for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジェイエフイーホールディングス株式会社

5411.T

現在値

1,326.00JPY

変化

-1.00(-0.08%)

出来高

4,798,100

本日のレンジ

1,316.00

 - 

1,347.00

52週レンジ

676.00

 - 

1,735.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,327.00
始値
1,327.00
出来高
4,798,100
3か月平均出来高
113.53
高値
1,347.00
安値
1,316.00
52週高値
1,735.00
52週安値
676.00
発行済株式数
575.79
時価総額
814,745.30
予想PER
5.24
配当利回り
0.75

次のエベント

Q1 2022 JFE Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

JFE Executive: Plan To Produce 26.5 Mln T Of Crude Steel This FY, Up From 22.76 Mln T

JFE aims to cut steel business'emissions by 18% vs FY2013 by end-FY2024

JFE Steel: To Temporarily Halt Production At 2 Western Japan Steel Plants Amid Lower Demand Due To Coronavirus

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジェイエフイーホールディングス株式会社とは

ジェイ エフ イー ホールディングスグループは、JFEグループ全体の経営戦略の策定、グループ会社の経営とリスク管理、グループ投資家情報(IR)等の対外説明等を行う日本会社である。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。鉄鋼事業は銑鋼一貫メーカーとして各種鉄鋼製品の製造・販売を主力事業とし、鋼材加工製品、原材料等の製造・販売、並びに運輸業及び設備保全・工事等の周辺事業を行う。エンジニアリング事業はエネルギー、都市環境、リサイクル、鋼構造、産業機械等に関するエンジニアリング事業等を行う。商社事業は鉄鋼製品、製鉄原材料、非鉄金属製品、食品等の仕入、加工及び販売を行う。

業種

Iron & Steel

連絡先

28F, Hibiya International Bldg.

2-2-3, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-0011

Japan

+81.3.35974321

https://www.jfe-holdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Kakigi

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Masashi Terahata

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Director

Yoshihisa Kitano

President of Subsidiary, Representative Director

Naosuke Oda

President of Subsidiary, Director

Hajime Ohshita

President of Subsidiary, Director

統計

2.00 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

3.9K

2020

3.7K

2021

3.2K

2022(E)

4.0K
EPS (JPY)

2019

283.810

2020

-343.390

2021

-37.980

2022(E)

259.985
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.25
株価純資産倍率(四半期)
0.45
株価キャッシュフロー倍率
3.75
総負債/総資本(四半期)
107.56
長期負債/資本(四半期)
91.06
投資利益率(過去12カ月)
-0.57
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.41

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値はわずかに75日移動平均線に届かず

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、終値はわずかに75日移動平均線に届かず 日経平均・日足は「小陰線」。短い上ヒゲと長めの下ヒゲを引く「小陰線」。終値で75日移動平均線 (2万9072円69銭=25日現在)にあと一歩届かなかったものの、回復したばかりの25日移動平均 線(2万8888円73銭=同)の上方で推移し、強い基調にあることを示している。一目均衡表の「雲」 領域から上放れる格好となったことも、買い方に自信を与えそうだ。 ただ、2万9200円─2万9300円のゾーンは、2月の年初来高値以降、強力な節目として意識さ れていた右肩下...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、直近IPOの動きが明暗分ける

<15:10> 新興市場はしっかり、直近IPOの動きが明暗分ける 新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が小幅に4日続伸、日経ジャスダック平均は反発した。市場 では「IPOラッシュとなっているが、銘柄によって動きに明暗が分かれている」(国内証券)との声が聞 かれる。 きょうマザーズに新規上場したステムセル研究所 の初値は公開価格に対して72.5%高い4 830円で初値を付けた後、ストップ安に売られる一方、日本電解 は初値こそ公開価格と同じ19 00円だったものの、その後は堅調に推移した。 前日に値が付かず上場2日目のベイシス は公開価格...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、東証1部売買代金は1兆4000億円台の薄商い

