for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ストライク

6196.T

現在値

5,170.00JPY

変化

-30.00(-0.58%)

出来高

121,000

本日のレンジ

5,140.00

 - 

5,290.00

52週レンジ

2,205.00

 - 

5,700.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,200.00
始値
5,200.00
出来高
121,000
3か月平均出来高
3.77
高値
5,290.00
安値
5,140.00
52週高値
5,700.00
52週安値
2,205.00
発行済株式数
19.10
時価総額
100,641.80
予想PER
--
配当利回り
0.28

次のエベント

Dividend For 6196.T - 17.5000 JPY

適時開示

その他

Strike To Buy Back Up To 1.3 Percent Of Stock Worth 600 Million Yen Through March 8

Strike Company says upgrade of stock listing

Strike Company says new share prices

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ストライクとは

ストライクグループは、主に企業の合併買収(M&A)の仲介を主たる事業とする。【事業内容】公認会計士及び税理士が経営主体となり、企業合併、企業買収、企業間の資本提携等を含むM&A仲介業務を行う。また、アドバイザリー業務、M&Aの実行のサポート、デューディリジェンス業務、企業評価業務、企業価値向上に関するコンサルティング業務、財務に関するコンサルティング等を含む付随業務も行う。

業種

Business Services

連絡先

5F, Rokubancho SK Bldg., 3, Rokuban-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-0004

Japan

+81.3.68657799

https://www.strike.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kunihiko Arai

President, Manager of Planning & Public Relations, Representative Director

Nobuo Suzuki

Vice President, Executive Officer, Senior Director of Corporation Information, Director

Koichi Nakamura

Executive Officer, Director of Administration, Director

Kazuhiro Hashiguchi

Executive Officer, Director of 4th & 8th Corporation Information

Kotaro Hidaka

Executive Officer, Director of Public Relations

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
47.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.15
株価純資産倍率(四半期)
15.39
株価キャッシュフロー倍率
57.89
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
37.99
自己資本利益率(過去12カ月)
31.85

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:59> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は「小陰線」。下ヒゲのない「大引け坊主」で、5日移動平均線(2万3823円21 銭=25日)に上値を抑えられた。 25日移動平均線(2万3536円28銭=25日)は上昇トレンドの継続を示唆しているものの、次 の下値の目安となる12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を明確に割り込んだ場 合は調整が長引く可能性も生じそうだ。 <15:08> 新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

日経平均は反落、東証1部売買代金は7年ぶり低水準

東京株式市場で日経平均は反落した。海外投資家がクリスマス休暇に入っており、全体的に動意に乏しい展開。買い手不在の中、利益確定売りが優勢となり安値引けとなった。東証1部の売買代金は1兆0992億円にとどまり、2012年12月12日以来約7年ぶりの低水準だった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛

<15:08> 新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。マザーズ指数は1%超の 上昇。市場からは「日経平均は高値圏にあり、国内個人投資家も資金の回転が利いている。好材料が出た中 小型株などへの物色意欲は旺盛だ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ市場では、サンバイオ 、Sansan 、JTOWER が堅調。エ ヌ・ピー・シー が一時ストップ高となった。 本日マザーズ市場に新規上場したWDBココ 、AI inside はともに買い気配 の中、初日値付かずで終了...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はじり安、買い手不在 個別物色

<13:52> 日経平均はじり安、買い手不在 個別物色 日経平均はじり安。2万3700円後半と、きょうの安値圏となっている。海外投資 家がクリスマス休暇に入っており、商いが細っている。「買い手不在の中、利益確定売り が優勢」(国内証券)だという。 全体の動きは鈍いものの、前日に好決算を発表したストライク が一時ストッ プ高となるなど、材料がある銘柄は物色されている。 <11:45> 前場の日経平均は反落、クリスマス休暇で薄商い 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比23円86銭安の2万3806円72 銭となり、反落した。25日の米国株式市場...

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ストライク 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.3%にあたる25万 株、取得総額6億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は1月29日から3月8 日。 ・ルネサンス 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.7%にあたる64万 株、取得総額13億5360万円を上限とする自社株買いを実施へ。1月29日午前8時 45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。 買い付け価格は1月28日終値の2115円。 ・アドヴァン...

ホットストック:ストライクが買い気配、9─5月営業益28%増を好感

ストライクが買い気配。2017年9月─18年5月期の営業利益が前年同期比28.7%増の10億6300万円だったと28日発表し、買いが先行した。中堅・中小企業のM&A市場が拡大傾向にある中で、案件成約組数が計63組(前年同期は53組)と、四半期累計で過去最高の成約組数となり、売上高は同39.9%増と伸長した。

ホットストック:ストライクが続伸、株主優待導入を好感

ストライクが続伸。株主優待制度を導入すると18日に発表し、買いが先行した。8月31日に1単元(100株)以上を保有する株主を対象に、クオカード1000円分を与える。11月開催の定時株主総会後の決議通知に同封する。中長期的視点での同社株式保有を促すことが目的。

ホットストック:ストライクが大幅高、株式分割を材料視

ストライクが大幅高。同社は16日、5月31日現在の株主に対して、6月1日付で、1対2の株式分割を実施すると発表した。流動性向上などに期待する買いが先行した。

16日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

16日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・スギホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.37%に あたる150万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4 月23日から10月31日。 ・新東京グループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.00%にあたる 15万株、取得総額4950万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月1日 から5月31日。    <株式分割> ・ストライク は、5月31日現在の株主に対して、6月1日付で、1対2の 株式分割...

日経平均は3日続落、FOMCを前に様子見 米ハイテク株安が重し

東京株式市場で日経平均は3日続落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見が強まる中、フェイスブック<FB.O>の個人データ流出問題を嫌気し、ハイテク株が大幅安となった米国市場の流れを引き継ぎ、主力ハイテク株を中心に売りが先行した。大引けにかけて徐々に下げ幅を縮めたものの材料に乏しく、その勢いは強まらなかった。

ホットストック:ストライクが大幅続落、17年9月─18年2月期の純利益予想を下方修正

中堅・中小企業のM&A仲介のストライクが大幅続落。2017年9月─18年2月期の個別純利益予想を3億3100万円に下方修正した(従来予想は4億3600万円、前期実績は3億8100万円)と19日に発表した。成約を見込んでいた大型案件が下期での成約となったことを踏まえて、売上高予想を下方修正したことに加え、積極的なコンサルタントの採用によって人件費の増大などもあった。

アングル:地銀、M&A仲介ようやく本腰 企業後継者難で需要拡大

地方企業で経営者の高齢化が深刻化する中、地銀各行が事業承継の支援策としてM&A(企業の合併・吸収)仲介に力を入れ始めた。「顧客企業の経営が継続できなければ、最終的に銀行収益の減少につながる」という危機感が高まっているためだ。金利サービスなどに軸足を置いてきた地銀にとって新たな収益源として期待される一方、M&A事業の人員増強などの課題も浮上している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up