for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京製鐵株式会社

5423.T

現在値

655.00JPY

変化

-1.00(-0.15%)

出来高

645,300

本日のレンジ

651.00

 - 

665.00

52週レンジ

542.00

 - 

851.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
656.00
始値
665.00
出来高
645,300
3か月平均出来高
16.92
高値
665.00
安値
651.00
52週高値
851.00
52週安値
542.00
発行済株式数
122.75
時価総額
103,893.00
予想PER
12.29
配当利回り
2.39

次のエベント

Q3 2021 Tokyo Steel Manufacturing Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tokyo Steel Manufacturing Co Ltd Says To Buy Back Up To 2.36 Percent Of Own Shares Worth 3 Billion Yen

Tokyo Steel Manufacturing says business and capital alliance with Dongkuk Steel Mill

TOKYO STEEL MANUFACTURING to buy back shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京製鐵株式会社とは

東京製鐵グループは、鉄鋼製品の製造及び販売をする会社である。【事業内容】同社の製品は建材品種と鋼板品種が二つの種類がある。建材品種製品は、主にH形鋼、特寸H形鋼、U形鋼矢板、I形鋼、縞H形鋼、溝形鋼、異形棒鋼などを含む。鋼板品種製品は、主に厚板、ホットコイル、酸洗コイル、溶融亜鉛メッキコイル、縞コイル、カットシートなどを含む。

業種

Iron & Steel

連絡先

15F, Kasumigaseki-Tokyu Bldg

3-7-1, Kasumigaseki

CHIYODA-KU, TKY

100-0013

Japan

+81.3.35017721

http://www.tokyosteel.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Toshikazu Nishimoto

President, Executive President, Representative Director

Kiyoshi Imamura

Managing Director, Managing Executive Officer, Chief Director of Sales

Yuji Komatsuzaki

Executive Officer, Deputy Chief Director of Sales, Director of Steel Plate

Yasunori Nishimura

Executive Officer, Deputy Chief Director of Sales

Nobuaki Nara

Executive Officer, Director of General Affairs, Director

統計

2.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2021(E)

0.1K
EPS (JPY)

2021(E)

81.890
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.69
株価純資産倍率(四半期)
0.64
株価キャッシュフロー倍率
6.75
総負債/総資本(四半期)
0.77
長期負債/資本(四半期)
0.39
投資利益率(過去12カ月)
6.91
自己資本利益率(過去12カ月)
5.60

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回り上値の重さを意識

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回り上値の重さを意識 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。引き続き実体部分が短い状態が続い ており、方向感が定まっていない。さらに、終値が5日移動平均線(2万3538円34 銭=26日現在)を下回り、同時に上値の重さを意識させている。 一方、25日移動平均線(2万3438円14銭=同)にサポートされた状態が続く など、底堅い印象にも変化がみられない。チャートの煮詰まり具合からいずれかに大きく 振れることが読み取れるものの、目先は目立った材料がない限り狭いレンジで動くことに なりそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、先駆株に見切り売り急ぐ動き

<15:15> 新興株市場は軟調、先駆株に見切り売り急ぐ動き 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。市 場からは「完全に調整ムードとなっている。先駆株の中には見切り売りを急ぐ動きが目立 つ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.09%安。個別では、今村証券 、ま ぐまぐ など直近の人気銘柄が値を消したほか、出前館 もさえない。一方 で、不二硝子 がストップ高となった。 マザーズ指数は前営業日比0.93%安。個別では、BASE 、ジーエヌア イグループ 、メルカリ などが軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、商い乏しく模様眺めに

<14:25> 日経平均は弱もちあい、商い乏しく模様眺めに 日経平均は弱もちあい。2万3500円を挟んで推移しているが、後場に入ってから の上下振れ幅は、午後2時25分現在で34円38銭にすぎず、動きが止まっている状態 。市場関係者によると、「米大統領選挙が終わるまで投資家は身動きが取れない。そのた め商いが乏しくなり、模様眺めとなっている」(国内証券)という。 <13:00> 日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心 後場の日経平均はマイナス圏での推移となっており、前営業日比30円ほど安い2万 3400円台後半。時間外取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心

<13:00> 日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心 後場の日経平均はマイナス圏での推移となっており、前営業日比30円ほど安い2万 3400円台後半。時間外取引での米株先物が下げ幅を拡大したことが重しとなっている 。市場では「個別では企業決算を控えている銘柄が期待先行で買われているが、全体では 材料に乏しく、閑散としている」(国内証券)との声が出ていた。 午後1時現在での東証1部の売買代金は9066億1800万円と薄商い。東証33 業種ではサービス業、鉄鋼、証券業、情報・通信業などの27業種が値下がり。倉庫・運...

