for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新晃工業株式会社

6458.T

現在値

1,407.00JPY

変化

-39.00(-2.70%)

出来高

92,300

本日のレンジ

1,406.00

 - 

1,450.00

52週レンジ

1,406.00

 - 

2,378.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,446.00
始値
1,442.00
出来高
92,300
3か月平均出来高
1.00
高値
1,450.00
安値
1,406.00
52週高値
2,378.00
52週安値
1,406.00
発行済株式数
25.60
時価総額
39,294.51
予想PER
--
配当利回り
3.46

次のエベント

Sinko Industries Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Sinko Industries signs business and capital alliance with DAIKIN INDUSTRIES LTD

Sinko Industries raises consolidated full-year outlook and year-end dividend forecast for FY 2016

Sinko Industries to issue mid-year dividend and raises year-end dividend outlook for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新晃工業株式会社とは

新晃工業グループは、主に空調機器製造販売事業並びにビル管理事業等を行う。【事業内容】日本とアジアの2つの地域別セグメントを通じて運営する。空調機器、冷却塔、氷蓄熱装置及び関連製品の製作・販売を行う。空調工事の請負施工及び建築用資材の製造・販売を行う。空調用設備及び消火設備の設計、施工、保守点検及び整備を行う。建物設備全般の総合管理及び各種清掃を提供する。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

1-4-5, Minamimori-machi, Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-0054

Japan

+81.6.63671811

https://www.sinko.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shozo Takeda

Chairman of the Board, Chairman of Executive Board

Satoshi Suenaga

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Tokuji Aota

Vice President, Executive Vice President, Chief Director of Administration, Representative Director

Takenori Taniguchi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Production, Director

Yoshiaki Katano

Senior Managing Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
9.06
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.94
株価純資産倍率(四半期)
0.72
株価キャッシュフロー倍率
7.39
総負債/総資本(四半期)
6.96
長期負債/資本(四半期)
4.77
投資利益率(過去12カ月)
7.53
自己資本利益率(過去12カ月)
5.96

最新ニュース

最新ニュース

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・丸井グループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.99%にあたる1 400万株、取得総額240億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月1日 から2023年3月31日。 ・アグロ カネショウ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.60%にあ たる45万株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月16日 から2023年3月23日。 ・グローリー 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.2%にあたる500 万株、取得総額...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線が下値支持線

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線が下値支持線 日経平均・日足はわずかな上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は 前営業日比461円73銭安の2万6888円57銭。25日移動平均線(2万6761 円65銭=7日)が下値支持線として機能した。目先は自律反発をしてもおかしくないが 、終値は一目均衡表の雲下限(2万6717円68銭=同)に接近中。下抜けると弱気シ グナルに警戒が必要だ。 <15:45> 新興株はマザーズ指数が続落し4%超安、800ポイント再び下回る 新興株市場では、東証マザーズ指数が続落した。米長期金利...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ指数が続落し4%超安、800ポイント再び下回る

<15:45> 新興株はマザーズ指数が続落し4%超安、800ポイント再び下回る 新興株市場では、東証マザーズ指数が続落した。米長期金利の上昇に伴い、米株市場 でナスダック総合が2%超安となった流れを引き継いだ。 東証マザーズ総合は前営業日比4.27%安の789.16ポイント。再び心理的節 目の800ポイント割れとなった。個別では、メルカリ、フリー、ビジ ョナル、JTOWERが大幅安。そーせいグループ、日本電解 が買われた。 <14:40> 日経平均は2万6900円近辺、押し目買いで下げ幅を縮小 日経平均は2万6900円近辺で小動き。午前...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万6900円近辺、押し目買いで下げ幅を縮小

