for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本製鉄株式会社

5401.T

現在値

1,126.50JPY

変化

35.50(+3.25%)

出来高

5,630,900

本日のレンジ

1,090.00

 - 

1,129.00

52週レンジ

798.10

 - 

1,786.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,091.00
始値
1,093.00
出来高
5,630,900
3か月平均出来高
101.58
高値
1,129.00
安値
1,090.00
52週高値
1,786.50
52週安値
798.10
発行済株式数
920.68
時価総額
1,036,801.00
予想PER
--
配当利回り
0.92

次のエベント

Q2 2021 Nippon Steel Corp Earnings Release

適時開示

その他

Nippon Steel To Sell 2 US Plants As It Speeds Up Overseas Operations Reorganisation - Yomiuri

Nippon Steel To Further Adjust Blast Furnace Operations In Response To Current Steel Demand

Nippon Steel, JFE Steel, Kobe Steel Will Tell Unions That They Will Not Hike Base Pay For First Time In 7 Yrs, As Trade War Saps Demand - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本製鉄株式会社とは

日本製鉄グループ(旧名:新日鐵住金グループ)は、製鉄事業、エンジニアリング事業、ケミカル&マテリア事業、システムソリューション事業を展開する。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。製鉄事業は、条鋼、鋼板、鋼管、交通産機品、特殊鋼、鋼材二次製品等の鉄鋼製品の製造販売を行う。エンジニアリング事業は、産業機械・装置、鋼構造物等の製造販売、建設工事の請負、廃棄物処理・再生処理事業、電気・ガス・熱等供給事業を行う。ケミカル及びマテリアル事業は、石炭化学製品、石油化学製品、電子材料、半導体・電子部品用材料・部材、炭素繊維・複合材、金属加工品の製造販売を行う。システムソリューション事業は、コンピュータシステムに関するエンジニアリング・コンサルティング、ITを用いたアウトソーシングサービス等のサービスを提供する。

業種

Iron & Steel

連絡先

Marunouchi Park Bldg., 2-6-1, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8071

Japan

+81.3.68674111

https://www.nipponsteel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kosei Shindo

Chairman of the Board, Representative Director

Eiji Hashimoto

President, Representative Director

Takahiko Iwai

Executive Officer, Director of Finance

Naoki Sato

Executive Vice President

Akio Migita

Vice President, Representative Director

統計

1.90 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

5.7K

2019

6.2K

2020

5.9K

2021(E)

4.9K
EPS (JPY)

2018

221.000

2019

281.770

2020

-468.740

2021(E)

-132.312
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.19
株価純資産倍率(四半期)
0.39
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
107.08
長期負債/資本(四半期)
87.13
投資利益率(過去12カ月)
-9.46
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.59

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値の重さと下値の堅さが共存

<16:23> 日経平均・日足は「小陽線」、上値の重さと下値の 堅さが共存 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陽線」。日経平均は一時2万3700円を回復し 、2万3702円30銭で高値を付けた。ただ、9日の戻り高値(2万3725円58銭=9日)、19日 の高値(2万3707円16銭=19日)には届かず、上値の重さが意識されている。 終値は5日移動平均線(2万3559円10銭=21日現在)を上回った。当面は上値の重さと下値の 堅さが共存する展開となりそうだ。 <16:10> 新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに

<16:10> 新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反落となった。材料の ある個別銘柄の物色が中心となり、時価総額上位銘柄の一角は利益確定売りに押された。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.24%高。個別では、出前館 、アクサスホールディン グス が上昇、日本テレホン はストップ高比例配分。半面、ワークマン 、リバーエ レテック 、ウェッジホールディングス は下落。直近IPOのアースインフィニティ<7692. T>は連日のストップ安比例配分となった。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、米株先物が支え 為替は円高

<13:45> 日経平均はもみあい、米株先物が支え 為替は円高 日経平均は前営業日比100円ほど高い2万3600円台半ばでもみあい。時間外取引で米株先物が堅 調に推移していることが支えとなっている。ただ、値動きは乏しく、後場の値幅は上下約32円にとどまっ ている。 朝方105円半ばだったドル/円は円高基調で推移しており、午後1時45分現在、105.20円付 近。市場では「米株先物が上げ幅を拡大し、日経平均を下支えする格好となっているが、ドル/円はやや円 高。日経平均の上値を重くしている」(国内証券)との声が出ていた。 東証33業種では鉱業...

午前の日経平均は反発、2万3700円を戻りの壁として意識

21日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円86銭高の2万3676円90銭となり、反発した。前日の米国株式市場が上昇したほか、時間外取引で米株先物が堅調に推移していることから、終始買い優勢の展開となった。日経平均は2万3700円台にワンタッチした後は伸び悩み、この水準が戻りの壁として意識されている。

日経平均は小幅続伸、底堅いが引き続き薄商い

東京株式市場で日経平均は小幅続伸した。前日の米国株式市場は下落したものの日本株は崩れることなく比較的底堅い動きで、後半は堅調に推移した。ただ、商いは引き続き細っており、東証1部の売買代金は連日の2兆円割れ。基調の強さは確認しながらも、方向感が定まらない状態が続いている。

日本製鉄、君津第2高炉を11月下旬めどに再稼働 需要見通し踏まえ

日本製鉄<5401.T>は6日、一時休止中の東日本製鉄所君津地区第2高炉を11月下旬をめどに再稼働すると発表した。今後の需要見通しを踏まえ、自動車などで需要増が見込まれることに対応する。

日本製鉄、君津第2高炉を11月下旬めどに再稼働 需要見通し踏まえ

日本製鉄は6日、一時休止中の君津第2高炉を11月下旬をめどに再稼働すると発表した。今後の需要見通しを踏まえ、需要増が見込まれる品種・分野に対応した最適な稼働体制を整える。

