for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社不二越

6474.T

現在値

3,830.00JPY

変化

30.00(+0.79%)

出来高

67,400

本日のレンジ

3,805.00

 - 

3,865.00

52週レンジ

3,390.00

 - 

4,655.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,800.00
始値
3,810.00
出来高
67,400
3か月平均出来高
1.33
高値
3,865.00
安値
3,805.00
52週高値
4,655.00
52週安値
3,390.00
発行済株式数
23.88
時価総額
94,693.50
予想PER
7.88
配当利回り
2.63

次のエベント

Full Year 2022 Nachi-Fujikoshi Corp Earnings Release

適時開示

その他

Nachi-Fujikoshi Corp - To Buy Back Up To 1.58% Of Shares Worth 1.561 Billion Yen On Friday Before Market Open

Nachi-Fujikoshi's Group Oper Profit Apparently Jumped 44% To Around 16 Bln Yen For Fiscal Year Ended Nov. 30 - Nikkei

Nachi-Fujikoshi's operating profit for 6 months ended May probably grew around 20 pct - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社不二越とは

不二越グループは、工作機械、ロボット、ベアリング、特殊鋼の製造・販売を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。機械工具事業は、工具、工作機械、ロボットを製造・販売する。部品事業は、ベアリング及び油圧機器を製造・販売する。その他の事業は、特殊鋼、工業炉等の製造・販売、運送・情報処理関連サービスの提供を行う。販売につきまして、国内は、自動車メーカー等の大口需要家向販売及び中小口需要家向け市販ルートの販売を自社で行い、特定地域・分野の需要先に対して国内の販売関係会社を通じて行う。海外については、現地の販売子会社等を通じて販売を行う。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

1-1-1, Fujikoshi Hon-machi

MINATO-KU, TKY

105-0021

Japan

+81.3.55685111

https://www.nachi-fujikoshi.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroo Honma

Chairman of the Board, Representative Director

Jun Sakamoto

President, Representative Director

Yuichi Sawasaki

Director of Finance, Director

Hidenori Hayashi

Vice President, Chief Director of Sales, Director

Hideaki Hara

Managing Director

統計

2.60 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.2K

2020

0.2K

2021

0.2K

2022(E)

0.2K
EPS (JPY)

2019

331.890

2020

100.850

2021

418.062

2022(E)

481.580
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.38
株価純資産倍率(四半期)
0.61
株価キャッシュフロー倍率
3.18
総負債/総資本(四半期)
65.79
長期負債/資本(四半期)
34.12
投資利益率(過去12カ月)
5.77
自己資本利益率(過去12カ月)
3.72

最新ニュース

最新ニュース

24日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

24日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> 社名 RIC 株数 自己株 金額(上限) 取得期間 立会外取引 1株当 除く株 /公開買い たり 式総数 付け 取得 に対す 価格 る% 今仙電機製作 115万株 5 8億5000万円 11/25─2023/11/24 所 不二越 38万株 1.58 15億6180万円 11/25 ToSTNeT-3 4110 アスコット 200万株 1.54 3億8200万円 11/25 ToSTNeT-3 191 OUGホール 17万株 3.07 4億2024...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7313円13銭で約2カ月ぶり 安値。支持線とみられた75日移動平均線(2万7514円83銭=21日)や200日 線(2万7395円88銭=同)を終値で下回った。200日線をこのまま割り込んだ場 合、調整が長期化する恐れがあり、7月20日に開けた窓(7月19日高値は2万704 3円58銭)埋めが意識されそうだ。 <15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し

<15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43%安の710.26ポイントと、大幅に3 日続落した。東証グロース市場指数は前営業日比2.43%安の903.03ポイント。 米長期金利が上昇基調にある上、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を日本時 間の明日未明に控え、投資家の慎重姿勢が強まった。 フリーが大幅安となり、年初来安値を更新した。JTOWERやビ ジョナル、ANYCOLORも大幅安だった。一方、BuySell  Techは大幅高。インバウンドテックはストップ高で年初来高値...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は軟調、イベント前で「買い手不在」との声

