for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

弁護士ドットコム株式会社

6027.T

現在値

10,010.00JPY

変化

-540.00(-5.12%)

出来高

495,900

本日のレンジ

9,930.00

 - 

10,400.00

52週レンジ

3,035.00

 - 

11,300.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
10,550.00
始値
10,260.00
出来高
495,900
3か月平均出来高
8.57
高値
10,400.00
安値
9,930.00
52週高値
11,300.00
52週安値
3,035.00
発行済株式数
22.26
時価総額
234,843.00
予想PER
707.05
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Bengo4.com Inc Earnings Release

適時開示

その他

Bengo4.com completes off-floor distribution

Bengo4.com to offer off-floor distribution of shares

Bengo4.com to offer off-floor distribution of shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

弁護士ドットコム株式会社とは

弁護士ドットコムは、法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」及び税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を通じた、インターネットメディア事業を行う。【事業内容】弁護士マーケティング支援サービス、有料会員サービス、税理士マーケティング支援サービス及び広告その他サービス等を提供する。「弁護士ドットコム」サイトは、弁護士プロフィール・弁護士検索、みんなの法律相談及び弁護士ドットコムニュース等のサービスを提供する。「税理士ドットコム」サイトは、税理士紹介、税理士プロフィール・税理士検索、みんなの税務相談及び税理士ドットコムトピックス等のサービスを提供する。

業種

Business Services

連絡先

6F, Kurosaki Bldg., 4-1-4, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-0032

Japan

+81.3.55492555

https://corporate.bengo4.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Taichiro Motoe

Chairman of the Board, Representative Director

Yosuke Uchida

President, Representative Director

Ritsu Ichihashi

Chief Technology Officer, Executive Officer

Arihiro Shinshi

Executive Officer, Director of News Edit

Sho Yoshida

Executive Officer, Manager of Business Promotion

統計

1.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)
株価売上高倍率(過去12カ月)
909.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
56.83
株価純資産倍率(四半期)
110.16
株価キャッシュフロー倍率
605.80
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
13.01
自己資本利益率(過去12カ月)
10.90

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日線と25日線下回り調整色強める

<15:55> 日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日線と25日線下回り調整色強める 日経平均・日足は「中陰線」。上下ともヒゲがほとんどなく、「丸坊主」に近い形状で、単独で弱さを 示す足となった。しかも、これまでサポートラインとなっていた5日移動平均線(2万2517円58銭= 10日現在)と25日移動平均線(2万2542円54銭=同)を同時に下回り、調整色を強める動きとな っている。一目均衡表では、基準線(2万2357円84銭=同)を割り込んだ。 なおも、形成中のペナントフラッグをブレークするには至っておらず、売りを決定づけるような格好...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄の循環物色続く

<15:10> 新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄の循環物色続く 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続落したものの、東証マザーズ指数は小反発。市場では「値動 きの良い銘柄の循環物色が続いている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょう、ジャスダック市場に新規上場したSpeee は、朝方は買い気配で始まった後、前引 け直前に公開価格2880円に対して78.8%上昇の5150円で初値をつけ、後場に入ってから上値を 追う展開となった。 マザーズでは、Delta-Fly Pharma がストップ高となり、アンジェス も堅調。Aiming も買...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、週末事情と感染者数増加で模様眺め

<14:30> 日経平均は安値圏でもみあい、週末事情と感染者数増加で模様眺め 日経平均は安値圏でもみあい。週末事情で商いが細っているうえ、新型コロナウイルスの感染者数増加 から模様眺め。市場では「感染者数の増加が気にされる中、土日で事態がより深刻化するリスクがあるため に買いにくい状況だ」(国内証券)との声が出ている。 NHKが報じたところでは、東京都の関係者によると、10日、都内で新たに240人以上が新型コロ ナウイルスに感染していることが確認されたという。都内で1日に確認された数としては、9日の224人 を上回り、これまでで最も多くなる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を広げる、中国株式市場の軟化も見送り材料に

