for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メタップス

6172.T

現在値

1,027.00JPY

変化

-52.00(-4.82%)

出来高

143,900

本日のレンジ

995.00

 - 

1,076.00

52週レンジ

375.00

 - 

1,209.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,079.00
始値
1,070.00
出来高
143,900
3か月平均出来高
3.63
高値
1,076.00
安値
995.00
52週高値
1,209.00
52週安値
375.00
発行済株式数
13.57
時価総額
13,933.22
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Metaps Inc Earnings Release

適時開示

その他

Metaps to integrate three marketing business related units to new unit

Metaps says change of chairman and president

Metaps to spin off business to set up new unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メタップスとは

メタップスグループは、マーケティング関連事業、ファイナンス関連事業およびその他の分野で事業活動を展開する。【事業内容】「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」のコーポレートミッションのもと、成長性の高いインターネット領域に経営資源を集中し事業を展開する。当該領域は、スマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末といったデバイスの普及に加え、Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどのソーシャルメディアの拡大、クラウドや人工知能(AI)の進化、ブロックチェーンといった新しいテクノロジーやサービスの出現により劇的な変化を続ける。これらの市場規模は世界的にも一層の拡大が見込まれ、関連事業を提供する。マーケティング関連事業においては、子会社を中心に、国内及び海外の顧客に対し、データを活用した一気通貫型のマーケティング支援サービスを提供し、特に中華圏企業の対日プロモーションを強みとする。ファイナンス関連事業においては、国内子会社を中心に、日本国内のEC事業者向けの決済代行サービスを展開するとともに、韓国子会社を中心に電子マネー、暗号資産交換所、ブロックチェーンゲームの開発など、新規サービスの開発に積極的に取り組む。

業種

Software & Programming

連絡先

+81.3.64594670

https://metaps.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Katsuaki Sato

Chairman of the Board, Representative Director

Yuichiro Yamazaki

President, Representative Director

Noriaki Hisano

Executive Director

Richard Zheng

Executive Officer

Yoichi Wada

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.52
株価純資産倍率(四半期)
2.36
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
33.63
長期負債/資本(四半期)
24.78
投資利益率(過去12カ月)
-60.76
自己資本利益率(過去12カ月)
-23.57

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、抵抗線で止まり2万4000円の重さを再確認

<15:35> 日経平均・日足は「短陽線」、抵抗線で止まり2万4000円の重さを再確認 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「短陽線」。前日までの勢いを持続して上値を追ったが、今回 引いた足は実体、ヒゲともに短い「コマ」となり気迷いを示している。昨年12月17日の高値(2万40 91円12銭)と同27日の高値(2万3967円18銭)を結んだ上値抵抗線付近で止まったことから、 戻りの正念場にきたと言えよう。強い基調には変わりがないものの、2万4000円は重いと再確認する格 好となった。 12月17日高値まで一気にトライすることになれば、一段...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人投資家の買いが継続

<15:14> 新興株市場は堅調、個人投資家の買いが継続  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。個人投資家による値動き のいい小型株への物色が続いている。一部で機関投資家の買いが入っているという観測も出ていた。 マザーズ市場では、フィードフォース 、メタップス がストップ高比例配分。セルソ ース 、ヘリオス 、バルテス なども続伸した。半面、フロンティア・マネジメント 、サイバー・バズ 、エヌ・ピー・シー などは売られた。 ジャスダック市場では、ドーン やニューテック がストップ高比例配分だった。ソレキ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る

<15:36> 日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。投資家の気迷い心理が反映される中、200日移動平均線(2万158 3円50銭=16日)を下回って取引を終えた。 200日移動平均線、5日移動平均線(2万1592円66銭=同)、10日移動平均線(2万163 3円89銭=同)などが収束してきており、今後、上下いずれかの方向に振れる可能性がある。ただ、20 0日線が右肩下がりのうちは下方向への圧力がかかりやすいという。 <15:06> マザーズ指数は3日ぶり反発、SOSEIは一時ストップ高 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場でマザーズは3日ぶり反発、SOSEIは一時ストップ高

<15:06> マザーズ指数は3日ぶり反発、SOSEIは一時ストップ高 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は3日ぶり反発となった。市 場からは「材料が出た個別銘柄は物色されているが、全体的に元気がない。個人投資家の心理も悪化してい る」(ネット系証券)との声が出ていた。 個別銘柄ではそーせいグループ が一時ストップ高となり年初来高値を更新。スイスの製薬大手 ロシュのグループ企業、ジェネンテックと共同研究などで提携したと発表したことが材料視された。このほ かロゼッタ が一時ストップ高。メタップス 、UUUM...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線が上値圧迫

