for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ダイキン工業株式会社

6367.T

現在値

21,555.00JPY

変化

-520.00(-2.36%)

出来高

1,034,800

本日のレンジ

21,180.00

 - 

21,945.00

52週レンジ

18,850.00

 - 

29,595.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
22,075.00
始値
21,890.00
出来高
1,034,800
3か月平均出来高
18.33
高値
21,945.00
安値
21,180.00
52週高値
29,595.00
52週安値
18,850.00
発行済株式数
292.68
時価総額
6,455,836.00
予想PER
25.57
配当利回り
0.91

次のエベント

Q1 2023 Daikin Industries Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Daikin Industries Expected To Report Highest Net Profit Ever For FY Ended March 31 - Nikkei

Japan's Daikin agrees to acquire Italian hydraulic equipment maker Duplomatic for 220 million Euros

Japan's Daikin Industries says completes acquisition of AHT for 579 mln euro

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ダイキン工業株式会社とは

ダイキン工業グループは、空調・冷凍機及び化学製品を製造、販売する。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。空調・冷凍機事業は、住宅用・業務用・舶用空調及び冷凍機製品の製造、工事施工及び販売を行う。化学事業は、フルオロカーボンガス、フッ素樹脂及び化工機などの化学製品の製造、販売を行う。また、油機事業、特機事業及び電子システム事業も行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

19F, Umeda Center Bldg.

2-4-12, Nakazaki-Nishi, Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-8323

Japan

+81.6.63734312

https://www.daikin.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Noriyuki Inoue

Chairman of the Board, Global Group Representative Executive Officer

Masanori Togawa

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Koichi Takahashi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Accounting & Finance

Takashi Matsuzaki

Executive Vice President, Director

Masatsugu Minaka

Executive Vice President, Chairman of Subsidiary, Director

統計

2.20 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.6K

2021

2.5K

2022

3.1K

2023(E)

3.4K
EPS (JPY)

2020

583.610

2021

533.970

2022

743.880

2023(E)

861.269
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.08
株価純資産倍率(四半期)
3.27
株価キャッシュフロー倍率
17.29
総負債/総資本(四半期)
41.82
長期負債/資本(四半期)
17.09
投資利益率(過去12カ月)
9.15
自己資本利益率(過去12カ月)
6.38

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で維持 25日線は下回る

<15:44> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で維持 25日線は下回 る 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6804円60銭。実体部分が小 さく十字線に近い形状で、気迷いを印象付ける。5日移動平均線(2万6677円71銭 =29日)を終値で上回り、下値の堅さがうかがわれる。前日にはパラボリックが陽転し 、MACDもゴールデンクロスした。一方、25日線(2万6989円09銭=同)を再 び下回った。スローストキャスティクスのデッドクロスが観測されており、売りシグナル への警戒も必要になりそうだ。 <15:08> 新興株...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、マイクロアドは公開価格下回る

<15:08> 新興株はマザーズが反落、マイクロアドは公開価格下回る 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.30%安の668.55ポイントと 反落した。前日の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅安となり、投資 家心理の重しとなった。マザーズは前日まで4連騰しており、利益確定や戻り待ちの売り が上値を抑えた。 グロース指数は同1.04%安の852.88ポイントだった。 値がさのメルカリやフリー、ビジョナルの下げが重しにな った。一方、ライフネット生命保険やGA technologies はしっかり。アドバンスト・メディア...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い継続、株主総会明けの需給改善への期待も

<14:33> 日経平均は安値もみ合い継続、株主総会明けの需給改善への期待も 日経平均は安値もみ合いが継続している。TOPIXの浮動株比率見直しに伴うリバ ランスへの警戒感が重しとなっているほか、心理的節目2万7000円での上値の重さが 確認されたとして「買い上がる材料に乏しい状況」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、きょうは株主総会の集中日で「総会を通過すれば、配当再投資で需給が改善し てくるのではないか」(別の国内証券)と期待する声も聞かれる。 東証33業種では、値下がりはゴム製品や海運業、ガラス・土石製品など23業種で 、値上がりは...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、月末月初を意識し模様眺め

<13:00> 日経平均は安値もみ合い、月末月初を意識し模様眺め 後場に入ってからの日経平均は安値もみ合いで、2万6700円台で推移している。 前場終盤の地合いを引き継ぎ上下いずれにも大きく振れる様子はなく、前引けをやや下回 る水準で一進一退となっている。 市場では「きょうから実質今年後半の相場がスタートしたが、月末事情に加え、月初 に経済指標の発表を多数控えていることなどが意識されており、全般的に模様眺めとなっ ている」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反落、米株安を嫌気 値がさ株中心に軟調 前場の東京株式市場...

