for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東洋製罐グループホールディングス株式会社

5901.T

現在値

1,345.00JPY

変化

31.00(+2.36%)

出来高

540,800

本日のレンジ

1,334.00

 - 

1,357.00

52週レンジ

1,256.00

 - 

1,668.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,314.00
始値
1,340.00
出来高
540,800
3か月平均出来高
13.20
高値
1,357.00
安値
1,334.00
52週高値
1,668.00
52週安値
1,256.00
発行済株式数
181.57
時価総額
272,849.60
予想PER
--
配当利回り
6.54

次のエベント

Q1 2023 Toyo Seikan Group Holdings Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Toyo Seikan Group Holdings buys back 1.6 mln shares for 3.79 bln yen

Toyo Seikan Group Holdings to buy land for new plant establishment

Toyo Seikan Group Holdings buys back 1.3 mln shares for 2.59 bln yen in August

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東洋製罐グループホールディングス株式会社とは

東洋製罐グループホールディングスグループは、子会社89社(連結子会社71社、非連結子会社18)ならびに関連会社12社により構成される日本の包装コンテナ製造業者である。【事業内容】同社グループは総合容器メーカーとして、金属、プラスチック、ガラス、紙を主原料とする容器の製造販売およびエアゾール製品・一般充填品の受託製造販売および包装容器関連機械設備の製造販売を行う包装容器関連事業、鋼板および鋼板の加工品の製造販売を行う鋼板関連事業、磁気ディスク用アルミ基板・光学用機能フィルム・釉薬・微量要素肥料・顔料・ゲルコートなどの機能材料の製造販売を行う機能材料関連事業およびオフィスビル・商業施設などの賃貸を行う不動産関連事業を主な事業内容とする。同社はまた硬質合金・機械器具・農業用資材製品などの製造販売、石油製品などの販売、損害保険代理業などの事業を営む。包装容器関連事業では、缶詰用空缶・その他金属製品の製造販売は主として連結子会社18社および持分法適用関連会社2社が携わる。プラスチック製品の製造販売は、主として連結子会社22社が携わっている。ガラス製品の製造販売は、主として連結子会社6社が携っている。紙製品の製造販売は、主として連結子会社6社が携わっている。エアゾール製品・一般充填品の受託製造販売は、主として連結子会社2社が携わっている。包装容器関連機械設備の製造販売は、主として連結子会社21社が携わっている。鋼板関連事業(鋼板および鋼板の加工品の製造販売)では、主として連結子会社4社が携わっている。機能材料関連事業(磁気ディスク用アルミ基板・光学用機能フィルム・釉薬・微量要素肥料・顔料・ゲルコートなどの製造販売)は、主として連結子会社9社が携わっている。不動産関連事業(オフィスビル・商業施設などの賃貸)は、主として連結子会社10社が携わっている。その他(硬質合金・機械器具・農業用資材製品などの製造販売、石油製品などの販売、損害保険代理業)は、主として連結子会社6社が携わっている。

業種

Containers & Packaging

連絡先

Osaki Forest Bldg.

2-18-1, Higashi-Gotanda

SHINAGAWA-KU, TKY

141-8627

Japan

+81.3.45142000

https://www.tskg-hd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ichio Ohtsuka

President, Representative Director

Hirohiko Sumida

Vice President, Director

Kazuo Murohashi

Managing Executive Officer, Director

Takuji Nakamura

Managing Executive Officer, Manager of Innovation Promotion Office, Director

Kouki Ogasawara

Managing Executive Officer, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
5.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.33
株価純資産倍率(四半期)
0.38
株価キャッシュフロー倍率
2.79
総負債/総資本(四半期)
16.86
長期負債/資本(四半期)
8.62
投資利益率(過去12カ月)
5.91
自己資本利益率(過去12カ月)
4.39

最新ニュース

最新ニュース

ギニア主要野党指導者、暫定政権参加に前向き クーデター受け

西アフリカ・ギニアの主要野党指導者は7日、週末のクーデターで権力を掌握した国軍特殊部隊が政権基盤を固める中、暫定政権への参加に前向きな姿勢を示した。

日経平均は続伸、約5カ月ぶりに3万円台を一時回復

東京株式市場で日経平均は続伸した。前日までの好地合いを引き継いで幅広く物色され、立ち会い時間中としては、4月9日以来、約5カ月ぶりとなる3万円台回復となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線との乖離率は6.9%に

