for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングス

6098.T

現在値

4,078.00JPY

変化

-127.00(-3.02%)

出来高

7,401,000

本日のレンジ

4,008.00

 - 

4,120.00

52週レンジ

3,708.00

 - 

8,180.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,205.00
始値
4,036.00
出来高
7,401,000
3か月平均出来高
101.17
高値
4,120.00
安値
4,008.00
52週高値
8,180.00
52週安値
3,708.00
発行済株式数
1,609.73
時価総額
7,131,512.00
予想PER
22.92
配当利回り
0.50

次のエベント

Dividend For 6098.T - 11.0000 JPY

適時開示

その他

Recruit Holdings Co Ltd Announces Share Repurchase Through Self Tender Offer

Dentsu Group Inc: Expect To Record Gain Of About $1.76 Billion On Parent Basis From Recruit Share Sale

Recruit Holdings Co Ltd - To Buy Back Up To 1.21% Of Own Shares Worth 70 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングスとは

リクルートホールディングスは、求人広告、販売促進及び人材派遣等のサービスを提供する。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。ヒューマン・リソース(HR)テクノロジー事業は、オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」、オンライン求人広告及び企業情報サイト「Glassdoor」及びこれらに関連する事業で構成され、求人広告及び採用サービスを通してクライアントの求人活動を支援するほか、アグリゲート技術と独自の検索アルゴリズムを用いたユーザーの求職活動の効率化や、ユーザー投稿による企業レビュー等独自のデータベースを展開することでユーザーの求職活動を支援する。メディア&ソリューション事業は、販促領域及び人材領域で構成される。販促領域において、住宅、結婚、旅行、飲食及び美容等の分野で、有するプラットフォームを通して、ユーザーの行動を支援するサービスやクライアントの集客や経営・業務効率の改善等を支援するサービスを提供する。人材領域において、有するメディアを利用して、ユーザーの求職活動及びクライアントの求人活動を支援するサービスを提供する。人材派遣事業は、国内派遣領域及び海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業派遣及びその他の専門職派遣等の人材派遣サービスを提供する。

業種

Business Services

連絡先

23F-41F, Gran Tokyo South Tower,

1-9-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-6640

Japan

+81.3.68351111

https://recruit-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masumi Minegishi

Chairman of the Board, Chairman of Board of Directors, Representative Director

Hisayuki Idekoba

President, Chief Executive Officer, Chairman & Chief Executive Officer of Subsidiary, Representative Director

Rony Kahan

Chairman of Subsidiaries, Director

Ayano Senaha

Managing Executive Officer, Chief Operating Officer, Director

Yoshihiro Kitamura

Managing Executive Officer, President of Subsidiary

統計

2.11 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.4K

2021

2.3K

2022

2.9K

2023(E)

3.3K
EPS (JPY)

2020

108.270

2021

79.830

2022

181.680

2023(E)

180.205
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.34
株価純資産倍率(四半期)
4.35
株価キャッシュフロー倍率
16.68
総負債/総資本(四半期)
18.12
長期負債/資本(四半期)
13.48
投資利益率(過去12カ月)
16.90
自己資本利益率(過去12カ月)
12.38

最新ニュース

最新ニュース

寄り付きの日経平均は続落、欧米引き締めによる景気懸念が重し

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比374円39銭安の2万6779円44銭と、続落してスタートした。前週末の欧米市場では金融引き締めが景気を後退させるとの懸念から株安となり、東京市場でもリスク回避の売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物は軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落

<17:46> 日経平均先物は軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 日経平均先物は2万7000円付近での推移となっている。午後5時ごろにかけて2 万7180円付近に上昇していたが、政府・日銀による為替介入があったと伝わり、ドル /円が145円台後半から一時140円台前半へと急落する中、円安が輸出企業などの業 績に寄与するとの思惑が後退し、軟化した。 <15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表「雲」下限を下回る 日経平均・日足は、実体部分よりも長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴う「小陽線」となっ た。終値は2万7153円83銭。支持線...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表「雲」下限を下回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表「雲」下限を下回る 日経平均・日足は、実体部分よりも長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴う「小陽線」となっ た。終値は2万7153円83銭。支持線を次々に突破し、きょうは一目均衡表の「雲」 領域下限を下回るなど、調整が長期化するとの懸念を大きくしている。 とくに、今回の下げで7月19日高値(2万7043円58銭)と同20日安値(2 万7295円95銭)で空けたマドを埋め、戻り相場が終わったとの印象を与えるなど、 ムードを一気に暗くした。ただ、直近の下げが急で突っ込み警戒感が台頭しそうなほか、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが4日ぶり反発、個人の資金が流入