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 値がさ株中心に軟調

29日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比289円48銭安の2万6759円99銭と反落した。前日の米国株式市場の下落を嫌気し値がさ株を中心に軟調な展開で、中盤から下げ渋ったものの、6月末の配当権利落ち分約33円も加わり終始さえない動きとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋る、時間外取引で米先物が底堅く推移

<11:15> 日経平均は下げ渋る、時間外取引で米先物が底堅く推移 日経平均は下げ渋る展開となっている。上値の重さが引き続き気にされているが、時 間外取引で米株先物が底堅く推移しているため、米国株式市場の反発を読んだ場合、これ 以上は売り込みにくいという。 市場では「世界的に物価に対してナーバスになっているが、国内要因としても注目度 が高まってきた。そうした中、月末月初で経済統計が多数発表されるため、身動きが取れ なくなる」(国内証券)との声が聞かれる。 <10:11> 日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し

<10:11> 日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約330円安の2万6700円台前半で推移 している。値がさ株の下げが加速しており、相場の重しとなっている。ファーストリテイ リング、ソフトバンクグループの2銘柄で日経平均を約50円押し下げ ている。 市場では、ここ数日は材料に乏しく、米国をはじめとする経済指標に一喜一憂する展 開が続いている。一方で「マーケット参加者の間では、トヨタやダイキンなどは政策保有 株が多く、売り需要が発生しているのではないかとの観測がある」(国内証券)...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物が急落、2万6000円割れ スイス中銀の利上げで

<16:55> 日経平均先物が急落、2万6000円割 れ スイス中銀の利上げで 日経平均先物が下げ幅を拡大し、心理的節目の2万6000円を割り込んでいる。大 証の日経平均先物9月限は現在500円超安の2万5800円台半ば。引け後にスイス中 銀が15年ぶりの利上げを発表をし、市場でサプライズが広がっている。 スイス国立銀行(中央銀行)は16日、政策金利を0.5%ポイント引き上げマイナ ス0.25%とした。インフレに対処するために2007年9月以来15年ぶりに利上げ に踏み切った。 <15:45> 新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、弱い基調変わらず

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、弱 い基調変わらず 日経平均・日足は上ヒゲを伴う安値引けの「中陰線」となった。終値は2万6431 円20銭。心理的節目の2万7000円手前では上値の重さが意識された。日経平均は5 日ぶりの反発となったものの、長短移動平均線はすべて下回っているほか、日足・一目均 衡表の雲(下限:2万6510円28銭=16日)を下抜けており、引き続き弱気相場の 様相がうかがわれる。 <15:45> 新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.32%安の636.32ポイント...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ安

<15:45> 新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.32%安の636.32ポイントと 続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、アジア株や時間外取引での米株先物 の軟化を受け、マイナス圏に転落して安値引けとなった。 個別では、メルカリ、メドレー、弁護士ドットコム、JT OWERが軟調。サンバイオ、セルソースが買われた。 <14:30> 日経平均は上げ幅を縮小、200円超高 アジア株安など重し 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万6500円台前半を推 移している...

日経平均は大引け=5日ぶり反発も安値引け、上値の重さ意識

東京株式市場で日経平均は、前営業日比105円04銭高の2万6431円20銭と、5日ぶりに反発した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、朝方は600円超高となる場面があったが、後場は利益確定売りに押され、安値引けとなった。心理的節目の2万7000円の手前では上値の重さが改めて確認された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を縮小、200円超高 アジア株安など重し

<14:30> 日経平均は上げ幅を縮小、200 円超高 アジア株安など重し 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万6500円台前半を推 移している。時間外取引での米株先物やアジア株の軟化が嫌気されている。足元のナスダ ック100Eミニ先物小幅安、香港ハンセン株価指数は1%超安。 市場では「中国のゼロコロナ政策は当面続くとされており、経済の先行きに対する悲 観ムードが広がっている」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時30分現在の東証プライム市場の売買代金は2兆0077億8400万円。 東証33業種では、水産・農林業、...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は上げ幅縮小、日銀会合を前に市場では思惑も

