for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日立製作所

6501.T

現在値

6,437.00JPY

変化

106.00(+1.67%)

出来高

2,800,100

本日のレンジ

6,295.00

 - 

6,437.00

52週レンジ

4,750.00

 - 

7,460.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,331.00
始値
6,388.00
出来高
2,800,100
3か月平均出来高
56.16
高値
6,437.00
安値
6,295.00
52週高値
7,460.00
52週安値
4,750.00
発行済株式数
967.57
時価総額
6,132,029.00
予想PER
10.50
配当利回り
1.97

次のエベント

Q1 2023 Hitachi Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Hitachi Transport shareholder Oasis says to support $5.2 bln KKR offer

Hitachi: To Sell Stake In Hitachi Transport

Hitachi to buy back 200 bln yen worth of shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日立製作所とは

日立製作所グループは、情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8つの事業セグメントを展開する。【事業内容】情報・通信システム事業はシステムインテグレーション、コンサルティング、クラウドサービス、サーバ、ストレージ、ソフトウェア、通信ネットワーク、現金自動取引装置(ATM)を提供する。社会・産業システム事業は、産業用機器・プラント、火力・原子力・自然エネルギー発電システム、エレベーター、エスカレーター、鉄道システム、送変電システムを提供する。電子装置・システム事業は半導体製造装置、計測・分析装置、先端産業部材、医療機器を提供する。建設機械事業は、油圧ショベル、ホイールローダ、鉱山機械を提供する。高機能材料事業は、半導体・ディスプレイ用材料、配線板・関連材料、自動車部品、蓄電デバイス、特殊鋼製品、磁性材料、素形材製品、電線材料を提供する。オートモティブシステム事業は、エンジンパワートレインシステム、電動パワートレインシステム、車両統合制御システム、車載情報システムを提供する。生活・エコシステム事業は、業務用空調機器、ルームエアコン、冷蔵庫、洗濯機を提供する。その他事業は、光ディスクドライブ、不動産の管理・売買・賃貸を提供する。

業種

Computer Services

連絡先

Nihon Seimei Marunouchi Bldg.

1-6-6, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8280

Japan

+81.3.32581111

https://www.hitachi.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshiaki Higashihara

Chairman of the Board, Representative Executive Officer

Keiji Kojima

Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Executive President, Chief Director of Innovation Growth Strategy, Director

Yoshihiko Kawamura

Representative Executive Officer, Chief Financial Officer, Vice President, Chief Risk Management Officer, Chief Senior Director of Finance, Chief Director of Investment and Loan Strategy

Tomomi Kato

Deputy CFO, Managing Executive Officer, Chief Director of Group Financial Strategy in Main Finance Supervision Unit, Manager of Asset Management Office in Main Investment and Loan Strategy Unit

Hidenobu Nakahata

Representative Executive Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Chief Senior Director of Human Resources, Manager of Corporate Communication

統計

1.84 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

8.8K

2021

8.7K

2022

10.3K

2023(E)

9.4K
EPS (JPY)

2020

90.710

2021

519.290

2022

603.748

2023(E)

621.510
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.49
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.60
株価純資産倍率(四半期)
1.41
株価キャッシュフロー倍率
5.06
総負債/総資本(四半期)
72.01
長期負債/資本(四半期)
35.84
投資利益率(過去12カ月)
10.06
自己資本利益率(過去12カ月)
5.21

最新ニュース

最新ニュース

日立、日立建機株の譲渡予定日を9月末までに変更 当初6月

日立製作所は24日、伊藤忠商事と国内投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に対する日立建機株の譲渡実行予定日を6月から9月末までに変更したと発表した。株式譲渡に関する関係当局の許認可手続きと対応が、一部の国で完了していないことが理由。

ホットストック:景気敏感株がさえない、IHIなどが値下がり率上位に

景気敏感株にさえない銘柄が目立つ。日本を除く主要国の金融引き締めによって、世界経済が減速するとの懸念から、設備投資関連株や建設機械株、総合電機株などを中心に関連銘柄が売り優勢となっている。午前9時20分現在で、IHI、三菱重工業、日立建機などが東証プライム市場の値下がり率10位までにランクイン。このほか、日立製作所、オークマなども軟調に推移している。

欧州司法裁、ソニーなどに罰金支持 光ディスクドライブカルテル

欧州司法裁判所(最高裁に相当)は16日、光ディスクドライブを巡る価格カルテルで日本企業などに罰金を科した欧州連合(EU)欧州委員会の措置を支持する判断を下した。

ホットストック:輸出関連株が総じてしっかり、円安基調が続くとの見方から

トヨタ自動車、ホンダ、日立製作所、ソニーグループ、キヤノンなど主力の輸出関連株が総じてしっかり。連邦公開市場委員会(FOMC)で連邦準備理事会(FRB)はフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を75ベーシスポイント(bp)引き上げた後も、米金利に先高観が強く、ドル高/円安基調が保たれるとの見方から、買い優勢となっている。

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・三菱倉庫 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.9%にあたる400万 株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月2日から20 23年3月31日。 ・西日本旅客鉄道 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.1%にあたる2 0万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月2日から6 月10日。 ・三菱鉛筆 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.86%にあたる50万 株、取得総額8億円を上限とする自社株買...