<14:40> 日経平均は2万6900円近辺、押し目買いで下げ幅を縮小 日経平均は2万6900円近辺で小動き。午前の水準からは下げ幅を縮小する展開と なっている。市場では「朝方に25日移動平均線(2万6700円台半ば=7日)に接近 したところでいったん下げ止まり、押し目買いが入っている」(国内証券)との声が聞か れる。 午後2時30分現在のプライム市場の売買代金は2兆0630億6300万円。とう しょう33業種では、電気機器、非鉄金属、金属製品、ガラス・土石製品などを除く29 業種が値下がり。医薬品、食料品などの4業種は値上がりとなっている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はやや下げ幅縮小、日銀ETF買いへの思惑も支え

  <12:32> 日経平均はやや下げ幅縮小、日銀ETF買いへの思惑も支え 日経平均は後場に入って、やや下げ幅を縮めて始まった。2万6800円台半ばでの 推移となっている。「日銀の上場投資信託(ETF)買いへの思惑も支えになっていそう だ」(国内証券)との声が聞かれた。 市場では、前場のTOPIXが2%超安の場合、日銀が午後にETF買いに動くとの 思惑がある。きょうの前場TOPIXは2.0%安で取引を終えている。 <11:43> 前場の日経平均は大幅続落、米長期金利上昇を警戒  前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比546円96銭安...

午前の日経平均は大幅続落、米長期金利上昇を警戒

7日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比546円96銭安の2万6803円34銭と、大幅に続落して午前の取引を終えた。米長期金利が上昇する中、幅広い銘柄が売られ、心理的節目2万7000円を下回った。値がさのハイテク株や株価収益率(PER)の高い銘柄の下落が指数の重しとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は持ち直し鈍い、外部環境の不透明感くすぶる

<10:58> 日経平均は持ち直し鈍い、外部環境の不透明感くすぶる 日経平均は、朝方に500円超安に下落した後は、2万6700円台半ばを通る25 日移動平均線の手前で下げ渋っている。ただ、米金融引き締めに加え、ウクライナ情勢や 資源価格の動向、ロックダウン(都市封鎖)による中国景気への影響など「外部環境の不 透明感がくすぶっており、株価は持ち直しの動きが鈍い」(国内証券)との声も聞かれる 。 東証33業種では、32業種が値下がりしている。値下がり率上位には電気機器やガ ラス・土石製品、サービス業などが並んでいる。値上がりは医薬品のみ。東証...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は500円超す大幅安、徐々に下げ渋る展開に

<10:00> 日経平均は500円超す大幅安、徐々に下げ渋る展開に 日経平均は前日比で500円を超す大幅安となっている。前日の米株安を嫌気したほ か、買い材料が見当たらないため、下値模索の動きとなった。東証プライム市場では、値 下がり銘柄の比率が90%を超す全面安商状となっている。 ただ、中盤になって下げのスピードは鈍り、徐々に下げ渋る展開となってきた。これ について市場では「日米ともに、ここから決算発表を控えており、これらを見極めたいと のムードが出てくるため、売り買いともに様子見となるのではないか」(国内証券)との 声が聞かれる。...

寄り付き日経平均は大幅続落、米株安受けて 2万7000円を割り込む

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比317円88銭安の2万7032円42銭と、大幅続落してスタート。前日の米国株式市場がハイテク株中心に下落したことを受け、軟調な地合いを継続した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ピアラは買い優勢 日新電機は売り優勢

<08:30> 寄り前の板状況、ピアラは買い優勢 日新電機は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 ピアラ 27% 1,310 1,309 1,310 1,032 2 新晃工業 24% 2,084 2,084 2,084 1,684 3 GameWith 18% 659 659 659 559 4 津田駒工業 17% 693 693 693 593 5 スターティアHLDG <3393 9% 748 747...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は75日線を下回る

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は75日線を下回る 日経平均・日足はわずかな上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は 前営業日比437円68銭安の2万7350円30銭。75日移動平均線(2万7425 円04銭=6日)を下回ったほか、一目均衡表の雲上限(2万7581円90銭=同)も 下抜けており、下値リスクを大きくしている。 <15:45> 新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調 新興株市場では、東証マザーズ指数が7日ぶりに反落した。プライム市場の軟調な流 れに連れ安した。市場では「新興株はこのところ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調

