for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社放電精密加工研究所

6469.T

現在値

780.00JPY

変化

-14.00(-1.76%)

出来高

16,400

本日のレンジ

777.00

 - 

797.00

52週レンジ

600.00

 - 

1,020.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
794.00
始値
794.00
出来高
16,400
3か月平均出来高
0.36
高値
797.00
安値
777.00
52週高値
1,020.00
52週安値
600.00
発行済株式数
7.24
時価総額
6,089.21
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 6469.T - 20.0000 JPY

適時開示

その他

Hoden Seimitsu Kako Kenkyusho says change of president and chairman

Accident in Hoden Seimitsu Kako Kenkyusho's Chiba-based factory kills two, injures one

HODEN SEIMITSU KAKO KENKYUSHO lowers consolidated full-year outlook for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社放電精密加工研究所とは

放電精密加工研究所グループは、金型及び機械部品等の受託製造並びに販売を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。放電加工・表面処理事業は、航空機エンジン部品の製造、産業用ガスタービン部品及びその他各種金属製品の受託加工、航空機エンジン部品・ガスタービン部品の表面処理受託加工、クロムフリー塗料の製造・販売を行う。金型事業は、主にアルミ押出用金型及び付属品、セラミックスハニカム押出用金型及び付属品、金属プレス用金型及び金型プレス用金型部品の製造・販売を行う。機械装置等事業は、プレス複合加工システム、デジタルサーボプレスの製造・販売、プレス部品の受託加工、金属プレス用金型及び金型プレス用金型部品の製造・販売を行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

3-17-6, Shin-Yokohama, Kohoku-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

222-8580

Japan

+81.45.2770330

http://www.hsk.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Katsuhiko Futamura

Chairman of the Board

Norio Kudo

President, Representative Director

Yohei Ando

Managing Director

Toru Ohmura

Managing Director, Director of Administration

Kotaro Hosoe

Executive Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.49
株価純資産倍率(四半期)
1.07
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
98.92
長期負債/資本(四半期)
56.07
投資利益率(過去12カ月)
-9.47
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.12

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、気迷い続く 終値は5日線下回る

<15:55> 日経平均・日足は「短陽線」、気迷い続く 終値は5日線下回る 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「短陽線」。実体部分が5円に満たない値 幅のため「同事線」に準じる。形状としては「上十字」で、気迷いを感じさせながらも、 下値抵抗力を示す足取りとなった。終値が5日移動平均線(2万6729円40銭=15 日現在)を下回ったものの、他に明確な方向性を示すサインは見当たらず、しばらくもみ あいが続くと想定することができる。 目先的に崩れる雰囲気は感じさせないながら、一進一退の状態を続けてきたことで、 上値の重さが徐々に強まってきた...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、IPOのスタメンが初値形成後に乱高下

<15:35> 新興株市場はさえない、IPOのスタメンが初値形成後に乱高下 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも反落し た。市場からは「今日からIPOラッシュが始まったが、当面の間、そちらに人気が吸い 取られる可能性がある」(国内証券)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したスタメンは、公開価格の2.23倍となる205 1円で初値を付けた後は乱高下し、大引けは1866円まで値を消した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%安。個別では、サンオータス や極東産機 がストップ高となったが、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陽線」、5日線が日足に差し掛かる

また、5日移動平均線(2万6685円24銭=14日)が日足の実態部分に差し掛かり、買いの勢いが鈍化していることを象徴している。25日移動平均線(2万6160円56銭=同)は引き続き上を向いているが、5日線が横ばい傾向にあるだけに目先はもみあいが続きそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小幅続伸、IPOラッシュ控え様子見も

新興株市場は小幅続伸。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小幅高となった。市場からは「今日は日経平均やTOPIXがしっかりした動きとなり、新興株市場よりもそちらに投資家のマネーが流れたようだ。明日以降のIPOラッシュを控え、今日は様子見が続いたのではないか」(証券ジャパン・調査情報部長、大谷正之氏)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値と5日線の差が縮小

<16:13> 日経平均・日足は「小陰線」、終値と5日線の差が縮小 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。値動きに乏しく、方向感に欠ける相場展開を表してい る。 また、終値は5日移動平均線(2万6648円24銭=11日)より上をキープしたものの、その距離 は縮小しつつあり、短期的には売りの勢いが強くなる可能性も示唆している。 <15:37> 新興株市場は反発、デジタル関連銘柄の物色活発 新興株市場は日経ジャスダック平均が小反発、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「日経平均が 1日を通して方向感に欠ける動きとなる中、新興株市場では...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、デジタル関連銘柄の物色活発

<15:37> 新興株市場は反発、デジタル関連銘柄の物色活発 新興株市場は日経ジャスダック平均が小反発、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「日経平均が 1日を通して方向感に欠ける動きとなる中、新興株市場ではデジタル関連などテーマ性のある銘柄を中心に 物色が行われたようだ」(国内証券)との声が聞かれた。ただ、マザーズ市場は「10月に高値を付けた後 の調整がしばらく続き、短期的には上値が重い展開となるのではないか」(同)とみられている。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.45%高。個別では、放電精密加工研究所 がストップ 高で取引を終...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は200日線割れず

<15:54> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は200日線割れず 日経平均・日足は「小陰線」。終値は200日移動平均線(2万1620円88銭= 3日)を割り込まず、何とか高値圏に踏みとどまった格好だ。下値は5日移動平均線(2 万1547円30銭=同)がサポートし、弱気転換を回避した。ボリンジャーバンドは拡 散しつつあり、上昇トレンドの持続に期待を残している。当面の上値は5月7日と8日に 空けたマド上限値(2万1875円11銭)がめどになる。 <15:28> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズが5日ぶり反落 新興株市場は軟調。日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズが5日ぶり反落

<15:28> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズが5日ぶり反落 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反 落した。「連騰の後で利益確定売りに押された。景気に敏感な製造業の弱さが目立つ」( 国内証券)との声が出ていた。放電精密加工研究所 、ハーモニック・ドライブ・ システムズ が安く、ブランジスタ も軟調だった。半面、ユーザーローカ ル 、アクセルマーク が高く、フジタコーポレーション も買われ た。 <14:18> 日経平均は軟調継続、円高懸念で上値重い 日経平均は軟調継続。2万1500円台後半...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線を意識

<15:40> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線を意識 日経平均・日足は「小陽線」。連日で上値・下値を切り上げたものの、上方の200 日移動平均線(2万1911円63銭=5日)が抵抗線として意識されている。移動平均 線分析で最も重視されているのは200日線の方向性だが、下降中の同平均線に跳ね返さ れるようでは先高期待も高まりにくい。3月4日の戻り高値(2万1860円39銭)を 抜けるまではトリプルトップ形成のリスクが残る。 <15:30> 新興株市場は堅調、引き続き製造業優位 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均が3日続伸、東証...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、引き続き製造業優位

<15:30> 新興株市場は堅調、引き続き製造業優位 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均が3日続伸、東証マザーズ指数は反発した 。「中国景気の底入れ期待などで製造業を物色する流れが継続している」(国内証券)と の声が出ていた。リバーエレテック 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<632 4.T>が高く、中村超硬 も買われた。半面、ベルトラ 、放電精密加工研究 所 などは軟調だった。 <13:48> 日経平均は高値もみあい、ハイテク株が堅調持続 日経平均は高値もみあい、2万1800円付近で推移している。ソニー 、T DK などのハイテク...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up