for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングス

6098.T

現在値

4,902.00JPY

変化

-15.00(-0.31%)

出来高

3,832,400

本日のレンジ

4,817.00

 - 

4,933.00

52週レンジ

2,240.50

 - 

5,568.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,917.00
始値
4,885.00
出来高
3,832,400
3か月平均出来高
85.59
高値
4,933.00
安値
4,817.00
52週高値
5,568.00
52週安値
2,240.50
発行済株式数
1,644.01
時価総額
8,339,036.00
予想PER
64.84
配当利回り
0.50

次のエベント

Dividend For 6098.T - 9.5000 JPY

適時開示

その他

Dentsu Group Inc: Expect To Record Gain Of About $1.76 Billion On Parent Basis From Recruit Share Sale

Recruit Holdings Co Ltd - To Buy Back Up To 1.21% Of Own Shares Worth 70 Billion Yen

Japan's Recruit Holdings Shareholders To Sell Up To 416.8 Billion Yen In Shares Overseas - DealWatch

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リクルートホールディングスとは

リクルートホールディングスは、求人広告、販売促進及び人材派遣等のサービスを提供する。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントで構成される。ヒューマン・リソース(HR)テクノロジー事業は、オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」、オンライン求人広告及び企業情報サイト「Glassdoor」及びこれらに関連する事業で構成され、求人広告及び採用サービスを通してクライアントの求人活動を支援するほか、アグリゲート技術と独自の検索アルゴリズムを用いたユーザーの求職活動の効率化や、ユーザー投稿による企業レビュー等独自のデータベースを展開することでユーザーの求職活動を支援する。メディア&ソリューション事業は、販促領域及び人材領域で構成される。販促領域において、住宅、結婚、旅行、飲食及び美容等の分野で、同社が有するプラットフォームを通して、ユーザーの行動を支援するサービスやクライアントの集客や経営・業務効率の改善等を支援するサービスを提供する。人材領域において、同社が有するメディアを利用して、ユーザーの求職活動及びクライアントの求人活動を支援するサービスを提供する。人材派遣事業は、国内派遣領域及び海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業派遣及びその他の専門職派遣等の人材派遣サービスを提供する。

業種

Business Services

連絡先

23F-41F, Gran Tokyo South Tower,

1-9-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-6640

Japan

+81.3.68351111

https://www.recruit.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hisayuki Idekoba

Chief Operating Officer, Executive Vice President, Director

Ayano Senaha

Chief Human Resource Officer, Chief Risk Officer, Managing Executive Officer, CSO, Director

Yoshihiro Kitamura

Managing Executive Officer, President of Subsidiary

Rob Zandbergen

Managing Executive Officer, Chief Executive Officer of Subsidiary

Junichi Arai

Executive Officer

統計

1.94 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.2K

2019

2.3K

2020

2.4K

2021(E)

2.2K
EPS (JPY)

2018

90.790

2019

104.310

2020

108.270

2021(E)

75.831
株価売上高倍率(過去12カ月)
62.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.71
株価純資産倍率(四半期)
7.63
株価キャッシュフロー倍率
33.24
総負債/総資本(四半期)
35.48
長期負債/資本(四半期)
30.17
投資利益率(過去12カ月)
8.65
自己資本利益率(過去12カ月)
6.41

最新ニュース

最新ニュース

リクルートHD、新社長に出木場副社長 4月1日付

リクルートホールディングスは13日、出木場久征副社長兼COOが4月1日付で社長兼CEOに昇格すると発表した。峰岸真澄社長兼CEOは代表権のある会長に就任する。

展望2021:需給相場続く日本株、「ユニクロ主導」ならバブル色も

2021年の日本株市場では、需給相場が継続するとみられている。日銀のETF(上場投資信託)購入や企業の自社株買いで浮動株が減少。少ない買いでも株価が上がりやすくなっている。業績相場への移行が期待されているものの、ファーストリテイリングなどの「品薄株」が主導するような株高であればバブル色が強まりそうだ。

日経平均は反落で引け、43円安 感染拡大が重し

東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。17日の米国株式市場で主要3指数はいずれも終値で最高値を更新したものの、東京株式市場では国内での新型コロナウイルスの感染拡大が重しとなり、利益確定売りに押される展開となった。

ホットストック:博報堂DYは小幅続伸、業績予想の上方修正を材料視

博報堂DYホールディングスは小幅続伸。2日に、2021年3月期通期の連結業績予想について、純利益を従来の130億円から175億円に上方修正したことが材料視された。

リクルート、株式売り出し価格を1株3947円に決定 総額3738億円に

リクルートホールディングスは2日、株式の売り出し価格を1株3947円に決定したと発表した。2日の終値4070円から3.02%のディスカウント。需要を勘案した追加売り出しを含めると、総額は最大3738億円となる。

ホットストック:リクルートHDは大幅続落、海外での株式売り出しを嫌気

株式の海外売り出しに関して電通グループや凸版印刷などが保有する8611万株に加えて、需要に応じて売り出すオーバーアロットメントの861万株を含め合計9472万株を売り出す方針だと30日に発表したことが嫌気されている。売り出し価格は需要状況などを勘案して決めるという。

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・エンプラス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.35%にあたる50 万株、取得総額15億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は12月1日から2 021年3月31日。 ・リクルートホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.2 1%にあたる2000万株、取得総額700億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得 期間は30日発表の同社株売り出しのスケジュールに応じ、12月7日または12月8日 から2021年2月26日。 ・サムティ...

