for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社オプトラン

6235.T

現在値

2,188.00JPY

変化

32.00(+1.48%)

出来高

121,400

本日のレンジ

2,178.00

 - 

2,216.00

52週レンジ

1,598.00

 - 

2,547.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,156.00
始値
2,200.00
出来高
121,400
3か月平均出来高
2.62
高値
2,216.00
安値
2,178.00
52週高値
2,547.00
52週安値
1,598.00
発行済株式数
43.36
時価総額
92,796.94
予想PER
16.91
配当利回り
2.39

次のエベント

Q3 2022 Optorun Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Optorun to distribute 1.1 mln shares of its treasury common stock to Daiwa Securities

ULVAC cuts voting power in Optorun to 12.4 pct

Optorun announces listing on TSE First Section

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社オプトランとは

オプトラン・グループは、光学薄膜装置の製造・販売を主要な事業とする。【事業内容】光学薄膜とは、スマートフォンやレンズ等の各種光学部品にコーティングを施し、コーティングの材料により異なる機能を持たせることである。装置販売を行うと共に、顧客ニーズに対応し、成膜プロセスに関するアドバイスを行い、光学薄膜成膜技術ノウハウを活用した成膜ソリューション提供を行う。主要製品は、光学薄膜形成装置、汎用型光学薄膜形成装置、防汚膜成膜装置、反応性プラズマ成膜装置、光学膜用スパック成膜装置及びウェハーレベル光学スパッタ成膜装置を含む。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

10-1, Takeno

TOSHIMA-KU, TKY

171-0021

Japan

+81.3.66359487

http://www.optorun.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Ihei Hayashi

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiaries

Bin Fan

Executive President, Chief Director of Technology Development, CEO of Subsidiary, Representative Director

Jianzheng Xi

Managing Executive Officer, Senior Director of Sales

Hideyuki Odagi

Managing Executive Officer, Manager of Kawagoe Technology Center

Shoji Kubo

Executive Officer, Director of New Business Development, Director of Sales

統計

2.00 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

216.690

2020

159.050

2021

146.830

2022(E)

123.698
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.15
株価純資産倍率(四半期)
1.80
株価キャッシュフロー倍率
13.14
総負債/総資本(四半期)
0.88
長期負債/資本(四半期)
0.02
投資利益率(過去12カ月)
13.67
自己資本利益率(過去12カ月)
9.71

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線は下向きに

   <15:49> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線は下向きに 日経平均・日足は下にヒゲを伴う「小陰線」。買い手の心理としては失望感を示して いる。終値は2万8452円75銭。心理的節目の2万8500円を下回って引け、弱い 相場展開が続いている。 10日移動平均線(2万8644円95銭=23日)や25日線(2万8127円3 5銭=同)は上向きとなっている一方、5日線(2万8868円50銭=同)は角度を付 けて下を向いていることから、短期的には軟調な値動きが継続しそうだ。 <15:22> 新興株はマザーズが4日続落、グロース株売りが継続...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続落、グロース株売りが継続

   <15:22> 新興株はマザーズが4日続落、グロース株売りが継続 新興株式市場はマザーズ総合が4日続落し、前営業日比0.04%安の732.96 ポイントで取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比0.05%安の932.0 7ポイントで取引を終了。米長期金利の上昇基調を受けて、グロース(成長)株売りが継 続しているほか、新規ⅠPO銘柄で利益確定売りが優勢となった。 個別では、バンク・オブ・イノベーション、CYBERDYNEが 商いを伴って下落したほか、トラース・オン・プロダクトもさえない。一方、フ ューチャーリンクネットワーク、...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、百貨店など内需株がしっかり

   <14:10> 後場の日経平均は小動き、百貨店など内需株がしっかり 後場に入り、日経平均は小動きとなっている。下げ幅が広がる動きにはなっていない ものの、前場に引き続き値がさのグロース(成長)株が軟調で、相場の重しとなっている 。一方、J.フロント リテイリングや三越伊勢丹ホールディングスな どの百貨店株や、日本航空など空運株はしっかりとした値動きが続いている。 市場では、米金融引き締めによる世界景気の減速懸念が再燃する中、「グローバルな 景気敏感株を売り、内需のリオープン(経済再開)株を買う動きが広がっているようだ」 (国内証券...

