for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社淀川製鋼所

5451.T

現在値

2,224.00JPY

変化

31.00(+1.41%)

出来高

116,500

本日のレンジ

2,208.00

 - 

2,248.00

52週レンジ

2,138.00

 - 

2,828.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,193.00
始値
2,243.00
出来高
116,500
3か月平均出来高
1.25
高値
2,248.00
安値
2,208.00
52週高値
2,828.00
52週安値
2,138.00
発行済株式数
28.83
時価総額
77,478.00
予想PER
--
配当利回り
4.59

次のエベント

Q1 2023 Yodogawa Steel Works Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Yodogawa Steel Works Bought Back 200,000Shares For 437 Million Yen On Feb 4

Yodogawa Steel Works says change of chairman and president

R&I affirms Yodogawa Steel Works's rating at "A-" and announces stable outlook -R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社淀川製鋼所とは

淀川製鋼所グループは、主として鉄鋼製品の製造・加工・販売及びこれらに付帯する事業を営む。【事業内容】同社は、4つのセグメントを展開する。鋼板関連事業は、冷延鋼板、磨帯鋼、溶融系亜鉛めっき鋼板、塗装系亜鉛めっき鋼板、その他各種鋼板の製造販売、建材商品(ルーフ・プリント・スパン・サイディング等)、エクステリア商品(物置・ガレージ・自転車置場・ダストピット等)の製造販売、建設工事の設計及び施工を行う。ロール事業は、鉄鋼用ロール、非鉄用ロール等の製造販売を行う。グレーチング事業はグレーチングの製造販売を行う。不動産事業はビル、駐車場等、不動産の賃貸及び売買に関する事業を行う。その他は、機械プラントの販売、太陽光発電による売電事業などを行う。

業種

Iron & Steel

連絡先

10F, Yodoko Bldg

4-1-1, Minamihon-machi

Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

541-0054

Japan

+81.6.62451111

http://www.yodoko.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Satoshi Nitta

President, President of Subsidiary, Representative Director

Tadashi Hattori

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales, Director

Toshio Kumamoto

Managing Executive Officer, Chief Director of Administration, Director

Eiichi Tanaka

Managing Executive Officer, Chief Director of Business Planning, Manager of Overseas Business Planning Office, Chairman of Subsidiary, Director

Yoichiro Nakano

Managing Executive Officer, Manager of Osaka Plant

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
6.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.38
株価純資産倍率(四半期)
0.38
株価キャッシュフロー倍率
4.81
総負債/総資本(四半期)
1.51
長期負債/資本(四半期)
0.69
投資利益率(過去12カ月)
6.71
自己資本利益率(過去12カ月)
5.21

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、4日連続で5日線を上回る

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、4日連続で5日線を上回る 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万6491円97銭。日足・一目均 衡表の雲(下限:2万6502円51銭)で頭を抑えられた形となる。ただ、雲領域は薄 く(上限:2万6510円28銭)、ローソク足の上ヒゲはわずかながら上抜けた。5日 移動平均線(2万6166円06銭=24日)を4日連続で上回る良好な基調を維持して おり、雲を上抜ければ75日線(2万6830円72銭=同)が視野に入ってきそうだ。 <15:11> 新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ高

<15:11> 新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.68%高の671.67ポイントと 大幅に続伸した。米長期金利が低下基調にあり、前日の米市場ではハイテク株比率の高い ナスダック総合が上昇しており、投資家心理を支援した。 値がさのメルカリや、ビジョナル、フリーなどの上昇が牽 引した。一方、モダリスやキャンバス、サインドはさえなかっ た。 グロース市場に新規上場したマイクロ波化学の初値は公開価格を9%下回る 550円となった。その後は切り返し、ストップ高水準の650円で取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、米株高期待の買いが支援

<14:28> 日経平均は上げ幅拡大、米株高期待の買いが支援 日経平均は上げ幅を拡大している。足元では前営業日比340円ほど高い2万650 0円前半。多くの業種が前引け時点に比べて高くなっている。「先物の買いが午後に入っ て増えている印象」(国内証券)という。 時間外取引の米株先物が後場の時間帯に上値を伸ばしており、投資家心理を支援して いる。「今晩の米株高を期待する買いが入っているようだ」(別の国内証券)との声が聞 かれた。前引け時点から下げているのは銀行、鉱業、石油・石炭製品。 東証33業種では、値上がりはサービス業や化学工業、海運業...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり

<13:01> 後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり 後場に入り日経平均は上げ幅を拡大し、日中高値を更新している。前営業日比約25 0円高で、2万6400円台前半で推移。米株先物はプラス圏で推移し、しっかりした値 動きとなっている。 前場に引き続き半導体関連株が底堅く、相場を押し上げている。業種別ではサービス 業が堅調。東証33業種では、値上がり率トップとなっている。 市場では「日本の場合はコロナ禍からの回復が遅れていた分、サービス業関連の上昇 期待は十分にある。サービス関連の銘柄は割安なものも多く、買いが集まっているようだ...

午前の日経平均は続伸、半導体関連株に買い戻し

24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比190円99銭高の2万6362円24銭と、続伸した。寄り付きから底堅く推移し、徐々に上げ幅を拡大。米長期金利の低下基調を受けて、半導体関連などの値がさ株が買われたほか、グロース株の一角が堅調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し

<11:12> 日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約210円高の2万6300円台後半で推移 している。半導体関連の値がさ株が引き続き堅調で、相場を押し上げている。 東京エレクトロン、アドバンテストはそれぞれ2%高。市場では、 「米金利の低下基調に加え、インテルのCEO(最高経営責任者)が半導体の供給不足は 少なくとも2024年まで続くと話したことが材料視され、半導体関連株に買い戻しが入 っているようだ」(国内証券)との声が出ている。 東証33業種では、サービス業、精密機器、化学工業など...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引

<10:05> 日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引 日経平均は上値追い。2万6300円前後で推移している。とりわけ戻す理由が見当 たらず、自律反発との見方が出ていた。東京エレクトロンなど半導体関連株など 指数寄与度が大きい銘柄がけん引する格好。その一方で、景気敏感セクターに下げる銘柄 が目立つ。 市場では「半導体関連株が上げをリードしているが、これらは直近の相場で売り込ま れただけに、自律反発の色彩が強い。大引けまでこの動きがもつかどうかが注目されそう だ」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声も聞かれた...

寄り付きの日経平均は続伸、高寄り後は一進一退 物色面も高安まちまち

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円17銭高の2万6228円42銭と、続伸してスタート。米株高を好感して始まった格好だが、すぐにマイナスに転じた後は一進一退の動きになるなど方向感を欠いている。物色面でも、バリュー系銘柄、グロース株のいずれも高安まちまちで、特徴が見当たらない。週末とあって模様眺めとなり、全体的に小動きになるとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 C&FロジHLDG 27% 1,295 1,294 1,295 1,021 2 SCSK 23% 2,690 2,690 2,690 2,190 3 淀川製鋼所 23% 2,693 2,693 2,693 2,193 4 ダブル・スコープ 22% 2,184 2,184 2,184 1,784 5 パーソル...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲは転換点を示唆

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲは転換点を示唆 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6167円10 銭。日足は長短移動平均線を全て下回っているものの、長い下ヒゲが下値の抵抗力の強さ や相場の転換点を示唆している。当面は5日移動平均線(2万6631円29銭=10日 )を意識した値動きとなりそうだ。 <15:45> 新興株はマザーズが6日ぶり反発、メルカリなど大型株に期待感 新興株は、マザーズ総合が6日ぶりに反発した。朝方は米株市場でナスダック総合<. IXIC>が連日の年初来安値を更新した流...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが6日ぶり反発、メルカリなど大型株に期待感

<15:45> 新興株はマザーズが6日ぶり反発、 メルカリなど大型株に期待感 新興株は、マザーズ総合が6日ぶりに反発した。朝方は米株市場でナスダック総合<. IXIC>が連日の年初来安値を更新した流れを引き継ぎ、マザーズも一時2%超安となる場 面がみられたが、米株先物の底堅い流れを受け、大引け間際にプラス転換した。市場では 「決算期を通過したことで、メルカリなどの大型株に下げ止まりへの期待感が高まってい る」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.31%高の654.52ポイント。朝方は634.6 2ポイントで安値をつけ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を縮小、150円超安 買い戻しが加速