午前の日経平均は小幅反落、決算前の様子見ムード強まる

26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円18銭安の2万3514円41銭となり、小幅に反落した。前週末23日の米国株式市場はまちまち。きょうの東京株式市場は、今週本格化する4─9月期の企業決算や米国の新型コロナウイルス追加経済対策の取りまとめの行方を見極めたいとして、様子見ムードが強まった。前場の上下の値幅は約73円にとどまり、狭いレンジでもみあう展開となった。

ホットストック:東製鉄が9%超安、21年3月期通期見通しを下方修正

東京製鉄が反落し、9%超安での推移となっている。23日、2021年3月期の業績見通しについて、営業利益を従来の62億円から53億円(前年比69.5%減)に下方修正すると発表したことが嫌気されている。

東京製鉄が今期営業益予想を下方修正、下期は販売価格上昇に注力

東京製鉄<5423.T>は23日、2021年3月期の業績見通しについて、営業利益を従来の62億円から53億円(前年比69.5%減)に下方修正すると発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、1万7000円台はキープ

<16:25> 日経平均・日足は「中陰線」、1万7000円台はキープ 日経平均・日足は「中陰線」。ローソク足の形状は上値追いに慎重な姿勢を示している。 移動平均線は5日、25日、75日、200日のすべてが下向き。ボリンジャーバンドは拡大基調の中 、マイナス3シグマ(1万5591円22銭=16日)とマイナス2シグマ(1万7615円18銭=同) 間でのバンドウォークが継続しており、下値模索の余地も残る。 市場からは「テクニカル的に主だった下値支持線を下抜けしているが、終値がかろうじて1万7000 円台を維持したことや、13日のザラバ安値を下回...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は4日ぶり反発、「自律反発の域を出ない」

<16:01> ジャスダック指数は4日ぶり反発、「自律反発の域を出ない」 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反発、東証マザーズ指数は4日続落となった。ジャス ダック指数は上昇したが、市場では「値ごろ感が出ている銘柄が多かった。下げ過ぎの反動による自律反発 の域を出ない」(ネット系証券)との指摘があった。 ジャスダック市場では、ヤマザキ 、高見沢サイバネティックス がストップ高比例配分 。遠州トラック も買われた。テリロジー はストップ安比例配分だった。 マザーズ市場では、メルカリ 、フリー など軟調。半面、アンジェス 、アドベ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時450円超安、日銀ETF買い入れ額増額の持続性に疑問の声

<14:53> 日経平均は一時450円超安、日銀ETF買い入れ額増額の持続性に疑問の声 日経平均は節目の1万7000円を割り込み、下げ幅も一時450円を超えた。 市場からは「12兆円を上限に残高増加ペースを引き上げるとしているが、脚注をみると、原則的な買 い入れペースは引き続き年間6兆円ペースとしている。新型コロナ次第だが、一時的な買い入れ額の上振れ はあっても、持続性は低い可能性がある」(ニッセイ基礎研究所のチーフ株式ストラテジスト、井出真吾氏 )との声が出ている。 <14:41> 日経平均はマイナス転換、一時300円安 日銀の金融政策...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス転換、一時300円安 日銀の金融政策は「想定内」との声

<14:41> 日経平均はマイナス転換、一時300円安 日銀の金融政策は「想定内」との声 日経平均は1万7100円台前半で推移している。日銀の金融政策発表後、プラス転換して上げ幅を一 時300円超まで拡大したが、その後、伸び悩み、再びマイナス圏に沈んだ。現在は300円を超える下げ となっている。 日銀は16日の金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)の買い入れ目標を、従来の年6兆円から年 12兆円に引き上げた。市場からは「金額は倍増したが、予想される範囲を少し上回った程度。そのほかも 事前に想定されるメニューだった」(国内証券)との声が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は荒い値動き、日銀会合の結果発表後に一時300円高

