for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日立製作所

6501.T

現在値

3,075.00JPY

変化

-68.00(-2.16%)

出来高

5,427,900

本日のレンジ

3,026.00

 - 

3,216.00

52週レンジ

2,524.00

 - 

4,693.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,143.00
始値
3,101.00
出来高
5,427,900
3か月平均出来高
85.94
高値
3,216.00
安値
3,026.00
52週高値
4,693.00
52週安値
2,524.00
発行済株式数
966.24
時価総額
3,040,163.00
予想PER
--
配当利回り
2.86

次のエベント

Full Year 2020 Hitachi Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Hitachi Says It Will Pay Mitsubishi Heavy Industries 130 Billion Yen By March 2020 To Settle Dispute Over South Africa Power Plant Project

ABB Names Claudio Facchin As Head Of Power Grids Business

Hitachi Chemical Says Considering Various Options Including Tie-Up With Showa Denko

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日立製作所とは

日立製作所グループは、情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8つの事業セグメントを展開する。【事業内容】情報・通信システム事業はシステムインテグレーション、コンサルティング、クラウドサービス、サーバ、ストレージ、ソフトウェア、通信ネットワーク、現金自動取引装置(ATM)を提供する。社会・産業システム事業は、産業用機器・プラント、火力・原子力・自然エネルギー発電システム、エレベーター、エスカレーター、鉄道システム、送変電システムを提供する。電子装置・システム事業は半導体製造装置、計測・分析装置、先端産業部材、医療機器を提供する。建設機械事業は、油圧ショベル、ホイールローダ、鉱山機械を提供する。高機能材料事業は、半導体・ディスプレイ用材料、配線板・関連材料、自動車部品、蓄電デバイス、特殊鋼製品、磁性材料、素形材製品、電線材料を提供する。オートモティブシステム事業は、エンジンパワートレインシステム、電動パワートレインシステム、車両統合制御システム、車載情報システムを提供する。生活・エコシステム事業は、業務用空調機器、ルームエアコン、冷蔵庫、洗濯機を提供する。その他事業は、光ディスクドライブ、不動産の管理・売買・賃貸を提供する。

連絡先

Nihon Seimei Marunouchi Bldg.

1-6-6, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8280

Japan

+81.3.32581111

http://www.hitachi.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroaki Nakanishi

Chairman of the Board, Executive Officer

Toshiaki Higashihara

Representative Executive Officer, Executive President, Chief Executive Officer, Director

Mitsuaki Nishiyama

Representative Executive Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Chief Senior Director of Finance

Hidenobu Nakahata

Representative Executive Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Chief Senior Director of Human Resources, Deputy Chief Director of Safety Management Promotion

Masakazu Aoki

Representative Executive Officer, Executive Vice President, Chief Senior Director of Industrial Equipment, Chairman of Subsidiary

統計

1.67 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

9.2K

2018

9.4K

2019

9.5K

2020(E)

8.8K
EPS (JPY)

2017

239.500

2018

375.950

2019

230.470

2020(E)

150.819
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.34
株価純資産倍率(四半期)
0.94
株価キャッシュフロー倍率
4.59
総負債/総資本(四半期)
48.39
長期負債/資本(四半期)
26.19
投資利益率(過去12カ月)
5.10
自己資本利益率(過去12カ月)
2.49

最新ニュース

最新ニュース

訂正-米カーライル、日本投資の新バイアウトファンドで2580億円調達

米国の投資ファンド、カーライル・グループ<CG.O>は、日本でのバイアウト投資向け4号ファンドで2580億円を調達したことを明らかにした。額は過去最高で、3号ファンドの2倍の規模。

日銀審議委員に日立の中村豊明取締役、政府が人事案提示

政府は17日、日銀審議委員に日立製作所<6501.T>の中村豊明取締役(元執行役副社長)を充てる人事案を衆参両院の議院運営委員会に提示した。6月に任期を迎える布野幸利委員の後任となる。

日銀審議委員に日立の中村豊明取締役、政府が人事案提示

政府は17日、日銀審議委員に日立製作所の中村豊明取締役(元執行役副社長)を充てる人事案を衆参両院の議院運営委員会に提示した。6月に任期を迎える布野幸利委員の後任となる。 (竹本能文)

春闘集中回答日、変わる賃上げ トヨタはベア見送り・電機は多様化

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。トヨタ自動車<7203.T>が基本給を底上げするベースアップ(ベア)を見送った一方、大手電機は福利厚生に使えるポイントを上乗せする企業があるなど多様化しており、賃上げのあり方が変化してきた。

コラム:リスク回避の円買い、流れを変えるのは困難か

世界的な市場の混乱を受けて、資金は安全資産とされる金や高格付け国債、円に向かっている。円高は日本の輸出を圧迫するが、安倍晋三首相が安全資産としての円買いの流れを変えるのは、そう簡単ではないだろう。

春闘集中回答日、電機大手はベア7年連続

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。米中摩擦や、新型コロナウイルスの感染拡大の先行きが懸念される中での交渉となったが、電機大手では基本給を底上げするベースアップ(ベア)は7年連続となった。

日立、普通社債の条件決定 総額2000億円

日立製作所は5日、総額2000億円の無担保社債の発行条件を決定したと発表した。3年債(900億円)の利率が0.06%、7年債(200億円)の利率は0.16%、10年債(900億円)の利率は0.29%。

ホットストック:日立ハイテクは昨年来高値更新、日立によるTOBを材料視

日立ハイテクノロジーズは続伸し昨年来高値を更新している。日立製作所が31日、日立ハイテク株に対し公開買い付け(TOB)を行うと発表したことが材料視されている。日立は親子上場の解消を含むグループ再編を進めている。日立ハイテク株を1株8000円で買い付け、完全子会社化を目指す。TOB期間は2月17日から4月6日。