午前の日経平均は大幅続落、米株下げを嫌気 グロース銘柄が軟化

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比337円58銭安の2万8456円92銭と、大幅続落。前日の米国株式の下げが嫌気された。再び米利上げが懸念されたことから、日本株もグロース系銘柄の軟化が目立っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、割安感が下支え要因に 薄商い続く

<10:15> 日経平均は下げ渋り、割安感が下支え要因に 薄商い続く 日経平均は下げ渋っている。2万8500円を下回って推移しているが、新たに売り 込むような材料もみられず、一進一退の状態となっている。市場では「米金利上昇が再び 懸念されているものの、日本株は相対的な割安感があり、これも下支え要因になっている ようだ」(国内証券)との声が聞かれる。 物色面では、引き続き値がさのグロース株が軟調な展開。午前11時現在、東証プラ イム市場の売買代金は、この時間帯でようやく1兆円を超えたレベルで、薄商いの状態に 変化はみられない。 <10:15...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、閑散商状 様子見気分が広がる

<10:15> 日経平均は下げ幅拡大、閑散商状 様子見気分が広がる 日経平均は下げ幅拡大。心理的な節目として意識される2万8500円を下回ってき た。「旧盆休み明けの今週は、さすがに商いが膨らむとみられたが、昨日は売買代金が1 か月ぶりの低水準になるなど閑散商状が続いている」(国内証券)という。 物色面では、東証プライム市場の値下がり銘柄数が1500を超すなど、幅広く売ら れている状況。円安が下支え要因になるとの見方があるが、上値を買う雰囲気はないなど 様子見気分が広がっている。    <09:05> 日経平均は続落、米株の下げを嫌気 ...

寄り付きの日経平均は続落、米株の下げを嫌気 利益確定が活発化

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比214円30銭安の2万8580円20銭と、続落してスタート。前日の米国株式市場が下げたことを嫌気し、売り優勢となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、モリトは買い優勢 ニフコは売り優勢

<08:35> 寄り前の板状況、モリトは買い優勢 ニフコは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況で、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群は 以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 モリト 21% 868 868 868 718 2 日本システム技術 20% 2,970 2,969 2,970 2,470 3 京都銀行 16% 6,400 6,400 6,400 5,540 4 広済堂HLDG 7% 1,169 1,168 1,169 1,091 5 ジンズHLDG 6% 4,528 4,525...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、2万8000円前半の値固めへ

   <16:12> 日経平均・日足は「小陽線」、2万8000円前半の値固めへ 日経平均・日足は「小陽線」となった。2万8249円24銭で取引を終えた。5日 移動平均線(2万7938円79銭=8日)を維持。200日線(2万7559円45銭 =同)がわずかながら上向き、地合い改善が継続している。一方、2つの戻り高値(3月 25日高値2万8338円81銭、6月9日高値2万8389円75銭)に近づく中では 、徐々に上値が重くなると見込まれる。目先は2万8000円台前半での値固めとなりそ うだ。 <15:58> 新興株はマザーズが続落、米利上げ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、米利上げ懸念の再燃が重し

   <15:58> 新興株はマザーズが続落、米利上げ懸念の再燃が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が1.35%安の720.47ポイントと、続落した 。東証グロース市場指数は前営業日比1.36%安の916.24ポイントだった。 前週末の米国株式市場で、好調な米雇用統計を受けて連邦準備理事会(FRB)によ る積極的な利上げが継続するとの懸念が再燃してハイテク株安となり、投資家心理の重し になった。 フリーやJIG―SAWが大幅安だったほか、ウェルスナビ<7342. T>が軟調だった。一方、シンバイオ製薬がストップ高となったほか、ジーエヌア...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高でもみ合い、ハイテク株は底堅さ維持

