for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社キッツ

6498.T

現在値

805.00JPY

変化

5.00(+0.63%)

出来高

47,600

本日のレンジ

799.00

 - 

806.00

52週レンジ

604.00

 - 

916.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
800.00
始値
804.00
出来高
47,600
3か月平均出来高
4.15
高値
806.00
安値
799.00
52週高値
916.00
52週安値
604.00
発行済株式数
89.70
時価総額
72,317.21
予想PER
28.37
配当利回り
3.25

次のエベント

Full Year 2022 Kitz Corp Earnings Release

適時開示

その他

Kitz Corp - Plan To Buy 25.1% Stake Of Unimech For About 61.9 Million Ringgit

Kitz To Buy Back Up To 2.62 Percent Of Stock Worth 2.2 Billion Yen Through Sept 18

Kitz completes share repurchase

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社キッツとは

キッツグループは主にバルブ事業、伸銅品事業及びその他事業に従事する。【事業内容】2つの事業セグメントにより構成される。バルブ事業において、主要製品は青銅バルブ、鉄鋼バルブ、その他バルブ関連製品及び濾過関連製品である。伸銅品事業において、主要製品は伸銅品と伸銅加工品である。その他事業は主にホテル及びレストラン事業等の運営を行う。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

1-10-1, Nakase, Mihama-ku

CHIBA-SHI, CHB

261-8577

Japan

+81.43.2990111

https://www.kitz.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuyuki Hotta

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors, Representative Director

Makoto Kohno

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Toshiyuki Murasawa

Managing Executive Officer, Chief Director of Business Planning, Director

Kenji Kato

Executive Officer, Chief Director of Domestic Sales in Main Valve Business Supervision Unit

Kazuhiko Hirabayashi

Executive Officer, Chief Director of Production in Main Valve Business Supervision Unit

統計

2.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.1K

2020

0.1K

2021

0.1K

2022(E)

0.2K
EPS (JPY)

2019

58.500

2020

23.380

2021

55.260

2022(E)

88.100
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.46
株価純資産倍率(四半期)
0.80
株価キャッシュフロー倍率
4.95
総負債/総資本(四半期)
41.35
長期負債/資本(四半期)
37.49
投資利益率(過去12カ月)
6.58
自己資本利益率(過去12カ月)
5.30

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7446円10 銭。75日移動平均線(2万7619円82銭=10日)や5日線(2万7552円40 銭=同)を再び下回り、地合いが悪化。日足・一目均衡表の雲(上限:2万7422円3 7銭=同)は終値で上回り粘り腰を見せたが、75日線は下向きになっており、上値の重 さも意識されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落、ユーザベースはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が0.39%安の735.47ポイント...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続落、ユーザベースはストップ高

((見出しと本文の「小反落」を「小幅続落」に訂正します)) [東京 10日 ロイター] - <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落(訂正)、ユーザベースはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合が0.39%安の735.47ポイントと、小幅続落 (訂正)した。東証グロース市場指数は前営業日比0.41%安の935.58ポイント だった。前日の米国市場でハイテク株安となり、投資家心理が冷やされた。一方、個別材 料を手掛かりとした物色が見られた。 米プライベートエクイティ(PE)のカーライル・グループによるTOB(株式公開 買い付け)の発表...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、米インフレは「粘着性」高い項目に不透明

<14:00> 日経平均は小動き、米インフレは「粘着性」高い項目に不透明感 日経平均は後場に入り、小動きを続けている。米CPIの発表を控え、模様眺めが強 まっている。 米インフレを巡り市場では、賃金の伸び鈍化や、住宅賃料などの下落の鈍さが警戒さ れている。「粘着性の高い項目でもあり、その動向は読みにくく、サプライズへの警戒感 が根強い」(国内証券のストラテジスト)という。 決算を手掛かりにした個別物色がみられ、業績予想の上方修正を発表した鹿島<1812. T>や川崎重工業が買われている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、米株安で ...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、米株安で ハイテク銘柄が軟調 

