for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東邦チタニウム株式会社

5727.T

現在値

2,297.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

1,334.00

 - 

3,335.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,297.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
82.70
高値
--
安値
--
52週高値
3,335.00
52週安値
1,334.00
発行済株式数
71.17
時価総額
166,773.90
予想PER
23.33
配当利回り
0.85

次のエベント

Dividend For 5727.T - 17.0000 JPY

適時開示

その他

Toho Titanium Co Ltd - To Spend 9.4 Billion Yen To Build New Nickel Powder Factory In Kitakyushu, Japan, Aiming To Boost Output By 20%

JXTG Holdings to transfer stake in Toho Titanium and Tatsuta Electric Wire and cable to its unit

Toho Titanium JV sets up titanium sponge factory in Saudi Arabia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東邦チタニウム株式会社とは

東邦チタニウムグループは、金属チタン事業のほか、プロピレン重合用触媒、超微粉ニッケル等の電子部品材料の製造、販売を主な事業とする。【事業内容】同社は2つの事業セグメントで構成される。金属チタン事業はスポンジチタン、チタンインゴット、高純度チタン等を生産する。機能化学品事業は、プロピレン重合用触媒、超微粉ニッケル、高純度酸化チタン等を生産する。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

3-3-5, Chigasaki

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-0005

Japan

+81.45.3945522

http://www.toho-titanium.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuji Yamao

President, Executive President, Representative Director

Hiroshi Matsubara

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Business Administration, Director

Norio Yuki

Managing Executive Officer, Chief Director of Technology, Director

Takashi Fujii

Managing Executive Officer, Director of Chemicals Business

Takuo Kataoka

Managing Executive Officer, Manager of Chigasaki Plant, Deputy Chief Director of Technology

統計

1.67 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

33.150

2021

-44.350

2022

51.930

2023(E)

100.314
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.27
株価純資産倍率(四半期)
3.28
株価キャッシュフロー倍率
12.94
総負債/総資本(四半期)
91.88
長期負債/資本(四半期)
39.18
投資利益率(過去12カ月)
9.11
自己資本利益率(過去12カ月)
6.26

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が75日線などを上抜け

<16:04> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が75日線などを上抜け 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。相場の弱もち合いを示して いる。終値は2万7382円56銭。 5日移動平均線(2万7269円11銭=27日)が、75日線(2万7194円8 3銭=同)、100日線(2万7695円63銭=同)、200日線(2万7224円6 5銭=同)など主要な長期の移動平均線を下から上に突き抜け、「ゴールデンクロス」と なった。 相場の上昇期入りのシグナルとされ底堅い展開が見込まれる。今後は、心理的節目の 2万7500円を明確にキープ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、上場2日目のテクノロジーズは初値下回る

<15:44> 新興株はマザーズが続落、上場2日目のテクノロジーズは初値下回る 新興株式市場は、マザーズ総合は前営業日比0.81%安の770.96ポイントと 、続落した。東証グロース市場指数は同0.84%安の978.08ポイントだった。新 興株市場は足元、上昇基調が続いていたため、利益確定の売りが優勢となった。 上場2日目のテクノロジーズはは公開価格の3.6倍の3650円で初値を 付け、一時4000円まで上昇。終値は3600円で初値を下回った。 個別では、ナノキャリアがストップ高となったほか、インパクトホールディ ングスが8.4%高としっかりだった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、企業決算を警戒し模様眺め

<13:39> 日経平均は一進一退、企業決算を警戒し模様眺め 後場の日経平均はプラス圏とマイナス圏を行き来しながら、一進一退の値動きを続け ている。足元では40円高の2万7400円付近で推移している。「週末の上、日米の企 業決算への警戒感が根強く、手掛かりに乏しい中では模様眺めになりやすい」(国内証券 のストラテジスト)という。 きょうは海運株の下げが目立っており「一部の証券が格下げしたのが、きょうの下げ の一因だろう」(別の国内証券のストラテジスト)とみられている。日本郵船や 商船三井は約4%安となっている。業種別の値下がり率トップは...

