for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラザー工業株式会社

6448.T

現在値

1,928.00JPY

変化

-25.00(-1.28%)

出来高

569,200

本日のレンジ

1,924.00

 - 

1,948.00

52週レンジ

1,881.00

 - 

2,690.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,953.00
始値
1,938.00
出来高
569,200
3か月平均出来高
15.13
高値
1,948.00
安値
1,924.00
52週高値
2,690.00
52週安値
1,881.00
発行済株式数
255.54
時価総額
503,397.30
予想PER
9.67
配当利回り
3.48

次のエベント

Dividend For 6448.T - 34.0000 JPY

適時開示

その他

Brother Indsutries Ltd - To Spend About 2 Billion Yen To Build Machine Tool Production Plant Near Bengaluru, India, To Be Completed In Sept 2024

Brother Industries Ltd: Will Retire Treasury Shares Worth 1.7% Of Outstanding Stock

Brother Industries To Take Full Control Of Nissei Corp In A Tender Offer Bid

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラザー工業株式会社とは

ブラザー工業グループは、プリンティング・アンド・ソリューションズ事業、パーソナル・アンド・ホーム事業、マシナリー事業、ネットワーク・アンド・コンテンツ事業、ドミノ事業、その他事業を行う。【事業内容】6つの事業セグメントを通じて事業を展開する。プリンティング・アンド・ソリューションズ事業は、プリンターや複合機といった通信・プリンティング機器及び電子文具等の製造・販売を行う。パーソナル・アンド・ホーム事業は、家庭用ミシン等の製造・販売を行う。マシナリー事業は、工業用ミシン、ガーメントプリンター、工作機械、減速機及び歯車等の製造・販売を行う。ネットワーク・アンド・コンテンツ事業は、業務用カラオケ機器の製造・販売・サービスの提供及びコンテンツ配信サービス等を行う。ドミノ事業は、産業用プリンティング機器の製造、販売等を行う。その他事業は、不動産事業を行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

15-1, Naeshiro-cho, Mizuho-ku

NAGOYA-SHI, ACH

467-8561

Japan

+81.52.8242511

https://www.brother.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshikazu Koike

Chairman of the Board

Ichiro Sasaki

President, Representative Director

Tadashi Ishiguro

Vice President, Representative Director

Mitsuyasu Kyuno

Senior Managing Executive Officer

Yuichi Tada

Senior Managing Executive Officer

統計

2.14 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.6K

2021

0.6K

2022

0.7K

2023(E)

0.8K
EPS (JPY)

2020

190.800

2021

94.360

2022

234.886

2023(E)

201.968
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.11
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
0.85
株価キャッシュフロー倍率
5.52
総負債/総資本(四半期)
7.32
長期負債/資本(四半期)
0.10
投資利益率(過去12カ月)
7.99
自己資本利益率(過去12カ月)
6.18

最新ニュース

最新ニュース

ここ数日預金に資金流入、質への逃避で=ドイツ銀CEO

[フランクフルト 15日 ロイター] - ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は15日、国内金融機関ではここ3─4日、質への逃避による預金への資金流入が見られると述べた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7446円10 銭。75日移動平均線(2万7619円82銭=10日)や5日線(2万7552円40 銭=同)を再び下回り、地合いが悪化。日足・一目均衡表の雲(上限:2万7422円3 7銭=同)は終値で上回り粘り腰を見せたが、75日線は下向きになっており、上値の重 さも意識されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落、ユーザベースはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が0.39%安の735.47ポイント...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続落、ユーザベースはストップ高

((見出しと本文の「小反落」を「小幅続落」に訂正します)) [東京 10日 ロイター] - <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落(訂正)、ユーザベースはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が0.39%安の735.47ポイントと、小幅続落 (訂正)した。東証グロース市場指数は前営業日比0.41%安の935.58ポイント だった。前日の米国市場でハイテク株安となり、投資家心理が冷やされた。一方、個別材 料を手掛かりとした物色が見られた。 米プライベートエクイティ(PE)のカーライル・グループによるTOB(株式公開 買い付け)の発表...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、米インフレは「粘着性」高い項目に不透明

<14:00> 日経平均は小動き、米インフレは「粘着性」高い項目に不透明感 日経平均は後場に入り、小動きを続けている。米CPIの発表を控え、模様眺めが強 まっている。 米インフレを巡り市場では、賃金の伸び鈍化や、住宅賃料などの下落の鈍さが警戒さ れている。「粘着性の高い項目でもあり、その動向は読みにくく、サプライズへの警戒感 が根強い」(国内証券のストラテジスト)という。 決算を手掛かりにした個別物色がみられ、業績予想の上方修正を発表した鹿島<1812. T>や川崎重工業が買われている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、米株安で ...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、米株安で ハイテク銘柄が軟調 