<14:10> 日経平均は高値もみあい、東証1部売買代金は1兆4000億円台の薄商い 日経平均は高値もみあいとなっている。午後2時10分現在、東証1部の1兆4217億9900万円 と薄商い。「地合いの好転は顕著」(国内証券)との声はあるが、目立った手掛かり材料が見当たらない上 、週末とあって商いが乏しくなっている。 <13:15> 後場の日経平均は小動き、上下値幅は26円 週末で様子見強まる 後場の日経平均は前営業日比220円ほど高い2万9100円近辺で小動き。値動きに乏しく、日経平 均の上下の値幅は約26円にとどまっている。 市場からは...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、上下値幅は26円 週末で様子見強まる

<13:15> 後場の日経平均は小動き、上下値幅は26円 週末で 様子見強まる 後場の日経平均は前営業日比220円ほど高い2万9100円近辺で小動き。値動きに乏しく、日経平 均の上下の値幅は約26円にとどまっている。 市場からは週末で手控えムードが強まっているとの声が聞かれる。7月から企業決算の発表を控えてい ることも様子見姿勢が強まりやすい要因の一つといい、「第1・四半期決算とはいえ、新型コロナウイルス の業績への影響を確認したい投資家は多いのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は続伸、米株高を好感...

前場の日経平均は続伸、米株高を好感 景気敏感株に買い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比217円77銭高の2万9093円00銭となり、続伸した。オーバーナイトの米国株式市場での上昇を好感し、景気敏感株を中心に買いが先行した。

ホットストック:鉄鋼株が堅調、業種別値上がり率ランキングで第1位

日本製鉄、神戸製鋼所、JFEホールディングスなど鉄鋼株が堅調。午前9時25分現在、東証33業種別株価指数の値上がり率ランキングで鉄鋼は第1位となっている。

ホットストック:鉄鋼株が総じて堅調、東証33業種で値上がり率1位

鉄鋼株が総じて堅調。日本製鉄、JFEホールディングスなどの大型高炉株、東京製鉄など電炉株、日本冶金工業など特殊鋼株まで幅広く物色されている。午前9時25分現在、東証33業種で鉄鋼は値上がり率第1位。

JFEHD、24年度末にCO218%削減 洋上風力の事業化推進

JFEホールディングスは7日、今中計の最終年度となる2024年度末の鉄鋼事業の二酸化炭素(CO2)排出量を13年度比で18%削減すると発表した。また、50年にCO2の排出量と吸収量とがプラスマイナスゼロの状態になる「カーボンニュートラル」の実現に向け、グループで洋上風力の事業化を推進するほか、高炉で発生するCO2の再利用などに取り組む検討を進める。

日経平均は小幅続伸、米雇用統計控え様子見ムード

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。寄り付きはマイナス圏でのスタートとなったが、その後切り返しプラス転換した。ただ、前日に518円高と急反発した反動や、緊急事態宣言が延長の方向となったことが重しとなり、上値は限定的だった。日本時間の今夜に米雇用統計を控え、後場は様子見ムードが強まり、レンジ内での膠着状態が続いた。

ホットストック:日本製鉄など鉄鋼株が年初来高値、景気回復期待で物色

日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所など鉄鋼株が上昇し、3社いずれも年初来高値を更新している。午前9時40分現在、東証33業種の中で鉄鋼は上昇率が第1位。前日の米国株式市場で景気敏感株が物色された地合いを引き継いでいると、市場関係者は話す。

ホットストック:神戸鋼が年初来高値、21年3月期予想を上方修正 2期ぶり復配

神戸製鋼所が急騰し、3月9日に付けた年初来高値767円を更新した。前日に2021年3月期の業績見通しについて営業利益を100億円から230億円に上方修正するとともに、無配予想から年5円配当に修正すると発表。2期ぶりに復配となることで、機関投資家の物色対象になることが注目されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートラインに

