for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社牧野フライス製作所

6135.T

現在値

3,745.00JPY

変化

-95.00(-2.47%)

出来高

74,400

本日のレンジ

3,730.00

 - 

3,835.00

52週レンジ

3,610.00

 - 

4,890.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,840.00
始値
3,835.00
出来高
74,400
3か月平均出来高
2.25
高値
3,835.00
安値
3,730.00
52週高値
4,890.00
52週安値
3,610.00
発行済株式数
24.19
時価総額
93,227.44
予想PER
10.84
配当利回り
0.80

次のエベント

Q3 2022 Makino Milling Machine Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Makino Milling Machine to issue 8th series unsecured corporate bonds worth 5 bln yen

Makino Milling Machine to issue REIT bonds worth 5 bln yen

Makino Milling Machine appoints Shinichi Inoue as new president

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社牧野フライス製作所とは

牧野フライス製作所グループは、工作機械の製造販売を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。主にフレキシブル生産システム機器の製造・販売・エンジニアリング、工作機械用制御装置の設計・製造・販売・修理、工作機械の据付・アフターサービス及び修理部品の販売を行う。また、工作機械周辺機器の製造・開発、工作機械の製造・販売・修理および梱包と保険代理業務も行う。主たる地域は日本、韓国、中国、大洋州、ロシア、ノルウェイ、東南アジア(ASEAN)諸国、インド、イギリス、南北アメリカ、ヨーロッパ大陸(ノルウェイを除く)である。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

2-3-19, Nakane

MEGURO-KU, TKY

152-8578

Japan

+81.3.37171151

https://www.makino.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichi Inoue

President, Representative Director

Toshiyuki Nagano

Senior Managing Director, Chief Director of Administration, Manager of Business Planning Office, Manager of Trade Security Guarantee Management Office, Manager of Energy Management Office, Representat

Tatsuaki Aiba

Managing Director

Naofumi Masuda

Independent Director

Kodo Yamazaki

Independent Director

統計

2.17 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.2K

2020

0.2K

2021

0.1K

2022(E)

0.2K
EPS (JPY)

2019

689.300

2020

33.970

2021

-110.820

2022(E)

345.620
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.90
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.65
株価純資産倍率(四半期)
0.55
株価キャッシュフロー倍率
8.42
総負債/総資本(四半期)
34.54
長期負債/資本(四半期)
30.09
投資利益率(過去12カ月)
1.79
自己資本利益率(過去12カ月)
1.44

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「中陰線」、200・25日線はデッドクロスを形成

<16:05> 日経平均日足は「中陰線」、200・25日線はデッドク ロスを形成 日経平均日足は短い下ヒゲと長い上ヒゲを伴う「中陰線」。先安見込みを示す形状となった。終値(2 万8015円02銭=12日)は200日移動平均線(2万7994円60銭=同)をわずかに上回り、サ ポートラインとして機能した。一方、上向きの200日線と下向きの25日線(2万7952円62銭=同 )はデッドクロスを形成。目先は調整含みの展開が見込まれる。 <15:50> 新興市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反落 利益確定売り 新興株市場では、東証マザーズ指数が4...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反落 利益確定売り

<15:50> 新興市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反落 利 益確定売り 新興株市場では、東証マザーズ指数が4日ぶりに反落し、日経ジャスダック平均が3日続伸した。バリ ュー株優位相場が世界的に加速するなか、マザーズ市場はIT関連株中心に利益確定売りが優勢となった。 マザーズは連日の薄商い相場となった。 マザーズ総合は前営業日比1.14%安。個別では、ベイシス 、BASE 、ミンカ ブ・ジ・インフォノイド が下落。グローバルウェイ 、プレイド は上昇。フォ ースタートアップス はストップ高比例配分となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

12日の日経平均は5日ぶり反落、利益確定売り優勢

東京株式市場で日経平均は5日ぶりに反落した。朝方は米株高の流れを引き継ぎ景気敏感株を中心に底堅く推移したが、その後は高値警戒感が強まって利益確定売りが広がり、後場にマイナス圏に転落した。ただ、下値では割安感による買いなども入り、2万8000円台は維持した。個別では、好決算を発表した銘柄を物色する動きが引き続きみられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス圏、高値警戒感で利益確定売り

<13:15> 日経平均は一時マイナス圏、高値警戒感で利益確定売り 後場の日経平均は徐々に上げ幅を縮小し、一時マイナス圏に転落した。現在、前日終値(2万8070 円51銭=11日)近辺で一進一退となっている。日経平均・TOPIXは前日までに4日続伸したことも あり、市場では高値警戒感を指摘する声が聞かれた。「日経平均は一部の指数寄与度の高い銘柄の軟調な動 きを受けて伸び悩んでいるが、TOPIXは底堅く2月以来の高値。戻り売りが出てきてもおかしくない水 準だ」(国内証券)という。 午後1時15分現在での東証1部の売買代金は1兆5468億5100...