日立の4―12月当期利益は3割減、南ア和解金が重し

日立製作所<6501.T>は31日、2019年4─12月の当期利益(国際会計基準)が前年同期比33.3%減の551億円になったと発表した。南アフリカプロジェクトに係る和解金が重しとなった。

日立が日立ハイテクにTOB 買付代金5300億円で完全子会社化目指す

日立製作所<6501.T>は31日、日立ハイテクノロジーズ<8036.T>株に対し公開買い付け(TOB)を行うと発表した。同社は親子上場の解消を含むグループ再編を進めている。買付代金は約5311億円を予定しているい。

UPDATE 1-日立が日立ハイテクにTOB 買付代金5300億円で完全子会社化目指す

日立製作所は31日、日立ハイテクノロジーズ株に対し公開買い付け(TOB)を行うと発表した。同社は親子上場の解消を含むグループ再編を進めている。買付代金は約5311億円を予定しているい。

今日の株式見通し=小反発、新型肺炎への懸念で上値は重い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小反発が想定されている。前日の米国株式市場は上昇。東京株式市場はきのう大幅安となったこともあり、きょうは小高く始まるとみられる。ただ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大懸念は、依然として投資家心理を圧迫している。月末・週末のポジション調整もあり、積極的に上値を追う展開にはならないという。

加ボンバルディア、鉄道事業統合へ日立や仏アルストムに接触か

カナダの重工大手ボンバルディアが鉄道事業の統合に向け、日立製作所や仏アルストムに接触したことが、複数の関係者の証言で明らかになった。

日経平均は4日ぶりに小反発、売買代金1兆5000億円割れ

東京株式市場で日経平均は、4日ぶりに小反発。前週末の米国株式市場が高かったことを受けて、買い優勢で始まったものの、その後は模様眺めとなる中、利益確定売りに押された。一方で売り材料もないため、株価が大きく崩れる雰囲気も感じられない。前日比変わらず近辺で推移する時間帯が多かった。商いは細り、東証1部売買代金は1兆4998億7400万円と1兆5000億円を割り込んだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、値動きのいいIPO銘柄の物色継続

<15:45> 新興株はしっか り、値動きのいいIPO銘柄の物色継続 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がしっ かり。市場からは「きょうもIPO銘柄を中心に物色された。特にマザ ーズ市場では、値動きのいい銘柄を売買する動きが目立った」(国内証 券)との声が出ていた。 ジャスダック市場ではワークマン 、日本マクドナルドホー ルディングス 、岡本硝子 が買われる一方、ニューフレ アテクノロジー 、ビジョナリーHLDG などが売ら れた。 マザーズ市場ではJTOWER 、Sansan 、 SREホールディングス が買われる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:29> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は上ヒゲとやや長い下ヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3926円88銭 =20日)に上値を抑えられた。陰線が3連続で出現したことで「三羽ガラス」とも解釈できるパターンと なり、売り警戒を強めることになった。 ただ、12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を終値で上回ったことは安心材 料。25日移動平均線(2万3473円22銭=20日)も右肩上がりとなっており、上昇トレンドの継続 を示唆している。 <14:45> 日経平均はマイナス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で膠着、材料に乏しく薄商い

<14:45> 日経平均はマイ ナス圏で膠着、材料に乏しく薄商い 日経平均はマイナス圏に転じ、2万3800円台半ばで膠着状態。 市場からは「きょうは材料に乏しく商いも細い。休みに入っている機関 投資家も多く、年末のポジション調整はほぼ終わっている。個人投資家 が利食い売りをしている可能性はある」(国内証券)との声が出ていた 。 <13:11> 日経平均は後場プラス転換、長期金利上昇 保険 株などの支援材料に  日経平均は後場プラス転換、2万3800円台後半で推移している 。日本の10年債利回りが一段と上昇し、3月6日以来のプラス圏に浮...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場プラス転換、長期金利上昇 保険株などの支援材料に

<13:11> 日経平均は後場プラス転換、長期金利上昇 保険株などの支援材料に  日経平均は後場プラス転換、2万3800円台後半で推移している。日本の10年債利回りが一段と上 昇し、3月6日以来のプラス圏に浮上した。収益改善期待が出て保険株や銀行株の支援材料となっていると いう。 債券市場からは「先物主導で金利が上昇している。流動性供給入札もやや弱かった。相場の動きに追随 しているだけで、ゼロ%を超えてきたことに特に意味があるわけではないだろう」(国内証券)との声が出 ている。 <11:43> 前場の日経平均は続落、手控えムード 半導体関連...

前場の日経平均は続落、手控えムード 半導体関連はしっかり

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比59円92銭安の2万3804円93銭となり、続落した。前日の米国株が上昇した流れを引き継いで買い優勢で始まったものの、追加の材料が出ず、買い一巡後はマイナス圏に沈んだ。週末や年末を前に手控えムードも出やすく、利益確定売りに上値を抑えられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を拡大、為替は円高基調で推移

<10:35> 日経平均は下げ幅を拡大、為替は円高基調で推移 日経平均は下げ幅を拡大、2万3700円台半ばで推移している。為替は朝方の水準 から10銭程度のドル安/円高となり、円高基調での推移となっている。 市場からは「為替以外にも、クリスマス休暇の前で手じまい売りが出ている可能性が ある。また、中国関連株のファナック は2%超安。米中は第1弾の合意に達した としていても、署名はまだされていないことから、米中通商協議を巡る動きに警戒感を示 している投資家が多いのではないか」(eワラント証券株式会社・投資情報室長の多田幸 大氏)との声が出...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up