for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社東京機械製作所

6335.T

現在値

865.00JPY

変化

-63.00(-6.79%)

出来高

37,400

本日のレンジ

862.00

 - 

931.00

52週レンジ

275.00

 - 

3,720.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
928.00
始値
913.00
出来高
37,400
3か月平均出来高
2.18
高値
931.00
安値
862.00
52週高値
3,720.00
52週安値
275.00
発行済株式数
8.73
時価総額
8,056.79
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Tokyo Kikai Seisakusho Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tokyo Kikai Seisakusho to drop poison pill defense against Asia Development Capital

Tokyo Kikai Seisakusho to sell Tokyo-based property

Tokyo Kikai Seisakusho says president to resign

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社東京機械製作所とは

東京機械製作所グループは、印刷機械とこれを制御するプレスコントロールシステムの製造販売を主な内容とするほか、各事業に関連するサービスの提供を行う。【事業内容】印刷機械関連事業セグメントを運営する。印刷機械の製造販売とその保守サービスをする。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

6F, Mita Nitto Dai Bldg., 3-11-36, Mita

MINATO-KU, TKY

108-8375

Japan

+81.3.34518141

http://www.tks-net.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Kiyoshi Tsunami

President, Executive Officer, Representative Director

Haruyoshi Kobayashi

Senior Managing Director, Manager of Kazusa Techno Center

Takashi Ohmi

Managing Director, Manager of Kazusa Techno Center

Yoshinori Joto

Managing Executive Officer

Teruhiko Shiba

Managing Executive Officer, Assistant Manager of Kazusa Techno Center

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
32.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.83
株価純資産倍率(四半期)
1.10
株価キャッシュフロー倍率
16.92
総負債/総資本(四半期)
27.42
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
2.70
自己資本利益率(過去12カ月)
1.90

最新ニュース

最新ニュース

東京機械、通期業績見通しを赤字に修正 訴訟関連費用も圧迫

新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は14日、2022年3月期の連結業績予想を修正し、純損益が11億3000万円の赤字になる見通しだと発表した。従来は3億1000万円の黒字を見込んでいた。保守サービスの売り上げ減少や新規受注案件の延期に加え、同社株式の大量取得を巡るファンドとの訴訟関連費用も圧迫したという。

東京機械、新株予約権無償割り当てを中止

東京機械製作所は25日、新株予約権の無償割り当ての実行を中止すると発表した。アジア開発キャピタルが今後、大規模買い付け行為等を行わず、今年8月30日から6カ月以内に持ち株を32.72%以下まで減少させることを誓約したため。

アジア開発、東京機械への大規模買付行為検討を撤回

アジア開発キャピタルは24日、東京機械製作所の保有株を引き下げた後も、改めて株式公開買い付け(TOB)などの大規模買い付け行為を検討する可能性を示していた方針を撤回すると発表した。

アジア開発、株式保有引き下げ後に大規模買付行為は実施せず=東京機械に回答

アジア開発キャピタルは22日、東京機械製作所に対し、同社株の保有比率を引き下げた後に株式公開買い付け(TOB)などの大規模買い付け行為を実施する予定はないとする書簡を送った。

東京機械がアジア開発に書簡、大規模買付を行わない誓約求める

東京機械製作所は19日、アジア開発キャピタルが同社株の保有比率を引き下げた後にTOBなどの大規模買い付け行為を実施しないと誓約するかどうかについて、22日午後6時を期限に回答を求める書簡を送付した。

ホットストック:東京機械が大幅安、買収防衛策差し止めを認めない司法判断が確定

東京機械製作所が大幅安となっている。午前10時現在、東証1部の値下がり率ランキングで第2位。買収防衛策差し止めを認めない司法判断が確定したことを受けて、思惑から買っていた向きの見切り売りを誘った。

東京機械の買収防衛策、最高裁も差し止め認めず

最高裁判所は18日、東京機械製作所による買収防衛策の発動差し止めを求めた投資会社アジア開発キャピタルの特別抗告と許可抗告を棄却した。差し止めを認めなかった東京地裁と高裁の判断が確定し、東京機械の買収防衛策は認められた。