<13:10> 後場の日経平均は軟調、イベント前で「買い手不在」との声 後場に入り日経平均は軟調に推移し、前営業日比約350円安の2万7300円台半 ばとなっている。前場引けに比べて下げ幅を縮小しているものの、全体的に弱い地合いが 続いている。米連邦公開市場委員会(FOMC)のほか、明日の日銀の金融政策決定会合 などイベントを控え、「買い手不在の中、さえない展開となっている」(国内運用会社) との声が聞かれる。 主力株が前場に引き続き軟調に推移し、市場では、イベント前の調整に加えて「国内 でも消費者物価の上昇がみられる中、この先消費が冷...

午前の日経平均は反落、ポジション調整で主力株に売り

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比379円76銭安の2万7308円66銭と、反落した。前日の米株安の流れを引き継ぎ、日経平均は軟調な値動きが続いた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前にポジション調整の動きがみられ、主力株や値がさのハイテク株の下落が目立った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、主力株の売り圧力強まる 

<10:36> 日経平均は下げ幅拡大、主力株の売り圧力強まる  日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約360円安の2万7300円台前半で推移 している。主力株の売りが一段と強まり、相場を押し下げている。また、米長期金利の上 昇を受けて値がさのハイテク株や半導体関連株が軟調な値動きとなっている。個別では、 トヨタ自動車が2%安、ダイキン工業が3%安と、いずれも朝方に比べ て下げ幅が拡大。 日本時間の明日未明に結果が公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、 ポジション調整の売りが出ているという。一方、「調整が一巡すれば、徐々に様子見姿勢...

寄り付きの日経平均は反落、米株安を嫌気 主力株が軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比247円58銭安の2万7440円84銭と、反落してスタートした。前日の米株安を嫌気する形で幅広い業種で売りが優勢となっている。東証33業種では、海運業、保険業、鉱業など5業種は値上がり。一方、28業種は値下がりで、電気・ガス業、ゴム製品、輸送用機器などの下落が目立っている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、第一実業は買い優勢 日マイクロは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、第一実業は買い優勢 日マイクロは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 第一実業 18% 4,545 4,545 4,545 3,845 2 栄研化学 15% 2,045 2,045 2,045 1,778 3 メイテック 9% 2,585 2,584 2,585 2,380 4 日東紡績 7% 2,640 2,639 2,640 2,467 5 イーエムシステムズ 7% 903...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線で上値重く

   <15:43> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線で上値重く 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7688円42 銭。5日移動平均線(2万7913円05銭=20日)が抵抗線となり、相場の頭が押さ えられた。前週末につかまった日足・一目均衡表の雲領域から抜け出せず、上値の重い地 合いが継続。目先は75日線(2万7520円81銭=同)や200日線(2万7403 円07銭=同)がサポートに意識される。 <15:32> 新興株はマザーズが続落、eWellは初値上回り4000円 新興株式市場は、マザーズ総合が1.2...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、eWellは初値上回り4000円

   <15:32> 新興株はマザーズが続落、eWellは初値上回り4000円 新興株式市場は、マザーズ総合が1.2%安の727.94ポイントと、続落した。 東証グロース市場指数は前営業日比1.2%安の925.53ポイントだった。米長期金 利が上昇傾向にある中、投資家はグロース(成長)株に慎重姿勢となった。 上場2日目のeWeLLの初値は公開価格の2.3倍の3910円となった 。終値は初値を上回る4000円で取引を終えた。 フリーや、そーせいグループが軟調だったほか、ジーエヌアイグル ープは大幅安だった。一方、FinatextHLDG、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、イベント前の連休の間 「身動き取れず」

   <14:02> 日経平均は小動き、イベント前の連休の間 「身動き取れず」 日経平均の午後の値幅は45円程度と、小動きになっている。市場では「米連邦公開 市場委員会(FOMC)や日銀会合が控えている上、連休の間でもあり、身動きが取れな い」(国内証券)との声が出ている。 時間外取引の米株先物は小高く推移して投資家心理を支えているが、「前日の米国株 はの持ち直しは引け間際で、その流れが本物かは見極めにくい」(国内運用会社)と慎重 な見方も聞かれる。 東証33業種では、値上がりはゴム製品や鉄鋼、食料品など26業種で、値下がりは 海運業や...

