for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cansino Biologics Inc

6185.HK

現在値

160.00HKD

変化

6.70(+4.37%)

出来高

2,078,371

本日のレンジ

158.70

 - 

172.80

52週レンジ

149.20

 - 

450.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
153.30
始値
167.80
出来高
2,078,371
3か月平均出来高
21.39
高値
172.80
安値
158.70
52週高値
450.00
52週安値
149.20
発行済株式数
264.17
時価総額
57,588.91
予想PER
9.81
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 CanSino Biologics Inc Earnings Release

適時開示

その他

Solution Group Gets Health Ministry Approval For Private Sales Of Cansino's COVID-19 Vaccine

The Capital Group Companies Inc's Long Position In Cansino Biologics Falls To 21.69% - HKEX Filing

JPM's Long Position In CanSino Biologics Rises To 9.72% - HKEx Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cansino Biologics Incとは

カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物股分公司)は、中国の臨床段階のワクチン会社である。【事業内容】製品には、エボラウイルスに使用されるAd5-EBOVワクチン、髄膜炎菌に使用されるMCV2及びMCV4ワクチン、肺炎球菌に使用されるPBPVワクチン、及び組換え新規コロナウイルスワクチンが含まれる。製品は主に髄膜炎、百日咳ジフテリア(DPT)及び肺炎に使用される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

+86.22.58213766

http://www.cansinotech.com.cn/

エグゼクティブリーダーシップ

Xuefeng Yu

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer, General Manager

Luo Xi

Chief Financial Officer

Shou Bai Chao

Chief Operating Officer, Deputy General Manager, Executive Director

Dongxu Qiu

Executive Vice President, Deputy General Manager, Executive Director

Huihua Mao

Executive Vice President, Deputy General Manager

統計

1.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021(E)

9.3K
EPS (CNY)

2019

-0.770

2020

-1.720

2021(E)

14.857
株価売上高倍率(過去12カ月)
49.12
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.68
株価純資産倍率(四半期)
4.43
株価キャッシュフロー倍率
68.43
総負債/総資本(四半期)
21.26
長期負債/資本(四半期)
3.45
投資利益率(過去12カ月)
14.32
自己資本利益率(過去12カ月)
10.75

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(8日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [8日 ロイター] - 中国株式市場は反発して取引を終えた。力強い輸出統計で景 気懸念が和らぐ中、観光株と新エネルギー株がけん引した。 中国税関総署が7日発表した10月の貿易統計は、輸出(ドル建て)の伸びが前年同 月比27.1%と前月から縮小したものの、市場予想を上回った。年末商戦に向けた世界 的な需要の高まりや電力不足の緩和、供給網混乱の改善などが寄与した。 上海保銀投資管理(ピンポイント・アセット・マネジメント)のチーフエコノミスト 、張智威氏は「輸出が景気減速を緩和するバッファーとなっているが...

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国反発、輸出堅調で景気懸念和らぐ 香港続落

(香港株式市場のリポートを追加します) [上海 8日 ロイター] - 中国株式市場は反発して取引を終えた。力強い輸出統 計で景気懸念が和らぐ中、観光株と新エネルギー株がけん引した。 上海総合指数終値は7.0631ポイント(0.20%)高の3498.6 308。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は5.834ポイント(0.12%)高の4848.180。 中国税関総署が7日発表した10月の貿易統計は、輸出(ドル建て)の伸びが前年同 月比27.1%と前月から縮小したものの、市場予想を上回った。年末商戦...

中国・香港株式市場・前場=上海株が小幅高、貿易統計受け 香港下落

上海株式市場は小幅高で前場を終えた。観光・新エネ ルギー関連銘柄が上昇を主導した。 中国税関総署が7日発表した10月の貿易統計は、輸出(ドル建て)の伸びが前年同 月比27.1%と前月から縮小したものの、市場予想を上回った。年末商戦に向けた世界 的な需要の高まりや電力不足の緩和、供給網混乱の改善などが寄与した。 上海総合指数前場終値は3.4727ポイント(0.10%)高の3495 .0404。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 前場終値は2.203ポイント(0.05%)安の4840.143。 香港株式市場...

ワクチン種類による渡航規制、差別につながる=PAHO幹部

世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のバルボサ副事務局長は20日、各国は差別回避とビジネス円滑化のため、新型コロナウイルスワクチンの種類を問わず接種者を受け入れるよう呼び掛けた。

アジア株式市場サマリー:引け(12日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [12日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。米インフレ統計が弱 い内容だったことを受け、連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化を始めるとの懸 念が一時的に弱まった。 中国株式市場は下落して終了した。前日発表された融資統計が予想より弱く、流動性 を巡る懸念が投資家心理を圧迫した。 生活必需品株の下げが目立ち1.8%安となった。 保険株は1.5%安。規制当局はオンライン保険会社に対する監視を強 化する方針。 ヘルスケア関連株は1.5%安。欧州連合(EU)の医薬品規制当局は1 1日、メッセンジャー...

