for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サトーホールディングス株式会社

6287.T

現在値

2,110.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

59,000

本日のレンジ

2,109.00

 - 

2,135.00

52週レンジ

1,601.00

 - 

2,169.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,110.00
始値
2,131.00
出来高
59,000
3か月平均出来高
1.42
高値
2,135.00
安値
2,109.00
52週高値
2,169.00
52週安値
1,601.00
発行済株式数
33.14
時価総額
73,683.82
予想PER
16.21
配当利回り
3.36

次のエベント

Q3 2023 Sato Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Sato Holdings Corp - Executive Hiroyuki Konuma To Become President And CEO Effective April 1

Sato Holdings Corp Says It Bought Back 125,300 Own Shares Worth 237 Million Yen In December

Sato Holdings - Bought Back 155,800 Own Shares In October

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サトーホールディングス株式会社とは

サトーホールディングスは、電子プリンタ、ハンドラベラー等メカトロ製品及び集積回路(IC)タグ・ラベル、シール、ラベル、プライマリーラベル、タグ、チケット、リボン等サプライ製品など自動認識技術関連機器の製造及び販売を主な事業とする会社である。【事業内容】同社は、3つの部門を展開する。自動認識ソリューション事業(日本)は主にグループ経営戦略の策定、経営管理、資産貸与、日本でメカトロ製品とサプライ製品の製造販売及び無線周波数識別デバイス(RFID)タグ・ラベルの開発・製造等を行う。自動認識ソリューション事業(海外)は主に海外でメカトロ製品とサプライ製品の製造販売及びRFIDタグ・ラベルの開発・製造等を行う。素材事業はインライン・デジタル・プリンティング製品の開発、販売、技術支援及びナノベシクルカプセル技術のラベル以外への用途開拓、環境事業開拓を行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

Tamachi Station Tower N

msb Tamachi, 3-1-1, Shibaura

MINATO-KU, TKY

108-0023

Japan

+81.3.66282400

http://www.sato.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideo Yamada

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Ryutaro Kotaki

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Fusaaki Matsumoto

Chief Financial Officer, Chief Compliance Officer, Executive Officer

Yoichi Abe

Senior Executive Officer, Director

Hiroyuki Konuma

Senior Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

2.00 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

-56.060

2021

385.860

2022

112.734

2023(E)

130.175
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.55
株価純資産倍率(四半期)
1.01
株価キャッシュフロー倍率
6.95
総負債/総資本(四半期)
15.23
長期負債/資本(四半期)
4.96
投資利益率(過去12カ月)
7.47
自己資本利益率(過去12カ月)
4.75

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、強い基調を継続

<16:05> 日経平均・日足は「中陽線」、強い基調を継続 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万7395円01銭。200日移動 平均線(2万7223円46銭=25日)など主要な移動平均線を上放れた水準を確保。 上ヒゲを引いたものの強い基調を継続した。一方、25日線(2万6413円30銭=同 )や200日線は引き続き下向き。心理的節目2万7500円付近では、上値の重さも意 識される。 <15:50> 新興株はマザーズが6日続伸、朝安後に押し目買い 1カ月ぶり高値 新興株式市場は、マザーズ総合が0.74%高の778.23ポイントと...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが6日続伸、朝安後に押し目買い 1カ月ぶり高値

<15:50> 新興株はマザーズが6日続伸、朝安後に押し目買い 1カ月ぶり高値 新興株式市場は、マザーズ総合が0.74%高の778.23ポイントと6日続伸し 、12月15日以来1カ月ぶりの高値となった。東証グロース市場指数は前営業日比0. 93%高の987.87ポイントだった。 前日までの連騰やハイテク株比率の高い米ナスダック総合の小幅安を受けて朝方には 売りが先行したが、その後は日経平均の底堅い動きが投資家心理を支え、押し目買いが入 った。 個別では、ビジョナルが堅調。ブライトパス・バイオやプログリッ トは一時ストップ高となった。一方...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は上げ幅拡大、円安が支援 循環物色の側面も

<13:18> 後場の日経平均は上げ幅拡大、円安が支援 循環物色の側面も 後場の日経平均は上げ幅を拡大している。昼休み時間中からドル/円が130円台半 ばへと強含み、日経平均は一時170円高に上昇した。足元では110円高程度に上げ幅 を縮小し、伸び悩んでいる。 市場では「為替がやや円安方向に振れ、相場を支援した」(国内運用会社のファンド マネージャー)との声が聞かれた。一方、時間外取引の米株先物が軟調な推移を続け投資 家心理の重しになっており、上値は限られている。 業種別では、海運業や精密機器、医薬品などで前引け時点に比べた上げ幅が目立...