〔マーケットアイ〕株式:後場に入り日経平均は小動き、商いが引き続き低調

   <13:10> 後場に入り日経平均は小動き、商いが引き続き低調 後場に入ってからの日経平均は小動き。前引けの水準である2万7600円台後半で 推移している。完全に様子見ムードに支配され、方向感に乏しい状態。商いも引き続き低 調となっている。 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)を警戒して、先物にヘッジ売りが活発 化しそうだが、一方では上半期末の配当取りに絡んで、配当再投資の思惑もあるため、需 給面では完全に凪いで(ないで)いる様子だ」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米株上昇を好感 FOMC...

午前の日経平均は反発、米株上昇を好感 FOMC控えで商い細る

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比116円70銭高の2万7684円35銭と、反発した。前日の米株上昇を好感して戻りに弾みを加えたものの、徐々に見送りムードが広がった。米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀政策決定会合を週内に控ているため、積極的な売り買いはみられない。商いは引き続き細っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調もみ合い、徐々に模様眺めムードに

<10:55> 日経平均は堅調もみ合い、徐々に模様眺めムードに 日経平均は堅調もみ合いとなっている。2万7700円前後で推移している。買い一 巡後は後が続かず、いったん値を消す展開となったが、その後はやや持ち直した。ビッグ イベントである米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えているため、積極的な売り買い は難しいという。徐々に模様眺めムードとなってきた。 市場では「FOMC後の動きについて、大口投資家はいろいろシミュレートしている と考えられるが、実際に結果が発表されるまでは動きたくないというのが本音だ。きょう と明日が閑散相場になるのはやむを...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、主力株の上昇が一服

<10:20> 日経平均は上げ幅縮小、主力株の上昇が一服 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約100円高の2万7600円台後半で推移 している。主力株や値がさ株の買いが一服し、日経平均の騰勢は朝方に比べて弱まってい る。 市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に投資家の慎重姿勢が強まってい る。今回のFOMCでは75ベーシスポイント(bp)の利上げが見込まれているが、「 仮に100bpの利上げが決定されれば市場にとってはネガティブサプライズで、日経平 均も下値模索の展開が予想される」(国内運用会社)との指摘が出ていた。 東証33...

寄り付きの日経平均は反発、幅広い業種で買いが優勢

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比221円03銭高の2万7788円68銭と、反発してスタートした。その後も300円高となるなど、堅調に推移している。前日の米株上昇の流れを引き継ぎ、幅広い業種で買いが優勢になっている。業種別では非鉄金属、ゴム製品、その他製品などの上昇が目立つ一方、海運業、不動産業は値下がりしている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、キッツは買い優勢 カナデンは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、キッツは買い優勢 カナデンは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 キッツ 19% 948 948 948 798 2 電通国際情報サービス 16% 5,16 5,16 5,16 4,45 0 0 0 5 3 トーカイ 15% 2,10 2,10 2,10 1,83 0 0 0 4 4 東亜建設工業 12% 2,69 2,69 2,69 2,39 2 2 2 8 5 ニッコン...

ホットストック:不二越がしっかり、第1四半期の営業大幅増益を好感

不二越がしっかりとなっている。前日、2022年11月期第1・四半期決算を発表し、営業利益が前年同期比50.5%の36億3600万円と大幅増益となったことが好感された。通期の予想は据え置いている。

1日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

1日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・不二越 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.11%にあたる2万60 00株、取得総額1億3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月5 日から4月28日。 *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

ホットストック:不二越が大幅高、業績見通しの上方修正を材料視

不二越が大幅高。午前9時15分現在、東証1部の値上がり率ランキングで第5位となっている。業績見通しを上方修正したことが材料視された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up