for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cansino Biologics Inc

6185.HK

現在値

153.50HKD

変化

-12.10(-7.31%)

出来高

2,275,499

本日のレンジ

152.20

 - 

164.50

52週レンジ

35.00

 - 

285.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
165.60
始値
163.20
出来高
2,275,499
3か月平均出来高
33.14
高値
164.50
安値
152.20
52週高値
285.80
52週安値
35.00
発行済株式数
264.17
時価総額
73,990.19
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Cansino Biologics Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Cansino Biologics' 9-Month Net Loss Widens To 175.9 Mln Yuan

Solution Group Says Unit Signed Commercialisation Agreement With Cansino Biologics

Cansino Biologics Initiated Enrollment Of Phase III Clinical Trial For Ad5-nCoV In Russia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cansino Biologics Incとは

カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物股分公司)は、中国の臨床段階のワクチン会社である。【事業内容】製品には、エボラウイルスに使用されるAd5-EBOVワクチン、髄膜炎菌に使用されるMCV2及びMCV4ワクチン、肺炎球菌に使用されるPBPVワクチン、及び組換え新規コロナウイルスワクチンが含まれる。製品は主に髄膜炎、百日咳ジフテリア(DPT)及び肺炎に使用される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

+86.22.58213600

http://www.cansinotech.com.cn/

エグゼクティブリーダーシップ

Xuefeng Yu

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer, General Manager

Shou Bai Chao

Chief Operating Officer, Deputy General Manager, Executive Director

Dongxu Qiu

Senior Vice President, Deputy General Manager, Executive Director

Huihua Mao

Senior Vice President, Deputy General Manager

Zhu Tao

Chief Scientific Officer, Deputy General Manager, Executive Director

統計

2.00 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2019

0.0K

2020(E)

0.3K
EPS (CNY)

2019

-0.770

2020(E)

-0.911
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
23.19
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
11.22
長期負債/資本(四半期)
8.36
投資利益率(過去12カ月)
-11.44
自己資本利益率(過去12カ月)
-10.63

最新ニュース

最新ニュース

シノファーム、開発中のコロナワクチンを留学生に無償提供=米紙

中国国営の中国医薬集団総公司(シノファーム)<1099.HK>傘下の中国生物技術(CNBG)が、開発中の新型コロナウイルスワクチンを海外の高等教育機関に留学する中国人学生に無償提供する方針。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

中国、国産ワクチンのWHO緊急使用時リスト入りで協議中

世界保健機関(WHO)の幹部は6日、中国が国産のCOVID─19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンをWHOの緊急時使用リストに加えることについて、WHOと協議していることを明らかにした。

中国カンシノの新型コロナワクチン、2倍量投与の治験開始へ

中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)と軍研究所が共同開発を進めている新型コロナウイルスワクチン候補「Ad5─nCOV」について、2倍量を投与する治験を開始することがわかった。

焦点:中国、治験完了前のコロナワクチンを数万人に接種

中国は新型コロナウイルスのワクチン開発で、臨床試験(治験)が完了していない段階で市民数万人に緊急接種する方法を採用している。供給を確保したい外国からも関心が寄せられているが、専門家の間では安全性を懸念する声が出ている。

中国カンシノ、コロナワクチン有効性巡る専門家の疑問に反論

中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK><688185.SS>は9日、新型コロナウイルスワクチン候補に関する専門家の意見について、十分な治験データもないのに「やみくもに」従うべきでないと指摘した。

アングル:「普通の風邪」ベース、中ロのコロナワクチンに不安

中国とロシアでそれぞれ開発されて世界に広く知られるようになった新型コロナウイルスのワクチンには1つの共通項が存在する。不十分な効果しか得られない可能性だ。どちらの国のワクチンも、ごく普通の風邪のウイルスをベースに作成されている。多くの人が感染した可能性のあるワクチンだ。これが効果を限定的にしてしまう恐れがあると専門家は指摘する。

