for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミネベアミツミ株式会社

6479.T

現在値

1,917.00JPY

変化

-52.00(-2.64%)

出来高

1,976,900

本日のレンジ

1,909.00

 - 

1,960.00

52週レンジ

1,304.00

 - 

2,418.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,969.00
始値
1,929.00
出来高
1,976,900
3か月平均出来高
33.68
高値
1,960.00
安値
1,909.00
52週高値
2,418.00
52週安値
1,304.00
発行済株式数
408.40
時価総額
840,921.70
予想PER
19.58
配当利回り
1.42

次のエベント

Q1 2021 Minebea Mitsumi Inc Earnings Release

適時開示

その他

Minebea Mitsumi Inc - To Buy Back Up To 1.81 Percent Of Own Shares Worth 15 Billion Yen Through April 30, 2020

Rpt-Minebea Mitsumi Inc - Announces Results Of Tender Offer For Shares In U-Shin Ltd

Minebea Mitsumi: Announcement Of Commencement Of Tender Offer For Shares In U-Shin Ltd

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミネベアミツミ株式会社とは

ミネベアミツミグループは、機械加工品及び電子機器の製造及び販売等を主な事業の内容とする。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。機械加工品事業は、ボールベアリング、ロッドエンドベアリング、ハードディスク駆動装置(HDD)用ピボットアッセンブリー等のメカニカルパーツ及び航空機用ねじが主な製品である。電子機器事業は、液晶用バックライト、センシングデバイス(計測機器)等の電子デバイス、HDD用スピンドルモーター、ステッピングモーター、直流(DC)モーター、エアームーバー(ファンモーター)、精密モーター及び特殊機器が主な製品である。ミツミ事業は半導体デバイス、光デバイス、機構部品、高周波部品及び電源部品が主な製品である。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

4106-73, Miyota Miyota-machi

KITASAKU-GUN, NGN

389-0293

Japan

+81.26.7322200

https://www.minebeamitsumi.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshihisa Kainuma

Chairman of the Board, Executive President, Chief Executive Officer, Chief Operating Officer, Representative Director

Shigeru Moribe

Vice Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Ryozo Iwaya

Executive Vice President, Director

Shigeru None

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Sales, Director

Tetsuya Tsuruta

Senior Managing Executive Officer, Deputy Chief Director of Sales, Director

統計

2.33 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.9K

2019

0.9K

2020

1.0K

2021(E)

0.9K
EPS (JPY)

2018

141.140

2019

143.900

2020

111.110

2021(E)

100.583
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.12
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.86
株価純資産倍率(四半期)
2.04
株価キャッシュフロー倍率
9.03
総負債/総資本(四半期)
56.22
長期負債/資本(四半期)
32.06
投資利益率(過去12カ月)
8.85
自己資本利益率(過去12カ月)
5.84

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:電子部品株が軟調、米アップル一部店舗の一時閉鎖を嫌気

電子部品株が軟調。村田製作所、アルプスアルパイン、TDK、太陽誘電、ロームなど安い。米アップルが19日、米国で新型コロナウイルス感染が拡大しているため、フロリダ州、アリゾナ州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州の11店舗を一時閉鎖すると発表したことが嫌気されている。

ホットストック:村田製作所など軟調、米アップルが1─3月期売上高予想未達の見通し

アップル関連株が軟調。村田製作所、TDK、太陽誘電は一時3%超安となっている。米アップルが17日、新型コロナウイルスの流行の影響で1─3月期の売上高が会社予想に未達となりそうだと発表し、嫌気されている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=23日

RIC 銘柄名 01 大東建託 02 ワッツ 03 ケンコーマヨネーズ 04 三洋貿易 05 じげん 06 サイバーリンクス 07 ディー・エル・イー 08 タキロンシーアイ 09 合同製鉄 10 ミネベアミツミ 11 全国保証 12 オーハシテクニカ 13 タカラスタンダード 14 蝶理 15 カナデン 16 ライフコーポレーション 17 セブン銀行 18 明和地所 19 日神不動産 20 グランディハウス 21 山九 22 日本電信電話 23 アイドママーケティングコミュ ニ  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=10日

RIC 銘柄名 該当なし                             

ホットストック:アップル関連株が軟調、iPhoneの売上鈍化懸念

村田製作所、アルプスアルパイン、TDK、太陽誘電などのアップル関連株が軟調。8日の米国市場でアップル株が2%を超す下落となったことを嫌気している。「iPhone(アイフォーン)」の売上鈍化懸念で証券会社がアップルの投資判断を引き下げた。

日経平均一時400円超の下落、ドル109円前半 米中対立激化で

14日の東京市場は、米中貿易摩擦の激化を嫌気し、大幅な株安が進む一方、ドル/円<JPY=EBS>は109円前半と円高水準で推移している。

ホットストック:中国関連株が売られる、米中貿易摩擦の激化を警戒

コマツ、日立建機、安川電機などの中国関連株が売られている。村田製作所、アルプスアルパイン、ミネベアミツミ、TDKなどの電子部品株も安い。米中貿易摩擦の激化を警戒する売りが先行した。米通商代表部(USTR)が13日、約3000億ドル相当の中国製品に適用する可能性のある最大25%の追加関税について、携帯電話も対象に含まれると発表したことで、アップル関連の電子部品株も下げている。

8日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

8日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・NSD 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.93%にあたる80万株 、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月9日から6月21 日。 ・ミネベアミツミ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.81%にあたる 750万株、取得総額150億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月9日 から2020年4月30日。 ・ザ・パック 、公開買い付けにより、自己保有株を除く発行済株式総数の3 .31%にあたる65万株の自社株買いを...