<15:10> 新興株式市場はマザーズが4日ぶり反発、個人の資金が流入 新興株式市場はしっかり。マザーズ総合が0.32%高の712.50ポイントと、 4日ぶりに反発した。東証グロース市場指数は0.30%高の905.73ポイント。「 地合いが悪化する中でも、個人投資家の資金流入が活発化していることを示した」(国内 証券)という。 きょうグロース市場に新規上場したFPパートナーは公開価格を5.7%上 回る2750円で初値を付けた後も買われ、ストップ高で大引けた。 そのほか、個別ではキャンバスが連日のストップ高となり、ANYCOLO Rが小反発...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もち合い、見送り気分の中で個人資金が下支えに

<14:10> 日経平均は弱もち合い、見送り気分の中で個人資金が下支えに 日経平均は弱もち合いとなっている。2万7100円台での動き。3連休前で見送り ムードが強い中、個人の投機的な資金による売買が活発化しており、これらが下支え要因 になっているという。 日銀金融政策決定会合については「予想通りということで、ある意味、マーケット関 係者の間に安心感を誘った」(国内証券)との指摘もあった。 市場では「一部の材料性の強い銘柄に資金が集中しているほか、グロース市場はしっ かりとなっている。ショック安でありがちな個人投資家の投げが出るどころか買...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅縮小、「日銀会合結果は想定内」とも

<12:36> 後場の日経平均は下げ幅縮小、「日銀会合結果は想定内」とも 後場に入り、日経平均はやや下げ幅を縮小している。前引け後に、日銀の金融政策決 定会合の結果が発表されたが、「政策の現状維持は想定内」(国内金融機関)との声が聞 かれた。 ドル/円相場は、決定会合の結果発表後に一時、145.40円近辺まで上昇したも のの、その後、急落するなど神経質な値動きになっている。 市場では、「足元の株式市場は、為替の円安よりも米株の動向に左右される展開」( 同)といい、相場への影響は限られている。 主力の輸出株では、トヨタ自動車が小幅高となっている...

午前の日経平均は続落、一時2万7000円割れ 米株安を嫌気

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比265円76銭安の2万7047円37銭と、続落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した後の米国株が大幅安となり、日本株市場も軟調な展開が継続した。日経平均は一時、2万7000円を下回り、7月19日以来の低水準となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、一時2万7000円割れ 連休前の調整も

<10:59> 日経平均は下げ幅拡大、一時2万7000円割れ 連休前の調整も 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約300円安の2万7000円近辺で推移し ている。一時、2万7000円を割り込む場面もあり、7月19日以来の低水準となった 。米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した後の米株安が嫌気されているほか、「国 内では連休を控え、ポジション調整の動きも出ているようだ」(国内証券)という。 目先の日経平均は、米金融引き締めの長期化に伴う世界景気後退懸念が重しとなり、 「上値の重い状況が続きやすい」(国内運用会社)との指摘が聞かれる。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、業種別の方向性乏しく循環的な動き

<10:08> 日経平均は下げ渋り、業種別の方向性乏しく循環的な動き 日経平均は、安く寄り付いた後、心理的節目2万7000円に接近する場面もあった が、足元では下げ渋っている。市場では「日銀の金融政策決定会合を待つ動き」(国内証 券)との声が聞かれる。 業種別の方向感は定まっていない。東証33業種では、値下がりは海運業やサービス 業、空運業など29業種、値上がりは輸送用機器やガラス・土石製品、卸売業など4業種 となっている。このところ上昇してきた銘柄が売られ、下落していた銘柄が買われる「循 環的な動き」(別の国内証券)とみられている。...

寄り付きの日経平均は続落スタート、FOMC後の米株安を嫌気

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比259円55銭安の2万7053円58銭と、続落してスタートした。米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した後の米株安を嫌気し、売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7313円13銭で約2カ月ぶり 安値。支持線とみられた75日移動平均線(2万7514円83銭=21日)や200日 線(2万7395円88銭=同)を終値で下回った。200日線をこのまま割り込んだ場 合、調整が長期化する恐れがあり、7月20日に開けた窓(7月19日高値は2万704 3円58銭)埋めが意識されそうだ。 <15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43...

