for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングス

6098.T

現在値

4,300.00JPY

変化

67.00(+1.58%)

出来高

4,454,200

本日のレンジ

4,258.00

 - 

4,310.00

52週レンジ

2,240.50

 - 

4,615.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,233.00
始値
4,296.00
出来高
4,454,200
3か月平均出来高
76.42
高値
4,310.00
安値
4,258.00
52週高値
4,615.00
52週安値
2,240.50
発行済株式数
1,648.58
時価総額
7,292,628.00
予想PER
51.19
配当利回り
0.70

次のエベント

Q2 2021 Recruit Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Japan's Recruit sets secondary offering at 3,079 yen a share

Recruit Holdings Co Says To Conduct A Secondary Offering Of Approximately 7.16% Of Total Shares Outstanding

Glassdoor Appoints Christian Sutherland-Wong CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングスとは

リクルートホールディングスは、求人広告、販売促進及び人材派遣等のサービスを提供する。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントで構成される。ヒューマン・リソース(HR)テクノロジー事業は、オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」、オンライン求人広告及び企業情報サイト「Glassdoor」及びこれらに関連する事業で構成され、求人広告及び採用サービスを通してクライアントの求人活動を支援するほか、アグリゲート技術と独自の検索アルゴリズムを用いたユーザーの求職活動の効率化や、ユーザー投稿による企業レビュー等独自のデータベースを展開することでユーザーの求職活動を支援する。メディア&ソリューション事業は、販促領域及び人材領域で構成される。販促領域において、住宅、結婚、旅行、飲食及び美容等の分野で、同社が有するプラットフォームを通して、ユーザーの行動を支援するサービスやクライアントの集客や経営・業務効率の改善等を支援するサービスを提供する。人材領域において、同社が有するメディアを利用して、ユーザーの求職活動及びクライアントの求人活動を支援するサービスを提供する。人材派遣事業は、国内派遣領域及び海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業派遣及びその他の専門職派遣等の人材派遣サービスを提供する。

業種

Business Services

連絡先

23F-41F, Gran Tokyo South Tower,

1-9-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-6640

Japan

+81.3.68351111

https://www.recruit.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hisayuki Idekoba

Chief Operating Officer, Executive Vice President, Director

Ayano Senaha

Chief Human Resource Officer, Chief Risk Officer, Managing Executive Officer, CSO, Director

Yoshihiro Kitamura

Managing Executive Officer, President of Subsidiary

Rob Zandbergen

Managing Executive Officer, Chief Executive Officer of Subsidiary

Junichi Arai

Executive Officer

統計

2.16 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.2K

2019

2.3K

2020

2.4K

2021(E)

2.1K
EPS (JPY)

2018

90.790

2019

104.310

2020

108.270

2021(E)

80.779
株価売上高倍率(過去12カ月)
50.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.20
株価純資産倍率(四半期)
7.14
株価キャッシュフロー倍率
27.76
総負債/総資本(四半期)
40.21
長期負債/資本(四半期)
34.55
投資利益率(過去12カ月)
9.76
自己資本利益率(過去12カ月)
7.35

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能

<17:00> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能 日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い心理を表している一方、5日 移動平均線(2万3140円46銭=27日)が下値支持線として機能した。市場では「下値は堅いが、売 買代金が伴っておらず、買い手不在の状態となっている。短期的には買いやすい水準へ調整する動きが見ら れる可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。 <16:20> 新興株式市場は反落、インタファクトリは上場3日目で初値形成 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、インタファクトリは上場3日目で初値形成

<16:20> 新興株式市場は反落、インタファクトリは上場3日目 で初値形成 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。市場では「前日の上昇 の反動で、きょうは利益確定売りが優勢となった。前日まで買われていた直近IPO銘柄は売られたものの 、個別材料株やテーマ株への物色は引き続き活発だった」(国内証券)との声が聞かれた。25日にマザー ズ市場に新規上場したインターファクトリー は上場3日目で初値を形成した。 日経ジャスダック平均は0.20%安。個別ではSpeee 、ウチダエスコ 、エブレ ン 、日本マクドナルドホールディングス...