午前の日経平均は小幅反発、強弱材料入り交じり方向感欠く

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比18円43銭高の2万7381円18銭と、小幅に反発した。米株高を好感して小高く始まったが、日銀の政策修正への思惑や米企業業績への懸念が重しとなりマイナスに転じる場面があるなど、強弱材料が入り交じって方向感を欠いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス、日銀の追加修正思惑が重し インテル決算嫌気も

<10:17> 日経平均は一時マイナス、日銀の追加修正思惑が重し インテル決 算嫌気も 日経平均は一時マイナスに転換した。小高く寄り付いた後、徐々に上げ幅を縮小した 。 市場では「日銀の政策修正への思惑が相場の重しになっているようだ」(国内証券の ストラテジスト)との声が聞かれた。金利先高観から銀行が買われている一方、不動産業 はさえない。 1月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)が104.2と、 前年同月比4.3%上昇し、前月の3.9%上昇を上回って1981年5月以来の伸び率 となり、思惑につながったとみられる。...

寄り付きの日経平均は小反発、米景気懸念が和らぐ トヨタは小じっかり

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比65円66銭高の2万7428円41銭と、小幅に反発してスタートした。米国の実質国内総生産(GDP)が予想を上回って景気懸念が和らぎ、米市場では株高となっており、買いが先行した。その後はやや伸び悩んでいる。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、野村不動産HLDGが買い優勢 三菱鉛筆は売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、野村不動産HLDGが買い優勢 三菱鉛筆は売り 優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 野村不動産HLDG 15% 3,33 3,33 3,34 2,90 8 5 0 8 2 栄研化学 8% 1,80 1,80 1,80 1,66 5 4 5 7 3 カカクコム 5% 2,28 2,27 2,28 2,16 0 9 0 7 4 シップヘルスケアHLDG <336 5% 2,68...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線を維持

<15:58> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線を維持 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7678円92銭。前日に続いて 75日移動平均線(2万7578円89銭=1日)を終値で上回った。ローソク足は下ヒ ゲが長めで、買い意欲がうかがえる。日足・一目均衡表のねじれを経て上昇し、雲領域に 差し掛かった。薄い雲(上限は2万7750円53銭=同)を上抜け、上げ歩調を強める かが焦点。 <15:35> 新興株はマザーズがわずかに続落、値幅取りの動きも 新興株式市場は、マザーズ総合は0.01%安の745.46ポイントと、わずかに 4...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズがわずかに続落、値幅取りの動きも

<15:35> 新興株はマザーズがわずかに続落、値幅取りの動きも 新興株式市場は、マザーズ総合は0.01%安の745.46ポイントと、わずかに 4日続落した。東証グロース市場指数は前営業日比0.01%安の947.68ポイント だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にして手控えムードとなる中、市場では 「直近IPO銘柄を中心に値幅取りの動きもみられた」(国内証券のアナリスト)との声 が聞かれた。 Appier GroupやANYCOLORが大幅安。サンバイ オは年初来安値を更新した。一方、M&A総合研究所やバンク・オブ・ イノベーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、トヨタ株は決算後に軟化

<13:30> 日経平均は上値重い、トヨタ株は決算後に軟化 日経平均は、後場入り後は小高い水準での小動きとなっている。トヨタ自動車<7203. T>が中間決算を発表した後はやや上値が重い。 トヨタ株は、発表前に小高い水準だったが、発表後に上下した後、売りが優勢となり 、一時1.9%安に下落した。 トヨタは2023年3月期の連結営業収益予想を36兆円に上方修正した一方、営業 利益予想は従来2兆4000億円で据え置いた。 <11:45> 前場の日経平均は小幅続伸、好決算銘柄が支え 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比58円88銭高の2...

午前の日経平均は小幅続伸、好決算銘柄が支え

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比58円88銭高の2万7646円34銭と小幅に続伸した。好業績銘柄を中心に買いが入り底堅い展開だったが、節目の2万7500円を上回ったことで上値の重さも意識され、値幅は120円程度にとどまった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、決算手掛かりにした物色広がる

<10:33> 日経平均は一進一退、決算手掛かりにした物色広がる 日経平均は一進一退の展開となっている。一時、マイナス圏に沈む場面もみられたが 、再び小幅高の水準まで値を戻している。市場関係者からは「昨日、米株安となった割に は日本株はしっかりした動きで底堅い印象」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞か れる。 国内主要企業の決算発表が相次ぐ中、決算を手掛かりにした個別物色が活発で、「上 方修正した企業は買われ、下方修正した企業は売られるなど、素直な反応が見受けられる 」(別の国内証券・ストラテジスト)との指摘が出ている。個別では、業績見通...