加、J&J・ノババックスとワクチン供給で大筋合意 1億回分超

カナダのトルドー首相は31日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とノババックス<NVAX.O>両社と、開発中の新型コロナウイルスワクチン1億回分超の供給を巡り大筋合意したと明らかにした。

中国、シノバックのコロナワクチン候補に緊急使用許可=関係筋

関係筋によると、中国で医療関係者など新型コロナウイルスの感染リスクが高い人を対象にしたプログラムの一環として、同国のバイオ医薬品シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)<SVA.O>のワクチン候補「コロナバック」の緊急使用が承認された。

米J&J、チリやペルーなどでもコロナワクチン治験実施

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>は26日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、第3相臨床試験(治験)を実施する国に南米のチリとペルー、アルゼンチンを加えたと明らかにした。

カナダ、中国カンシノとのコロナワクチン提携打ち切り

カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は26日、中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>との新型コロナウイルスワクチンを巡る提携を打ち切ったと発表した。カンシノにはワクチン候補をカナダに移送する権限がないと判断したことが理由としている。

米J&J、チリとペルーでもコロナワクチン治験実施

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、第3相臨床試験(治験)を実施する国に南米のチリとペルーを加えたことが分かった。

中国・香港株式市場・前場=続伸、コロナワクチン巡る動きでヘルスケア好調

香港株式市場も続伸して前場の取引を終えた。 ハンセン指数前場終値は38.46ポイント(0.15%)高の2万5385 .80。 ハンセン中国企業株指数(H株指数) 前場終値は54.31ポイント(0. 52%)高の1万0440.21。 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

ロシア、中国カンシノのコロナワクチン後期治験開始

ロシアの製薬会社ペトロバックスは、中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK><688185.SS>が開発している新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)を開始した。

中国カンシノ、新型コロナワクチンで国内初の特許取得=人民日報

中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>は、新型コロナウイルスワクチン候補「Ad5─nCOV」の特許を中国当局から取得した。人民日報が、知財当局の文書を引用して16日に伝えた。中国での新型コロナワクチン関連の特許第1号となる。

コラム:加速するワクチン開発、残る多くの疑問点

アストラゼネカ<AZN.L>、ファイザー<PFE.N>などの製薬企業グループが、新型コロナウイルスに対するワクチンについて規制当局からの承認を得られる日も近いかもしれない。米連邦議会予算局の試算によれば、今回のパンデミックによって生じるコストは米国だけでも約8兆ドル(約855兆円)とされているが、ワクチン開発が成功すれば危機の緩和も見えてくる。

中国シノファームの新型コロナワクチン、臨床試験で免疫反応=論文

中国国営の中国医薬集団総公司(シノファーム)<1099.HK>が開発中の新型コロナウイルスワクチン候補の初期および中期臨床試験で、安全性が証明されるとともに、抗体形成による免疫反応が確認された。シノファームや中国の疾病対策担当の科学者らが執筆した論文が、米学術誌ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション (JAMA)に掲載された。

米・中国企業開発のコロナワクチン、メキシコが後期臨床試験へ

メキシコ政府は11日、米国と中国の企業がそれぞれ開発中のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンの後期臨床試験(治験)を実施すると発表した。また、最終的に国内でも製造する可能性があると明らかにした。

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験へ

メキシコ外務省は11日、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)や中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)、雲南沃森生物技術が開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンの後期臨床試験(治験)を実施すると発表した。

コロナワクチンの治験期間、半年に短縮可能 データ次第=WHO

世界保健機関(WHO)の主任科学者、ソミヤ・スワミナサン氏は24日、新型コロナウイルスワクチンの開発について、当局の承認を得る上で十分なデータがそろっていれば、通常1年はかかる臨床試験(治験)を半年に短縮することは可能という考えを示した。

中国シノファーム、コロナワクチン試験が年内完了も=報道

中国国営メディアは23日、中国医薬集団(シノファーム)が開発する新型コロナウイルスのワクチン候補について、今年末までに一般利用に向けた準備が整う可能性があると報じた。これまで利用可能になるのは2021年とみられていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up