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線が上値圧迫 日経平均・日足は「小陰線」。前日に続き下降中の25日移動平均線(2万0609 円67銭=17日)が上値を圧迫した。「並び黒」と呼ばれる連続陰線を形成し、売り圧 力の強さを示している。下値は5日移動平均線(2万0384円76銭=同)がサポート しているものの、上値の重さを意識させる形状となっている。東証1部売買代金は2兆円 割れとエネルギー不足も鮮明になった。2万円付近で再度下値を固める必要がありそうだ 。 <15:33> 新興株市場は4日続伸、個人の売買が活発 新興株市場では...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は4日続伸、個人の売買が活発

<15:33> 新興株市場は4日続伸、個人の売買が活発 新興株市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がいずれも4日続伸した。 マザーズ市場の売買代金は1284億円と活況だった。市場では「東証1部の主力株に膠 着感があり、値動きの良い新興株に個人の資金が流れている」(国内証券)との声が出て いた。個別銘柄ではリファインバース 、エコモット が買われ、ヒーハイ スト精工 も高い。半面、ウエストホールディングス が安く、メタップス 、大田花き もさえない。 <14:07> 日経平均とTOPIXで明暗、日銀ETF買いの比率変更の思惑も...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、連日の200日線割れは回避

<15:44> 日経平均・日足は「中陽線」、連日の200日線割れは回避 日経平均・日足は上ヒゲのない「中陽線」。終値は200日移動平均線(2万250 3円26銭=16日)を2営業日ぶりに上回った。日足・一目均衡表の雲領域の上限と下 限のレンジ内(2万2247円56銭─2万2583円07銭)での値動きとなった。雲 領域を下抜けた場合は2万2000円での攻防が視野に入る。逆に雲領域を明確に上回っ た際には、5日移動平均線(2万2722円42銭=同)が目先の上値のめどとして意識 されそうだ。 <15:25> 新興株は小反発、ジャスダックは高値引...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は小反発、ジャスダックは高値引け

<15:25> 新興株は小反発、ジャスダックは高値引け 新興株式市場では、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が小反発。ジャスダッ クは高値引けとなった。ただ市場では「外部環境の不透明感が続き、再び相場に波乱が起 こるリスクが意識された」(中堅証券)との声が出ており、積極的に買い向かう動きは限 定的だったようだ。 個別銘柄ではシンバイオ製薬 、RPAホールディングス が急伸。 そーせいグループ 、メタップス がしっかり。メルカリ が軟調。 ティーケーピー 、ベクター が大幅安となった。 <14:28> 日経平均は一時200円超す上げ、...

ホットストック:QRコード関連が堅調、政府の決済電子化支援報道で

QRコード関連銘柄が堅調。メディアシークは買い気配。ビリングシステムは一時7%超の上昇となっている。政府が決済の電子化(キャッシュレス化)を進める方針が報じられており、関連銘柄に広く買いが入っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、マド埋め可否注視 短期過熱感も

<15:22> 日経平均・日足は「小陽線」、マド埋め可否注視 短期過熱感も 日経平均・日脚は「小陽線」。上ヒゲはやや長く、戻り売り圧力を示している。短期 のRSI(相対力指数)などオシレーター系指標や、125%台を付けた騰落レシオ(東 証1部、25日平均)などを通じ、短期的な過熱感の高まりも意識されている。2月2日 ─5日のマド(2万2967円69銭─2万3122円45銭)を埋められるかが目先の 注目点となるが、過熱感を冷ます日柄調整の局面が続く可能性もある。下落局面では5日 移動平均線(2万2861円27銭=21日終値)近辺が意識されそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズは直近戻り高値を上抜け

<15:16> 新興株市場はしっかり、マザーズは直近戻り高値を上抜け 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は3日続伸した 。マザーズの上昇率は1.40%。5月8日の戻り高値を上抜け、終値は4月10日以来 の高値を付けた。市場では「決算発表を受け派手に動いた銘柄があったが、こうした動き が一巡した。新興市場に対してはボラティリティーを求める個人投資家の資金が戻ってき た印象もある」(銀行系証券)との声が出ていた。 個別銘柄ではALBERT 、チヨダウーテ が大幅高。ハーモニック ・ドライブ・システムズ が底堅く、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が下値支持

<16:08> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が下値支持 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「小陽線」となった。安寄りしたものの、25日移動 平均線(2万1678円92銭=15日)が下値支持線として機能した。同平均線の方向 性も上向きに転じている。終値は5日移動平均線(2万1768円51銭=同)も上回っ た状態を維持し、チャート形状は改善している。だが、15日の東証1部売買代金は今年 最低を記録した。エネルギーを伴わない上昇であり、短期的な自律反発で終了することも 否定できない。2月14日安値(2万0950円15銭)と3月5日安値(2万...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、IPOの神戸天然物化学は好スタート

