for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サトーホールディングス株式会社

6287.T

現在値

1,901.00JPY

変化

-113.00(-5.61%)

出来高

47,100

本日のレンジ

1,898.00

 - 

1,933.00

52週レンジ

1,601.00

 - 

2,918.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,014.00
始値
1,933.00
出来高
47,100
3か月平均出来高
2.03
高値
1,933.00
安値
1,898.00
52週高値
2,918.00
52週安値
1,601.00
発行済株式数
33.67
時価総額
70,331.38
予想PER
17.79
配当利回り
3.48

次のエベント

Dividend For 6287.T - 36.0000 JPY

適時開示

その他

Sato Holdings Corp To Buy Back Up To 5.9% Own Shares Worth 2.5 Billion Yen

Sato Holdings says change of president and CEO

Sato Holdings says merger between four units

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サトーホールディングス株式会社とは

サトーホールディングスは、電子プリンタ、ハンドラベラー等メカトロ製品及び集積回路(IC)タグ・ラベル、シール、ラベル、プライマリーラベル、タグ、チケット、リボン等サプライ製品など自動認識技術関連機器の製造及び販売を主な事業とする会社である。【事業内容】同社は、3つの部門を展開する。自動認識ソリューション事業(日本)は主にグループ経営戦略の策定、経営管理、資産貸与、日本でメカトロ製品とサプライ製品の製造販売及び無線周波数識別デバイス(RFID)タグ・ラベルの開発・製造等を行う。自動認識ソリューション事業(海外)は主に海外でメカトロ製品とサプライ製品の製造販売及びRFIDタグ・ラベルの開発・製造等を行う。素材事業はインライン・デジタル・プリンティング製品の開発、販売、技術支援及びナノベシクルカプセル技術のラベル以外への用途開拓、環境事業開拓を行う。

業種

Office Equipment

連絡先

Tamachi Station Tower N

msb Tamachi, 3-1-1, Shibaura

MINATO-KU, TKY

108-0023

Japan

+81.3.66282400

http://www.sato.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideo Yamada

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Ryutaro Kotaki

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Fusaaki Matsumoto

Chief Financial Officer, Chief Compliance Officer, Executive Officer

Yoichi Abe

Senior Executive Officer, Director

Hiroyuki Konuma

Senior Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

2.00 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

-56.060

2021

385.860

2022

112.734

2023(E)

101.933
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.56
株価純資産倍率(四半期)
1.07
株価キャッシュフロー倍率
8.36
総負債/総資本(四半期)
24.90
長期負債/資本(四半期)
17.43
投資利益率(過去12カ月)
5.36
自己資本利益率(過去12カ月)
3.45

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「同事線」、過熱感生じ定石通りの押し目に

<15:45> 日経平均・日足は「同事線」、過熱感生じ定石通りの押し目に 日経平均・日足は、実体部分がほとんどない「同事線」。厳密に言えば「短陽線」と なるが、長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「下十字」のパターンだ。終値は2万7699円 25銭。前日まで7連騰で過熱感が生じていただけに、定石通りの押し目と言える。 「上十字」の形状が上値の重さを印象付けているが、すぐに弱気転換するだけの材料 も見当たらない。当面は200日移動平均線(2万7579円15銭=25日)を下値支 持線として、当面は値固めすることになりそうだ。一方、再度動意づいて上値...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、先駆した銘柄に利益確定売り

<15:10> 新興株はマザーズが続落、先駆した銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.94%安の698.93ポイントと 続落した。東証グロース市場指数は同1.84%安の889.46ポイントで取引を終了 した。市場では「地合いが悪化した雰囲気ではないが、先駆した銘柄に利益確定売りが目 立っている」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、サンバイオが大幅安のほか、スポーツフィールドが反 落。イーディーピーもさえない。半面、ENECHANGEが買われ、 モイも堅調に推移した。 <14:20> 安値もみあい、FOMC...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、FOMC控えで見送り 後場の振れ幅は38円80銭

<14:20> 安値もみあい、FOMC控えで見送り 後場の振れ幅は38円80銭 日経平均は安値もみあい。週の半ばに米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えてい るため、投資家は積極的に動きづらく、売り買いともに見送られている。後場に入ってか ら、午後2時20分までの振れ幅は上下わずか38円80銭に過ぎない。 市場では「材料としては織り込んだとの見方があるものの、FOMCが終了するまで は動きにくい。合わせて、国内企業の決算発表も続くため、これも見極めたいとのムード もある」(国内証券)との声が出ていた。 <13:03> 後場の日経平均は小動...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、材料難で方向感欠く

<13:03> 後場の日経平均は小動き、材料難で方向感欠く 後場に入り、日経平均は前場引けの水準とほぼ横ばいで、小動きとなっている。物色 面では景気敏感株が引き続き軟調な一方、ディフェンシブセクターの上昇が相場を下支え する格好となっている。ただ、その他では目立った方向感はみられない。 市場では、欧米の景気後退懸念が依然として相場の重しとなっているものの、「新規 材料が乏しく大きく売り込まれる理由もない」(国内証券)との声が聞かれた。今週は米 連邦公開市場委員会(FOMC)が控えているほか、国内の企業決算が本格化するため、 見送りムード...