<14:10> 日経平均は下げ幅を縮小、150円超 安 買い戻しが加速 日経平均は下げ幅を縮小し前営業日比150円超安の2万6100円台半ばを推移し ている。時間外取引の米株先物のしっかりとした値動きが支援材料となっている。足元の ナスダック先物は1%超高。市場では「朝方に売り込まれた銘柄を中心に買い戻しの動き が加速している」(国内証券)との声が聞かれた。 午後2時現在の東証プライム市場の売買代金は2兆2618億2000万円。TOP IXは0.80%超安の1860ポイント近辺を推移している。東証33業種では、鉱業 、卸売業、海運業、非鉄金属...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、米国株式の自律反発期待が下支え

<12:50> 日経平均は安値もみあい、米国株式の自律反発期待が下支え 日経平均は安値もみあい。時間外取引で米株先物が堅調に推移していることが下支え となり、2万6000円をやや上回る水準で推移している。市場では「米株先物がしっか りとなっていることで、今晩の米株は自律反発が期待できる状況。そうなると時価近辺で は売りにくい」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:35> 前場の日経平均は続落、一時2万6000円割れ 中盤から下げ渋り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比244円81銭安の2万6074円5 3銭と、続落した。引き続...

午前の日経平均は続落、一時2万6000円割れ 中盤から下げ渋り

10日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比244円81銭安の2万6074円53銭と続落した。引き続き米金利上昇への懸念が圧迫要因となっている。日経平均は一時2万6000円台を割り込んだが、時間外取引で米株先物がプラスに転換するにつれ全般は中盤から下げ渋った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均が下げ渋り、急な下げに対する突っ込み警戒感も

<10:45> 日経平均が下げ渋り、急な下げに対する突っ込み警戒感も 日経平均は下げ渋る展開。テクニカル面では、3月16日と17日に空けたマド(下 限値は2万5824円94銭=3月16日高値)を埋め切ったことで、いったん下げ止ま りが読める場面との指摘がある。 市場では「テクニカル面でいいところに届いたほか、米株が自律反発に転じれば引き 戻しが想定されるため、下げ渋っている様子だ。急な下げに対して突っ込み警戒感も生じ ている」(国内証券)との声も聞かれた。 <09:32> 日経平均は一時500円超安、米株先物の下げが重し 日経平均は続落...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時500円超安、米株先物の下げが重し

<09:32> 日経平均は一時500円超安、米株先物の下げが重し 日経平均は続落で寄り付いた後も下げ幅を広げ、一時500円超安となった。心理的 節目2万6000円を割り込んだ。米株先物がマイナスとなり、投資家心理の重しになっ ている。足元では、日経平均は2万5800円台でひとまず下げ渋っている。 値がさの東京エレクトロンなど半導体関連が寄り付き後も下げ幅を拡大し、 指数の重しとなった。グロース(成長)株のさえない動きが目立つ。 東証33業種では32業種が値下がり。値下がり率上位には鉱業や海運業、卸売業な どが並ぶ。値上がりは電気・ガス業...

寄り付きの日経平均は続落スタート、米株安を嫌気 ハイテク株さえず

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比170円28銭安の2万6149円06銭と、続落してスタートした。前日の米株安を嫌気する形となった。その後も下げ幅を広げている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、淀川製鋼所が買い優勢 TDCソフトは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、淀川製鋼所が買い優勢 TDCソフトは売り優勢   東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄は 以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 淀川製鋼所 21% 2,93 2,93 2,93 2,43 1 1 1 1 2 ハブ 20% 608 608 608 508 3 オロ 14% 2,06 2,06 2,06 1,80 4 4 4 8 4 能美防災 14% 2,20 2,19 2,20 1,92 0 9 0 8 5 シグマクシス・...

26日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

26日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・長谷工コーポレーション 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.63% にあたる740万株、取得総額74億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3 月1日から9月30日。 ・藍沢証券 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.7%にあたる150万 株、取得総額18億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から202 2年2月28日。 ・オロ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.01%にあたる50万株株 、取得総額20億円を上限とする...

4日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

4日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・淀川製鋼所 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.03%にあたる30 万株、取得総額5億9340万円を上限とする自社株買いを実施へ。11月5日午前8時 45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。 買い付け価格は11月4日終値の1978円。 ・サンリオ 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.04%にあたる339 万1700株、取得総額60億円を上限とする自社株買いを実施へ。11月5日午前8時 45分の東証自己株式立会外買付取引...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up