<15:30> 新興株はまちまち、IPOの神戸天然物化学は好スタート 新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反落。東証マザーズ指数は3日続 伸となった。「相場の底入れムードに加え、本格的なIPOシーズンに入り、良好な資金 の回転が期待されている」(国内証券)という。個別銘柄では富士山マガジンサービス<3 138.T>がストップ高。メタップス 、ASJ も買われた。半面、日本フォ ームサービス が安く、バリューゴルフ もさえない。きょうマザーズ市場 に新規上場した神戸天然物化学 は公開価格を56.6%上回る3665円で初値 形成。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は上昇一服、ジャスダックは9日続伸でも勢い鈍る

<15:30> 新興株市場は上昇一服、ジャスダックは9日続伸でも勢い鈍る 新興株式市場は上昇一服。日経ジャスダック平均は9日続伸、東証マザーズ指数は3 日ぶり反落となった。ジャスダックは上昇したものの前日比率は0.05%にとどまって おり、「上昇の勢い鈍化が意識される」(国内証券)との声があった。 上昇率上位はアイレックス 、ネクストジェン 、メディアシーク<482 4.T>など。下落率上位には歯愛メディカル 、共同ピーアール 、ALBE RT などが並んだ。 <14:22> 日経平均はもみ合い、FRB議長証言を前に持ち高調整も 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、パラボリックが陽転

日経平均・日足は上ヒゲがほとんどない「小陽線」。終値は一目均衡表の転換線(2万1652円01銭=19日)を上回った。同線の回復は1月24日以来。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は88%台に上昇したものの、パラボリックが陽転するなど底入れの兆候がうかがえる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ3%超高 個人のマインド改善

新興株式市場で日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は3日続伸した。マザーズの上昇率は3%を超えた。「直近では1日で10%ほど下落する銘柄があった。日経平均が2万2000円を超えたことで、急落で萎縮した個人投資家のマインドもやや改善した」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、リバウンドが継続

<15:40> 日経平均・日足は「小陽線」、リバウンドが継続 日経平均・日足は「小陽線」。久々の連続陽線となり、2月14日安値(2万095 0円15銭)を底値とするリバウンド相場が継続している。騰落レシオ(東証1部、25 日平均)は78%台と、引き続き売られ過ぎの目安となる80%を下回っている。短期的 には一段のリバウンド余地を残している。当面の上値は2万2000円の心理的節目と、 1月23日高値(2万4129円34銭)から2月14日安値(2万0950円15銭) までの下げ幅に対するフィボナッチ比率38.2%戻しとなる2万2164円60...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は続伸、好業績株が買われる

<15:12> 新興株式市場は続伸、好業績株が買われる 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに続伸し た。市場では「個人の心理が復元しつつあり、好業績株を中心に買いが入った」(国内証 券)という。メタップス 、グローバル・リンク・マネジメント が高く、 アエリア 、セルシード も買われた。半面、CYBERDYNE 、サンバイオ が安く、ウルトラファブリックス・ホールディングス 、シ ステム ディ も軟調だった。 <14:30> 日経平均は堅調もみ合い、円高でも売り圧力低下 日経平均は堅調もみ合い。2万1700...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、バンドウォークが継続

<15:57> 日経平均・日足は「小陽線」、バンドウォークが継続 日経平均・日足は「小陽線」となった。高値引けとなったことで形状は「陽の大引け 坊主」となり、先高期待を示す足となった。ボリンジャーバンドのプラス2シグマ(2万 1776円22銭=24日終値)に沿う形でバンドウォークを続けている。 25日移動平均線(2万0804円25銭=同)との上方かい離率は4.8%と、買 われ過ぎの目安となる5%に接近。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は128%台と 、こちらも買われ過ぎの130%に近づいている。 短期的な過熱感をにらみながら、心理的節目...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、銀行株の上昇で個人投資家は改善

<15:41> 新興株はまちまち、銀行株の上昇で個人投資家は改善 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が続伸し新高値を付けた。一方、東証マザ ーズ指数は小反落した。「東証1部で銀行株が強含み、個人投資家のマインドの改善につ ながった」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄ではオートウェーブ 、ウォ ンテッドリー が急伸。メタップス 、旭化学工業 が大幅安となっ た。 <14:16> 日経平均は上げ幅拡大、安川電機の下落に全体相場は反応薄 日経平均は上げ幅拡大。日中高値を更新し、一時2万1700円台後半まで強含んだ 。決算発表の先駆けとなった...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up