KKR、日立物流株をTOB 1株8913円

米投資ファンドのKKRは28日、日立物流の普通株式を公開買い付けで取得すると発表した。

BRIEF-日立、発行済み株式の5.17%・2000億円上限に自社株取得

* 日立、5000万株(発行済み株式の5.17%)・2000億円上限に自社株取得 * 取得期間は5月2日から2023年3月31日。

今日の株式見通し=強もちあい、自律反発期待の買いが先行 連休やFOMCを前に手控えも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいの展開が想定されている。米国株が底堅い動きとなる中、前日の下げからの自律反発を期待した買いが先行するとみられる。買い一巡後は、大型連休や米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、積極的な売買は手控えられそうだという。中国経済減速への懸念はくすぶり、引き続き中国株の動向に関心が寄せられている。今日は日銀の金融政策決定会合の結果発表がある。

日経平均は反落、米株などを嫌気 2万7000円台は維持

東京株式市場で日経平均は447円80銭安の2万7105円26銭と、4営業日ぶりに反落した。前日の米国株安や米長期金利の上昇を嫌気し、ハイテク株を中心に売りが先行。心理的節目の2万7000円を下回る場面がみられたが、売り一巡後は徐々に値を戻す展開となった。企業決算が本格化する前の週末ということもあり、積極的な売買は手控えられ、薄商いだった。

ホットストック:日立物流はストップ高、KKRに売却との報道

日立物流はストップ高買い気配。21日、日立製作所が売却の優先交渉権を米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に与えたと日本経済新聞が報じたことが好感されている。KKRは6000億円超で日立物流を買収し、非公開化する見通しという。筆頭株主の日立は株式の保有比率を現在の4割から1割に引き下げるとしている。

日立物流の株式売却、検討行ってるが現在決定した事実ない=日立

日立製作所は22日、日立物流株売却の優先交渉権を米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に与えたとする一部報道について、検討しているが決定した事実はないとのコメントを発表した。

ルネサスやトヨタ工場停止、村田製は深夜に火災 企業に地震の影響

宮城県と福島県で最大震度6強を観測した16日深夜の地震で、ルネサスエレクトロニクスやトヨタ自動車、村田製作所、ソニーグループといった主要メーカーの工場が稼働を停止するなど企業活動に影響が出ている。ヤマト運輸や佐川急便は、交通規制などで荷物の集配に遅れが生じる可能性があるとしている。

春闘回答、賃上げ3%台も 専門家は企業間格差を懸念

春闘の一斉回答日となった16日、日本製鉄やNECが3%台の賃上げで応じるなど、回答額の集計速報が7年ぶり高水準と好調な出足を見せた。自動車各社の満額回答などで勢いを得たかたちだが、専門家の間では企業間格差を懸念する声もある。

情報BOX:ウクライナ危機、日本企業がロシア事業を続々停止

西側諸国が制裁措置を強化し、国際社会がウクライナ軍事侵攻への非難を強める中、日本企業もロシア事業を続々と停止している。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

〔情報BOX〕ウクライナ危機、日本企業がロシア事業を続々停止

西側諸国が制裁措置を強化し、国際社会がウクライナ軍事侵攻への非難を強める中、日本企業もロシア事業を続々と停止している。

日立、ロシア事業の停止を発表 ウクライナ政府が要請と報道

日立製作所は10日、ロシア事業を順次停止すると発表した。生活に不可欠な電力設備を除き、グループ全体で輸出と現地生産を取りやめる。日本経済新聞は同日、ウクライナ副首相が日立の会長に宛てに書簡を送り、ロシア事業の停止を求めていたと報じた。

〔情報BOX〕ウクライナ侵攻、進出する日本企業の対応

ロシア軍がウクライナ侵攻を開始した。首都キエフ近郊のホストメル空港にパラシュート部隊を降下させたほか、南部ヘルソン地域の一部をすでに掌握。チェルノブイリ原発跡の制圧も目指しているという。

〔情報BOX〕ウクライナ侵攻、進出する日本企業の対応

ロシア軍がウクライナ侵攻を開始した。首都キエフ近郊のホストメル空港にパラシュート部隊を降下させたほか、南部ヘルソン地域の一部をすでに掌握。チェルノブイリ原発跡の制圧も目指しているという。

情報BOX:ウクライナ・ロシアへ進出する日本企業の現状と対応

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up