for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井金属鉱業株式会社

5706.T

現在値

2,568.00JPY

変化

16.00(+0.63%)

出来高

399,900

本日のレンジ

2,554.00

 - 

2,620.00

52週レンジ

1,511.00

 - 

3,295.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,552.00
始値
2,619.00
出来高
399,900
3か月平均出来高
11.52
高値
2,620.00
安値
2,554.00
52週高値
3,295.00
52週安値
1,511.00
発行済株式数
57.11
時価総額
147,137.70
予想PER
12.78
配当利回り
2.73

次のエベント

Q2 2021 Mitsui Mining and Smelting Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Mitsui Mining and Smelting to transfer manufacture plant to unit Kamioka Mining and Smelting

Mitsui Mining and Smelting's sales to climb 20% for April-September half - Nikkei‍​

Mitsui Mining and Smelting Co Ltd's sales are expected to rise about 10 percent in current fiscal year - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井金属鉱業株式会社とは

三井金属鉱業グループは、機能材料、金属、自動車部品、関連の4部門に関係する事業を主として行う。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。機能材料事業においては、電池材料(水素吸蔵合金)、排ガス浄化触媒、機能粉(電子材料用金属粉、酸化タンタルなど)、銅箔(キャリア付極薄銅箔、プラント配線板用電解銅箔など)、スパッタリングターゲット、セラミックス製品の製造・販売等を行う。金属事業においては、亜鉛、鉛、銅、金、銀の製造・販売、資源リサイクル事業等を行う。自動車部品事業においては、自動車用ドアロックの製造・販売等を行う。関連事業においては、ダイカスト製品、粉末冶金製品、伸銅品、パーライト製品の製造・販売、各種産業プラントエンジニアリング等を行う。

業種

Metal Mining

連絡先

19F, Gate City Osaki West Tower

1-11-1, Osaki

SHINAGAWA-KU, TKY

141-8584

Japan

+81.3.54378000

https://www.mitsui-kinzoku.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Keiji Nishida

President, Representative Director

Takeshi No

Executive Vice President, Vice President, Chief Director of Business Creation, Representative Director

Isshi Hisaoka

Managing Executive Officer, Chief Safety & Health Officer, Director

Hisakazu Kibe

Managing Executive Officer, Senior Director of Related Business, Director

Takashi Ohshima

Managing Executive Officer, Chief Director of Business Planning, Director of Business Planning, Director

統計

2.75 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.5K

2019

0.5K

2020

0.5K

2021(E)

0.5K
EPS (JPY)

2018

-12.400

2019

82.150

2020

27.430

2021(E)

199.639
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.53
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.33
株価純資産倍率(四半期)
0.85
株価キャッシュフロー倍率
3.64
総負債/総資本(四半期)
160.81
長期負債/資本(四半期)
77.95
投資利益率(過去12カ月)
2.96
自己資本利益率(過去12カ月)
1.84

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:台風10号で自動車など一時操業停止、目立った被害なし

台風10号の接近を受けて、九州地方に生産拠点のある自動車や電機メーカーなどの主要企業は従業員の安全を考慮し、テレワークの活用やラインの操業停止などの対応を進めた。これまでのところ目立つ被害はなく、7─8日から通常操業を再開する拠点が多い。

再送-〔情報BOX〕台風10号で自動車など一時操業停止、目立った被害なし

台風10号の接近を受けて、九州地方に生産拠点のある自動車や電機メーカーなどの主要企業は従業員の安全を考慮し、テレワークの活用やラインの操業停止などの対応を進めた。これまでのところ目立つ被害はなく、7─8日から通常操業を再開する拠点が多い。

情報BOX:豪雨でトヨタなどの工場が停止 8日にはおおむね再開

九州地方を中心に襲った豪雨は企業の生産活動に大きな影響を与えた。同地方に生産拠点を構える自動車関連メーカー各社は従業員の安全などを考慮し、6日の操業を見合わせた。8日にはほとんどの工場で操業を再開した。エレクトロニクス関連も一時操業停止する拠点があったが、きょうまでに通常稼働に戻ってきている。主な工場の稼働状況は以下の通り。

日経平均は反発、売り材料見当たらず 終値で年初来高値更新

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株市場はさえない動きとなったものの、日経平均は目立った売り材料が見当たらず小反発で始まった。その後、次の材料を待ちながら2万3300円台半ばから後半を中心にもみあいが続いたが、後場、大引けにかけて上げ幅を拡大。終値ベースで2万3500円台を回復し年初来高値を更新した。

