for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日立製作所

6501.T

現在値

5,245.00JPY

変化

91.00(+1.77%)

出来高

4,182,300

本日のレンジ

5,109.00

 - 

5,252.00

52週レンジ

2,524.00

 - 

5,252.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,154.00
始値
5,132.00
出来高
4,182,300
3か月平均出来高
62.39
高値
5,252.00
安値
5,109.00
52週高値
5,252.00
52週安値
2,524.00
発行済株式数
966.84
時価総額
5,076,559.00
予想PER
13.30
配当利回り
1.91

次のエベント

Full Year 2021 Hitachi Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Knorr-Bremse, Hitachi Announce Maintenance Cooperation For UK Intercity Fleet

Arcelik Signs Share Purchase Agreement Worth $300 Mln With Hitachi Global Life Solutions To Establish Joint Venture

Arcelik Says Discussions Continue With Hitachi; No Board Decision Has Been Taken And No Binding Contract Has Been Signed On Acquisitions And Partnerships

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日立製作所とは

日立製作所グループは、情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8つの事業セグメントを展開する。【事業内容】情報・通信システム事業はシステムインテグレーション、コンサルティング、クラウドサービス、サーバ、ストレージ、ソフトウェア、通信ネットワーク、現金自動取引装置(ATM)を提供する。社会・産業システム事業は、産業用機器・プラント、火力・原子力・自然エネルギー発電システム、エレベーター、エスカレーター、鉄道システム、送変電システムを提供する。電子装置・システム事業は半導体製造装置、計測・分析装置、先端産業部材、医療機器を提供する。建設機械事業は、油圧ショベル、ホイールローダ、鉱山機械を提供する。高機能材料事業は、半導体・ディスプレイ用材料、配線板・関連材料、自動車部品、蓄電デバイス、特殊鋼製品、磁性材料、素形材製品、電線材料を提供する。オートモティブシステム事業は、エンジンパワートレインシステム、電動パワートレインシステム、車両統合制御システム、車載情報システムを提供する。生活・エコシステム事業は、業務用空調機器、ルームエアコン、冷蔵庫、洗濯機を提供する。その他事業は、光ディスクドライブ、不動産の管理・売買・賃貸を提供する。

業種

Computer Services

連絡先

Nihon Seimei Marunouchi Bldg.

1-6-6, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8280

Japan

+81.3.32581111

https://www.hitachi.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroaki Nakanishi

Chairman of the Board, Executive Officer

Toshiaki Higashihara

Representative Executive Officer, Executive President, Chief Executive Officer, Director

Yoshihiko Kawamura

Representative Executive Officer, Chief Financial Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Senior Director of Finance

Hidenobu Nakahata

Representative Executive Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Chief Senior Director of Human Resources, Chief Director of Safety Management Promotion

Masakazu Aoki

Representative Executive Officer, Executive Vice President, Chief Senior Director of Industrial Equipment

統計

2.06 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

9.4K

2019

9.5K

2020

8.8K

2021(E)

8.3K
EPS (JPY)

2018

375.950

2019

230.470

2020

90.710

2021(E)

389.267
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.60
株価純資産倍率(四半期)
1.73
株価キャッシュフロー倍率
6.16
総負債/総資本(四半期)
88.80
長期負債/資本(四半期)
46.51
投資利益率(過去12カ月)
6.84
自己資本利益率(過去12カ月)
3.36

最新ニュース

最新ニュース

コラム:ユニゾ買収の行く末、PEに対する信頼感に影響も

ユニゾホールディングスをめぐる買収劇が混乱した結末に陥るなら、日本企業の間でせっかく芽生えていたプライベートエクイティ(PE)企業への信頼感が、台無しになるかもしれない。

日産、国内2工場で2日間生産停止 地震で部品供給が停滞

日産自動車は18日、福島県沖を震源とする地震の影響により、神奈川県にある2つの完成車工場の稼働を22日から2日間停止すると明らかにした。一部の取引先が被災し、部品供給が遅れているため。

富士フイルム、日立の画像診断関連事業の買収完了は3月31日に

富士フイルムホールディングスは18日、日立製作所の画像診断関連事業の買収が3月31日に完了する予定だと発表した。

WRAPUP 1-トヨタと日産が生産調整、地震で日立系部品工場が被災=関係筋

福島県沖を震源とする地震の影響が、自動車業界に広がってきた。被災した一部部品メーカーの納入遅延を背景に、前日に生産調整の方針を発表したトヨタ自動車に加え、日産自動車も生産調整をしていることが17日、複数の関係筋の話で明らかになった。両社とも、一部の車種で日立製作所子会社の自動車部品メーカー「日立Astemo(アステモ)」製の部品を採用していることが分かっている。

再送-EXCLUSIVE-ホンダ、新社長に三部専務が昇格 電動化など変革期に対応=関係筋

ホンダは、三部敏宏専務(59)が社長に昇格する人事を固めた。八郷隆弘現社長の下、同社の技術開発の核となる本田技術研究所の改革を進めた三部氏を社長に充てることで、電動化をはじめ業界の変化に対応した体制作りを加速する。