リクルートHDが海外で株式売り出し、総額4000億円規模

リクルートホールディングスは30日、株式の海外売り出しに関して決議したと発表した。電通グループや凸版印刷などが保有する8611万株に加えて、需要に応じて売り出すオーバーアロットメントの861万株を含め合計9472万株を売り出す。売り出し価格は需要状況などを勘案して決める。

BRIEF-リクルートHD、発行済み株式の1.21%・700億円上限に自社株買いを決議

* リクルートHD、発行済み株式の1.21%・700億円上限に自社株買いを決議

ホットストック:リクルートHDはさえない、今期は純利益最大48%減へ

リクルートホールディングスはさえない。16日に、2021年3月期の連結業績予想(国際会計基準)について、純利益が930億円―1182億円(前年同期比34%減―48%減)になる見通しだと発表したことが嫌気されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維持

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維 持 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。前営業日に引いた「大陰線」 で感じさせた不安を後退させる格好となり、75日移動平均線(2万3127円56銭= 2日現在)を回復し、中長期的な上昇波動を維持したとの印象を与えた。 ただ、終値が25日移動平均線(2万3301円77銭=同)に、わずかながらでは あるが届かなかったことが、上値の重さを感じさせるところ。6月以降の4回の調整局面 では「大陰線」がダメ押しとなって反転した経緯があるだけに、今回も同様のパターン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配

<15:30> 新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落し た。市場では「1部市場は急反発したものの、新興株はこれまでの下げによる亀裂が大き いことから、調整ムードが支配している」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.10%安。テクノホライゾン 、アク モス がストップ安となったほか、出前館 も軟調。半面、グロームHLD G がストップ高、テラ が大幅上昇した。 マザーズ指数は前営業日比1.35%安。直近IPOのカラダノート...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はこう着状態、2万3300円前後で推移

<14:25> 日経平均はこう着状態、2万3300円前後で推移 日経平均はこう着状態となっている。2万3300円前後で推移。立ち会い中に上方 修正を発表した銘柄が反応する程度で、全体としては売り買いとも手控えムードが強い。 市場関係者によると「買い戻しが一巡した後、本来なら売り仕掛けが入りそうなところだ が、大イベントを控えた休日前とあって、動きが止まっている」(国内証券)という。 <13:15> 日経平均は高値もみあい、米大統領選目前に控え模様眺めに 後場に入ってからの日経平均は高値もみあい。2万3200円台後半で一進一退とな っている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、米大統領選目前に控え模様眺めに

<13:15> 日経平均は高値もみあい、米大統領選目前に控え模様眺めに 後場に入ってからの日経平均は高値もみあい。2万3200円台後半で一進一退とな っている。市場では「米大統領選挙を目前に控え、売り買いともに止まった格好。明日は 休日であることも模様眺め気分を誘っており、後場は目立った動きがなさそうだ」(国内 証券)との声が聞かれた。 <11:52> 前場の日経平均は反発、300円超高 買い戻しの動きが加速 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比326円29銭高の2万3303円4 2銭となり、反発した。30日の日経平均が大幅安となったことを...

前場の日経平均は反発、300円超高 買い戻しの動きが加速

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比326円29銭高の2万3303円42銭となり、反発した。30日の日経平均が大幅安となったことを受け、きょうはいったん買い戻しの動きが優勢となり、一時前営業日比393円78銭高の2万3370円91銭で高値を付けた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は300円超高、押し目買い入り徐々に上値追い

<10:08> 日経平均は300円超高、押し目買い入 り徐々に上値追い 日経平均はじり高の展開。前営業日比300円ほど高い2万3200円台後半での推 移となっている。市場では「コロナの感染再拡大による欧米での株安は、30日時点での 米株先物の動きで織り込み済み。きょうは押し目買いで上値を追う展開となっている」( 国内証券)との声が出ていた。 個別では、KDDI 、リクルートホールディングス 、ダイキン工業 、信越化学工業 がしっかり。日経平均を約73円押し上げている。 <09:06> 寄り付きの日経平均は反発、自律反発を狙った買いが優勢...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能

<17:00> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能 日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い心理を表している一方、5日 移動平均線(2万3140円46銭=27日)が下値支持線として機能した。市場では「下値は堅いが、売 買代金が伴っておらず、買い手不在の状態となっている。短期的には買いやすい水準へ調整する動きが見ら れる可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。 <16:20> 新興株式市場は反落、インタファクトリは上場3日目で初値形成 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、インタファクトリは上場3日目で初値形成

<16:20> 新興株式市場は反落、インタファクトリは上場3日目 で初値形成 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。市場では「前日の上昇 の反動で、きょうは利益確定売りが優勢となった。前日まで買われていた直近IPO銘柄は売られたものの 、個別材料株やテーマ株への物色は引き続き活発だった」(国内証券)との声が聞かれた。25日にマザー ズ市場に新規上場したインターファクトリー は上場3日目で初値を形成した。 日経ジャスダック平均は0.20%安。個別ではSpeee 、ウチダエスコ 、エブレ ン 、日本マクドナルドホールディングス...

日経平均続落、82円安 ジャクソンホール控え模様眺め

https://pictures.reuters.com/Doc/RTR/Media/TR3_UNWATERMARKED/1/7/5/d/RTX6ENDW.jpg

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は膠着、ジャクソンホール控え模様眺めムード強まる

<13:45> 日経平均は膠着、ジャクソンホール控え模様眺めムード強まる 日経平均は前営業日比100円ほど安い2万3200円近辺での膠着状態。後場の値幅は上下約50円 にとどまっている。米国で27─28日に開催される年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)を控 え、模様眺めムードが強まっている。 市場では「今夜ジャクソンホールを控えていることに加え、米中対立や安倍首相の健康状態といった不 安材料もたくさんある。これといった買い材料もないので、動きづらい1日となっている」(運用会社)と の声が出ていた。 午後1時45分現在の東証1部の...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up