for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングス

6098.T

現在値

5,987.00JPY

変化

-147.00(-2.40%)

出来高

4,758,200

本日のレンジ

5,939.00

 - 

6,129.00

52週レンジ

4,475.00

 - 

8,180.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,134.00
始値
6,045.00
出来高
4,758,200
3か月平均出来高
97.42
高値
6,129.00
安値
5,939.00
52週高値
8,180.00
52週安値
4,475.00
発行済株式数
1,634.06
時価総額
10,403,020.00
予想PER
35.93
配当利回り
0.34

次のエベント

Q3 2022 Recruit Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Dentsu Group Inc: Expect To Record Gain Of About $1.76 Billion On Parent Basis From Recruit Share Sale

Recruit Holdings Co Ltd - To Buy Back Up To 1.21% Of Own Shares Worth 70 Billion Yen

Japan's Recruit Holdings Shareholders To Sell Up To 416.8 Billion Yen In Shares Overseas - DealWatch

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングスとは

リクルートホールディングスは、求人広告、販売促進及び人材派遣等のサービスを提供する。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。ヒューマン・リソース(HR)テクノロジー事業は、オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」、オンライン求人広告及び企業情報サイト「Glassdoor」及びこれらに関連する事業で構成され、求人広告及び採用サービスを通してクライアントの求人活動を支援するほか、アグリゲート技術と独自の検索アルゴリズムを用いたユーザーの求職活動の効率化や、ユーザー投稿による企業レビュー等独自のデータベースを展開することでユーザーの求職活動を支援する。メディア&ソリューション事業は、販促領域及び人材領域で構成される。販促領域において、住宅、結婚、旅行、飲食及び美容等の分野で、有するプラットフォームを通して、ユーザーの行動を支援するサービスやクライアントの集客や経営・業務効率の改善等を支援するサービスを提供する。人材領域において、有するメディアを利用して、ユーザーの求職活動及びクライアントの求人活動を支援するサービスを提供する。人材派遣事業は、国内派遣領域及び海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業派遣及びその他の専門職派遣等の人材派遣サービスを提供する。

業種

Business Services

連絡先

23F-41F, Gran Tokyo South Tower,

1-9-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-6640

Japan

+81.3.68351111

https://www.recruit.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masumi Minegishi

Chairman of the Board, Chairman of Board of Directors, Representative Director

Hisayuki Idekoba

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ayano Senaha

Managing Executive Officer, Chief Operating Officer, Director

Yoshihiro Kitamura

Managing Executive Officer, President of Subsidiary

Rob Zandbergen

Managing Executive Officer, Chief Executive Officer of Subsidiary

統計

1.89 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.3K

2020

2.4K

2021

2.3K

2022(E)

2.8K
EPS (JPY)

2019

104.310

2020

108.270

2021

79.830

2022(E)

172.459
株価売上高倍率(過去12カ月)
43.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.02
株価純資産倍率(四半期)
7.97
株価キャッシュフロー倍率
29.29
総負債/総資本(四半期)
25.18
長期負債/資本(四半期)
18.07
投資利益率(過去12カ月)
14.68
自己資本利益率(過去12カ月)
10.81

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、マイナス3シグマに接近し反発マグマも

日経平均・日足は「大陰線」となった。8月安値と12月安値を結ぶトレンドラインがこれまでサポートとして意識されたが、これを大きく下回っており、調整局面入りが警戒される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが大幅反落、ジャスダックは続落

新興株市場は、東証マザーズ指数が大幅に反落し、日経ジャスダック平均が5日続落した。米金利の先高観がある中で、グロース(成長)株売りが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は800円超安、後場も売り継続

日経平均は後場も断続的な売りが継続し、800円超安に下落した。東証1部の値下がり銘柄は94%と全面安の商状。東証33業種では32業種が下落している。米株価主要3指数の先物の軟調な推移が引き続き重しとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、日銀ETF買いの思惑高まらず「売り方優位」

日経平均は、後場一段安となった後、安値圏で推移している。東証1部の午後1時15分時点の値下がり銘柄数は2036(93%)、値上がりは111(5%)で、ほぼ全面安の商状となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は600円超安、米株先物が軟調に推移

日経平均は、後場に入って下げを強め、一時600円超安となった。米国株主要3指数の先物が軟調に推移しており、投資家心理の重しになっている。

午前の日経平均は続落、高PER銘柄売りで日経2万8000円割れ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比512円41銭安の2万7744円84銭と、大幅に続落した。18日の米国株式市場で主要3株価指数が大幅下落した流れを引き継いだ。東京市場では半導体関連など高PER(株価収益率)銘柄を中心に利益確定売りが強まり、日経平均は心理的節目である2万8000円を下回った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時550円超安、チャートは三角もちあいから下放れ