午前の日経平均は4日続伸、押し目買いで底堅い

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比30円17銭高の2万7329円36銭と、4日続伸した。前日までの上昇の反動で軟調にスタートしたが、押し目買いが入り後半にかけ底堅い展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、日本電産は値下がり率トップ

<10:33> 日経平均は一進一退、日本電産は値下がり率トップ 日経平均は前日終値を挟んで一進一退の値動きとなっている。プラス転換する場面も あり、底堅さも確認される。業種別では、鉄鋼や海運業の上昇が目立っている。「昨日値 下がりした銘柄が買われるなど、循環的な動き」(国内運用会社・ポートフォリオマネー ジャー)とみられている。 個別では、前日に業績予想の下方修正を発表した日本電産が6%安と軟調で 、東証プライム市場の値下がり率トップ。中国での新型コロナの感染拡大の悪影響が出た が、同国でビジネスを展開する他の銘柄群への売りは限定的となっている...

寄り付きの日経平均は反落、利益確定優勢 徐々に下げ幅縮小

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比123円31銭安の2万7175円88銭と、反落してスタートした。日経平均は今週に入り大幅上昇した反動で、利益確定売りが優勢となった。ただ、寄り付き後は徐々に下げ幅は縮小し、前日の終値付近まで値を戻すなど底堅さもみられる。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、サトーHDは買い優勢 コロプラは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、サトーHDは買い優勢 コロプラは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 サトーHLDG 24% 2,55 2,55 2,55 2,05 5 5 5 5 2 ウェルネオシュガー 22% 2,02 2,02 2,02 1,65 9 9 9 9 3 ヤマトHLDG 21% 2,50 2,49 2,50 2,06 0 9 0 8 4 JBCC HLDG 19% 2,20 2,20...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7446円10 銭。75日移動平均線(2万7619円82銭=10日)や5日線(2万7552円40 銭=同)を再び下回り、地合いが悪化。日足・一目均衡表の雲(上限:2万7422円3 7銭=同)は終値で上回り粘り腰を見せたが、75日線は下向きになっており、上値の重 さも意識されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落、ユーザベースはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が0.39%安の735.47ポイント...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続落、ユーザベースはストップ高

((見出しと本文の「小反落」を「小幅続落」に訂正します)) [東京 10日 ロイター] - <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落(訂正)、ユーザベースはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が0.39%安の735.47ポイントと、小幅続落 (訂正)した。東証グロース市場指数は前営業日比0.41%安の935.58ポイント だった。前日の米国市場でハイテク株安となり、投資家心理が冷やされた。一方、個別材 料を手掛かりとした物色が見られた。 米プライベートエクイティ(PE)のカーライル・グループによるTOB(株式公開 買い付け)の発表...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、米インフレは「粘着性」高い項目に不透明

<14:00> 日経平均は小動き、米インフレは「粘着性」高い項目に不透明感 日経平均は後場に入り、小動きを続けている。米CPIの発表を控え、模様眺めが強 まっている。 米インフレを巡り市場では、賃金の伸び鈍化や、住宅賃料などの下落の鈍さが警戒さ れている。「粘着性の高い項目でもあり、その動向は読みにくく、サプライズへの警戒感 が根強い」(国内証券のストラテジスト)という。 決算を手掛かりにした個別物色がみられ、業績予想の上方修正を発表した鹿島<1812. T>や川崎重工業が買われている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、米株安で ...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、米株安で ハイテク銘柄が軟調 

<11:45> 前場の日経平均は続落、米株安で ハイテク銘柄が軟調 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比325円43銭安の2万7391円0 0銭と、続落した。前日の米株安を嫌気し、日本株は軟調な展開となった。ナスダック総 合が2%超安となったほか、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の下落を受けて 値がさのハイテク株が軟調に推移し、相場の重しとなった。 前日の米株市場では主要3指数がそろって下落した。この流れを引き継いで、日経平 均は250円安と、軟調にスタート。指数寄与度の大きいハイテク株や半導体関連株で売 りが先行し、相場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、SOX指数下落でハイテク銘柄に売り

<10:38> 日経平均は軟調、SOX指数下落でハイテク銘柄に売り 日経平均は前営業日比約270円安の2万7400円台前半と、軟調な展開が続いて いる。一時、下げ幅を拡大して前営業日比約340円安となる場面もあった。値がさ株の 下げが目立っており、「前日の米株市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が 大きく下落したことで、電子部品関連など大型のハイテク銘柄に売りが出ている」(国内 証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 今晩は米消費者物価指数(CPI)の公表を控えていることから、「徐々に様子見姿 勢が強まりやすく、売りが一巡した...