ホットストック:三井金は大幅続落、今期業績予想を下方修正

三井金属鉱業は大幅続落。午前9時50分現在、東証1部で値下がり率トップとなっている。11日、2020年3月期の連結営業利益予想を従来の260億円から165億円(前年比9.4%減)に下方修正すると発表したことが嫌気されている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=24日

RIC 銘柄名 01 日本アクア 02 日本基礎技術 03 ウイン・パートナーズ 04 トーエル 05 ソフトクリエイトHLDG 06 TSI HLDG 07 ザッパラス 08 日本曹達 09 セントラル硝子 10 旭有機材 11 大倉工業 12 ミライアル 13 フェイス 14 三井金属鉱業 15 住友金属鉱山 16 FUJI 17 技研製作所 18 マキタ 19 富士通 20 京三製作所 21 岩崎電気 22 オーハシテクニカ 23 パラマウントベッドHLDG 24 大日本印刷 25 藤森工業 26 ニチハ 27 松風  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=20日

3.97%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 廣済堂 21.93 02 信越化学工業 22.41 03 油研工業 22.66 04 安川電機 22.94 05 ウイン・パートナーズ 23.61 06 日置電機 23.68 07 東京エレクトロン 24.08 08 三益半導体工業 24.14 09 トレンドマイクロ 24.21 10 ローム 24.43 11 三井金属鉱業 24.47 12 じもとHLDG 25.04 13 住友化学 25.05 14 横河電機 25.16 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=21日

RIC 銘柄名 01 ネクステージ 02 クラレ 03 オプティム 04 メガチップス 05 エフ・ジェー・ネクスト  

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・年足は7年ぶり陰線、「半値戻し」水準で失速 来年に暗雲

<16:04> 日経平均・年足は7年ぶり陰線、「半値戻し」水準で失速 来年に暗雲 大納会における日経平均の年足は2011年以来、7年ぶりの陰線となった。陰線となったのはアベノ ミクス相場が始まってから初めて。バブル崩壊以降、陰線が出現した年の翌年は全て陰線となっており、市 場心理面では不安材料となりそうだ。 また1989年末に付けた日経平均の過去最高値から、08年のバブル崩壊後最安値までの下落幅から 、50%株価が回復した「半値戻し」の水準は、2万2976円17銭。日経平均は前年に続き、この水準 を上回って大納会を終えることができなかった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、年間でマザーズ34%安 小型株に逆境の1年

<15:43>  新興株市場はまちまち、年間でマザーズ34%安 小型株に逆境の1年 新興株式市場は、日経ジャスダック平均が小幅に3日続伸。東証マザーズ指数は3日ぶり反落。マザー ズの下落率は1%を超えた。 1年間の騰落率は日経ジャスダック平均が18.7%安、東証マザーズ指数が34.0%安となった。 下落率はTOPIX(17.8%)を上回った。 大納会では「今年パフォーマンスがよかった銘柄を中心に、連休前の利益確定売りが出た」(国内証券 )との声が出ていた。 個別銘柄ではメルカリ がしっかり。ミクシィ が買われ、ラクオリア創薬 が 大幅高...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万円割れ、大引け前に先物主導で売られる

<14:49> 日経平均は2万円割れ、大引け前に先物主導で売られる 日経平均は再び2万円を下回って推移。大引け前に先物主導で売られた。足元では1万9900円台で の値動き。「今の環境だと売りから入らなければ十分なリターンは取りにくく、短期筋による売り崩しへの 警戒感が強い」(国内投信)との声が出ていた。 <14:22> TOPIX500銘柄で大日住薬が年間上昇率トップへ、最下位スルガ銀の公算 日経平均は2万円台を維持。大引けを前に小動きが続いている。 比較的流動性の高い銘柄が集まるTOPIX500構成銘柄の年間騰落率は、現時点では大日本住友製...