日立とホンダ共同出資の自動車部品会社、地震後に操業を停止

日立製作所とホンダが共同出資する自動車部品メーカーの「日立Astemo(アステモ)」の福島工場が、福島県沖を震源とする13日の地震発生後、15日から操業を停止していることがわかった。広報担当者が17日、明らかにした。トヨタ自動車や日産自動車などのメーカーが一部の車種で部品を採用しており、生産に影響が出る可能性がある。

情報BOX:半導体やビール工場の一部が操業停止 福島沖地震で

福島県沖を震源とする震度6強の地震発生を受けて、半導体大手のルネサスエレクトロニクスや、ビール大手のキリンホールディングス、アサヒグループホールディングスが一部工場の操業を停止している。トヨタ自動車や日立製作所は大きな被害を確認していない。主な企業の状況は以下の通り。

ルネサス、一部工場で被害確認のため操業停止 福島沖震源の地震で

ルネサスエレクトロニクスは14日、福島県沖を震源とする震度6強の地震が発生を受け、自動車向けなどの半導体を製造する一部工場の操業を停止していると発表した。建屋や設備に被害は見られず、クリーンルーム内の被害状況などを確認している。

〔情報BOX〕-自動車・電機に大きな被害見られず、点検で操業停止も 福島沖地震で

福島県沖を震源とする震度6強の地震発生を受けて、自動車や電機の大手製造業では、これまでのところ大きな被害は確認されていない。一部では、詳細に点検するため工場の操業を停止している企業もある。主な企業の状況は以下の通り。 ●トヨタ自動車

日立やルネサス、大きな被害見られず 福島県沖震源の地震で

福島県沖を震源とする震度6強の地震発生を受けて、建物や設備への影響を点検した日立製作所やルネサスエレクトロニクスでは、14日午前までに大きな被害は見られていない。

日立の英原発事業、ウェールズ政府が買収打診=英紙

英紙サンデー・タイムズによると、英ウェールズ自治政府は、日立製作所によるアングルシー島原子力発電所事業について、計画を存続させるため、同事業と関連スタッフを買収することを同社に打診した。

ホットストック:日立が上値追い、リーマンショック前高値を14年ぶり更新

日立製作所が上値を追い、13カ月ぶりに20年1月に付けた昨年来高値4693円を更新した。前日に21年3月期見通しを上方修正したことが手掛かり。チャートを追っていくと、4700円台前半は十数年続く大勢底値もみあいの強力な上値抵抗線で、きょうの上昇で2007年4月に付けたリーマンショック前の高値4735円を約14年ぶりに上回っている。

日立、今期の業績予想を上方修正 デジタル化の波でIT関連堅調

日立製作所は3日、2021年3月期の連結営業利益予想を前年比36.5%減の4200億円に上方修正した。デジタル化の流れを受け、IT関連事業が堅調に推移。従来予想から200億円積み増した。

日立の今期、営業利益予想を4200億円に上方修正 IT関連など堅調

日立製作所は3日、2021年3月期の連結営業利益予想を前年比36.5%減の4200億円に上方修正したと発表した。ITや産業関連事業が堅調に推移しているため。

今日の株式見通し=続伸、大規模な米経済対策期待で 戻り売りも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。大規模な米経済対策などへの期待から前日の米国株市場で主要3指数がそろって上昇。リスク選好度回復の流れを引き継ぎ、日本株も堅調なスタートとなる見通しだ。ただ、2万8500円近辺では戻り売りが強まる可能性もある。買い一巡後は上値の重い展開が予想されている。

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、大規模な米経済対策期待で 戻り売りも

(内容を追加しました。) [東京 3日 ロイター] - 前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値 日経平均     28362.17 28979.53 16358.19              +271.12 2021年1月14日 2020年3月19   日 シカゴ日経平均先物3月 28475(円建て 限 ) きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。大規模な米経済対 策などへの期待から前日の米国株市場で主要3指数がそろって上昇。リスク選好度回復の 流れを引き継ぎ、日本株も堅調なスタートとなる見通しだ。ただ、2万8500...

情報BOX:緊急事態宣言に企業も対応、テレワーク徹底や時短など

東京都など1都3県を対象にした緊急事態宣言が7日に発令され、企業も新たな対応を取り始めている。営業時間の短縮などで対応する外食や流通、テーマパークのほか、在宅勤務など従来の取り組みを徹底する動きもある。

再送-〔情報BOX〕緊急事態宣言に企業も対応、小売りやテーマパークで時短など

政府による東京都など1都3県を対象にした緊急事態宣言の発令が見込まれる中、対応方針を示す企業が出始めている。営業時間を短縮する外食や小売り、テーマパークのほか、製造業では在宅勤務の取り組みを強化する動きもある。

日立、1都3県の出社率15%以下を目標 緊急事態宣言発出に備え

日立製作所は6日、日本政府が緊急事態宣言を発出した場合のグループでの対応方針を発表した。在宅勤務を推奨し、東京都など1都3県での出社率を15%以下にする目標などを盛り込んだ。

展望2021:デジタル化市場は拡大、コロナで投資2極化=IDC Japan

IT専門調査会社、IDC Japanはデジタル技術を活用して組織やビジネスモデルを変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)市場について、今後も15%程度の成長が継続すると予想する。ただ、足元では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、業種や企業ごとで投資余力に違いが見られ「DX格差」が広がるおそれもあるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up