寄り突きの日経平均は続落、米株安を嫌気 値がさ株軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比257円35銭安の2万7459円08銭と、続落してスタートした。前日の米株安を嫌気する形で、幅広い業種で売りが優勢となっている。指数寄与度の大きい値がさ株や半導体関連株が軟調で、相場の重しとなっている。個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、東京エレクトロンがさえない。その他、主力株のトヨタ自動車、ソニーグループも売られている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、LIFULLは買い優勢 バンドー化は売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、LIFULLは買い優勢 バンドー化は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 LIFULL 29% 220 220 220 170 2 キャリアデザインセンター <241 27% 1,90 1,90 1,90 1,50 0.T> 4 4 4 4 3 ネクソン 21% 2,85 2,85 2,85 2,35 4 4 4 4 4 セグエグループ 21% 880 880 880...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートに

<16:05> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートに 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。2万8479円01銭で取 引を終えた。ローソク足はコマの形状で、気迷いが示唆される。過熱感は和らいできたが 、5日移動平均線(2万8594円01銭=25日)を回復できず力強さを欠いている。 下方向では、25日線(2万8213円37銭=同)が目先のサポートに意識されそうだ 。一方、スローストキャスティクスでは売られ過ぎ圏にあり、短期的な反発に期待をつな ぐ。 <15:40> 新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援

<15:40> 新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援 新興株式市場は、マザーズ総合は1.16%高の743.68ポイントと、続伸した 。東証グロース市場指数は前営業日比1.15%高の945.64ポイントだった。 ジャクソンホール会合への警戒感がくすぶった一方、ハイテク株比率の高いナスダッ ク総合の先物が時間外取引で堅調に推移し、投資家心理を支援した。 そーせいグループやプレイド、ポートが大幅高だった一方 、JTOWER、M&A総合研究所は軟調。アクリートは一時 、年初来高値を更新したが、その後に大幅安となった。 <14:20>...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は200円超高、半導体関連の一角が上げ幅拡大

<14:20> 日経平均は200円超高、半導体関連の一角が上げ幅拡大 日経平均は後場に上げ幅を拡大し、200円超高に上昇した。値がさの半導体関連株 の一角が前引け時点に比べて上げ幅を広げたりプラス転換し、指数の上昇に寄与した。 セクター別では、東証33業種のうち32業種がプラス。ジャクソンホール会合を控 えて「投資家のポジション調整的な動きが多いようだ」(国内証券)という。電気機器、 精密機器、機械、海運、保険が後場に上げ幅を拡大。鉱業や証券がプラス転換した。一方 、電気・ガス業は下げ幅を拡げている。 ジャクソンホール会合を巡っては「警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、値幅調整に一巡感 底堅さ増す

<13:15> 日経平均は上値追い、値幅調整に一巡感 底堅さ増す 日経平均は強もち合い。2万8400円台後半で推移している。短期的な値幅調整に 一巡感が出てきており、一段と底堅さが増してきた。後場に入り、きょうの高値を更新し ている。ただ、重要イベントを控えて積極的に上値を追う雰囲気にはなっていない。 市場では「ジャクソンホール会合におけるパウエル議長の講演が終了するまで、動き づらいというのが参加者の見方だ。商いも薄い状態が続いている。ただ、目先的な売りが 途切れた様子で、短期的な底入れとなったのではないか」(国内証券)との声が聞かれた...

午前の日経平均は6日ぶりに反発、値ごろ感から押し目買い

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比158円14銭高の2万8771円61銭と、6日ぶりに反発。イベント前で模様眺めムードが強いものの、値ごろ感から押し目買いが流入している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、イベント通過待ちで様子見 25日線を意識

<10:55> 日経平均は強もち合い、イベント通過待ちで様子見 25日線を意識 日経平均は強もち合い。週末の米経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)におけ るパウエルFRB議長の講演を控え、動きに乏しい展開。このイベント通過を待つ形で、 様子見ムードが広がっている。 一方、値ごろ感に加えて、テクニカル面における過熱感の後退で値幅調整が一巡した との見方が出てきた。市場では「一時は5%近くまで広がっていた日経平均と25日移動 平均線の乖離率は縮小するどころか接近。同線が下値の目安として意識され、維持できれ ば再び上値を追う期待が膨らみそうだ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up