東京機械が防衛策の発動留保、アジア開発が株保有引き下げ約束

東京機械製作所は17日、同社株約4割を保有するアジア開発キャピタルに対する買収防衛策の発動を留保すると発表した。アジア開発から同日、出資比率を引き下げるとの誓約書を受領したため。防衛策を中止するかどうかは、誓約書の有効性を精査した上で決める。

アジア開発、最高裁に不服申し立て=東京機械の買収防衛策差し止めで弁護士

アジア開発キャピタルの弁護士は9日、東京機械製作所の買収防衛策差し止めを求めた同社の抗告を東京高裁が棄却したことに伴い、最高裁への不服申し立てを完了したことを明らかにした。

東京高裁がアジア開発の抗告棄却、東京機械の買収防衛策巡り

東京高等裁判所は9日、東京機械製作所の買収防衛策差し止めを求めたアジア開発キャピタルの抗告を棄却した。アジア開発は防衛策を認めた東京地裁の決定を不服とし、即時抗告していた。

東京高裁、東京機械の買収防衛策巡るアジア開発の抗告棄却=関係者

東京高裁は9日、東京機械製作所による買収防衛策の差し止めを求めたアジア開発キャピタルの抗告を棄却した。

買収防衛策認めた地裁判断「適正」と東京機械、アジア開発の即時抗告

東京機械製作所は2日、同社による買収防衛策発動を認めた東京地裁の判断に対し、アジア開発キャピタルが東京高裁に即時抗告したことについて、地裁の「判断は適正なものであると確信しており、決定は維持すべきものであることを主張する予定」とのコメントを発表した。

買収防衛策認めた地裁判断「適正」と東京機械、アジア開発の即時抗告

東京機械製作所は2日、同社による買収防衛策発動を認めた東京地裁の判断に対し、アジア開発キャピタルが東京高裁に即時抗告したことについて、地裁の「判断は適正なものであると確信しており、決定は維持すべきものであることを主張する予定」とのコメントを発表した。

アジア開発が高裁に即時抗告、東京機械の買収防衛策

アジア開発キャピタルは1日、東京機械製作所による買収防衛策発動を認めた東京地裁の判断に対し、東京高裁に即時抗告したと発表した。

東京地裁が東京機械の買収防衛策認める、アジア開発は近く抗告へ

東京地裁は29日、東京機械製作所の買収防衛策の発動差し止めを求めたアジア開発キャピタルの仮処分申し立てを却下した。東京機械が発表した。ロイターが閲覧した判決文によると、地裁は株主であるアジア開発の議決権を制限したまま臨時株主総会で防衛策発動が承認されたことについて、「直ちに不合理であるとはいえない」とした。アジア開発は近く高裁へ抗告する。

東京機械の買収防衛策巡る地裁判断、1日に抗告へ=アジア開発側弁護士

アジア開発キャピタル側の大塚和成弁護士は29日、東京機械製作所の買収防衛策について、差し止めの仮処分申請を東京地裁が却下したことに対し、11月1日に高裁に抗告する予定だと明らかにした。

東京地裁、アジア開発キャピタルの仮処分申し立て却下=東京機械の買収防衛策で関係者

複数の関係者によると、東京地裁は29日、東京機械製作所の買収防衛策の発動差し止めを求めたアジア開発キャピタルの仮処分申し立てを却下した。

焦点:異例の防衛策に司法判断へ、日本の買収ルール不備の声も

東京機械製作所が発動を目指す強硬な買収防衛策は認められるのか。会社側の同意がないまま買収を仕掛けられるケースが相次ぐ中、東京地裁が今月末にも下す判断によっては、企業が防衛策を発動するハードルが下がる可能性がある。

情報BOX:アジア開発キャピタルの東京機械株取得めぐる経緯

東京機械製作所は22日午後、臨時株主総会を開催した。アジア開発キャピタルの買収に対する防衛策の発動を株主に諮り、賛成多数で可決された。

東京機械の臨時株主総会、買収防衛策発動を可決

東京機械製作所が22日に開いた臨時株主総会で、アジア開発キャピタルに対する買収防衛策の発動が可決された。アジア開発は防衛策の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てており、実際に発動できるかどうかは今月下旬にも下される司法判断を待つことになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up