for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井海洋開発株式会社

6269.T

現在値

1,111.00JPY

変化

-59.00(-5.04%)

出来高

303,100

本日のレンジ

1,104.00

 - 

1,163.00

52週レンジ

1,043.00

 - 

2,090.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,170.00
始値
1,155.00
出来高
303,100
3か月平均出来高
3.76
高値
1,163.00
安値
1,104.00
52週高値
2,090.00
52週安値
1,043.00
発行済株式数
56.36
時価総額
62,669.29
予想PER
-75.83
配当利回り
1.35

次のエベント

Q2 2022 Modec Inc Earnings Release

適時開示

その他

Keppel Corp Says Keppel O&M Via Units Secured Contracts Worth S$73 Mln From Modec

Japan's Modec Issued $1.1 Bln In Bonds To Fund A Brazilian Offshore Project - Nikkei

Modec Executive Yuji Kozai To Be President And CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井海洋開発株式会社とは

三井海洋開発グループは、同社、子会社26社及び関連会社17社により構成され、FPSO、FSO及びTLPといった浮体式海洋石油・ガス生産設備の設計・建造・据付、販売、リース及びオペレーションを主な事業する。【事業内容】同社の主な顧客は海外各国の政府系及び民間石油開発会社である。同社グループは浮体式海洋石油・ガス生産設備についてトータルサービスを提供する。建造工事サービスは、浮体式海洋石油・ガス生産設備(FPSO等)の設計・建造・据付工事を受注し、売渡し契約により石油開発会社へ提供するサービスである。リースサービスはFPSO等を同社の関係会社で保有、リース契約により石油開発事業者へ提供するサービスで、オペレーションサービスは海洋で石油・ガスの生産活動を行うFPSO等に対して、一連の操業及び付随するメンテナンス等のオペレーションを提供するサービスで、チャーターサービスはリースサービスとオペレーションサービスを併せて受託し、チャーター契約としてFPSO等を提供するサービスである。その他事業は、同社グループが建造のうえ石油開発事業者へ売渡したFPSO等のアフターサービスとして、部品供給並びにエンジニアリングサポート等を提供するサービスである。また、関連会社に対してマネジメントサポート及びオペレーションサポート等を提供するサービスも含む。

業種

Water Transportation

連絡先

4F/5F, Nihonbashi Maruzen Tokyu Bldg

2-3-10, Nihonbashi

CHUO-KU, TKY

103-0027

Japan

+81.3.52901200

http://www.modec.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Takeshi Kanamori

President, Chief Executive Officer, Executive President, Representative Director

Yasuhiro Takano

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer, Director of Human Resources, Director

Ryo Suzuki

Finance Director, Executive Officer

Matsumiya Koichi

Chief Technology Officer, Executive Officer

Osamu Toriumi

Chief Compliance Officer, Executive Officer

統計

3.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.3K

2020

0.3K

2021

0.4K

2022(E)

0.3K
EPS (JPY)

2019

-323.470

2020

-232.050

2021

-742.750

2022(E)

-15.430
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.13
株価純資産倍率(四半期)
0.76
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
67.13
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

エクイノールとエクソン、ブラジル沖の油田開発拡大で合意

ノルウェーの石油大手エクイノールと米同業エクソンモービルは、ブラジル沖のバカリャウ油田開発(80億ドル規模)を拡大することで合意した。

ホットストック:三井海洋がストップ安売り気配、業績・配当予想の下方修正が手掛かり

三井海洋開発がストップ安水準で売り気配となっている。2021年12月期の連結純利益予想を300億円の赤字に下方修正すると21日に発表し、手掛かりになっている。従来予想は65億円の赤字、前期実績は130億円の赤字。年間配当予想は1株あたり15円に引き下げた。従来予想は30円、前期実績は45円。

三井海洋、ブラジルでの大型石油生産設備受注に期待=幹部

浮体式プラント大手の三井海洋開発<6269.T>は、ブラジルの海洋油田開発ブームに乗り、同国で年間1─2基の大型石油生産プラントを受注できると期待している。同社の最高デジタル責任者(CDO)兼中南米・ガーナ担当副社長の井出壮一氏が明らかにした。

ホットストック:石油関連株は堅調、化学工業や運輸関連は弱含み

JXTGホールディングス、出光興産、コスモエネルギーホールディングス、富士石油、共栄タンカーなどの石油関連株は堅調。米国がイラクでイラン革命防衛隊の司令官を殺害したことを受け、中東地域での紛争激化により世界的な原油供給が混乱するとの懸念が強まっていることを背景に買われている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=21日

RIC 銘柄名 01 イーグル工業 02 シンシア 03 関西スーパーマーケット  

ホットストック:エネルギー関連株が安い、原油価格急落を嫌気

エネルギー関連株が安い。東証1部では三井海洋開発、コスモエネルギーホールディングス、富士石油、国際石油開発帝石などが値下がり率上位に入っている。サウジアラビアのエネルギー相が、攻撃を受けた石油施設の復旧の見通しを示したことで供給不足懸念が後退。原油価格が下落したことが材料となっている。

ホットストック:エネルギー関連株が高い、原油価格の急騰に伴い

エネルギー関連株が高い。東証1部では国際石油開発帝石、石油資源開発、富士石油、三井海洋開発などが値上がり率上位に入っている。サウジアラビアの石油施設が攻撃を受けたことに伴って原油価格が急騰。16日の米国市場で米WTI原油先物は14.7%高の62.90ドル、1日の上昇率としては2008年12月以来の大きさとなったことが材料視された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up