ホットストック:鉄鋼株がしっかり、米株市場で景気敏感株物色の流れ受け

日本製鉄、JFEホールディングスなど鉄鋼株がしっかり。前日の米国株式市場で、コロナ禍で売られていた景気敏感株が中心に物色され、その流れを受けて買われている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、デジタル関連銘柄が買われる

  <15:42> 新興株市場は小反発、デジタ ル関連銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小反発し た。「菅新政権の政策への期待から、デジタル関連やオンライン診療などの医療関連の銘 柄が買われた」(国内ネット証券)という。 個別銘柄では、グローバルウェイ 、KIYOラーニング 、ユナイト アンドグロウ などが高い。半面、バンク・オブ・イノベーション 、トゥ エンティーフォーセブン は値下がりした。 <15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド   日経平均・日足...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド

<15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。投資家の気迷い心理を表してい る。5日移動平均線(2万3433円88銭=18日)で上値が抑えられた一方、底堅さ も意識されている。 25日移動平均線(2万3205円12銭=同)、75日移動平均線(2万2769 円82銭=同)は右肩上がりで、中長期の上昇トレンド維持を示唆している。「日足一目 均衡表で『雲』が切り上がっていることも考えれば、下値不安は小さく、上方向に期待が 持てそうだ」(ストラテジスト)との声も聞かれる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、日本株「下値不安小さい」との見方

<14:07> 日経平均は小幅高、日本株「下値不安小さい」との見方 日経平均は小幅高。日本が4連休前で、新規の手掛かり材料も出ていない。2万33 00円台半ばで小動きとなっている。 国内メディアの世論調査で菅義偉政権に対する高い支持率が示されたことは、株式市 場の安心感につながっているという。市場からは「積極的な買い材料ではないが、デジタ ル庁の創設や携帯電話料金の引き下げなど目を引く政策もある。日本株の下値不安は小さ い」(ファンドマネジャー)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は小反発、4連休前で見送られ売買代金1兆円割...

前場の日経平均は小反発、4連休前で見送られ売買代金1兆円割れ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比6円63銭高の2万3326円00銭となり、小反発。前日の米株は下落したが、為替相場が落ち着いたことなどから、相場全般は堅調な始まりとなり、その後も底堅さを感じさせる展開。ただ、4連休控えとあって見送り気分が強く、上値に対しても慎重で小動きに終始した。前場の東証1部売買代金は1兆円を割り込んだ。

日経平均は反発、米株先物高から買い優勢でほぼ高値引け

東京株式市場で日経平均は反発。前日の米国株式市場は休場だったものの、時間外取引で米株先物が堅調に推移したことが好感され、次第に買い優勢の展開となり、きょうのほぼ高値近辺で大引けた。東証1部の売買代金は2兆円台を回復しながらも、商いが活発化した印象は薄い。

ホットストック:鉄鋼株が総じてしっかり、業種別指数で値上がり率第1位

日本製鉄、神戸製鋼所、JFEホールディングスなど鉄鋼株が総じてしっかり。午前9時15分現在、東証33業種の値上がり率ランキングで鉄鋼は第1位となっている。

日本製鉄など鉄鋼株が堅調、PBR1倍割れで出遅れ修正

日本製鉄<5401.T>、JFEホールディングス<5411.T>など鉄鋼株が堅調に推移している。午前11時25分現在、東証33業種の値上がり率ランキングで鉄鋼は第1位。市場では「全体が調整する中で、鉄鋼や自動車などPBRが1倍割れとなっているセクターに出遅れ修正の動きが出ている」(国内証券)という。

M&Aで海外事業拡大、連結粗鋼生産1億トン目指す=日鉄社長

日本製鉄<5401.T>の橋本英二社長は1日、M&Aを通じて海外事業を拡大し、連結粗鋼生産を足元の6000─6500万トンから1億トンに引き上げたいとの意向を示した。海外で成長余地が見込める国・地域としてインド、東南アジア諸国連合(ASEAN)、米州を挙げた。一方、国内で再編を進める考えはないとした。

インタビュー:鋼材需要、自動車は想定以上に回復 操業停止解除は柔軟に=日鉄副社長

日本製鉄<5401.T>の宮本勝弘副社長は、新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けた鉄鋼需要について、自動車が想定以上のピッチで回復しているとの見方を示した。再稼働が可能な形で休止している(バンキング)高炉については、状況を見ながら解除について柔軟に対応するとした。

日経平均は続伸、閑散続き東証1部出来高は今年最低

東京株式市場で日経平均株価は続伸。前週末の米国株高を好感し、買い優勢となったものの、2万3000円が意識される形で上値に対して慎重な動きとなり、狭いレンジでのもみあいとなった。全体的に閑散商状で、東証1部の出来高は7億7614万株と今年最低、売買代金は1兆5397億6300万円と今年3番目の薄商いとなった。

日本製鉄が即時抗告、韓国の元徴用工問題で

日本製鉄<5401.T>は、太平洋戦争中の徴用問題を巡る韓国の裁判所の資産差し押さえ命令決定を差し止めるための即時抗告書を提出した。韓国の裁判所関係者が7日、明らかにした。

ホットストック:日本製鉄は売り気配、今期事業損益1200億円の赤字予想を嫌気

日本製鉄は売り気配。4日、2021年3月期(国際会計基準)の連結事業損益が1200億円の赤字(前期は2844億円の赤字)になる見込みだと発表。軟調な見通しが嫌気されている。野村証券は4日付けリポートで「グループ会社の悪化などで予想以上に厳しい会社予想」と指摘、ネガティブと評価した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up