<11:45> 前場の日経平均は続落、米株安で ハイテク銘柄が軟調 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比325円43銭安の2万7391円0 0銭と、続落した。前日の米株安を嫌気し、日本株は軟調な展開となった。ナスダック総 合が2%超安となったほか、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の下落を受けて 値がさのハイテク株が軟調に推移し、相場の重しとなった。 前日の米株市場では主要3指数がそろって下落した。この流れを引き継いで、日経平 均は250円安と、軟調にスタート。指数寄与度の大きいハイテク株や半導体関連株で売 りが先行し、相場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、SOX指数下落でハイテク銘柄に売り

<10:38> 日経平均は軟調、SOX指数下落でハイテク銘柄に売り 日経平均は前営業日比約270円安の2万7400円台前半と、軟調な展開が続いて いる。一時、下げ幅を拡大して前営業日比約340円安となる場面もあった。値がさ株の 下げが目立っており、「前日の米株市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が 大きく下落したことで、電子部品関連など大型のハイテク銘柄に売りが出ている」(国内 証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 今晩は米消費者物価指数(CPI)の公表を控えていることから、「徐々に様子見姿 勢が強まりやすく、売りが一巡した...

寄り突きの日経平均は続落、米株安を嫌気 値がさ株軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比257円35銭安の2万7459円08銭と、続落してスタートした。前日の米株安を嫌気する形で、幅広い業種で売りが優勢となっている。指数寄与度の大きい値がさ株や半導体関連株が軟調で、相場の重しとなっている。個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、東京エレクトロンがさえない。その他、主力株のトヨタ自動車、ソニーグループも売られている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、LIFULLは買い優勢 バンドー化は売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、LIFULLは買い優勢 バンドー化は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 LIFULL 29% 220 220 220 170 2 キャリアデザインセンター <241 27% 1,90 1,90 1,90 1,50 0.T> 4 4 4 4 3 ネクソン 21% 2,85 2,85 2,85 2,35 4 4 4 4 4 セグエグループ 21% 880 880 880...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、終値で200日線を維持

<15:55> 日経平均・日足は「中陰線」、終値で200日線を維持 日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万7199円74銭。日足・一目均 衡表の雲領域(下限2万7211円71銭=同)を下回った一方、200日移動平均線( 2万7164円15銭=4日)を終値で上回ったほか、ローソク足は長めの下ヒゲを伴っ ており、粘り腰をうかがわせる。上向きの25日線(2万6982円61銭=同)も支え 。今後、厚みを増してくる一目均衡表の雲を早期に上抜けできるかが焦点になる。 <15:40> 新興株はマザーズが6日続落、中小型株の底堅さ意識する声も...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが6日続落、中小型株の底堅さ意識する声も

<15:40> 新興株はマザーズが6日続落、中小型株の底堅さ意識する声も 新興株式市場は、マザーズ総合は0.85%安の731.56ポイントと、6日続落 した。東証グロース市場指数は前営業日比0.82%安の930.6ポイントだった。 米金融引き締めの長期化が懸念される中、このところ上昇が目立っていたバンク・オ ブ・イノベーションが26%下落のストップ安水準となり、投資家心理が冷やさ れた。一方、マザーズの下落率は日経平均やTOPIXより小さく、市場では「中小型株 は、グローバル景気の影響を受けにくいとの見立てから底堅さもある」(国内運用会社...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で小動き、海運株が下げ拡大

<13:50> 日経平均は安値圏で小動き、海運株が下げ拡大 日経平均はきょうの安値圏で小動きとなっている。前場の中盤から下げ渋っている一 方、引き続き上値も重い。市場では「今晩の米雇用統計発表を前に、模様眺めが強まりそ うだ」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。 海運株が前引け時点に比べ、下げ幅を広げている。日本郵船と川崎汽船<910 7.T>が業績予想の上方修正を発表したが「先立って商船三井が上方修正した際、 連れ高となっていたこともあり、景気の先行き不透明感がある中で、いったん材料出尽く し感が強まったようだ」(国内運用会社...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は大幅続落、米金利先高観で値がさ株が軟調