<13:50> 日経平均は下げ幅を広げる、中国株式市場の軟化も見送り材料に 日経平均は下げ幅を広げ、前場に付けたきょうの安値を下回ってきた。週末で模様眺めムードが強い中 で「このところ堅調な動きが買い材料となっていた中国株式市場が軟化したことも見送り材料となっている ようだ。一方で、週末に国内での感染者が急増する可能性があることも、リスク要因としてカウントされて いる」(国内証券)という。 <11:55> 前場の日経平均は反落、52円安 ファーストリテは2%超安 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円55銭安の2万2476円74...

前場の日経平均は反落、ファーストリテは2%超安

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円55銭安の2万2476円74銭となり、反落した。オーバーナイトの米国株市場はまちまちとなったものの、米国や東京で新型コロナウイルスの新規感染者が増加していることや、ETF(上場投信)の分配金支払いに伴う換金売りなどへの警戒感もあり、さえない展開となった。指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>が反落したことも重荷となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で一進一退、米株先物に追随

 <11:07> 日経平均は安値圏で一進一退、米株先物に追随 日経平均はマイナス圏で一進一退、前営業日比30円ほど安い2万2500円近辺での推移。米株先物 に追随する動きとなっている。東証33業種では鉱業、証券業、石油・石炭製品などの30業種が値下がり 、電気機器、情報・通信業、医薬品の3業種は値上がりとなっている。個別ではソフトバンクグループ<998 4.T>、ファミリーマート 、エムスリー が日経平均を約55円押し上げる格好となっている 。 <10:07> 日経平均は軟調、ファーストリテが売られる 寄り付き後の日経平均は前日終値を挟...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、ファーストリテが売られる

<10:07> 日経平均は軟調、ファーストリテが売られる 寄り付き後の日経平均は前日終値を挟んで一進一退となっていたが、現在は下げ幅を拡大させ、2万2 400円台半ばで推移している。米国や東京で新型コロナウイルスの感染者数が増加しており、景気回復の 動きが抑制される可能性が出てきたことが投資家心理の重荷となっている。業種別では証券、鉱業、空運な どが軟調。 個別では、値がさのファーストリテイリングが売られ、日経平均を70円程度押し下げる要因となって いる。9日、2020年8月期(IFRS)の業績予想を下方修正したことなどが嫌気されている...

日経平均は続伸スタート後にマイナス転換、コロナ感染者の増加が重荷

10日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比5円68銭高の2万2534円97銭となり、小幅に続伸して始まった。その後はマイナス圏に沈み、小幅安で推移している。前日の米国株市場でダウとS&P総合500種が反落したことが嫌気されている。米国や東京で新型コロナウイルスの新規感染者が増加していることや、ETF(上場投信)の分配金支払いに伴う換金売りなどへの警戒もあり、上値は重い。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、新興株市場はメルカリやワークマンが売り買い拮抗

<08:38> 寄り前の板状況、新興株市場はメルカリやワークマンが売り買い拮抗 市場関係者によると、新興株式市場の寄り前の板状況は、マザーズ上場のメルカリ 、弁護士ド ットコム が売り買い拮抗しているほか、フリー 、JMDC は売り優勢、アンジェ ス は買い優勢となっている。 ジャスダック上場のワークマン 。日本マクドナルドホールディングス は売り買い拮抗 。ハーモニック・ドライブ・システムズ は売り優勢、セリア は買い優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線と200日線レンジ内での横ばい相場

<16:43> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線と200日線レンジ内での横ばい相場 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万2171円47銭=3日)が下値支持線として機 能した。6月29日以降、25日移動平均線(2万2451円47銭=同)と200日移動平均線(2万1 800円81銭=同)の間での推移となっている。 市場からは「当面はこのレンジ内を推移し、横ばい相場となるだろう」(国内証券テクニカルアナリス ト)との声が出ていた。「7月に入ってから東証1部の一日平均売買代金は2兆円を下回っているほか、T OPIXの日足は5日営業日連続...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、マザーズは7日ぶり反発 IPO銘柄も買われる