<14:17> 日経平均は荒い値動き、日銀会合の結果発表後に一時300円高 日経平均は荒い値動き。日銀の緊急会合の結果発表後、プラス転換し、一時上げ幅を300円超に拡大 したが、その後、上げ幅を縮小している。ETF(上場投資信託)の買い入れ額の上限を12兆円に増額し たことに反応しているもよう。 <12:41> 日経平均は小動き、日銀がETF購入目標額変更なしなら失望か 日経平均は小動き、1万7400円台後半で推移している。日銀の緊急会合の結果発表待ちとなってい る。 第一生命経済研究所の主任エコノミスト、藤代宏一氏は、ETF(上場投資信託...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、日銀がETF購入目標額変更なしなら失望か

<12:41> 日経平均は小動き、日銀がETF購入目標額変更なしなら失望か 日経平均は小動き、1万7400円台後半で推移している。日銀の緊急会合の結果発表待ちとなってい る。 第一生命経済研究所の主任エコノミスト、藤代宏一氏は、ETF(上場投資信託)買入額の拡大や、貸 出支援基金を通じた資金繰り支援策の導入・拡大などを予想。マイナス金利の深掘りについては、市場のボ ラティリティーを一段と増幅させてしまう恐れがあるため見送られるとみる。 ETF買入れについては「6兆円の購入目標額そのものを変更せず、機動的買入れによって株式市場を 下支えするという...

前場の日経平均は小反発、米緊急利下げなど消化難で一進一退に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比18円54銭高の1万7449円59銭となり、小反発した。米連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げを実施したほか、日銀が正午から企業金融の円滑化と市場の安定確保に向けた緊急会合を行うことになり、これらの材料を対して消化難とも言える状況になった。日経平均は上下に大きく振れながらも、前場中盤から前週末比変わらず近辺で一進一退の展開となっている。

ホットストック:東京製鉄がしっかり、自社株買いを手掛かりに

東京製鉄がしっかり。前週末に自社株買いを発表したことが手掛かりにされ、買い優勢となっている。自社株買い銘柄は、同社のほかにも軟調な地合いの中でも評価されている銘柄が多い。

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・大興電子通信 、子会社の大協電子通信から相対取引で自社株を取得へ。規 模は自己保有株を除く発行済株式総数の0.35%にあたる4万8000株、取得総額2 966万4000円。取得期間は3月13日。 ・ヤーマン 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.57%にあたる200 万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月16日から6 月30日。 ・キッツ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.45%にあたる320万 株、取得総額20...

24日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

24日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・東京製鉄 、自己保有株を除く発行済株式総数の5.06%にあたる685 万株、取得総額60億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は10月25日から 2020年3月31日。 ・信越ポリマー 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.55%にあたる4 5万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日から1 2月31日。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

今日の株式見通し=続伸、米国株高・円安など安心材料 個別は決算見極め

きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。米国株主要3指数が上昇し、為替も1ドル108円半ばとやや円安方向に振れている。前日終値で約1年ぶりの高水準を付けるなど高値警戒感はあるものの、安定した外部環境を好感してしっかりした動きになるとみられている。

今日の株式見通し=続伸、米国株高・円安など安心材料 個別は決算見極め

           前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     22625.38 22615.47 19241.37              +76.48 2019年10月16日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物12 22795(円建て) 月限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。米国株主要3指数が上昇し、為替も1 ドル108円半ばとやや円安方向に振れている。前日終値で約1年ぶりの高水準を付けるなど高値警戒感は あるものの、安定した外部環境を好感してしっかりした動きになるとみられている...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=21日

0.31%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ブレインパッド 22.08 02 Olympicグループ 27.48 03 フジ・コーポレーション 27.96 04 朝日ネット 27.97 05 ゴールドウイン 28.05 06 デリカフーズHLDG 29.47 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の 割合  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up