<11:45> 前場の日経平均は大幅続落、米金利先高観で値がさ株が軟調 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比560円22銭安の2万7103円1 7銭と、大幅続落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて米株安となった流れ を引き継ぎ、日本株は軟調な展開が続いた。米金利先高観から値がさ株やハイテク株の売 りが加速し、相場を押し下げた。 前日の米株市場は主要3指数がそろって下落。ナスダック総合は1.73% 安と大きく下落した。米株安を嫌気する形で、日本株は大幅安でスタートした。その後も 徐々に下げ幅が拡大し、一時、前営業日比約630...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、値がさ株の売り圧力強まる

<10:35> 日経平均は下げ幅拡大、値がさ株の売り圧力強まる 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約570円安の2万7100円近辺で推移し ている。値がさ株の売りが加速し、指数を押し下げている。ソフトバンクグループ<9984. T>が3%超安となっているほか、朝方プラス圏だったファーストリテイリングも 1%超安と軟調。 市場では今晩の米雇用統計の公表を控えて「米株安を警戒した売りが強まり、後場に かけては海外勢の売りも出る可能性がある」(国内証券・アナリスト)との声が聞かれた 。 一方、テクニカル面では「25日移動平均線(2万6978...

寄り付きの日経平均は大幅続落、米株安の流れ引き継ぐ

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比291円50銭安の2万7371円89銭と、続落してスタートした。米連邦公開市場委員会(FOMC)後に米株安となったことを受けて、日本株市場でも幅広い業種で売りが出ている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ネットワンは買い優勢 山形銀は売り優勢

<08:22> 寄り前の板状況、ネットワンは買い優勢 山形銀は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ネットワンシステムズ 8% 3,11 3,11 3,12 2,87 8 5 0 8 2 三菱自動車工業 7% 560 559 560 522 3 ニホンフラッシュ 7% 999 998 999 933 4 アイコム 7% 2,68 2,68 2,68 2,50 0 0 0 9 5 SRA HLDG 7%...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線を維持

<15:58> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線を維持 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7678円92銭。前日に続いて 75日移動平均線(2万7578円89銭=1日)を終値で上回った。ローソク足は下ヒ ゲが長めで、買い意欲がうかがえる。日足・一目均衡表のねじれを経て上昇し、雲領域に 差し掛かった。薄い雲(上限は2万7750円53銭=同)を上抜け、上げ歩調を強める かが焦点。 <15:35> 新興株はマザーズがわずかに続落、値幅取りの動きも 新興株式市場は、マザーズ総合は0.01%安の745.46ポイントと、わずかに 4...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズがわずかに続落、値幅取りの動きも

<15:35> 新興株はマザーズがわずかに続落、値幅取りの動きも 新興株式市場は、マザーズ総合は0.01%安の745.46ポイントと、わずかに 4日続落した。東証グロース市場指数は前営業日比0.01%安の947.68ポイント だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にして手控えムードとなる中、市場では 「直近IPO銘柄を中心に値幅取りの動きもみられた」(国内証券のアナリスト)との声 が聞かれた。 Appier GroupやANYCOLORが大幅安。サンバイ オは年初来安値を更新した。一方、M&A総合研究所やバンク・オブ・ イノベーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、トヨタ株は決算後に軟化

<13:30> 日経平均は上値重い、トヨタ株は決算後に軟化 日経平均は、後場入り後は小高い水準での小動きとなっている。トヨタ自動車<7203. T>が中間決算を発表した後はやや上値が重い。 トヨタ株は、発表前に小高い水準だったが、発表後に上下した後、売りが優勢となり 、一時1.9%安に下落した。 トヨタは2023年3月期の連結営業収益予想を36兆円に上方修正した一方、営業 利益予想は従来2兆4000億円で据え置いた。 <11:45> 前場の日経平均は小幅続伸、好決算銘柄が支え 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比58円88銭高の2...

午前の日経平均は小幅続伸、好決算銘柄が支え

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比58円88銭高の2万7646円34銭と小幅に続伸した。好業績銘柄を中心に買いが入り底堅い展開だったが、節目の2万7500円を上回ったことで上値の重さも意識され、値幅は120円程度にとどまった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、決算手掛かりにした物色広がる

<10:33> 日経平均は一進一退、決算手掛かりにした物色広がる 日経平均は一進一退の展開となっている。一時、マイナス圏に沈む場面もみられたが 、再び小幅高の水準まで値を戻している。市場関係者からは「昨日、米株安となった割に は日本株はしっかりした動きで底堅い印象」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞か れる。 国内主要企業の決算発表が相次ぐ中、決算を手掛かりにした個別物色が活発で、「上 方修正した企業は買われ、下方修正した企業は売られるなど、素直な反応が見受けられる 」(別の国内証券・ストラテジスト)との指摘が出ている。個別では、業績見通...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up