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線との乖離率は6.9%に 日経平均・日足は「小陽線」となった。前日に続いてマドを空けて上値を追い、基調 の強さを印象付けたが、上ヒゲが長い「上影陽線」が高値圏で出現したため、スピード調 整の懸念が生じている。終値と25日移動平均線(2万7978円60銭=7日現在)と の乖離率は6.9%となっており、過熱感が台頭するところだ。 心理的な上値の目安として意識されていた3万円を回復したため、2月16日に付け た年初来高値3万0714円52銭の回復が目標となってくる。ただ、急速な上昇に対し て警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、投資家のマインド回復が顕著に

<15:10> 新興株式市場はまちまち、投資家のマインド回復が顕著に 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸したものの、日経ジャスダック平 均は朝方に連日の年初来高値更新となった後は値を消す展開となった。市場では「投資家 のマインド回復が顕著となり、値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声も 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.14%高。メルカリ が商いを伴い上値を追う 展開となったほか、グローバルウェイ が連日の年初来高値更新となった。すらら ネット 、Enjin も堅調だが、メディア総研 は安い。 日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再び強含み、ソフトバンクGが9%超の上昇

<14:48> 日経平均は再び強含み、ソフトバンクGが9%超の上昇 日経平均は再び強含みの展開。利益確定売りに押さえられていたが、ソフトバンクグ ループ 株が9%超の上昇となり、120円強の押し上げ要因となっている。 ソフトバンクグループは7日、保有するTモバイル 株式4500万株と引 き換えに新たに2億2500万株のドイツテレコム 株式を取得すると発表した 。ソフトバンクGはドイツテレコム株4.5%を保有する第2位株主となり、取締役会の 議席も取得する予定。 日本株にはこれまでの急な上昇に対する警戒感から利益確定売りが出ているが、「政...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を縮小しもみあい、3万円台回復の達成感で上値重い

<13:05> 日経平均は上げ幅を縮小しもみあい 、3万円台回復の達成感で上値重い 後場の日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万9800円台後 半でのもみあいとなっている。市場では「5カ月ぶりの3万円回復で、達成感からさらに 上値を追うのは難しい。とりあえず期待先行で上昇したが、これからは選挙の行方の細か い部分が注目されている」(国内証券)との声が聞かれた。 午後1時現在での東証1部の売買代金は2兆0611億5700万円と膨らんでいる 。個別ではソフトバンクグループ は6%超高となっているほか、東京エレクトロ ン 、...

午前の日経平均は続伸、政治の変化に期待 欧州株高も支え

7日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比235円03銭高の2万9894円92銭となり、7日続伸した。一時4月9日以来の3万円台の大台を回復した。前日の欧米株高の流れを好感したほか、政治面での変化への期待が引き続き支えとなった。TOPIXは連日の年初来高値更新となり、約31年ぶりの高値水準となっている。

ホットストック:任天堂やキーエンスがしっかり、日経平均の入れ替えで

任天堂とキーエンス、村田製作所がしっかりとなっている。日本経済新聞社が6日、10月1日の算出から日経平均株価の構成銘柄として採用すると発表しており、好感する動きが先行した。

今日の株式見通し=強もちあい、3万円の大台試す 利益確定売りが重しにも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定される。前日の欧州株高の流れを引き継いで上昇して始まり、3万円の大台を試すとみられる。3万円付近では、利益確定売りが出やすいともみられている。

日経平均、任天堂・キーエンス・村田製作所を採用

日本経済新聞社は6日、日経平均株価の構成銘柄として、市場流動性の観点から任天堂、キーエンス、村田製作所を採用すると発表した。10月1日の算出から入れ替える。

アングル:日経平均の銘柄入れ替えで思惑、任天堂やキーエンスに先回り買い

任天堂やキーエンスの株価が堅調な動きを見せている。業績拡大や経済回復への期待が株価押し上げの原動力となってきたが、ここにきて新たな材料が出てきた。日経平均株価の算出や選定のルール改定に伴い、これらの銘柄が採用されるとの思惑だ。

