for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アマダ(Kanagawa)

6113.T

現在値

1,141.00JPY

変化

4.00(+0.35%)

出来高

361,800

本日のレンジ

1,124.00

 - 

1,142.00

52週レンジ

913.00

 - 

1,168.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,137.00
始値
1,126.00
出来高
361,800
3か月平均出来高
22.23
高値
1,142.00
安値
1,124.00
52週高値
1,168.00
52週安値
913.00
発行済株式数
347.66
時価総額
409,032.20
予想PER
11.28
配当利回り
3.78

次のエベント

Q3 2023 Amada Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Amada Holdings to repurchase up to 2.7 pct shares

Amada Holdings to sell 60 pct stake in Kanagawa-based unit

Amada Holdings says merger between units

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アマダ(Kanagawa)とは

アマダグループは、主に金属加工機械器具・金属工作機械器具の開発、製造、販売、サービス等を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。金属加工機械事業は、レーザマシン、パンチ・レーザ複合加工機、プレスブレーキ、ベンディングロボット、シャーリング、板金加工システムライン、工場自動化(FA)用コンピューター及びFA用ソフトウエア等の板金商品、並びに精密レーザ機器・抵抗溶接機器等の溶接機器製品を提供する。金属工作機械事業は、金切帯鋸盤、形鋼切断機、ボール盤及び金切帯鋸刃等の切削商品、メカニカルプレス等のプレス商品、並びに研削盤等の工作機械を提供する。また、不動産の賃貸及びカーリース事業等も行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

200, Ishida

ISEHARA-SHI, KNG

259-1196

Japan

+81.46.3961111

https://www.amada.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tsutomu Isobe

President, Representative Director

Masahiko Tadokoro

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Sheet Metal Sales & Service, Director

Takaaki Yamanashi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Sheet Metal Development & Production, Director

Kazuhiko Miwa

Managing Executive Officer, Manager of Finance Unit, Director

Koji Yamamoto

Managing Executive Officer, Manager of Business Administration, Director

統計

2.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.3K

2021

0.3K

2022

0.3K

2023(E)

0.4K
EPS (JPY)

2020

65.910

2021

53.400

2022

79.880

2023(E)

101.006
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.53
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.20
株価純資産倍率(四半期)
0.79
株価キャッシュフロー倍率
8.26
総負債/総資本(四半期)
1.25
長期負債/資本(四半期)
0.24
投資利益率(過去12カ月)
6.38
自己資本利益率(過去12カ月)
5.24

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:牧野フライスが堅調、工作機械受注は13カ月連続のプラス

牧野フライス製作所が堅調。11月の工作機械受注が前年比で13カ月連続プラスとなったことが材料視されている。アマダ、オークマなども朝方のSQ(特別清算指数)算出に絡んだ売りが一巡した後はプラス圏に浮上した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「中陰線」、200・25日線はデッドクロスを形成

<16:05> 日経平均日足は「中陰線」、200・25日線はデッドク ロスを形成 日経平均日足は短い下ヒゲと長い上ヒゲを伴う「中陰線」。先安見込みを示す形状となった。終値(2 万8015円02銭=12日)は200日移動平均線(2万7994円60銭=同)をわずかに上回り、サ ポートラインとして機能した。一方、上向きの200日線と下向きの25日線(2万7952円62銭=同 )はデッドクロスを形成。目先は調整含みの展開が見込まれる。 <15:50> 新興市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反落 利益確定売り 新興株市場では、東証マザーズ指数が4...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反落 利益確定売り

<15:50> 新興市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反落 利 益確定売り 新興株市場では、東証マザーズ指数が4日ぶりに反落し、日経ジャスダック平均が3日続伸した。バリ ュー株優位相場が世界的に加速するなか、マザーズ市場はIT関連株中心に利益確定売りが優勢となった。 マザーズは連日の薄商い相場となった。 マザーズ総合は前営業日比1.14%安。個別では、ベイシス 、BASE 、ミンカ ブ・ジ・インフォノイド が下落。グローバルウェイ 、プレイド は上昇。フォ ースタートアップス はストップ高比例配分となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

12日の日経平均は5日ぶり反落、利益確定売り優勢

東京株式市場で日経平均は5日ぶりに反落した。朝方は米株高の流れを引き継ぎ景気敏感株を中心に底堅く推移したが、その後は高値警戒感が強まって利益確定売りが広がり、後場にマイナス圏に転落した。ただ、下値では割安感による買いなども入り、2万8000円台は維持した。個別では、好決算を発表した銘柄を物色する動きが引き続きみられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス圏、高値警戒感で利益確定売り

<13:15> 日経平均は一時マイナス圏、高値警戒感で利益確定売り 後場の日経平均は徐々に上げ幅を縮小し、一時マイナス圏に転落した。現在、前日終値(2万8070 円51銭=11日)近辺で一進一退となっている。日経平均・TOPIXは前日までに4日続伸したことも あり、市場では高値警戒感を指摘する声が聞かれた。「日経平均は一部の指数寄与度の高い銘柄の軟調な動 きを受けて伸び悩んでいるが、TOPIXは底堅く2月以来の高値。戻り売りが出てきてもおかしくない水 準だ」(国内証券)という。 午後1時15分現在での東証1部の売買代金は1兆5468億5100...

前場の日経平均は続伸、ダウ最高値を好感 2万8000円値固め

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円31銭高の2万8127円82銭となり、続伸した。前日の米国株式市場でダウ工業株30種が連日の高値更新となった流れを引き継いだ。

ホットストック:オークマなど機械株がしっかり、7月工作機械受注は前年比93.4%増

オークマ、アマダ、牧野フライス製作所など機械株がしっかり。日本工作機械工業会が11日発表した7月の工作機械受注(速報値)が前年比93.4%増の1349億7400万円となったことが材料視されている。

ホットストック:ファナックなど機械株が堅調、2カ月連続増加の機械受注受け

ファナック、オークマ、アマダなどの機械株が堅調に推移している。朝方に発表された4月機械受注が2カ月連続で増加したことを受け、買い優勢となっている。コマツなど建設機械株も高い。

ホットストック:アマダがしっかり、5月工作機械受注の好調を受け

アマダがしっかり。前日に発表された5月の工作機械受注が外需を中心に好調だったことを受け、買い優勢で始まった。

MSCI銘柄入れ替え、新規採用はゼロ・除外は29銘柄

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は11日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用がゼロ、除外が29銘柄となった。昨年11月には21銘柄が除外(採用は5銘柄)されており、市場では「日本株式の存在感が後退している」(国内証券)との声が出ている。

ホットストック:オークマなどしっかり、予想上回った機械受注を手掛かり

オークマ、アマダなど機械株がしっかり。ファナックは8日に付けた昨年来高値2万7420円を更新した。寄り付き前に発表された11月機械受注統計が予想を上回ったことが手掛かりになっている。

ホットストック:アマダは7%超高、通期予想の上方修正を好感

板金加工機械の製造などを手掛けるアマダは、3日続伸し7%超高での推移となっている。11日発表した2021年3月期連結業績予想で、営業利益を従来の60億円(前期比82.69%減)から120億円(同65.39%減)へ上方修正したことが好感されている。販売が当初見込みを上回ったことや、経費削減が順調に進捗しているという。

ホットストック:オークマなど軟調、予想外に好調の機械受注には反応薄

オークマ、アマダ、牧野フライスなど機械株が軟調。2月の機械受注は予想外に好調な結果だったものの、それに対して反応薄になった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up