<11:45> 前場の日経平均は続落、米株安で ハイテク銘柄が軟調 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比325円43銭安の2万7391円0 0銭と、続落した。前日の米株安を嫌気し、日本株は軟調な展開となった。ナスダック総 合が2%超安となったほか、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の下落を受けて 値がさのハイテク株が軟調に推移し、相場の重しとなった。 前日の米株市場では主要3指数がそろって下落した。この流れを引き継いで、日経平 均は250円安と、軟調にスタート。指数寄与度の大きいハイテク株や半導体関連株で売 りが先行し、相場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、SOX指数下落でハイテク銘柄に売り

<10:38> 日経平均は軟調、SOX指数下落でハイテク銘柄に売り 日経平均は前営業日比約270円安の2万7400円台前半と、軟調な展開が続いて いる。一時、下げ幅を拡大して前営業日比約340円安となる場面もあった。値がさ株の 下げが目立っており、「前日の米株市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が 大きく下落したことで、電子部品関連など大型のハイテク銘柄に売りが出ている」(国内 証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 今晩は米消費者物価指数(CPI)の公表を控えていることから、「徐々に様子見姿 勢が強まりやすく、売りが一巡した...

寄り突きの日経平均は続落、米株安を嫌気 値がさ株軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比257円35銭安の2万7459円08銭と、続落してスタートした。前日の米株安を嫌気する形で、幅広い業種で売りが優勢となっている。指数寄与度の大きい値がさ株や半導体関連株が軟調で、相場の重しとなっている。個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、東京エレクトロンがさえない。その他、主力株のトヨタ自動車、ソニーグループも売られている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、LIFULLは買い優勢 バンドー化は売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、LIFULLは買い優勢 バンドー化は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 LIFULL 29% 220 220 220 170 2 キャリアデザインセンター <241 27% 1,90 1,90 1,90 1,50 0.T> 4 4 4 4 3 ネクソン 21% 2,85 2,85 2,85 2,35 4 4 4 4 4 セグエグループ 21% 880 880 880...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線で上値重く

   <15:43> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線で上値重く 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7688円42 銭。5日移動平均線(2万7913円05銭=20日)が抵抗線となり、相場の頭が押さ えられた。前週末につかまった日足・一目均衡表の雲領域から抜け出せず、上値の重い地 合いが継続。目先は75日線(2万7520円81銭=同)や200日線(2万7403 円07銭=同)がサポートに意識される。 <15:32> 新興株はマザーズが続落、eWellは初値上回り4000円 新興株式市場は、マザーズ総合が1.2...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、eWellは初値上回り4000円

   <15:32> 新興株はマザーズが続落、eWellは初値上回り4000円 新興株式市場は、マザーズ総合が1.2%安の727.94ポイントと、続落した。 東証グロース市場指数は前営業日比1.2%安の925.53ポイントだった。米長期金 利が上昇傾向にある中、投資家はグロース(成長)株に慎重姿勢となった。 上場2日目のeWeLLの初値は公開価格の2.3倍の3910円となった 。終値は初値を上回る4000円で取引を終えた。 フリーや、そーせいグループが軟調だったほか、ジーエヌアイグル ープは大幅安だった。一方、FinatextHLDG、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、イベント前の連休の間 「身動き取れず」

   <14:02> 日経平均は小動き、イベント前の連休の間 「身動き取れず」 日経平均の午後の値幅は45円程度と、小動きになっている。市場では「米連邦公開 市場委員会(FOMC)や日銀会合が控えている上、連休の間でもあり、身動きが取れな い」(国内証券)との声が出ている。 時間外取引の米株先物は小高く推移して投資家心理を支えているが、「前日の米国株 はの持ち直しは引け間際で、その流れが本物かは見極めにくい」(国内運用会社)と慎重 な見方も聞かれる。 東証33業種では、値上がりはゴム製品や鉄鋼、食料品など26業種で、値下がりは 海運業や...

