for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NTN株式会社

6472.T

現在値

287.00JPY

変化

-3.00(-1.03%)

出来高

4,532,300

本日のレンジ

284.00

 - 

291.00

52週レンジ

181.00

 - 

306.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
290.00
始値
291.00
出来高
4,532,300
3か月平均出来高
106.62
高値
291.00
安値
284.00
52週高値
306.00
52週安値
181.00
発行済株式数
530.90
時価総額
154,414.40
予想PER
13.41
配当利回り
0.86

次のエベント

Q3 2023 NTN Corp Earnings Release

適時開示

その他

R&I affirms NTN's rating at "A-" and says stable outlook-R&I

NTN to merge with three units

R&I affirms NTN's rating at "A-" and says stable outlook -R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NTN株式会社とは

NTNグループは、主に補修市場向け、産業機械市場向け及び自動車市場向けの軸受、等速ジョイント及び精密機器商品等の製造販売を行う。【事業内容】日本、米州、欧州及びアジア他の4つの地域別セグメントから構成される。主要製品には、ベアリング、ボールねじ等の機械部品及びギヤ、モータ、センサー等の周辺部品が含まれる。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

1-3-17, Kyomachibori, Nishi-ku

OSAKA-SHI, OSK

550-0003

Japan

+81.6.64435001

https://www.ntn.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yuriya Komatsu

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Eiichi Ukai

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Tetsuya Sogo

Chief Financial Officer, Executive Officer

Masaki Egami

Executive Officer, Chief Technology Officer, Director

Yasuhiro Kawabata

Executive Officer, Chief Director of Human Resources, Director of Global Human Resources Development

統計

2.33 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.7K

2021

0.6K

2022

0.6K

2023(E)

0.7K
EPS (JPY)

2020

-82.830

2021

-21.916

2022

13.830

2023(E)

21.621
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.79
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.22
株価純資産倍率(四半期)
0.71
株価キャッシュフロー倍率
3.14
総負債/総資本(四半期)
176.25
長期負債/資本(四半期)
99.42
投資利益率(過去12カ月)
1.70
自己資本利益率(過去12カ月)
1.00

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は続落、米株先物にらみ軟調推移 円高も重荷

東京株式市場で日経平均株価は続落した。前日の米国株市場でダウとS&P総合500が反落したことや、外為市場で円高が進行したことなどを嫌気し、朝方から安く始まった。その後、米株先物の軟化に呼応する形で下げ幅を拡大する場面もあったが、下押しは続かず、後場は下げ幅を縮小した。

ホットストック:NTNは続落、前期当期損益439億円の赤字を嫌気

NTNは続落。17日、2020年3月期の連結当期損益が439億円の赤字(前年は69億円の当期赤字)になったと発表し、嫌気されている。新型コロナウイルスの感染拡大などを背景とする世界経済の収縮に伴って客先需要が低減したことに加え、収益性の低下がみられた固定資産について減損損失290億円を計上したことなどが響いた。

春闘集中回答日、変わる賃上げ トヨタはベア見送り・電機は多様化

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。トヨタ自動車<7203.T>が基本給を底上げするベースアップ(ベア)を見送った一方、大手電機は福利厚生に使えるポイントを上乗せする企業があるなど多様化しており、賃上げのあり方が変化してきた。

春闘集中回答日、電機大手はベア7年連続

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。米中摩擦や、新型コロナウイルスの感染拡大の先行きが懸念される中での交渉となったが、電機大手では基本給を底上げするベースアップ(ベア)は7年連続となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up