午前の日経平均は反落、景気後退懸念が重し 連騰の反動も

午前の東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比203円94銭安の2万7710円72銭と、8営業日ぶりに反落した。欧米の景気後退懸念がくすぶっているほか、7連騰後の反動もあり朝方から利益確定売りが優勢となった。日経平均は下げの勢いが鈍る場面もあったが、値がさ株の下落や米株先物の軟調推移が重しとなり、再び下げ幅が広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、値がさ株の下げ加速が重し

<11:09>  日経平均は軟調、値がさ株の下げ加速が重し 日経平均は軟調で、前営業日比約230円安の2万7600円後半で推移している。 一時250円超安まで下落した。指数寄与度の大きいファーストリテイリングや 東京エレクトロンの売りが加速し、相場全体を押し下げている。米株先物が下げ 幅を拡大していることも重しになっているという。 市場では、欧米の景気後退懸念が意識される中で「機関投資家を中心に世界景気敏感 株を売る動きがみられる」(国内証券)との声が聞かれた。一方で、内需株は買われる傾 向で「先週は内需株の動きが鈍かった分、買い戻しが...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、循環的に内需株の物色も

<10:10> 日経平均は下げ渋り、循環的に内需株の物色も 日経平均は2万7700円台後半で下げ渋っている。「先週の上昇局面で買い遅れた 投資家の押し目買いが入っているようだ」(国内証券)との見方が聞かれる。 米欧の景気後退が警戒される中、景気敏感株が軟調な一方、ディフェンシブ株がしっ かり。「循環的な動きの中で内需セクターを買う動きがみられる」(国内証券)という。 TOPIXグロース指数は0.8%安、同バリュー指数は0.2%安で、グロース指数の 方が下げがきつい。 東証33業種は、値下がりは鉄鋼や電気機器、機械など21業種、値上がりは...

寄り付きの日経平均は反落スタート、米欧景気指標悪化で利益確定売り先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比216円89銭安の2万7697円77銭と、反落してスタートした。前週末に米欧の景気指標が悪化し米株安となったほか、7連騰で1500円超上昇していたこともあって利益確定売りが先行した。その後はやや持ち直し、下げ渋っている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、オーバルが買い優勢 ピー・シー・エーは売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、オーバルが買い優勢 ピー・シー・エーは売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 オーバル 66% 1,00 999 1,00 602 0 0 2 日本化薬 26% 1,45 1,45 1,45 1,15 2 2 2 2 3 サトーHLDG 25% 2,50 2,50 2,50 2,00 3 3 3 3 4 長瀬産業 24% 2,49 2,49 2,49 2,01 8 7...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、4日連続で5日線を上回る

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、4日連続で5日線を上回る 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万6491円97銭。日足・一目均 衡表の雲(下限:2万6502円51銭)で頭を抑えられた形となる。ただ、雲領域は薄 く(上限:2万6510円28銭)、ローソク足の上ヒゲはわずかながら上抜けた。5日 移動平均線(2万6166円06銭=24日)を4日連続で上回る良好な基調を維持して おり、雲を上抜ければ75日線(2万6830円72銭=同)が視野に入ってきそうだ。 <15:11> 新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ高

<15:11> 新興株市場はマザーズが大幅続伸、マイクロ波化学はストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.68%高の671.67ポイントと 大幅に続伸した。米長期金利が低下基調にあり、前日の米市場ではハイテク株比率の高い ナスダック総合が上昇しており、投資家心理を支援した。 値がさのメルカリや、ビジョナル、フリーなどの上昇が牽 引した。一方、モダリスやキャンバス、サインドはさえなかっ た。 グロース市場に新規上場したマイクロ波化学の初値は公開価格を9%下回る 550円となった。その後は切り返し、ストップ高水準の650円で取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、米株高期待の買いが支援