日経平均続落、82円安 ジャクソンホール控え模様眺め

https://pictures.reuters.com/Doc/RTR/Media/TR3_UNWATERMARKED/1/7/5/d/RTX6ENDW.jpg

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は膠着、ジャクソンホール控え模様眺めムード強まる

<13:45> 日経平均は膠着、ジャクソンホール控え模様眺めムード強まる 日経平均は前営業日比100円ほど安い2万3200円近辺での膠着状態。後場の値幅は上下約50円 にとどまっている。米国で27─28日に開催される年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)を控 え、模様眺めムードが強まっている。 市場では「今夜ジャクソンホールを控えていることに加え、米中対立や安倍首相の健康状態といった不 安材料もたくさんある。これといった買い材料もないので、動きづらい1日となっている」(運用会社)と の声が出ていた。 午後1時45分現在の東証1部の...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、パウエルFRB議長の講演に注目

<11:57> 前場の日経平均は続落、パウエルFRB議長の講演に注目  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比104円25銭安の2万3186円61銭となり、続落 した。米ジャクソンホール会議を控えて模様眺めの様相。小反発スタート後にマイナス転換すると、安倍首 相の健康問題や米中対立を巡る地政学リスクなども意識され、下げ幅をじりじり拡大した。 ジャクソンホール会議はパウエルFRB議長の講演が注目されている。市場からは「議長が緩和姿勢の 継続を示唆するような発言をすれば、株価に好影響を及ぼす。その場合は、流動性相場に流れが傾斜し、テ クノロジー...

ホットストック:リクルートHDは買い気配、決算通過でアク抜けか 「先行き不透明」との声も

リクルートホールディングスは買い気配。同社は26日、2020年4─6月期の連結業績(IFRS)を発表し、営業利益が前年同期比62.6%減の266億7100万円だったとした。HRテクノロジーセグメントで有料求人広告利用の減少が響いたほか、メディア&ソリューション、人材派遣セグメントも減収となった。市場からは「いったんのアク抜け感から買われているようだが、人材サービスの先行きは不透明」(ストラテジスト)との声が出ていた。

家賃支援給付金、14日から申請受付開始=梶山経産相

梶山弘志経済産業相は7日の閣議後会見で、第2次補正予算に盛り込まれた家賃支援給付金について、14日から申請の受付を開始すると述べた。7日に申請手順や必要書類等が分かる申請要領を公表する。

電通社員の下請け圧力関与問題、経産相「さらなる調査は考えず」

梶山弘志経済産業相は24日午前の衆議院経済産業委員会で、広告代理店大手の電通<4324.T>の取引先が下請け企業に圧力をかけ、電通社員も関与していた問題について「さらなる追加の調査を行うことは、現時点で考えていない」と述べた。

今日の株式見通し=上値重い、米中対立への懸念 香港情勢も注目

きょうの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い展開が予想されている。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数は上昇したが、終盤に上げを縮小する動きとなった。国内の経済活動再開や大規模な補正予算への期待は引き続き日本株の下支えとなりそうだが、米中対立への懸念が投資家心理の重荷になるとみられる。香港で中国による国家安全法導入計画を巡る抗議デモが予想されており、ハンセン指数が売られた場合は日本株に下押し圧力がかかる可能性もある。

リクルートキャリア、合同企業説明会を中止 新型肺炎懸念で

リクルートキャリア(東京都千代田区) は、44都道府県で開催を予定していた就職情報サイト「リクナビ2021」の合同企業説明会を、3月1日から31日まで中止すると発表した。新型コロナウイルス感染の拡大懸念を受けた措置。

リクルートHD、売り出し価格は3079円

リクルートホールディングスは10日、大株主による普通株式売り出しについて、価格は1株3079円に決定したと発表した。同社は8月28日、オーバーアロットメントを含め最大で1億2150万株(発行済株式数の約7.16%)の売り出しを決議していた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、上昇転換へのサイン見当たらず

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、上昇転換へのサイン見当たらず   日経平均・日足は、「小陰線」。短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴い、下方硬直性を感じさせたほか、26 日と27日に空けたマド(2万0329円01銭─2万0439円92銭)を埋めに動きながらも、埋め切 ることなく引き戻す格好となるなど、時価水準より下値は底堅いとの印象を与えている。 一方、依然として終値で右肩下がりの5日移動平均線(2万0473円68銭=29日)を下回った状 態が続いており、上値に対する警戒感も強い。今回の長めの下ヒゲによって、8月6日につけた直近安値(...

