for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社オーネックス

5987.T

現在値

850.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

787.00

 - 

1,043.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
850.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.02
高値
--
安値
--
52週高値
1,043.00
52週安値
787.00
発行済株式数
1.66
時価総額
1,411.00
予想PER
--
配当利回り
2.35

次のエベント

Dividend For 5987.T - 20.0000 JPY

適時開示

その他

Onex amends consolidated mid-year outlook for FY 2016

Onex to issue year-end dividend for FY 2015

Onex amends consolidated full-year outlook for FY 2015

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社オーネックスとは

オーネックスグループは、金属熱処理加工事業及び運送事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。金属熱処理加工事業は、浸炭熱処理、窒化熱処理、焼入・焼戻し・焼なまし等の金属熱処理加工事業、並びに金属熱処理加工に伴って発生する製品の曲り、捩れ等を矯正加工する金属矯正加工事業を行う。運送事業は、工業製品及び機械の運送及び荷役、一般貨物運送業、熱処理製品等の運送を行う。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

3012-3, Uenohara, Kamiechi

ATSUGI-SHI, KNG

243-0283

Japan

+81.46.2850600

http://www.onex.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuo Ohya

President, Chief Operating Officer, Representative Director

Takeshi Tsuruta

Senior Managing Director

Tsuyoshi Yokoyama

Managing Director, Executive Officer, Chief Director of Business

Koji Muto

Managing Director

Yoshifumi Imoto

Executive Officer, Yamaguchi Plant Manager in Main Business Unit

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.27
株価純資産倍率(四半期)
0.26
株価キャッシュフロー倍率
2.81
総負債/総資本(四半期)
56.47
長期負債/資本(四半期)
40.69
投資利益率(過去12カ月)
-0.70
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.57

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一両日中にゴールデンクロスか

日経平均・日足はやや長めの上ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「小陽線」。一時、3万円大台を回復し、心理的に買い安心感を与えたほか、下値を順調に切り上げる波動がさらなる上値を期待させるろころだ。このまま順調に行けば、一両日中に5日移動平均線(2万9530円82銭=16日現在)と25日移動平均線(2万9595円52銭=同)がゴールデンクロスをするとみられ、そうなった場合は市場ムードが強気に傾斜しよう。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、ジャスダック8日続伸 IPOが好スタート

新興株市場はしっかりの展開。日経ジャスダック平均は8日続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場では「直近に売り込まれた銘柄が買い直されるなど、地合いの上向きが鮮明になってきた」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、転換線は上向き 中長期的には上昇か

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、転換線は上向き 中長期的には上昇か 日経平均・日足は下ヒゲがなく上にヒゲを伴う「小陽線」。上昇相場で出現しただけに相場転換のサイ ンとされ、目先的には下落に転じることも多いとされる。 ただ、ローソク足は25日移動平均線(2万7281円45銭=7日)よりもわずかに上方に位置し、 まだ上値を追う可能性もあるほか、一目均衡表では転換線(2万7115円00銭=7日)が上向きに転じ 、中長期的には上昇トレンドに入ることを示唆している。 <15:50> 新興株市場はまちまち、中小型株で利益確定売り広がる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、中小型株で利益確定売り広がる

<15:50> 新興株市場はまちまち、中小型株で利益確定売り広がる 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反落した。市場から は「きょうは大型株での物色が活発となる中、マザーズ市場を中心に中小型株では利益確定売りが広がった ようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.47%高。個別では、フォーサイド 、田中化学研究所 、ウエストホールディングス などが高い。半面、サン電子 、イメージワン<2667. T>、オーネックス などは安い。 マザーズ指数は前営業日比0.07%安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、「押し目待ちに押し目無し」の状況

日経平均・日足は、短い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」。前日に感じさせた弱さを一変させ、連日のバブル後最高値更新となった。5日移動平均線(2万6540円01銭=1日現在)が下値サポートラインとしての役割を果たすなど、引き続き強い基調に変化がみられない。息の長い上昇相場を望むのであれば、ここで調整を入れたいところだが、「押し目待ちに押し目は無し」の格言のような相場つきとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズ指数が4日続伸で戻り高値更新

新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は4日続伸となり、11月9日に付けた戻り高値1267.71を更新した。市場では「マザーズ指数が戻り高値を更新したことで、新興株市場も復調の気配が色濃くなってきた」(国内証券)との声が聞かれる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up