<14:28> 日経平均は上げ幅拡大、米株高期待の買いが支援 日経平均は上げ幅を拡大している。足元では前営業日比340円ほど高い2万650 0円前半。多くの業種が前引け時点に比べて高くなっている。「先物の買いが午後に入っ て増えている印象」(国内証券)という。 時間外取引の米株先物が後場の時間帯に上値を伸ばしており、投資家心理を支援して いる。「今晩の米株高を期待する買いが入っているようだ」(別の国内証券)との声が聞 かれた。前引け時点から下げているのは銀行、鉱業、石油・石炭製品。 東証33業種では、値上がりはサービス業や化学工業、海運業...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり

<13:01> 後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり 後場に入り日経平均は上げ幅を拡大し、日中高値を更新している。前営業日比約25 0円高で、2万6400円台前半で推移。米株先物はプラス圏で推移し、しっかりした値 動きとなっている。 前場に引き続き半導体関連株が底堅く、相場を押し上げている。業種別ではサービス 業が堅調。東証33業種では、値上がり率トップとなっている。 市場では「日本の場合はコロナ禍からの回復が遅れていた分、サービス業関連の上昇 期待は十分にある。サービス関連の銘柄は割安なものも多く、買いが集まっているようだ...

午前の日経平均は続伸、半導体関連株に買い戻し

24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比190円99銭高の2万6362円24銭と、続伸した。寄り付きから底堅く推移し、徐々に上げ幅を拡大。米長期金利の低下基調を受けて、半導体関連などの値がさ株が買われたほか、グロース株の一角が堅調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し

<11:12> 日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約210円高の2万6300円台後半で推移 している。半導体関連の値がさ株が引き続き堅調で、相場を押し上げている。 東京エレクトロン、アドバンテストはそれぞれ2%高。市場では、 「米金利の低下基調に加え、インテルのCEO(最高経営責任者)が半導体の供給不足は 少なくとも2024年まで続くと話したことが材料視され、半導体関連株に買い戻しが入 っているようだ」(国内証券)との声が出ている。 東証33業種では、サービス業、精密機器、化学工業など...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引

<10:05> 日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引 日経平均は上値追い。2万6300円前後で推移している。とりわけ戻す理由が見当 たらず、自律反発との見方が出ていた。東京エレクトロンなど半導体関連株など 指数寄与度が大きい銘柄がけん引する格好。その一方で、景気敏感セクターに下げる銘柄 が目立つ。 市場では「半導体関連株が上げをリードしているが、これらは直近の相場で売り込ま れただけに、自律反発の色彩が強い。大引けまでこの動きがもつかどうかが注目されそう だ」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声も聞かれた...

寄り付きの日経平均は続伸、高寄り後は一進一退 物色面も高安まちまち

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円17銭高の2万6228円42銭と、続伸してスタート。米株高を好感して始まった格好だが、すぐにマイナスに転じた後は一進一退の動きになるなど方向感を欠いている。物色面でも、バリュー系銘柄、グロース株のいずれも高安まちまちで、特徴が見当たらない。週末とあって模様眺めとなり、全体的に小動きになるとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 C&FロジHLDG 27% 1,295 1,294 1,295 1,021 2 SCSK 23% 2,690 2,690 2,690 2,190 3 淀川製鋼所 23% 2,693 2,693 2,693 2,193 4 ダブル・スコープ 22% 2,184 2,184 2,184 1,784 5 パーソル...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、「下放れタスキ」出現で要注意

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、「下放れタスキ」出現で要注意 日経平均・日足は上下に比較的長めのヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6 246円31銭と急反発。前日の長い下ヒゲが下方硬直性が強いと思わせたほか、売られ 過ぎを示唆する指標も多く、突っ込み警戒感から自律的に切り返した格好だ。上ヒゲが重 さを多少感じさせながらも、足そのものは強さを示している。 もっとも、今回のパターンは「下放れタスキ」で、典型的な追撃売りのサイン。見た 目は相場反転を期待させるが、教科書通りの展開となるのであれば今回の上昇は「アヤ戻 し」になる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は5日ぶり反発、売り飽き感台頭 直近IPOの堅調目立つ

<15:10> 新興株は5日ぶり反発、売り飽き感台頭 直近IPOの堅調目立つ 新興株式市場は、買い優勢の展開。マザーズ総合が前営業日比で4.06%高の64 0.35ポイントと5日ぶりに反発した。前日は同指数が連日の年初来安値更新となるな ど、地合いの悪化が極まった感もあったが、そうした中で売り飽き感が台頭。「プライム 市場の上場も追い風もなり、買いが入るようになった」(国内証券)という。そうした中 、直近IPOの堅調さが目立つ。 個別では、トリプルアイズ、ENECHANGEがストップ高とな ったほか、ANYCOLORが大幅高。フリーもしっかりだが...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up