MSCI銘柄入れ替え、日本株は伊藤園など9社を新規採用

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は12日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では、日本M&Aセンター <2127.T>、伊藤園 <2593.T>、神戸物産 <3038.T>、GLP投資法人 投資証券 <3281.T>、コスモス薬品 <3349.T>、TIS <3626.T>、三浦工業 <6005.T>、レーザーテック <6920.T>、SCSK <9719.T>が新規採用となった。

31日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

31日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本航空 、自己保有株を除く発行済み株式総数の2.3%に当たる800 万株、取得総額200億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日から 2020年2月28日。 ・東武鉄道 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.89%に当たる40 0万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日か ら2020年2月28日。 ・中山福 、自己保有株を除く発行済み株式総数の2.1%に当たる43万株 、取得総額2億5800...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=20日

0.98%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 北沢産業 23.68 02 北洋銀行 24.69 03 東京きらぼしFG 25.57 04 すかいらーくHLDG 25.99 05 クレディセゾン 26.15 06 西日本フィナンシャルHLD 26.40 G 07 東京電力HLDG 26.88 08 日本たばこ産業 27.08 09 ハイマックス 27.28 10 東洋製罐グループHLDG 27.73 11 武蔵野銀行 28.11 12 三城HLDG 28.17 13 池田泉州HLDG 28.29 14 本多通信工業 28.61 15 栃木銀行...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=7日

均線かい離率(下位) 75.45%(* ) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -29.23 ロニ 02 ダブル・スコープ -26.18 03 コニカミノルタ -26.01 04 アグロ カネショウ -25.99 05 フジシールインターナショナ -25.97 ル 06 チェンジ -25.70 07 GMOクラウド -25.11 08 ジャムコ -24.88 09 サンケン電気 -24.78 10 ファーストコーポレーション -23.83 11 東洋製罐グループHLDG -23.75 12 神戸製鋼所 -23.71...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=6日

均線かい離率(下位) 76.95%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクトロニ -29.20 02 ダブル・スコープ -26.64 03 アグロ カネショウ -25.36 04 チェンジ -25.28 05 日本シイエムケイ -25.15 06 コニカミノルタ -25.10 07 ファーストコーポレーション -24.76 08 エイチーム -24.41 09 Genky DrugStore -22.56 10 マイネット -22.44 11 TATERU -22.36 12 アインHLDG -22.22 13...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=5日

均線かい離率(下位) 75.87%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -28.44 ロニ 02 ダブル・スコープ -28.26 03 チェンジ -26.91 04 ファーストコーポレーション -25.79 05 アグロ カネショウ -24.64 06 エイチーム -24.56 07 TATERU -24.14 08 コニカミノルタ -23.89 09 エスケイジャパン -23.45 10 マイネット -23.18 11 神戸製鋼所 -22.79 12 フィールズ -22.64 13 東洋製罐グループHLDG...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=5日

86.58%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -26.67 ロニ 02 コニカミノルタ -23.18 03 トピー工業 -19.67 04 イーブックイニシアティブ -19.61 05 古河電気工業 -19.54 06 神戸製鋼所 -19.43 07 エスケイジャパン -18.51 08 ダブル・スコープ -18.26 09 富士興産 -18.06 10 ディー・エル・イー -17.40 11 東洋製罐グループHLDG -17.14 12 島精機製作所 -17.04 13 トクヤマ -16.80 14...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=2日

68.89%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレク -24.04 トロニ 02 コニカミノルタ -20.48 03 古河電気工業 -17.83 04 東洋製罐グループHLDG -17.22 05 トピー工業 -16.66 06 イーブックイニシアティブ -15.99 07 東邦チタニウム -15.59 08 日清製粉グループ本社 -15.37 09 日本軽金属HLDG -14.83 10 東芝機械 -14.66 11 サノヤスHLDG -14.56 12 トクヤマ -14.28 13 川崎重工業 -14.10...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=2日

均線かい離率(下位) 61.32%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -25.40 ロニ 02 ダブル・スコープ -23.22 03 ファーストコーポレーション -23.01 04 チェンジ -22.43 05 東洋製罐グループHLDG -22.13 06 TATERU -20.92 07 コニカミノルタ -20.76 08 元気寿司 -20.57 09 エイチーム -20.10 10 フィールズ -19.41 11 スズキ -19.27 12 エスケイジャパン -19.26 13 サノヤスHLDG -...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up