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートラインに 日経平均・日足は短い上ヒゲと実体部分より長い上ヒゲを伴う「小陽線」。引き続き 25日移動平均線(2万9277円25銭=3日現在)がサポートラインとして機能して いるほか、下ヒゲが長い足が下方硬直性を示し、底堅いとの印象を与えている。 当面のポイントとしては、終値でわずかに上回ることができた5日移動平均線(2万 9553円01銭=同)がこのまま支持線となるかどうか、さらに、上向きに転じるかど うかだろう。底堅さを維持したとしても、3万円に近づくと上値の重さが意識されるよう...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、日銀株が3日連続のストップ高

<15:10> 新興株市場はまちまち、日銀株が3日連続のストップ高 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は急反落し た。市場では「日本銀行株 が3日連続ストップ高となるなど、値幅取りの動きが 活発化している。直近IPO人気も根強い」(国内証券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は0.13%高。個別では、日本銀行がストップ高となった ほか、新報国製鉄 、直近IPOの室町ケミカル もストップ高。半面、ア ピリッツ がストップ安となり、ニッポン高度紙工業 が軟調に推移した。 マザーズ指数は2.03%安。個別...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、アジア株や米株先物の堅調が追い風に

<14:25> 日経平均は強もちあい、アジア株や米株先物の堅調が追い風に 日経平均は強もちあい。狭いレンジで推移していたものの、後場中盤にきょうの高値 を更新してきた。市場では「とりわけ目立った材料はないものの、上海市場などアジア株 や時間外取引で米株先物が堅調に推移していることが追い風になっているようだ」(国内 証券)との声が聞かれる。 <12:56> 日経平均は後場しっかり、一時120円高 2万9000円台値固めの動き 日経平均は後場に入りしっかり、前営業日比60円ほど高い2万9400円台後半で 推移している。アジア株や米株先物が堅調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場しっかり、一時120円高 2万9000円台値固めの動き

<12:56> 日経平均は後場しっかり、一時120円高 2万9000円台値固めの動き 日経平均は後場に入りしっかり、前営業日比60円ほど高い2万9400円台後半で 推移している。アジア株や米株先物が堅調に推移していることが支援材料となり、後場ス タート直後に一時120円超高となる場面もあった。 市場からは「前週末の急落を受けて、3万円に近づくと利益確定売りも出やすい状況 で、上値の重さは当面意識されそうだ。しばらくは2万9000円台で値固めの動きが続 くのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:47> 前場の日経平均は反発、...

前場の日経平均は反発、景気敏感株で物色活発に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比51円54銭高の2万9459円71銭となり、反発した。前日に250円超安となったこともあり、自律反発を狙った押し目買いで朝方は堅調にスタート。

ホットストック:神戸製鋼など鉄鋼株は堅調、景気敏感株物色の流れ受け

鉄鋼株は堅調。神戸製鋼所は5%超高での推移となっているほか、JFEホールディングス、日本製鉄もしっかり。東証33業種の業種別株価指数で鉄鋼は3%超高で値上がり率トップとなっている。

BHP、低炭素化でJFEスチールと提携 今後5年で1500万ドル投資

英豪系資源大手BHPグループは10日、今後5年間に最大1500万ドルを投じ、JFEホールディングス傘下のJFEスチールと提携して製鉄過程での温暖化ガス排出削減に取り組むと発表した。

JFE、今期純損益予想を380億円の赤字に上方修正

JFEホールディングスは9日、2021年3月期の連結純損益(国際会計基準)予想を1000億円の赤字から380億円の赤字(前期は1977億円の赤字)に上方修正したと発表した。下期にかけて自動車分野を中心に国内外で需要が回復。輸出市況も好転した。期末配当予想は1株10円とした。

JFE、21年3月期の純損益予想を380億円の赤字に上方修正

JFEホールディングスは9日、2021年3月期の連結純損益(国際会計基準)予想を380億円の赤字に上方修正したと発表した。従来予想は1000億円の赤字。前年は1977億円の赤字だった。期末配当予想は1株10円とした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up