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=下落、低調な中国融資統計受け

(香港株式市況を追加しました) [12日 ロイター] - 中国株式市場は下落して終了した。前日発表された融資統 計が予想より弱く、流動性を巡る懸念が投資家心理を圧迫した。 上海総合指数終値は7.8839ポイント(0.22%)安の3524.7 374。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は41.990ポイント(0.84%)安の4973.351。 生活必需品株の下げが目立ち1.8%安となった。 保険株は1.5%安。規制当局はオンライン保険会社に対する監視を強 化する方針。 ヘルスケア関連株は1...

中国カンシノ、スプートニクVとの混合接種で治験実施の見通し

中国の康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)の幹部は29日、自社の新型コロナウイルスワクチンとロシア製の「スプートニクV」の混合接種を行う臨床試験(治験)を早ければ来月にも開始する可能性があると明らかにした。

中国カンシノがブラジル提携先と関係解消、ワクチン申請取り消し

ブラジルの保健規制当局アンビサは、中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)が開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可(EUA)申請を取り消した。カンシノがブラジルの提携先との関係を解消したことを受けた措置。

チリ、コロナワクチンの3回目接種を模索 変異株の追加免疫で

チリのピニェラ大統領は22日、新型コロナウイルスワクチンについて、3回目のブースター(追加免疫)接種の可能性を検討していると明らかにした。同国では、現在の感染の波に対応する中で、中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)が開発し同国で広く使用されたワクチンについて、より感染力の強い変異株に対する有効性を疑問視する声が高まっている。

チリ首都に都市封鎖再導入、ワクチン接種進展でも感染拡大

チリ政府は10日、首都サンティアゴの全域にロックダウン(都市封鎖)を再導入すると発表した。

WHO、シノバック製ワクチンを緊急使用登録 中国2例目

世界保健機関(WHO)は1日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の新型コロナウイルスワクチンを緊急時使用リストに登録した。同リスト登録のコロナワクチンとしては8例目、中国製ワクチンとしては中国医薬集団(シノファーム)に続き2例目となる。

メキシコ、中国初のmRNAコロナワクチンで後期治験へ=外相

メキシコのエブラルド外相は11日、同国は今月、中国の雲南沃森生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(第3段階)に入ると明らかにした。

EU、コロナワクチン特許放棄の検討支持 製薬業は必要性を疑問視

欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン委員長は6日、米国が支持を表明した新型コロナウイルスワクチン特許権の一時放棄について検討に前向きな考えを示した。ただ、製薬会社や一部の国々からは世界的なワクチン不足の解消にはつながらないとの声が上がっている。

焦点:チリがワクチン戦略変更、有効性踏まえ2回目接種を優先

チリが新型コロナウイルスワクチンの接種について、1回目の接種ペースを落として2回目を優先する戦略に切り替えている。供給不足への懸念に加え、接種戦略の柱となっている中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)製ワクチンを1回接種しても有効性が乏しいとのデータが示されたためだ。

中国・南京でコロナワクチン併用試験、カンシノと智飛竜科馬が開発

中国江蘇省の南京市で、国内企業のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)と重慶智飛生物製品傘下の安徽智飛竜科馬生物製薬がそれぞれ開発した新型コロナウイルスワクチンの併用試験が行われている。米国立衛生研究所(NHI)傘下部門が運営する治験登録サイトClinicalTrials.govで分かった。

コロナワクチン、接種後の血栓報告ない=中国カンシノ

中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は14日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンの接種後に血栓が生じる事例は報告されていないと明らかにした。

米政権、州に割当のワクチン配布量変更せず ミシガン州は増量要請

米ホワイトハウスは12日、新型コロナウイルスの感染状況が深刻化しているミシガン州に検査や治療薬などの追加配布を行う用意があるとしつつも、同州が要請するワクチンの配布増量については確約しなかった。

中国カンシノのコロナワクチン、時間経過で有効性低下の可能性

中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンについて、時間が経過すると有効性が低下する可能性があるとの見方を示した。

中国シノファーム、追加接種の要否は治験結果見て判断へ=幹部

中国医薬集団(シノファーム)は2回接種とされている同社の新型コロナウイルスワクチンに関し、予防効果を高めるために3回目の接種が必要かどうかは海外で行われている第3相臨床試験(治験)の結果を見てから判断する。系列会社の幹部が28日、明らかにした。

中国医薬品当局、麗珠医薬集団子会社のワクチン臨床試験承認

中国の医薬品当局は、製薬会社、麗珠医薬集団の子会社が開発した新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を承認した。麗珠医薬集団が23日に発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up