寄り付きの日経平均は小幅続伸、値がさ株が底堅い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比27円18銭高の2万7614円64銭と、小幅に続伸してスタートした。値がさ株や主力株が底堅く、相場を支えている。一方、半導体関連株はさえない値動きとなっている。東証33業種では、卸売業、空運業、鉄鋼など26業種が値上がり。金属製品、陸運業など7業種は値下がりしている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、アレンザHDは買い優勢 ベイカレントは売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、アレンザHDは買い優勢 ベイカレントは売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 アレンザHLDG 16% 1,07 1,07 1,07 927 7 7 7 2 山洋電気 10% 5,50 5,50 5,51 5,01 5 0 0 0 3 高砂熱学工業 8% 1,95 1,95 1,95 1,79 0 0 0 8 4 パーソルHLDG 7% 3,19 3,19 3,20 2,98...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、75日線を上値メドとして意識

<15:32> 日経平均・日足は「十字線」、75日線を上値メドとして意識 日経平均・日足は上と下に長いヒゲを伴う「十字線」で、「足長クロス」の形となっ た。買い手の心理としては気迷いを示唆しているほか、相場の転換点が近いことを暗示し ている。終値は2万7105円20銭だった。 5日移動平均線(2万7221円49銭=28日)が緩やかながら上を向いており、 短期的には上昇基調も見込めそうだ。一方、目先は75日線(2万7550円66銭=同 )が上値メドとして意識され、同水準を超えることができるか注目される。 <15:10> 新興株はマザーズが...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続落、グロース株が軟調

<15:10> 新興株はマザーズが小幅続落、グロース株が軟調 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.28%安の745.73ポイントと 小幅に続落した。グロース市場指数は0.26%安の948.14ポイントだった。前日 の米株市場でナスダック総合が下落したことを嫌気して、グロース(成長)株が 軟調に推移した。また、新規IPO銘柄は利益確定の売りが優勢となった。 個別では、坪田ラボ、プレイド、マクアケなどが軟調だっ た。 バンク・オブ・イノベーション、FRONTEO、ティーケーピー は堅調に推移した。 きょうグロース市場に新規上場したpluszero...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は軟調、日銀会合への反応は限定的

  <13:27> 後場の日経平均は軟調、日銀会合への反応は限定的 後場に入り日経平均は軟調な展開で、足元は前営業日比約170円安の2万7100 円台半ばで推移している。日銀が金融政策決定会合の結果を公表したが、「市場の予想通 り現状の政策維持が決定され、株式市場への影響は限定的となっている」(国内証券・ス トラテジスト)という。 黒田東彦日銀総裁の記者会見では「急速に進む円安に対してどのような発言をするの か注目」(同)されている。 東証33業種では、輸送用機器、保険業、陸運業など14業種が値上がり。反面、海 運業、精密機器、鉱業など...

午前の日経平均は続落、ナスダック安を嫌気 徐々に底堅さ増す

28日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比97円04銭安の2万7248円20銭と続落して前引けた。前日の米ナスダックの下落を嫌気し売り優勢で始まったものの、国内企業の好決算を支えに次第に下げ渋り、徐々に底堅さを増している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、国内の良好な決算が株価を下支え

<10:30> 日経平均は下げ渋り、国内の良好な決算が株価を下支え 日経平均は下げ渋っている。寄り付き直後は米ナスダック安を嫌気し幅広く売られ、 一時2万7000円を割り込んだものの、すかさず回復して戻り歩調になった。「イビデ ンなどの半導体関連株をはじめ、国内企業の決算に良好だったものが多く、株価 を下支えしている」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)という。 ただ、週末であるため薄商い。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、模 様眺めとなる可能性が高いため、徐々に株価の動きが鈍くなりそうだ。市場では「FOM Cで将来的な...

寄り付きの日経平均は続落、米ナスダック安を嫌気 物色面は決算で明暗

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比247円86銭安の2万7097円38銭と、続落してスタート。前日の米国株式市場でナスダックが安かったことが嫌気され、全体的に売り優勢の展開となっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up