で上値追いに弾みを加え、2月16日の取引時間中に付けた年初来高値3万0714円52銭を更新、TOPIXは2100ポイント台に乗せた。

株式こうみる:割安修正の中で節目突破、さらなる上昇に期待=岡地証 森氏

チャート上の大きな節目を突破した格好となっているが、ここで注目したいのはそれまでの年初来高値を形成した2月と異なり、業績の裏付けが十分となる中で上昇波動を形成している点だ。PER(株価収益率)でみると、トヨタ自動車は10倍台、きょう年初来高値を更新した日本製鉄は5倍台、日本郵船は3倍台にすぎない。割安修正の相場が続いている中での高値更新とあって、日経平均はさらなる上昇が期待できる状態と言えよう。

ホットストック:日本製鉄が年初来高値、年間配当利回り5%台などから修正高に

日本製鉄が堅調に推移し、5月11日に付けた年初来高値2354.5円を4カ月ぶりに更新した。景気敏感株の主力銘柄の一角として注目されている中、時価のPER(株価収益率)が5倍台、配当利回りが年5%台と利回りが高いことで、時価の割安感が強いとみられることから修正高に向かっている。

日経平均は続伸、月末安のアノマリー破りで2万8000円回復

東京株式市場で日経平均は続伸した。目新しい材料がない中で、後場に入ってから上げ幅を拡大し、終値ベースで12日以来、13営業日ぶりに2万8000円を回復した。

インタビュー:自動車減産の影響軽微、海外事業は上振れ=日鉄副社長

日本製鉄の森高弘副社長は、世界的な半導体不足などで自動車メーカーの減産が相次いでいるものの、鋼材需要への影響は想定内との認識を示した。海外事業は活況な市況に支えられ、従来計画に比べて上振れて推移していることも明らかにした。ロイターとのインタビューで語った。

東京株式市場・大引け=反発、米株高を好感 月末安アノマリー意識で伸び悩み

東京株式市場で日経平均は反発した。前週末の米年次経済シンポジウム(ジャクソン ホール会議)を受けて米国株式市場が上昇したことを好感。イベント通過で買い安心感も 広がり堅調な展開となった。ただ、月末安のアノマリーも意識され、商いは盛り上がりに 欠き、全体的に伸び悩んだ。 27日の米国株式市場は上昇し、S&P総合500種指数とナスダック総合指 数が終値で最高値を更新した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演 を受け安心感が広がった。 30日の日本株は買い優勢でスタート。イベント通過による安心感も手伝い、海運株 、鉄鋼株、さらに半導体関連株...

ホットストック:日本製鉄がしっかり、トヨタの鋼材価格引き上げを材料視

日本製鉄がしっかり。前日、大手ユーザーであるトヨタ自動車が部品メーカーに供給する鋼材価格を引き上げると報じられたことが材料視されている。JFEホールディングスなども堅調に推移しており、午前9時15分現在、東証33業種の値上がり率ランキングで鉄鋼は第1位。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「小陽線」、200・25日線を上抜け デッドクロスに警戒

<16:20> 日経平均日足は「小陽線」、200・25日線を上抜け  デッドクロスに警戒 日経平均日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。気迷いを示す形状となった。終値(2万8070円51 銭=11日)は上値抵抗線として意識されていた200日移動平均線(2万7971円59銭=同)、25 日移動平均線(2万7975円94銭=同)を上抜けた。一方、200日線と25日線は急接近しており、 デッドクロスが警戒される。 <15:55> 新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色 新興株市場では、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色

<15:55> 新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色 新興株市場では、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が続伸した。引き続き企業決 算を材料視した動きがみられた。市場では「続伸ではあるものの、盛り上がりに欠ける。9月に米連邦準備 理事会(FRB)の量的緩和縮小(テーパリング)が発表される見通しの中では、モメンタム株はやりづら い。業績相場になりつつある」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。Enjin 、プレイド 、グローバルウェイ などが上昇。ベイシス 、弁護士ドットコム...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up