for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東邦金属株式会社

5781.T

現在値

895.00JPY

変化

11.00(+1.24%)

出来高

1,800

本日のレンジ

882.00

 - 

899.00

52週レンジ

760.00

 - 

1,430.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
884.00
始値
885.00
出来高
1,800
3か月平均出来高
0.14
高値
899.00
安値
882.00
52週高値
1,430.00
52週安値
760.00
発行済株式数
2.32
時価総額
2,066.79
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2023 Toho Kinzoku Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Toho Kinzoku says change of president

TOHO KINZOKU CO LTD announces extraordinary profit for FY 2014

TOHO KINZOKU CO LTD Announces Retirement of Chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東邦金属株式会社とは

東邦金属グループは、主に電気・電子製品及び超硬合金製品の製造・販売を行う。【事業内容】同社は、2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。電気・電子事業は、主にタングステン・モリブデン製品、タングステン合金、自動車用電極等その他の製品の製造・販売を行う。超硬合金事業は、主に削岩等に用いられる各種ビット及び超硬合金チップ等の製造・販売を行う。

業種

Metal Mining

連絡先

2F, Nihon Seika Bldg.

2-4-9, Bingo-machi, Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

541-0051

Japan

+81.6.62023376

http://www.tohokinzoku.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Mikita

President, Representative Director

Tadashi Kajihara

Managing Director

Kazunobu Fujiwara

Director of Sales, Director

Keizo Arima

Director of General Affairs, Director of Accounting, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
4.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
0.67
株価キャッシュフロー倍率
3.57
総負債/総資本(四半期)
46.86
長期負債/資本(四半期)
16.82
投資利益率(過去12カ月)
10.58
自己資本利益率(過去12カ月)
6.58

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス2シグマ付近で反発力も

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5985円47銭。陰の寄り付き坊主の形状で、投資家の強い失望感が示唆される。目先の下値めどは、きょうの安値(2万5774円28銭)や心理的節目2万5500円が意識されそうだ。一方、下ヒゲによって買い方の抵抗が示された。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万5946円35銭=4日)付近にあり、反発力が生じてくる水準でもある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズは4%安

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。ロシア軍の攻撃によりウクライナの原発で火災が発生したことなどが伝わり、新興市場でもリスクオフのムードが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏での推移、米雇用統計への警戒感くすぶる

日経平均は心理的節目2万6000円を下回った水準での推移が続いている。ロシア軍の攻撃を受けたウクライナの原発に関して、グランホルム米エネルギー長官が「強固な格納構造で保護されており、原子炉は安全に停止されている」と述べたことが伝わっている一方、市場では「週末でもあり、休日中の動きがどうなるか不透明感が強く、手を出しにくい」(国内証券)との声が出ている。

午前の日経平均は急落、ウクライナ原発火災でリスクオフ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比556円67銭安の2万6020円60銭と、大幅に反落して午前の取引を終えた。前日の米株安を嫌気して安く始まった後は、ウクライナの原発でロシア軍の攻撃による火災が生じているなど、情勢の緊迫化を示唆する情報が相次ぎ、リスク回避の売りが急速に広がった。日経平均は2月24日につけた昨年来安値(2万5775円64銭)を更新した。

ホットストック:放射能対策関連が上昇、ウクライナの原発火災で思惑

放射能対策関連株が急上昇している。ウクライナ情勢が警戒される中、ロシア軍の攻撃で欧州最大規模の原発で火災が生じていると伝わっており「現地の状況ははっきりしないが、連想買いが出ているようだ」(国内証券)との声が出ている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up