<15:45> 新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調 新興株市場では、東証マザーズ指数が7日ぶりに反落した。プライム市場の軟調な流 れに連れ安した。市場では「新興株はこのところ急速に回復基調が続いていたため、いっ たん利益確定売りが広がったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.10%安。個別では、メルカリ、ビジョナル 、そーせいグループ、フリーが総じて軟調。ウェルスナビ <73 42.T>、JTOWERは買われた。 <13:35> 後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず

<13:35> 後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず 後場の日経平均は前場レンジ(2万7214円─2万7549円)内で小動きで、上 下の値幅は約83円にとどまっている。時間外取引での米株先物がマイナス圏を推移する 中、休日明けのアジア株もさえない動きで、日経平均の重しとなっている。 市場では「押し目買いで指数は下げ止まっているが、米金融引き締め懸念やウクライ ナ情勢に対する警戒感が再び高まっており、上値は追えない」(国内証券)との声が聞か れる。 午後1時30分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆6605億4900...

午前の日経平均は急反落、米国株安を嫌気 下値の目安下回る

6日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比525円93銭安の2万7262円05銭と、急反落した。米国株式市場の下落を受けたほか、ロシアへの追加制裁に対する懸念などから市場センチメントが悪化した。日経平均は、下値の目安として意識されていた3月22日と同23日に空けたマドの下限値(2万7284円47銭)を下回り、テクニカル面でも下値リスクを大きくしている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあう、前日比400円を超す下落

<10:35> 日経平均は安値圏でもみあう、前日比400円を超す下落 日経平均は安値圏でもみあっている。前日の米国株式市場でグロース株中心に下落し たことを受け、日本株も指数寄与度が高い半導体関連株などを中心にさえない展開。前日 比で400円を超す下げとなった。 市場では「ウクライナ情勢でEUがロシアに対して追加制裁を課し、その影響が懸念 されている」(国内証券)との声が聞かれる。 <09:05> 日経平均は反落スタート、米株軟調で売り優勢 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比254円10銭安の2万7533 円88銭と、反落して...

寄り付きの日経平均は反落スタート、米株軟調で売り優勢

  寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比254円10銭安の2万7533円88銭と、反落してスタート。前日の米国株式市場が軟調な展開となったことを受け、全般的に売り優勢で始まった。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、新晃工業が買い優勢 ビジ太昭は売り優勢

<08:45> 寄り前の板状況、新晃工業が買い優勢 ビジ太昭は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 新晃工業 23% 2,114 2,114 2,114 1,714 2 進和 18% 2,300 2,299 2,300 1,956 3 ピアラ 17% 1,032 1,032 1,032 882 4 三浦工業 9% 3,300 3,300 3,300 3,015 5 コスモエネルギーHLDG <5021...

25日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

25日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・シチズン時計 、自己保有株を除く発行済株式総数の7.99%にあたる2 500万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月3 0日から2022年6月30日。 ・カイノス 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.43%にあたる15万 株、取得総額1億5810万円を上限とする自社株買いを実施へ。11月26日午前8時 45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。 買い付け価格は11月25日終値...

18日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

18日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・新晃工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.96%にあたる25万 株、取得総額5億7500万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月19 日から12月3日。 ・明星工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.92%にあたる150 万株、取得総額12億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月19日から 2022年6月30日。 ・ブロードバンドセキュリティ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.7 2%にあたる7万6600株...

18日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

18日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・東京テアトル 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.25%にあたる2 5万株、取得総額2億5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1 9日から2021年3月18日。 ・フューチャー 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.12%にあたる5 0万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月19日から 6月18日。 ・新晃工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.95%にあたる25万 株、取得総額5億円を上限...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up