日経平均は反落、FOMCを前に持ち高調整 米引き締めを警戒

東京株式市場で日経平均は、前営業日比375円29銭安の2万7313円13銭と、反落して取引を終えた。前日の米株安を嫌気して安く始まった後も、軟調な値動きが続いた。米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感が重しとなり、主力株や値がさのハイテク株の下落が目立った。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し

<15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43%安の710.26ポイントと、大幅に3 日続落した。東証グロース市場指数は前営業日比2.43%安の903.03ポイント。 米長期金利が上昇基調にある上、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を日本時 間の明日未明に控え、投資家の慎重姿勢が強まった。 フリーが大幅安となり、年初来安値を更新した。JTOWERやビ ジョナル、ANYCOLORも大幅安だった。一方、BuySell  Techは大幅高。インバウンドテックはストップ高で年初来高値...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は軟調、イベント前で「買い手不在」との声

<13:10> 後場の日経平均は軟調、イベント前で「買い手不在」との声 後場に入り日経平均は軟調に推移し、前営業日比約350円安の2万7300円台半 ばとなっている。前場引けに比べて下げ幅を縮小しているものの、全体的に弱い地合いが 続いている。米連邦公開市場委員会(FOMC)のほか、明日の日銀の金融政策決定会合 などイベントを控え、「買い手不在の中、さえない展開となっている」(国内運用会社) との声が聞かれる。 主力株が前場に引き続き軟調に推移し、市場では、イベント前の調整に加えて「国内 でも消費者物価の上昇がみられる中、この先消費が冷...

午前の日経平均は反落、ポジション調整で主力株に売り

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比379円76銭安の2万7308円66銭と、反落した。前日の米株安の流れを引き継ぎ、日経平均は軟調な値動きが続いた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前にポジション調整の動きがみられ、主力株や値がさのハイテク株の下落が目立った。

寄り付きの日経平均は大幅反落スタート、米株急落を嫌気 米CPIが予想上回る

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比481円93銭安の2万8132円70銭と、大幅に反落してスタートした。前日の米国市場で消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り米株が急落したことを嫌気する売りが先行した。短時間で2万8000円を割り込み、一時800円超安に下げを広げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、200日線を割り込むが下値硬直性も

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、200日線を割り込むが下値硬直性も 日経平均・日足は上に長い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「中陰線」となった。 突っ込んだ形となり、支持線として意識されていた200日移動平均線(2万7467円 10銭=7日)を割り込んだものの、同時に下方硬直性を感じさせており、いったん目先 底入れする可能性が生じている。 200日線をこのまま割り込んだ場合は、調整が長期化する恐れがあるが、長い下ヒ ゲがダメ押しとの印象を与えており、同線を下回ったことはイレギュラーで、このまま反 転も読めそうだ。一方、翌日に...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、先駆した銘柄に利益確定売り

<15:05> 新興株はマザーズが反落、先駆した銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.98%安の717.00ポイントと 反落した。東証グロース市場指数は同1.98%安の911.70ポイントで取引を終え た。市場では「米株安を受けて調整ムードが広がり、先駆した銘柄に利益確定売りが活発 化している」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、プレイドが大幅続落となったほか、CYBERDYNE やアスカネットなどが値を崩す展開。プレミアアンチエイジングは連日 のストップ高の後は小幅高の水準まで失速した。一方、Kaizen...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、米ナスダック先物安が重しに

   <14:10> 日経平均は安値もみあい、米ナスダック先物安が重しに 日経平均は安値もみあい。2万7300円台で推移している。値ごろ感からの買いが 入り、徐々に底堅さか増してきたものの、全体的に反発力は鈍い。時間外取引で米ナスダ ック先物が安くなっていることも重しになった。 市場では「前日の米株はナスダック安が目立ち、それを受けて日本もグロース銘柄が さえないため、ナスダックの先物が軟調に推移していることが警戒されるのは当然」(国 内証券)との声が聞かれる。 一方、外為市場ではドル高/円安が急速に進んでいるが、トヨタ自動車など 主力...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、グロース株売り継続 アップル新製品への関心も

   <13:02> 日経平均は安値圏、グロース株売り継続 アップル新製品への関心 も 日経平均は、後場も安値圏での推移を続けている。ソフトバンクグループ、 東京エレクトロンは前引け時点より安く、グロース株の下げが引き続き重しとな っている。TOPIXグロース指数は約1%安、同バリュー指数は約0.7%安で、グロ ース指数の下げが大きい。 市場では「米株次第の側面があるものの、日本固有の要因で下げが深まるとは想定し にくい」(国内証券)との声も多く聞かれる。 欧米に出遅れた経済再開(リオープン)期待がその一つで、市場は新型コロナウイル ス...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up