日経平均は小反落、方向感定まらない中で薄商い続く

東京株式市場で日経平均は小反落。28日の米国株式市場は上昇し為替相場も落ち着いて推移したが、高寄りした後は売り先行の展開となった。ただ、売りが一巡した後は前日比変わらずの水準まで戻し、そこからは小動きに終始するなど方向感は定まっていない。依然として商いは薄く、東証1部の売買代金は2兆円割れの状態が続いている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、下げ基調続き投資家心理冷え込む

<15:10> 新興株式市場は軟調、下げ基調続き投資家心理冷え込む 日経ジャスダック平均は7日続落、東証マザーズも4日続落となった。市場では「マザーズ指数が大き く下げているのをみると、個人投資家などのセンチメントも良くない」(水戸証券のチーフファンドマネー ジャー、酒井一氏)といった声も出ており、下げ基調が続くことで投資家心理が冷え込んでいる。 ジャスダック市場では、カルナバイオサイエンス 、UTグループ 、日本マクドナルド ホールディングス などが軟調に推移したものの、ワークマン が続伸、アエリア も しっかりとなった。 マザーズ市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、為替に安定感 薄商いは継続

<13:47> 日経平均は下げ幅縮小、為替に安定感 薄商いは継続 日経平均は後場下げ幅縮小。2万0400円台半ばで推移している。市場からは「ここ3日間ほど為替 の動きが安定してきた。また、前日の米国株の上昇を踏まえると、前場の日経平均の下げにはむしろ違和感 があったため、自律反発とも考えられる。日銀のETF(上場投資信託)買いに対する期待感もありそうだ 」(国内証券)との声が出ていた。 一方、市場からは世界的な薄商いの状況を指摘する声も出ている。「米国は来週月曜日にレーバーデー の祝日で休場。イギリスはジョンソン首相が10月中旬までの議会閉会...

前場の日経平均は反落、材料難 リクルートHDが売られる

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比101円45銭安の2万0377円97銭となり、反落した。朝方は海外時間に米国株が反発した流れを引き継いで上昇したが、その後は追加の買い材料が見当たらず、マイナス転換。米中貿易摩擦による世界景気の鈍化懸念も残る中、米株先物の軟調推移やドル/円のじり安などをにらんで下げ幅を拡大した。

ホットストック:リクルートは大幅安、株式売り出しで需給悪化懸念

リクルートホールディングスは大幅安。午前10時05分時点で、東証1部値下がり率3位となっている。28日に同社の株主13社が持つ政策保有株を最大1億2150万株(発行済株式数の約7.16%)売り出すと発表し需給悪化が懸念されている。

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・リクルートホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.7 9%にあたる3000万株、取得総額800億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得 のスタートは28日に取締役会で決議した株式売り出しの受け渡し期日の翌営業日。11 月29日まで取得する。株主還元とともに、株式売り出しによる需給への影響緩和をねら う。 ・山梨中央銀行 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.63%にあたる1 20万株、取得総額11億2800万円を上限とする自社株買...

リクルート、1億2150万株の売出を決議

リクルートホールディングス<6098.T>は28日、最大1億2150万株の(発行済株式数の約7.16%)の株式売り出しを決議したと発表した。売り出し価格は未定。28日終値の3313円をベースにするとオファリング総額は4025億2950万円となる。

円高懸念で上値重い、米国株安なら下値模索=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は上値が重い展開が予想されている。トランプ米大統領が対中関税「第4弾」を9月に発動すると表明したことでリスク回避ムードが広がっている。米国の追加利下げ期待が強まり、米国株が底堅く推移すれば安心感を誘う可能性もあるが、日本株は円高進行が警戒されるため積極的に買いづらい。半面、米国経済の先行き不透明感がクローズアップされ、米国株が大幅に続落した場合は日本株も下値を模索する恐れがある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up