〔マーケットアイ〕株式:後場に入り日経平均は小動き、商いが引き続き低調

   <13:10> 後場に入り日経平均は小動き、商いが引き続き低調 後場に入ってからの日経平均は小動き。前引けの水準である2万7600円台後半で 推移している。完全に様子見ムードに支配され、方向感に乏しい状態。商いも引き続き低 調となっている。 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)を警戒して、先物にヘッジ売りが活発 化しそうだが、一方では上半期末の配当取りに絡んで、配当再投資の思惑もあるため、需 給面では完全に凪いで(ないで)いる様子だ」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米株上昇を好感 FOMC...

午前の日経平均は反発、米株上昇を好感 FOMC控えで商い細る

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比116円70銭高の2万7684円35銭と、反発した。前日の米株上昇を好感して戻りに弾みを加えたものの、徐々に見送りムードが広がった。米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀政策決定会合を週内に控ているため、積極的な売り買いはみられない。商いは引き続き細っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調もみ合い、徐々に模様眺めムードに

<10:55> 日経平均は堅調もみ合い、徐々に模様眺めムードに 日経平均は堅調もみ合いとなっている。2万7700円前後で推移している。買い一 巡後は後が続かず、いったん値を消す展開となったが、その後はやや持ち直した。ビッグ イベントである米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えているため、積極的な売り買い は難しいという。徐々に模様眺めムードとなってきた。 市場では「FOMC後の動きについて、大口投資家はいろいろシミュレートしている と考えられるが、実際に結果が発表されるまでは動きたくないというのが本音だ。きょう と明日が閑散相場になるのはやむを...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、主力株の上昇が一服

<10:20> 日経平均は上げ幅縮小、主力株の上昇が一服 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約100円高の2万7600円台後半で推移 している。主力株や値がさ株の買いが一服し、日経平均の騰勢は朝方に比べて弱まってい る。 市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に投資家の慎重姿勢が強まってい る。今回のFOMCでは75ベーシスポイント(bp)の利上げが見込まれているが、「 仮に100bpの利上げが決定されれば市場にとってはネガティブサプライズで、日経平 均も下値模索の展開が予想される」(国内運用会社)との指摘が出ていた。 東証33...

寄り付きの日経平均は反発、幅広い業種で買いが優勢

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比221円03銭高の2万7788円68銭と、反発してスタートした。その後も300円高となるなど、堅調に推移している。前日の米株上昇の流れを引き継ぎ、幅広い業種で買いが優勢になっている。業種別では非鉄金属、ゴム製品、その他製品などの上昇が目立つ一方、海運業、不動産業は値下がりしている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、キッツは買い優勢 カナデンは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、キッツは買い優勢 カナデンは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 キッツ 19% 948 948 948 798 2 電通国際情報サービス 16% 5,16 5,16 5,16 4,45 0 0 0 5 3 トーカイ 15% 2,10 2,10 2,10 1,83 0 0 0 4 4 東亜建設工業 12% 2,69 2,69 2,69 2,39 2 2 2 8 5 ニッコン...

10日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

10日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。 <自社株買い> ・加藤産業 、公開買い付けにより、自己保有株を除く発行済株式総数の2. 96%にあたる102万4100株の自社株買いを実施へ。買い付け価格は1株当たり2 934円で、諸費用を含めた総額は30億2670万9400円。取得期間は2月14日 から3月14日。 ・ストライダーズ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.18%にあたる 10万株、取得総額3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月14 日から5月13日。 ・セコム 、自己保有株を...

ホットストック:キッツが堅調に推移、自社株消却を材料視

キッツが堅調に推移している。前週末に自社株消却を発表したことが材料視された。 同社は16日、発行済み株式総数の9.96%に相当する1000万株を10月23日に消却すると発表した。

16日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

16日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自己株消却> ・キッツ 、発行済み株式総数の9.96%に相当する1000万株を10月 23日に消却へ。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

ホットストック:東京製鉄がしっかり、自社株買いを手掛かりに

東京製鉄がしっかり。前週末に自社株買いを発表したことが手掛かりにされ、買い優勢となっている。自社株買い銘柄は、同社のほかにも軟調な地合いの中でも評価されている銘柄が多い。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up