for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ベルシステム24ホールディングス

6183.T

現在値

1,364.00JPY

変化

-21.00(-1.52%)

出来高

125,600

本日のレンジ

1,356.00

 - 

1,394.00

52週レンジ

1,195.00

 - 

1,833.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,385.00
始値
1,385.00
出来高
125,600
3か月平均出来高
4.10
高値
1,394.00
安値
1,356.00
52週高値
1,833.00
52週安値
1,195.00
発行済株式数
73.56
時価総額
102,096.30
予想PER
11.04
配当利回り
3.90

次のエベント

Q1 2023 BELLSYSTEM24 Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Toppan Printing Will Pay 15 Bln Yen For Stake In Bellsystem24 Holdings- Nikkei‍​

BELLSYSTEM24 Holdings says business and capital alliance with Toppan Printing

Bellsystem24 Holdings to issue year-end dividend for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ベルシステム24ホールディングスとは

ベルシステム24ホールディングスは、コンタクトセンター業務を中心とする顧客関係管理(CRM)事業を主たる事業とし、全国及び海外で事業を行う。【事業内容】2つのセグメントで構成される。CRM事業は、電話を主なコミュニケーションチャネルとする従来型のインバウンドアウトバウンドコールの業務に加え、ウェブ(WEB)やソーシャルメディア等の情報技術(IT)技術を駆使したクライアント企業のカスタマーサポート業務、クライアント企業のセールスサポート業務及びクライアント企業のテクニカルサポート業務、並びにクライアント企業のWEB制作、データ入力作業等のビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)業務を行う。その他事業は、モバイル・パーソナルコンピュータ(PC)等を通じ、一般消費者向けの月額課金によるコンテンツ販売や、事業者向けに気象予報コンテンツの販売、並びに総務業務及び事務代行の受託を行う。

業種

Business Services

連絡先

6F

Kamiyacho Trust Tower, 4-1-1, Toranomon

MINATO-KU, TKY

105-6906

Japan

+81.3.68430024

https://www.bell24hd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shunsuke Noda

Executive President, Chief Executive Officer, Executive President of Subsidiary, Representative Director

Masaaki Obayashi

Executive Officer, Chief Financial Officer

Noriyuki Hayata

Executive Vice President, Director of Human Resources Development, Director

Shinsuke Kageyama

Executive Officer, Chief Technology Officer, Chief Information Officer

Toyohisa Tsuji

Managing Executive Officer, Director

統計

2.00 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

95.290

2021

98.640

2022

121.650

2023(E)

123.600
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.47
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.70
株価純資産倍率(四半期)
1.73
株価キャッシュフロー倍率
5.87
総負債/総資本(四半期)
156.15
長期負債/資本(四半期)
82.29
投資利益率(過去12カ月)
7.81
自己資本利益率(過去12カ月)
5.20

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は75日線を下回る

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は75日線を下回る 日経平均・日足はわずかな上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は 前営業日比437円68銭安の2万7350円30銭。75日移動平均線(2万7425 円04銭=6日)を下回ったほか、一目均衡表の雲上限(2万7581円90銭=同)も 下抜けており、下値リスクを大きくしている。 <15:45> 新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調 新興株市場では、東証マザーズ指数が7日ぶりに反落した。プライム市場の軟調な流 れに連れ安した。市場では「新興株はこのところ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調

<15:45> 新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調 新興株市場では、東証マザーズ指数が7日ぶりに反落した。プライム市場の軟調な流 れに連れ安した。市場では「新興株はこのところ急速に回復基調が続いていたため、いっ たん利益確定売りが広がったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.10%安。個別では、メルカリ、ビジョナル 、そーせいグループ、フリーが総じて軟調。ウェルスナビ <73 42.T>、JTOWERは買われた。 <13:35> 後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず

<13:35> 後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず 後場の日経平均は前場レンジ(2万7214円─2万7549円)内で小動きで、上 下の値幅は約83円にとどまっている。時間外取引での米株先物がマイナス圏を推移する 中、休日明けのアジア株もさえない動きで、日経平均の重しとなっている。 市場では「押し目買いで指数は下げ止まっているが、米金融引き締め懸念やウクライ ナ情勢に対する警戒感が再び高まっており、上値は追えない」(国内証券)との声が聞か れる。 午後1時30分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆6605億4900...

午前の日経平均は急反落、米国株安を嫌気 下値の目安下回る

6日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比525円93銭安の2万7262円05銭と、急反落した。米国株式市場の下落を受けたほか、ロシアへの追加制裁に対する懸念などから市場センチメントが悪化した。日経平均は、下値の目安として意識されていた3月22日と同23日に空けたマドの下限値(2万7284円47銭)を下回り、テクニカル面でも下値リスクを大きくしている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあう、前日比400円を超す下落

<10:35> 日経平均は安値圏でもみあう、前日比400円を超す下落 日経平均は安値圏でもみあっている。前日の米国株式市場でグロース株中心に下落し たことを受け、日本株も指数寄与度が高い半導体関連株などを中心にさえない展開。前日 比で400円を超す下げとなった。 市場では「ウクライナ情勢でEUがロシアに対して追加制裁を課し、その影響が懸念 されている」(国内証券)との声が聞かれる。 <09:05> 日経平均は反落スタート、米株軟調で売り優勢 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比254円10銭安の2万7533 円88銭と、反落して...

寄り付きの日経平均は反落スタート、米株軟調で売り優勢

  寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比254円10銭安の2万7533円88銭と、反落してスタート。前日の米国株式市場が軟調な展開となったことを受け、全般的に売り優勢で始まった。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、新晃工業が買い優勢 ビジ太昭は売り優勢

<08:45> 寄り前の板状況、新晃工業が買い優勢 ビジ太昭は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 新晃工業 23% 2,114 2,114 2,114 1,714 2 進和 18% 2,300 2,299 2,300 1,956 3 ピアラ 17% 1,032 1,032 1,032 882 4 三浦工業 9% 3,300 3,300 3,300 3,015 5 コスモエネルギーHLDG <5021...

ホットストック:ベル24HDは軟調、高寄り後に利益確定売り 3─8月期営業益12%増

ベルシステム24ホールディングスは軟調。7日、2020年3─8月期の連結営業利益(IFRS)が前年比12.6%増の66億2300万円だったと発表。続伸して始まったが、その後は利益確定売りに押され、マイナス圏に沈んでいる。

ホットストック:ベル24HDは大幅高、3─5月期の増収増益を好感

ベルシステム24ホールディングスは大幅高。午前10時12分現在、東証1部で値上がり率1位となっている。8日発表した2020年3─5月期の連結業績(IFRS)が増収増益となったことがポジティブサプライズと受け止められている。

家賃支援給付金、14日から申請受付開始=梶山経産相

梶山弘志経済産業相は7日の閣議後会見で、第2次補正予算に盛り込まれた家賃支援給付金について、14日から申請の受付を開始すると述べた。7日に申請手順や必要書類等が分かる申請要領を公表する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up