  <13:40> 後場の日経平均は上げ幅縮小、日銀会合を前に市場では思惑も 後場に入り、日経平均は上げ幅を縮小している。約280円高の2万6600円付近 で推移している。前日の米株は反発したが、米連邦準備理事会(FRB)が一段とタカ派 姿勢を強めたことで、警戒感も根強い。「米金利上昇を見据えて日本株市場では利益確定 売りが出て、米債を買う動きがみられる」(国内証券)との声が聞かれた。 17日には、日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えている。「市場の予想通り政 策の現状維持が示されれば、株式市場への影響は限定的となりそうだ」(国内運用会社...

午前の日経平均は反発、FOMC通過で買い戻し 一時600円超高

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比367円89銭高の2万6694円05銭と、反発した。市場の関心が高かった米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、買い戻しが先行した。一時600円超高に上昇したが、心理的節目の2万7000円の手前では利益確定売りに抑えられ、伸び悩んだ。 

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、雲下抜け トレンドラインの攻防に

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、雲下抜け トレンドラインの攻防に 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は前営業日比303円70銭安の2万6 326円16銭。上下のヒゲはごく短く、売り方優勢がうかがえる。前日に続き、25日 移動平均線(2万7065円65銭=15日)など主な移動平均線をすべて下回った。 日足・一目均衡表の雲(下限:2万6510円28銭=同)を下抜け、前日安値(2 万6357円90銭)も下回っており、地合いは弱い。目先は、3月9日、5月12日の 両安値を結んだトレンドライン(2万6200円付近=同)を維持できるかが...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが反落、米FOMC警戒感で軟調

<15:35> 新興株市場はマザーズが反落、米FOMC警戒感で軟調 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.52%安の644.84ポイントと 反落した。日本時間の明日未明に結果が公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)を 前に「イベントへの警戒感で、新興株市場でも積極的な売買は手控えられたようだ」(国 内証券)との声が聞かれた。 個別では、ANYCOLOR、ENECHANGE、ビジョナル<4 194.T>などが上昇。一方、プレミアアンチエイジング、Mマート、co lyは下落した。 <14:15> 後場の日経平均は日中安値圏、FOMC...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は日中安値圏、FOMC控え警戒感強まる

<14:15> 後場の日経平均は日中安値圏、FOMC控え警戒感強まる 後場の日経平均は、前営業日比270円安の2万6300円台半ばで推移している。 日中安値を更新し、軟調な展開が続いている。市場では、日本時間の明日未明に公表され る米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、「(イベントへの)警戒感で手掛けにくさ が意識されている」(国内証券)との声が聞かれた。 明日のFOMCでは、75ベーシスポイント(bp)の利上げが織り込まれているが 、「市場の想定通り75bp利上げが公表されれば、マーケットへのショックはそこまで 大きくないのではないか...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は安値圏、日中安値を更新

<13:00> 後場の日経平均は安値圏、日中安値を更新 後場の日経平均は200円超安の2万6400円台前半と安値圏でもみあい。一時、 224円15銭安の2万6405円71銭で日中安値を更新した。米連邦公開市場委員会 (FOMC)結果待ちで一段と見極めムードが強まっている。 市場では「景気減速懸念もくすぶる。米株の明確な底打ちサインが見られるまでは動 きづらい」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆5463億3300万円。東証3 3業種では、 鉱業、石油・石炭製品、精密機器、電気・ガス業などの24業種...

午前の日経平均は続落、FOMC前で慎重な動き

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比194円85銭安の2万6435円01銭と、4日続落して取引を終えた。中国経済指標を受けたアジア株上昇などは下値を支えたものの、「FOMC前で身動きが取れない」(国内証券)として買い意欲は乏しかった。

日経平均は大幅続落、2万7000円割れ 今年3番目の下げ幅

東京株式市場で日経平均は大幅続落し、心理的節目の2万7000円を割り込んだ。下げ幅は今年3番目を記録し、終値は前営業日比836円85銭(3.01%)安の2万6987円44銭。先週末の米国株式市場での売りが波及したほか、中国における新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)再導入も嫌気された。後場の日経平均は円金利上昇を受けて一段安となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up