前場の日経平均は続伸、ダウ最高値を好感 2万8000円値固め

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円31銭高の2万8127円82銭となり、続伸した。前日の米国株式市場でダウ工業株30種が連日の高値更新となった流れを引き継いだ。

ホットストック:オークマなど機械株がしっかり、7月工作機械受注は前年比93.4%増

オークマ、アマダ、牧野フライス製作所など機械株がしっかり。日本工作機械工業会が11日発表した7月の工作機械受注(速報値)が前年比93.4%増の1349億7400万円となったことが材料視されている。

ホットストック:オークマなどしっかり、3月工作機械受注の好調受け

オークマ、牧野フライス製作所など機械株がしっかり。12日に日本工作機械工業会が発表した3月の工作機械受注(速報値)は前年比65.0%増の1278億2300万円と5カ月連続で前年を上回り、前月比でも21.1%増となったことが好感されている。

日経平均は小幅続伸、朝高後は材料難で伸び悩み

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。寄り付きでは、前日の米国株式市場でナスダック総合が3.69%上昇した流れを引き継ぎハイテク株中心に買い優勢で始まったものの、その後は伸び悩み、前日終値を挟んだ一進一退の値動きが継続した。全体的に手掛かり材料に乏しく、時間外取引の米株先物の値動きに左右される展開となった。

機械株は総じてしっかり、2月工作機械受注を材料視

機械株はしっかり。森精機、牧野フライス製作所は4%超高での推移となっているほか、ツガミ、オークマもしっかり。指数寄与度の高いファナックは2%超高で、日経平均を約20円押し上げる要因となっている。9日引け後に発表された2月の工作機械受注が材料視されている。市場では「前月比でみても増加率が強く、幅広い回復を示す結果となった」(国内証券)との声が出ている。

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・牧野フライス製作所 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.15%にあ たる28万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1 日から2021年3月31日。 ・ブロードメディア 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.05%にあた る160万株、取得総額2億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月2日 から11月30日。 ・KDDI 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.65%にあたる840 0万株、取得総額2000...

ホットストック:機械株が総じてしっかり、外需の受注上向き

機械株が総じてしっかり。DMG森精機、牧野フライス製作所が買い優勢となっているほか、指数寄与度が大きいファナックも堅調な展開となっている。中国向けが好調で外需の受注が上向いていることが手掛かりにされた。

ホットストック:景気敏感株の一角を物色、クボタ・日立建機は年初来高値

クボタ、日立建機が年初来高値を更新したほか、牧野フライス製作所など機械株が堅調に推移するなど、景気敏感株の一角が物色されている。市場では「8月の月例経済報告で輸出、生産が上方修正されたほか、工作機械受注で中国向けが好調なことが手掛かりになり、景気敏感セクターに関心が向いた」(国内証券)との声が聞かれた。

ホットストック:機械株がさえない、事前予想下回る機会受注を嫌気

オークマ、牧野フライス製作所、ファナックなど機械株がさえない。朝方に発表された機械受注統計が事前予想を下回ったことが嫌気された格好となっている。

ホットストック:オークマなど軟調、予想外に好調の機械受注には反応薄

オークマ、アマダ、牧野フライスなど機械株が軟調。2月の機械受注は予想外に好調な結果だったものの、それに対して反応薄になった。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=10日

RIC 銘柄名 01 ペプチドリーム 02 日本光電工業 03 ヤマトインターナショナル 04 サンヨーハウジング名古屋 05 レノバ 06 シーイーシー  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=6日

RIC 銘柄名 01 東洋建設 02 ジャパンフーズ 03 中越パルプ工業 04 ハイマックス 05 インテリジェント ウェイブ 06 牧野フライス製作所 07 山洋電気 08 日東工業 09 澤藤電機 10 ニホンフラッシュ 11 大光銀行 12 太平洋興発  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=19日

RIC 銘柄名 01 第一カッター興業 02 インテージHLDG 03 中央発條 04 東北銀行 05 小田急電鉄 06 イーレックス 07 コナミHLDG  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=1日

0.10%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 日本フエルト 27.89 02 ラクト・ジャパン 29.09 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=22日

RIC 銘柄名 01 日本ハウスHLDG 02 住友林業 03 協和エクシオ 04 日本甜菜製糖 05 帝人 06 ファーストブラザーズ 07 グッドコムアセット 08 芦森工業 09 オープンドア 10 トクヤマ 11 保土谷化学工業 12 藤倉化成 13 トーセ 14 メック 15 TOTO 16 大和工業 17 エンビプロHLDG 18 CKサンエツ 19 三和HLDG 20 牧野フライス製作所 21 エンシュウ 22 NTN 23 明和産業 24 新光商事 25 立花エレテック 26 パルコ 27 東京放送HLDG 28 広島ガス...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=14日

RIC 銘柄名 01 レオパレス21 02 泉州電業  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up