for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サイジニア株式会社

6031.T

現在値

857.00JPY

変化

49.00(+6.06%)

出来高

9,900

本日のレンジ

817.00

 - 

862.00

52週レンジ

574.50

 - 

1,452.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
808.00
始値
817.00
出来高
9,900
3か月平均出来高
1.21
高値
862.00
安値
817.00
52週高値
1,452.00
52週安値
574.50
発行済株式数
6.39
時価総額
5,159.44
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 6031.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Scigineer forms business alliance with CROOZ

SoftBank Group to become top shareholder of Scigineer

SoftBank Group International becomes top shareholder in Scigineer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サイジニア株式会社とは

サイジニアは、「パーソナライズ」という切り口で、人工知能技術及びビッグデータ解析技術を活用し、顧客におけるマーケティング活動を支援する事業を行う。【事業内容】同社のマーケティング支援事業は、パーソナライズ・レコメンドサービス、パーソナライズ・アドサービス、ソリューションビジネスに分かれる。パーソナライズ・レコメンドサービスは主にデクワス.RECO及びデクワス.PODのサービスから構成される。デクワス.RECOは顧客が運営する電子商取引(EC)サイト等においてユーザー一人ひとりの属性や購買・行動履歴に基づいて最適化された情報を表示し、ユーザーの興味・購買意欲を高めることを可能にする。デクワス.PODは、ユーザー一人ひとりの属性や購買・行動履歴に基づいて最適化された情報を印刷し、再購入率を高めることを可能にする。パーソナライズ・アドサービスは、主にデクワス.AD及びKANADE DSPのサービスから構成される。デクワス.ADは、ウェブ(Web)サイト閲覧者一人ひとりの属性や購買・行動履歴に基づいて、気になるディスプレイ広告を表示する。KANADE DSPは優良ユーザーと興味・関心が似ている行動特性を示す潜在ユーザーを見つけ出し、対象を選別し広告配信を行う。ソリューションビジネスは、顧客の業務内容を分析し、同社のビッグデータ解析技術や人工知能関連技術を駆使して、顧客の課題を解決する事業である。

業種

Software & Programming

連絡先

4F, Miyata Bldg., 1-24-2, Oi

MINATO-KU, TKY

105-0013

Japan

+81.3.63038197

http://www.scigineer.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Yoshii

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Shinya Yoshimura

Chief Information Officer, Executive Officer, Chief Director of System Business, Director

Atsushi Fukui

Executive Officer, Director of Business Development in Main System Business Unit, Director

Tadayoshi Miyamura

Director

Kakutaro Kitashiro

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.99
株価純資産倍率(四半期)
3.38
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
58.51
長期負債/資本(四半期)
41.87
投資利益率(過去12カ月)
-84.27
自己資本利益率(過去12カ月)
-63.53

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線は上向き

<15:27> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線は上向き 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴い、実体部分が短い「陽のコマ」の「小陽線」 となった。終値は2万8868円91銭。買い手の心理としては上昇期待感の中、気迷い を示している。 日経平均は前日までの連騰で高値警戒感が意識されるものの、5日移動平均線(2万 8421円39銭=16日)や25日線(2万7676円03銭=同)が明確に上を向い ており、短期的には上昇基調が継続するとみられている。目先は、心理的の節目の2万9 000円をトライできるかが焦点となりそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、米金利低下受けグロース株堅調

<15:10> 新興株はマザーズが3日続伸、米金利低下受けグロース株堅調 新興株式市場では、マザーズ総合が2.69%高の750.21ポイントと3日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比2.69%高の954.00ポイントで取引を 終えた。「米長期金利の低下基調を受けて、中小型のグロース(成長)株を買い戻す流れ が継続している」(国内証券)という。 個別では、イーディーピーが一時ストップ高となったほか、くふうカンパニ ー、ラクオリア創薬が堅調に推移した。反面、ディー・ディー・エス<3 782.T>、サイジニア、ウェッジホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、当面は狭いレンジでの値固めか

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、当面は狭いレンジでの値固めか 日経平均・日足は長めの上と短い下ヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万77 41円90銭。前日の大幅安の動きに追随することなく底堅さを印象付けたものの、上値 に対して依然として慎重な様子がうかがえるなど方向感を欠いている。 次第に上値は2万8000円、下値は200日移動平均線(2万7562円01銭= 3日)がそれぞれ上下の目安となりつつあり、当面は両者に挟まれた狭いレンジでのもみ 合いが続きそうだ。明確な方向性を示すサインが出るまで、時価近辺で値固めをする可能...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、直近IPO銘柄中心に値幅取り

<15:05> 新興株はマザーズが反発、直近IPO銘柄中心に値幅取り 新興株式市場は、マザーズ総合が1.04%高の723.89ポイントと反発して取 引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日1.05%安の920.51ポイントで大 引け。直近IPO銘柄を中心に、値幅取りの動きが活発化している。 個別では、EduLabがストップ高となったほか、前日に新規上場した日 本ビジネスシステムズが上値追いの展開。HOUSEIも商いを伴って 上昇した。半面、M&A総合研究所が反落し、エアークローゼットもさ えない。 <14:15> 日経平均は強もち合い...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、200日線が下値サポート

   <15:44> 日経平均・日足は「中陰線」、200日線が下値サポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となり、弱い相場を示している。 終値は2万7594円73銭だった。2万8000円を明確に上回ることができなかった 失望感でやや下押し圧力がかかりやすくなっているが、200日移動平均線(2万756 3円54銭=2日)が下値サポートラインとして機能している。 目先は200日線をしっかりキープできるかが焦点になりそうだ。仮に、200日線 を割り込んだ場合は「日経平均は2万7100―2万7200円程度まで下落する可能性 がある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、新規IPO銘柄に利益確定売り

   <15:21> 新興株はマザーズが反落、新規IPO銘柄に利益確定売り 新興株市場は、マザーズ総合が1.12%安の716.46ポイントと6営業日ぶり に反落して取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日1.12%安の910.96 ポイントで取引を終了。ドル/円の円高進行を嫌気して相場全体に売りが出る中、新興株 市場では新規IPO銘柄を中心に利益確定売りが広がった。 個別では、M&A総合研究所、サイジニア、モイなどが堅 調に推移した。半面、キャンバス、エアークローゼット、ワンダープラ ネットは軟調だった。 きょうスタンダード市場に新規上場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日線が75日線を上抜け

<15:50> 日経平均・日足は「大陽線」、5日線が75日線を上抜け 日経平均・日足は上に短いヒゲを伴う「大陽線」となり、買い手の心理としては上昇 期待感を示している。終値は2万7680円26銭だった。 5日移動平均線(2万6910円51銭=20日)が、75日線(2万6846円9 9銭=同)を下から上へ突き抜け「ゴールデンクロス」となっているほか、一目均衡表の 「雲」を上抜け、相場が上昇局面に入ったサインを示している。 200日線(2万7611円91銭=同)がローソク足の実体部分に重なり、「目先 は抵抗線がない」(国内証券)との指摘もある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米金融引き締めへの警戒後退で

<15:31> 新興株はマザーズが続伸、米金融引き締めへの警戒後退で 新興株式市場は、マザーズ総合が1.71%高の695.27ポイントと続伸して 取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比1.72%高の883.22ポイント だった。米金融引き締めへの過度な警戒感が後退し、「投資家心理が改善したことで、引 き続きグロース(成長)株への買いが入っている」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、モブキャストホールディングス、サイジニア、ジェイッ クがストップ高で取引を終えたほか、ウェルスナビが商いを伴って上昇 した。 半面、ナノキャリア...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up