for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cansino Biologics Inc

6185.HK

現在値

303.40HKD

変化

-7.00(-2.26%)

出来高

1,740,341

本日のレンジ

300.00

 - 

327.60

52週レンジ

141.10

 - 

450.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
310.40
始値
323.00
出来高
1,740,341
3か月平均出来高
32.16
高値
327.60
安値
300.00
52週高値
450.00
52週安値
141.10
発行済株式数
264.17
時価総額
120,399.50
予想PER
13.54
配当利回り
--

次のエベント

CanSino Biologics Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

CanSino Says Co's COVID-19 Vaccine Approved For Emergency Use In Chile

CanSino Biologics FY Loss & Total Comprehensive Loss RMB396.6 Mln

CanSino Biologics Says NMPA Approved Clinical Trial Application For COVID-19 Vaccine For Inhalation

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cansino Biologics Incとは

カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物股分公司)は、中国の臨床段階のワクチン会社である。【事業内容】製品には、エボラウイルスに使用されるAd5-EBOVワクチン、髄膜炎菌に使用されるMCV2及びMCV4ワクチン、肺炎球菌に使用されるPBPVワクチン、及び組換え新規コロナウイルスワクチンが含まれる。製品は主に髄膜炎、百日咳ジフテリア(DPT)及び肺炎に使用される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

+86.22.58213766

http://www.cansinotech.com.cn/

エグゼクティブリーダーシップ

Xuefeng Yu

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer, General Manager

Jing Wang

Chief Financial Officer, Secretary of the Board

Shou Bai Chao

Chief Operating Officer, Deputy General Manager, Executive Director

Dongxu Qiu

Senior Vice President, Deputy General Manager, Executive Director

Huihua Mao

Senior Vice President, Deputy General Manager

統計

1.67 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021(E)

18.2K
EPS (CNY)

2019

-0.770

2020

-1.720

2021(E)

26.943
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
5,410.25
株価純資産倍率(四半期)
12.40
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
2.35
長期負債/資本(四半期)
1.54
投資利益率(過去12カ月)
-9.92
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.30

最新ニュース

最新ニュース

EU、コロナワクチン特許放棄の検討支持 製薬業は必要性を疑問視

欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン委員長は6日、米国が支持を表明した新型コロナウイルスワクチン特許権の一時放棄について検討に前向きな考えを示した。ただ、製薬会社や一部の国々からは世界的なワクチン不足の解消にはつながらないとの声が上がっている。

焦点:チリがワクチン戦略変更、有効性踏まえ2回目接種を優先

チリが新型コロナウイルスワクチンの接種について、1回目の接種ペースを落として2回目を優先する戦略に切り替えている。供給不足への懸念に加え、接種戦略の柱となっている中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)製ワクチンを1回接種しても有効性が乏しいとのデータが示されたためだ。

中国・南京でコロナワクチン併用試験、カンシノと智飛竜科馬が開発

中国江蘇省の南京市で、国内企業のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)と重慶智飛生物製品傘下の安徽智飛竜科馬生物製薬がそれぞれ開発した新型コロナウイルスワクチンの併用試験が行われている。米国立衛生研究所(NHI)傘下部門が運営する治験登録サイトClinicalTrials.govで分かった。

コロナワクチン、接種後の血栓報告ない=中国カンシノ

中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は14日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンの接種後に血栓が生じる事例は報告されていないと明らかにした。

米政権、州に割当のワクチン配布量変更せず ミシガン州は増量要請

米ホワイトハウスは12日、新型コロナウイルスの感染状況が深刻化しているミシガン州に検査や治療薬などの追加配布を行う用意があるとしつつも、同州が要請するワクチンの配布増量については確約しなかった。

中国カンシノのコロナワクチン、時間経過で有効性低下の可能性

中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンについて、時間が経過すると有効性が低下する可能性があるとの見方を示した。

中国シノファーム、追加接種の要否は治験結果見て判断へ=幹部

中国医薬集団(シノファーム)は2回接種とされている同社の新型コロナウイルスワクチンに関し、予防効果を高めるために3回目の接種が必要かどうかは海外で行われている第3相臨床試験(治験)の結果を見てから判断する。系列会社の幹部が28日、明らかにした。

中国医薬品当局、麗珠医薬集団子会社のワクチン臨床試験承認

中国の医薬品当局は、製薬会社、麗珠医薬集団の子会社が開発した新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を承認した。麗珠医薬集団が23日に発表した。

中国でワクチン接種が加速、各国の状況に応じ異なるビザ規則も

中国の当局者は21日、直近1週間の新型コロナウイルスワクチン接種回数が約1000万回となり、ペースが加速していることを明らかにした。また、各国の感染状況やワクチン接種の進捗に応じて異なるビザ発給ルールを適用する案を検討しているとした。

中国カンシノ、コロナワクチンの承認を申請 国内開発で3社目

中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は24日、中国当局に新型コロナウイルスワクチンの一般向け使用承認を申請したと発表した。承認されれば、国内で開発されたワクチンとしてはこれが3社目となる。

シノファームのワクチン、4300万回以上使用=中国国営メディア

国営の中国中央テレビ(CCTV)は21日、国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)の新型コロナウイルスワクチンが4300万回以上使用されたことを明らかにした。このうち3400万回超は中国で、残りは海外で接種された。

マレーシア、ファイザーのコロナワクチン21日到着 26日から接種

マレーシアのムヒディン首相は16日、米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンの第1便が21日に到着し、26日から接種を開始すると発表した。自身が最初に接種を受けるという。

メキシコ、中国シノバックとカンシノ製コロナワクチンの緊急使用承認

メキシコ保健省のウゴ・ロペスガテル次官は10日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)とカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)製の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認したと発表した。記者会見で述べた。

中国カンシノ製コロナワクチン、65%超の予防効果=パキスタン

中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)の新型コロナウイルスワクチンに65.7%の予防効果が認められたと、パキスタンのスルタン保健相が8日明らかにした。重症化の予防効果は90.98%に上ったという。

中国、シノバックの新型コロナワクチン承認 一般向けで2例目

中国国家薬品監督管理局(NMPA)は、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の子会社が開発した新型コロナウイルスワクチンの一般向け使用を承認した。シノバックが6日に発表した。

中国、COVAXに1000万回分の新型コロナワクチン提供へ

中国外務省は3日、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す枠組み「COVAXファシリティー」に1000万回分のワクチンを提供する方針を示した。汪文斌報道官が定例会見で明らかにした。

中国カンシノ、コロナワクチン後期治験継続 独立委の中間評価受け

中国の康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)は1日、同社の新型コロナウイルスワクチン候補について、後期(フェーズ3)臨床試験(治験)に関する中間評価で、独立委員会が安全性と有効性の目標を満たしたと判断したと発表した。

ノババックスのコロナワクチン、英治験の有効性89.3% 南アは60%

米バイオ製薬・ノババックスは28日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンの英国での治験の暫定分析で、感染を防ぐ有効性は89.3%だったと発表した。英国で最初に見つかった感染力の強い変異種に対する有効性は85.6%と、ほぼ同水準だった。

中国医薬品3社、COVAXにコロナワクチン供給を申請=外務省

中国政府は20日、新型コロナウイルスワクチンの公平な供給を目的とした国際的な枠組み「COVAX」に国内の製薬会社3社が参加を申請したと発表した。

中国シノファームのコロナワクチン、若年層への安全性確認=報道

中国国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術(CNBG)が開発した新型コロナウイルスワクチンが臨床試験の結果、3─17歳への安全性が確認された。国営新華社通信が伝えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up