日経平均は下げ幅を拡大し、一時567円27銭安の2万7689円98銭で安値を付けた。現在は400円ほど安い2万7800円台半ば。テクニカル面では、三角もちあいが意識されている。日経平均は8月安値と12月安値を結んだトレンドライン(2万7840円近辺)をブレークする場面がみられ、売りを誘う要因として警戒されている。

寄り付きの日経平均は続落、米株安を嫌気 2万8000円割れ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比328円36銭安の2万7928円89銭と続落した。その後も下げ幅を拡大し、現在450円超安の2万7800円近辺での推移となっている。18日の米国株式市場で主要3株価指数が大幅続落した流れを引き継いだ。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、値がさ株は総じて売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、キーエンス、信越化学工業が売り優勢、リクルートホールディングス、NTTは買い優勢。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、25日線の回復ならず

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。25日移動平均線(2万8616円72銭=18日)を取引時間中に一時上回ったが、終値では回復できず、主要な移動平均線をすべて下回った。このほか、日足・一目均衡表の雲の下限(2万8511円61銭=同)を下回っており、地合いは改善していない。下方では、心理的節目2万8000円のほか、8月安値と12月安値を結ぶトレンドラインが2万7850円付近を通っており、目先のサポートとして意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ反発「あや戻し」の見方

米金利先高観からグロース(成長)株安への警戒感は根強く、市場ではマザーズの下げ一服について「あや戻しの範囲を出ないのではないか」(国内証券)との声が聞かれる。

日経平均は反落、米金利上昇による米株安を警戒

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国市場が休場で手掛かりを欠く中、午前中は堅調に推移したが一転、午後には上げ幅を縮小しマイナス圏に沈んだ。米長期金利が上昇し、米主要株価指数の先物が軟調に推移したことが重しになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時200円安、軟調な米株先物が重しに

日経平均は軟調な展開で、一時200円超安となった。日銀決定会合後は早期引き締め警戒の後退から上昇したものの、米長期金利の上昇を警戒して上げ幅を急速に縮小し、マイナス圏に沈んだ。原油価格上昇などを警戒して、米金利が上昇。米株価主要3指数の先物が軟調に推移している。とりわけ、ハイテク株比率の高いナスダック先物の下げが警戒されており、半導体関連株はマイナスが目立ってきた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は失速、米金利上昇に警戒感

日経平均は、後場入り後に一時、一段高となったが、短時間で失速し、今日の安値2万8412円07銭をつけた。足元では下げ渋る動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物が上昇、日銀政策の現状維持で「安心感」も

昼休み時間中に日経平均先物が100円程度上昇する場面があった。日銀が金融政策決定会合の結果を公表し、現状維持だったことを受け「いつになく警戒されたが、現状維持だったことで安心感による買いも紛れ込んでいるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

午前の日経平均は続伸、ファーストリテが押し上げ アジア株高も支え

18日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比240円63銭高の2万8574円15銭と続伸した。17日の米国株式市場が休場となり手掛かり材料に欠ける中、香港ハンセン株価指数や上海総合指数などのアジア株の上昇が支えとなった。個別では、ファーストリテイリングが大幅に3日続伸し、日経平均を約84円押し上げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏で一進一退、ファーストリテは上げ幅を拡大

日経平均は前営業日比200円ほど高い2万8500円台前半で一進一退の値動き。指数寄与度の高いファーストリテイリングが上げ幅を拡大する一方、時間外取引での米株先物は軟化するなど、強弱材料が綱引きする展開となっている。

寄り付きの日経平均は続伸、100円超高 欧州株高を好感

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比117円82銭高の2万8451円34銭と続伸した。17日の米国株式市場はキング牧師生誕日の祝日で休場だったが、欧州株式市場が総じてしっかりとした流れを引き継いだ。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力株は総じて売り買い拮抗

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、キーエンス、NTT、信越化学工業が売り買い拮抗、リクルートホールディングスが買い優勢。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日線が抵抗線

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「十字線」。実体部分は値幅がわずか80銭の「陽」となり、気迷いを示す足となった。終値(2万8333円52銭=17日)は5日移動平均線(2万8387円01銭=同日)を下回っており、当面は同線が意識される可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up