   <14:02> 日経平均は小幅高でもみ合い、ハイテク株は底堅さ維持 後場の日経平均は小幅高の水準でもみ合う展開が続いている。10日に公表される米 消費者物価指数(CPI)の内容を見極めたいとして、様子見姿勢が強まっているという 。米長期金利が再び上昇基調となっているが、ハイテク株が崩れる雰囲気はみられず、東 京エレクトロン、ソフトバンクグループなどは底堅く推移している。 良好な米雇用統計を受けて、マーケットでは米連邦準備理事会(FRB)による金融 引き締め加速が意識されているものの、「単月の雇用指標だけでは次の利上げ幅を明確に 織...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、米CPIを見極めたいムードも

   <13:05> 日経平均は伸び悩み、米CPIを見極めたいムードも 日経平均の後場は、上げ幅を拡大でスタートした。一時、前営業日比100円超高に 上昇した。値がさの東京エレクトロンが上値を伸ばしており、指数を30円程度 、押し上げている。市場では「今日予定される決算発表を見越した売買が活発なようだ」 (別の国内証券)という。 もっとも、日経平均は上値も重く、伸び悩んでいる。市場では、米金融引き締めへの 警戒感が再燃する中、10日に発表される米消費者物価指数(CPI)に関心が寄せられ ており「見極めたいとのムードが出てきている」(国内証券...

午前の日経平均は小幅続伸、個別物色が支え 米利上げ警戒は重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比65円22銭高の2万8241円09銭と小幅に続伸した。好調な米雇用統計を受けて連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げを継続するとの懸念が再燃した一方、好決算を手掛かりに業績堅調な銘柄が物色された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、米引き締め警戒と好業績期待が綱引き

<11:04> 日経平均は一進一退、米引き締め警戒と好業績期待が綱引き 日経平均は前営業日終値を挟んで一進一退となっており、方向感を欠いている。米国 での金融引き締めへの警戒感が重しになっている一方、「国内企業の決算は総じて悪くな く、業績期待が継続している」(国内証券)との声が出ていた。 好決算を発表した銘柄の物色が続いている。半導体製造装置関連はまちまちの値動き となる中、レーザーテックは大幅に上昇している。業績見通しと年間配当金を大 幅上方修正した三井松島産業は、ストップ高となり年初来高値を更新。上期予想 を上方修正したバンダイナムコホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、一時プラスに 2万8000円台固め

<10:15> 日経平均はもみあい、一時プラスに 2万8000円台固め 日経平均は弱もち合い。朝方は軟化して始まったものの、売り一巡後は底堅い展開と なった。一時プラスに浮上したものの「上値の重さが意識されるほか、買い上がる材料も ない」(国内証券)との声も聞かれ、押し戻されて小幅安の水準で推移している。2万8 000円台を固める動きとの受け止めもある。 物色面では、引き続き好決算銘柄を買う動きに変わりない。市場では「見極めたい材 料はたくさんあるが、ピークを迎える決算発表もそれにあたる。個別の動きが中心となっ ているため、より個々の数字...

寄り付きの日経平均は反落、米雇用統計受け金融引き締めを警戒

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比125円78銭安の2万8050円09銭と、反落。前週末の米雇用統計が予想より強かったことで、改めて米金融引き締めが警戒され、全般は売り優勢で重い動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日本冶金工業は買い優勢 メディアスHLDG は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、日本冶金工業は買い優勢 メディアスHLDG は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落率 MID気 買気配 売気配 終値 配 1 日本冶金工業 22% 2,800 2,800 2,800 2,300 2 三井松島HLDG 21% 3,970 3,970 3,970 3,270 3 大阪ソーダ 21% 4,060 4,060 4,060 3,360 4 テイクアンドギヴ・ニーズ <4331. 20% 1,767 1,767...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up