〔マーケットアイ〕株式:TOPIX500銘柄で大日住薬が年間上昇率トップへ、最下位スルガ銀の公算

<14:22> TOPIX500銘柄で大日住薬が年間上昇率トップへ、最下位スルガ銀の公算 日経平均は2万円台を維持。大引けを前に小動きが続いている。 比較的流動性の高い銘柄が集まるTOPIX500構成銘柄の年間騰落率は、現時点では大日本住友製 薬 が上昇率トップ。株価は2倍以上となっている。今年11月、非定型抗精神病薬「ラツーダ」を 巡る特許侵害訴訟が終結したと発表。後発品の競合で売り上げが減少するリスクが後退したことで、株高に 弾みが付いた。 このほか上位には、品薄株と位置づけられるユニー・ファミリーマートホールディングス 、イ ンバウンド...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=19日

60.83%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 千代田化工建設 -43.40 02 メディカル・データ・ビジョ -41.23 ン 03 三井E&S HLDG -31.74 04 ハウスドゥ -26.23 05 サンデンHLDG -25.26 06 ジャパンディスプレイ -24.71 07 オロ -24.29 08 イーレックス -23.26 09 ジェイリース -23.15 10 日本管理センター -22.62 11 イーブックイニシアティブ -21.08 12 ビーグリー -20.45 13 ノーリツ鋼機 -20.42 14 平田機工...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=14日

62.48%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 千代田化工建設 -47.03 02 メディカル・データ・ビジョン -41.23 03 三井E&S HLDG -35.24 04 オロ -31.79 05 ハウスドゥ -29.81 06 イーブックイニシアティブ -27.72 07 シンクロ・フード -27.58 08 サンデンHLDG -26.80 09 オプトHLDG -25.73 10 ノーリツ鋼機 -23.47 11 東亜建設工業 -23.44 12 三井金属鉱業 -21.37 13 カワタ -21.37 14 システムリサーチ...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=13日

59.96%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 千代田化工建設 -46.12 02 三井E&S HLDG -34.86 03 オロ -32.08 04 シンクロ・フード -31.13 05 ハウスドゥ -28.87 06 サンデンHLDG -28.49 07 イーブックイニシアティブ -28.02 08 メディカル・データ・ビジョン -25.28 09 ノーリツ鋼機 -23.90 10 東亜建設工業 -22.59 11 三井金属鉱業 -22.30 12 オプトHLDG -22.27 13 カワタ -20.98 14 日揮 -20.80...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=12日

2.17%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 島根銀行 14.18 02 福島工業 18.89 03 青山商事 19.65 04 三井金属鉱業 19.88 05 曙ブレーキ工業 21.30 06 シンクロ・フード 22.25 07 やまや 23.46 08 パナソニック 23.79 09 シップヘルスケアHLDG 24.86 10 ホーチキ 25.22 11 ミツバ 25.33 12 トラスト・テック 25.42 13 OATアグリオ 25.52 14 戸田工業 25.60 15 電気興業 26.12 (*):RSIが70以上、または...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=12日

45.86%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 千代田化工建設 -48.12 02 三井E&S HLDG -34.90 03 イーブックイニシアティブ -31.34 04 サンデンHLDG -27.73 05 ハウスドゥ -27.19 06 ノーリツ鋼機 -25.74 07 オプトHLDG -24.34 08 シンクロ・フード -22.26 09 カワタ -20.63 10 ソースネクスト -20.48 11 オロ -20.41 12 LIXILグループ -19.18 13 システムリサーチ -18.35 14 スクロール -17.68...

日経平均は小反発、中国株高・円安が支え

東京株式市場で日経平均は小反発となった。前週末に米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方は売りが先行。下げ幅は一時200円を超えた。その後、円相場が1ドル114円付近まで弱含んだことや上海株がしっかり推移したことを支えに切り返した。午後は手掛かり材料に乏しく、プラス圏で小動きとなった。

ホットストック:三井金は年初来安値、通期業績予想を下方修正

三井金属鉱業は大幅安となり、年初来安値を更新している。同社は9日、2019年3月期の連結売上高予想を従来の5220億円から5067億円(前年比2.4%減)、営業利益予想を従来の440億円から245億円(前年比50.5%減)にそれぞれ下方修正すると発表した。機能材料セグメントの主要製品であるキャリア付極薄銅箔の販売量の減少が見込まれること、金属価格が想定を下回って推移していることなどが影響するという。

アングル:袋小路の日韓関係、徴用工判決が新たな火種に

韓国最高裁が元徴用工に対する賠償を日本企業に命じたことで、強硬化する世論や歴史観の違いに直面している日韓両政府は、事態が両国関係の危機に発展しないよう慎重に対応する構えだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up