for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社イード

6038.T

現在値

704.00JPY

変化

-22.00(-3.03%)

出来高

42,100

本日のレンジ

699.00

 - 

731.00

52週レンジ

699.00

 - 

1,287.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
726.00
始値
730.00
出来高
42,100
3か月平均出来高
0.77
高値
731.00
安値
699.00
52週高値
1,287.00
52週安値
699.00
発行済株式数
4.96
時価総額
3,634.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 6038.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

IID completes share repurchase

IID to repurchase shares

IID to raise stake in media unit to 58.93 pct

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社イードとは

イードグループは、主にニュースサイトの運営及びマーケティングリサーチを行う。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP)事業は、主に自動車・関連品などの7業種に対して、ニュースサイト(Web)を中心とした20ジャンルに及ぶ52個のウェブメディア、コンテンツと雑誌5誌を運営する。コンテンツマーケティングソリューション(CMS)事業は、主にリサーチソリューションと電子商取引(EC)ソリューションの2つのソリューションを提供する。リサーチソリューションは、大規模な定量調査及び生活者個人に対する定性調査を提供する。ECソリューションは、オリジナルのECシステムである「marbleASP」の提供を中心に事業を展開する。

連絡先

+81.3.59905330

http://www.iid.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Miyakawa

Chief Executive Officer of Subsidiary, Representative Director

Toru Suda

Chief Director of Research Business, Director

Hiroki Ohwada

Independent Director

Koichiro Yoshizaki

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
16.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.69
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
11.20
総負債/総資本(四半期)
6.72
長期負債/資本(四半期)
4.30
投資利益率(過去12カ月)
7.13
自己資本利益率(過去12カ月)
5.62

最新ニュース

最新ニュース

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・モリト 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.25%にあたる35万株 、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から5月24日 。 ・テラプローブ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.99%にあたる1 8万5000株、取得総額1億5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は2月15日から6月21日。 ・CAC Holdings 、自己保有株を除く発行済株式総数の16.3 0%にあたる300万株、取得総額30...

ホットストック:イードが反発、5Gデータセンター活用での協業を材料視

イードが反発。同社は17日、ブロードバンドタワーと5G(第5世代移動通信システム)データセンターの活用で協業を開始すると発表した。2020年の自動運転技術、電気自動車(EV)、5Gモバイル通信などの実用化を見据えた展開を両社で進めるという。

10日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

10日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・青山商事 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.08%にあたる60万 株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月21日から9月 22日。 ・イード 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.02%にあたる10万株 、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月17日から11月1 5日。 ・リスクモンスター 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.09%にあた る12万株、取得総額1億1856万円を上限とする自社株買...

〔マーケットアイ〕株式:空売り比率が今年最高、期初の益出し売りへの備えとの指摘も

4日の東証の空売り比率は43.2%まで上昇。市場筋によると今年最高となった。「取引時間中に相場が急落すると高まりやすい。立会外取引で空売りポジションを解消するケースもあり、今後の日本株への影響は一概には言えないが、機関投資家による期初の益出し売りに備える動きが出ているととらえることもできる」(中堅証券)との見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、バンドウォーク継続

日経平均・日足は「小陰線」。下ヒゲが長く、底堅さを印象付ける足となっている。1月18日に付けた取引時間中の年初来安値(1万8650円33銭)の更新は回避したが、昨年12月から続くレンジ相場の下限に接近している。直近で拡散するボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(1万8811円97銭=4日終値)に沿って下落する格好となり、バンドウォークは継続。下値不安がくすぶる中、年初来安値の水準が下値のめどとして意識されやすい。半面、心理的節目の1万9000円近辺が上値のめどとして位置づけられそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、マザーズ一時4%超安 追証発生で投げ加速

新興株式市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ総合ともに大幅続落。マザーズの下落率は一時4%を超えたほか、売買代金は2月28日以来、約1カ月ぶりの高水準となった。「追証が発生した投資家による投げが加速した」(大手証券)との声が出ている。個別銘柄では共同ピーアール、イード、オウチーノ、パスが大幅安。そーせいグループは年初来安値を更新した。半面、ソレイジア・ファーマ、不二精機は上昇した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up