<16:00> 新興株はしっかり、マザーズは7日ぶり反発 IPO銘柄も買われる 新興株市場はしっかり。日経平均が続伸したことを受け、新興株も連れ高となった。直近の下落の反動 買いもあり、日経ジャスダック平均は3日ぶり反発、東証マザーズ指数は7日ぶり反発し3%超高となった 。市場では「商いは伴っていないものの、個人投資家を中心に幅広い銘柄が物色された。先週上場したIP O銘柄も買いが集まり、しっかりとした動きとなった」(国内証券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は0.51%高。テラ 、ワークマン 、エブレン などが 上昇。テイツー...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線を上回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上値追いに慎重ながらも底堅さが意識される。終値が5日移動平均線(2万2458円50銭=26日)を上回ったことは安心材料。25日移動平均線(2万22306円23銭=同)は上向きで中期的な上昇トレンドの維持を示唆するが、売買代金がやや低調になりつつある中、上方向へ再起動するには追加で強い買い材料が必要とみられている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、新規上場のフィーチャが乱高下

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。マザーズ指数は一時1067.29ポイントまで上昇し、2018年10月以来の高値を付けたが、その後は週末前ということもあり、利益確定売りに押された。

ホットストック:カナミックNは年初来高値更新、弁護士ドットコムとの業務提携を好感

カナミックネットワークは続伸し連日の年初来高値更新。午前9時42分現在、東証1部で値上がり率1位となっている。24日、同社と弁護士ドットコムが医療・介護業界向けに電子契約「クラウドサイン」販売で業務提携すると発表したことが材料視されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日移動平均線が下値支持

日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「十字線」。投資家の気迷い心理と買い勢力の弱体化を表している。5日移動平均線(2万2470円98銭=24日)が下値支持線として働いた。75日移動平均線(2万0183円19銭=同)や200日移動平均線(2万1822円64銭=同)はいずれも上向きで、中長期の上昇トレンドの維持を示唆している。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は連日の年初来高値更新、IPO銘柄が人気化

新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に7日続伸、東証マザーズ指数は反発した。マザーズ指数は一時1065.68ポイントまで上昇し、連日の年初来高値更新となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陽転 上値追いには慎重な声も

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。前場ではナバロ米大統領補佐官の発言や、サウジアラビアに向けて発射された弾道ミサイルのニュースが嫌気され急落したが、その後急速に切り返したたため強さを感じさせる値動きとなった。パラボリックが陽転したことも、もみあい相場から抜け出すとの期待を抱かせている。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は6日ぶり反落、新規上場再開に向けて現金化の動きか

新興株市場は、日経ジャスダック平均は小幅に6日続伸、東証マザーズ指数は6日ぶりに反落した。「あす3社、26日に1社がマザーズ市場に新規上場する予定となっており、個人に購入資金捻出のための現金化の動きが出ているようだ」(ネット系証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線がサポート 調整含みとの声も

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線がサポート 調 整含みとの声も 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万2269円46 銭=17日)が支持線として機能した。市場では「メジャーSQ以降景色が変わっており、アイランド・リ バーサルが出現している。当面は調整含みとなり、2万3000円近辺では戻り売りが強まる可能性がある 」(国内証券)との声が出ていた。 <16:00> 新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる

<16:00> 新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場では「バイオ関連が 引き続き買われたほか、個別物色の動きも強かった。個人投資家が中心」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.75%高。個別では、ワークマン 、テイツー 、チエル が上昇。一方、テラ 、レカム 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6 324.T>は下落した。 東証マザーズ指数は前営業日比2.13%高。個別では、アンジェス 、オンコリスバイオファ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up