for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Beigene Ltd

6160.HK

現在値

213.60HKD

変化

-2.20(-1.02%)

出来高

205,638

本日のレンジ

209.80

 - 

214.80

52週レンジ

130.40

 - 

278.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
215.80
始値
214.80
出来高
205,638
3か月平均出来高
24.75
高値
214.80
安値
209.80
52週高値
278.60
52週安値
130.40
発行済株式数
1,213.26
時価総額
261,748.30
予想PER
-30.44
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Beigene Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Beigene Announces Brukinsa® (Zanubrutinib) Approved For Treatment Of Patients With Mantle Cell Lymphoma In Australia

BeiGene Announces First Regulatory Approval In Australia For Brukinsa

FDA Grants Beigene's Brukinsa Accelerated Approval In Relapsed Or Refractory Marginal Zone Lymphoma

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Beigene Ltdとは

ベイジーン(BeiGene, Ltd.)は主にバイオ医薬品事業に従事する中国を拠点とする企業である。【事業内容】同社は主に、がんの治療用の革新的分子標的薬および免疫腫瘍薬の研究開発、製造および販売に従事する。同社の主要製品には、ザヌブチニブ(BGB-3111)、チーズリズマブ(BGB-A317)、パミパリブ(BGB-290)がある。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Ke Xue Yuan Lu 30 Hao,Zhong Guan Cun

Sheng Ming Ke Xue Yuan, Chang Ping Qu

BEIJING, BEJ

China

エグゼクティブリーダーシップ

John Victor Oyler

Co-Founder, Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Xiaobin Wu

President, Chief Operating Officer, General Manager - China

Xiaodong Wang

Co-Founder, Non-Executive Director

Julia Wang

Chief Financial Officer

Jane Huang

Chief Medical Officer, Hematology

統計

1.83 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

0.2K

2019

0.4K

2020

0.3K

2021(E)

1.2K
EPS (USD)

2018

-0.930

2019

-1.220

2020

-1.470

2021(E)

-0.912
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.53
株価純資産倍率(四半期)
9.26
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
17.46
長期負債/資本(四半期)
5.40
投資利益率(過去12カ月)
-34.55
自己資本利益率(過去12カ月)
-27.94

最新ニュース

最新ニュース

焦点:新型肺炎、新薬開発の中国投資熱に冷や水

新型コロナウイルスの感染拡大が、中国で活発化していた新薬臨床試験の妨げになり始めた。中国が持つさまざまな潜在力を利用しようと、これまで数十億ドルを投資してきた世界的な大手製薬会社にも、誤算が生じかねない事態だ。

米アムジェン、今後10年は成長の25%がアジアから=CEO

米バイオ医薬品大手アムジェン<AMGN.O>のロバート・ブラッドウェー最高経営責任者(CEO)は13日、ロイターとのインタビューで、今後10年で販売の伸びのうち、アジア市場が最大25%を占めるようになるとの見通しを明らかにした。

コラム:中国の「富裕化・肥満化・老化」で稼ぐ世界的製薬企業

お金持ちになるのは嬉しいが、肥満と老化は避けたいものだ。しかし世界的な製薬企業にとっては3つそろうのが好ましく、急速に人口動態が変化する中国で順調に売り上げを伸ばしている。例えば米メルク<MRK.N>は第3・四半期の中国での売上高が前年同期比84%も伸びた。3つの要因に加え、製薬企業におおむね好意的な中国政府の政策方針も追い風となっており、少なくとも中国国内のライバル企業が台頭してくるまでこの潮流は続きそうだ。

米アムジェン、中国バイオ企業に27億ドル出資

米医薬品大手アムジェン<AMGN.O>は31日、中国のバイオテクノロジー会社、百済神州(ベイジーン)<6160.HK>の株式20.5%を現金約27億ドルで取得すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up