日経平均は反発、景気敏感株中心に買い 任天堂一時17%超高

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株高など外部環境の落ち着きを好感し、景気敏感株を中心に買いが入った。ただ、10連休が接近し、ポジションを積極的に積み上げる姿勢は限られ、上昇一服後はもみあいを続けた。東証1部の出来高は今年最低。個別では任天堂<7974.T>や同社の関連株が急伸した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線に

<15:39> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線に  日経平均・日足は「小陰線」。5日移動平均線(2万2191円88銭=19日)が下値支持線として 機能した。引き続き200日移動平均線(2万1880円79銭=同)を上回っており、形は悪くない。高 値圏で出現した陰線のはらみ線で、下落トレンド転換を示唆するケースも多いが、きょうは出来高が少なく ダマしの可能性もある。 <15:19> 新興株市場はまちまち、東証1部の主力株に関心 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に続落、東証マザーズ指数は反発した。「東証1 部の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、東証1部の主力株に関心

<15:19> 新興株市場はまちまち、東証1部の主力株に関心 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に続落、東証マザーズ指数は反発した。「東証1 部の主力株に関心が向かっている。週末や10連休を意識してポジションを閉じる動きも出ていた」(ネッ ト系証券)という。 個別銘柄では、カオナビ 、ビーマップ がストップ高比例配分、シノプス は大 幅高で上場来高値更新。ウエストホールディングス は2014年以来4年7カ月ぶり高値をつけた ほか、ラクスル 、リックソフト 、ジャストプランニング なども買われた。 一方、チームスピリット は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、海外勢の動きが鈍る

<13:55> 日経平均は伸び悩み、海外勢の動きが鈍る 日経平均は伸び悩み、2万2100円台後半で推移している。指数寄与度の大きいフ ァーストリテイリング の上げ幅が縮小した。市場では「イースター休暇入りで海 外勢の動きが鈍っている。週末を控えていることもあり、後場は様子見ムードが強い」( 国内証券)との声が出ている。 <11:45> 前場の日経平均は反発、外部環境の落ち着き好感 任天堂が急伸 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円29銭高の2万2223円4 1銭となり、反発した。前日の米国株高や弱含みの円相場など外部環境の...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、外部環境の落ち着き好感 任天堂が急伸

<11:45> 前場の日経平均は反発、外部環境の落ち着き好感 任天堂が急伸 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円29銭高の2万2223円4 1銭となり、反発した。前日の米国株高や弱含みの円相場など外部環境の落ち着きを好感 し、景気敏感株を中心に買いが先行した。米中通商交渉の進展期待に加え、個別で任天堂 や同社の関連株が急伸したことも市場のムードを明るくした。一方、10連休前 で積極的にポジションを積み上げる投資家は少なく、買い一巡後はもみあった。 中国広東省当局が中国インターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホール...

ホットストック:ミネベアミツミが反落、19年3月期予想を下方修正

ミネベアミツミが反落している。6日に発表した2019年3月期業績予想の下方修正を嫌気した。連結純利益は従来予想の670億円から600億円に引き下げた。スマートフォン需要の急減により、液晶用バックライトやカメラ用アクチュエータなどが計画を下回る見通しとなった。

ホットストック:日本電産は1年半ぶり安値、ダイキンなど他銘柄に売りが波及

日本電産が一時7%超す下げ。同社は2019年3月期の業績予想を下方修正すると17日に発表した。米中貿易摩擦による実体経済へのマイナス影響に加え、大規模な在庫調整が進行していることを反映させた。売りは電子部品や半導体など他銘柄に波及。ロームやミネベアミツミ、SUMCOなどが安い。エアコンなど家電関連の在庫調整長期化への懸念から、ダイキン工業がさえない。

日経平均は続落、一時300円超安 為替の落ち着き支えに下げ幅縮小

東京株式市場で日経平均は続落した。米国株が連日で大幅安となったほか、米原油先物が急落したことを背景に、朝方は幅広く売りが先行。下げ幅は一時300円を超えた。だが為替の落ち着きを支えに売り一巡後は下げ幅を縮小。半導体や電子部品株に買い戻しが入り、指数を押し上げた。

ホットストック:ミネベアミツミはしっかり、自社株買いを材料視

ミネベアミツミはしっかり。同社は20日、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.49%にあたる630万株、取得総額116億5500万円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は11月21日から12月20日。足元の需給改善などに期待する買いが先行した。

20日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

20日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ミネベアミツミ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.49%にあた る630万株、取得総額116億5500万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期 間は11月21日から12月20日。 ・ヤマシナ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.50%にあたる70 万株、取得総額5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月21日 から12月28日。 ・エフティグループ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.76%にあ たる25万株、...

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支えに後場下げ渋る

東京株式市場で日経平均は大幅反落した。前日の米国株の急落を受けリスク回避姿勢が強まり、幅広く売りが先行。下げ幅は一時700円を超えた。後場に入ると、日銀によるETF(上場投信)買いの期待や上海株の上昇を手掛かりに下げ幅を縮小。先物主導で上下する荒い動きとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up