for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社東芝

6502.T

前日終値

3,690.00JPY

変化

30.00(+0.82%)

出来高

1,397,700

本日のレンジ

3,650.00

 - 

3,695.00

52週レンジ

2,842.00

 - 

3,980.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,660.00
始値
3,655.00
出来高
1,397,700
3か月平均出来高
48.78
高値
3,695.00
安値
3,650.00
52週高値
3,980.00
52週安値
2,842.00
発行済株式数
471.21
時価総額
1,755,650.00
予想PER
-20.11
配当利回り
0.27

次のエベント

Q2 2020 Toshiba Corp Earnings Release

適時開示

その他

Toshiba Memory Holdings Preparing To Delay Planned Listing On Tokyo Stock Exchange 1st Section To Next Year From This Year - Kyodo

Seagate Technology Received About $1.35 Bln In Cash From Toshiba Memory Holdings

Aecom Signs Agreement With Toshiba To Perform Nuclear Decommissioning Services In Japan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社東芝とは

東芝グループは、「エネルギーシステムソリューション」、「インフラシステムソリューション」、「リテール&プリンティングソリューション」、「ストレージ&デバイスソリューション」、「インダストリアル情報通信技術(ICT)ソリューション」及び「その他」の6部門に関係する事業を主として行う。【事業内容】エネルギーシステムソリューション部門において、原子力発電システム、火力発電システム、水力発電システム、発電、太陽光発電システム、電力流通システム等の製造・販売・エンジニアリング・サービス他を行う。インフラシステムソリューション部門において、計装制御システム、駅務自動化機器、交通機器、電波機器、上下水道システム、環境システム、放送システム、道路システム、ビルファシリティ、エレベーター、エスカレーター、一般照明、産業光源、業務用空調機器、コンプレッサー、産業システム等の製造・販売・エンジニアリング・サービス他を行う。リテール&プリンティングソリューション部門において、販売時点情報管理(POS)システム、複合機等の製造・販売・エンジニアリング・サービス他を行う。ストレージ&デバイスソリューション部門において、小信号デバイス、パワー半導体、光半導体、ロジック(大規模集積回路)LSI、ミックスドシグナル(集積回路)IC、イメージセンサ、NAND型フラッシュメモリ、記憶装置、半導体製造装置等の製造・販売・エンジニアリング・サービス他を行う。インダストリアルICTソリューション部門においてクラウドソリューション等の製造・販売・エンジニアリング・サービス他を行う。その他の部門において、パソコン、テレビ、録画再生機器、映像機器修理サービス等の製造・販売・エンジニアリング・サービス他を行う。

業種

Audio & Video Equipment

連絡先

Toshiba Bldg., 1-1-1, Shibaura

+81.3.34574511

https://www.toshiba.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Nobuaki Kurumatani

Chairman of the Executive Board, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Director

Yoshimitsu Kobayashi

Independent Chairman of the Board of Directors

Satoshi Tsunakawa

Executive President, Representative Executive Officer, Chief Operating Officer, Director

Masayoshi Hirata

Representative Executive Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Director of Finance & Cash Management, Director

Shinichiro Akiba

Representative Executive Officer, Executive Vice President, President of Subsidiary, Director

統計

2.93 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

4.9K

2018

3.9K

2019

3.7K

2020(E)

3.4K
EPS (JPY)

2017

-2,280.800

2018

1,628.900

2019

1,641.850

2020(E)

-239.757
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.48
株価純資産倍率(四半期)
1.56
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
21.48
長期負債/資本(四半期)
7.13
投資利益率(過去12カ月)
-6.47
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.44

最新ニュース

最新ニュース

東芝、台湾向け電気機関車68両を受注 予備品含め約400億円で

東芝<6502.T>の子会社、東芝インフラシステムズは17日、台湾鉄路管理局(TRA)向けの電気機関車68両を台湾銀行から受注したと発表した。受注金額は予備品などを含み約400億円で、2022年から順次納入を開始する予定。

ホットストック:東芝がしっかり、寄り付き前に自己株式消却を発表

東芝がしっかり。寄り付き前に自己株式を消却すると発表したことが好感され、買い優勢となっている。

焦点:韓国半導体業界、部材国産化に本腰 高シェアの日本勢に打撃も

韓国半導体業界が、関連部材を国産化する取り組みを本格化させている。日本政府が韓国への輸出管理を強化したことを受け、日本製に依存することへのリスクが改めて意識されたためだ。半導体材料市場で高いシェアを保ってきた日本の部材メーカーでは不安が広がっている。

アングル:AI人材不足に焦る日本、あの手この手で獲得に奔走

日本の経済界と政府に、パニックとも言える雰囲気が漂っている。世界第3位の経済大国である日本には、十分な数の人工知能(AI)専門家がおらず、何らかの対策が急務になっている。

ホットストック:東芝は反落、4─6月期当期損益が1402億円の赤字

東芝は反落。7日に発表した2019年4─6月期(米国会計基準)の最終損益が1402億円の赤字となったことが嫌気されている。前年同期は1兆0167億円の当期黒字だった。

東芝CFO「順調にいけば営業益1500億円」、100億円上振れ示唆

東芝<6502.T>の平田政善・最高財務責任者(CFO)は7日の決算会見で、2020年3月期の営業利益予想について、順調にいけば1500億円程度に上振れするとの見通しを示した。現時点では前年比3.9倍の1400億円を見込んでいる。

東芝の4─6月期営業益は10倍、構造改革効果で

東芝が7日発表した2019年4─6月期(米国会計基準)の営業利益は前年比10.7倍の78億円だった。構造改革効果が利益を押し上げた。

シャープ子会社のダイナブック、2021年度中の上場目指す

シャープ<6753.T>子会社でパソコン事業を手掛けるダイナブック(東京都江東区)は9日、2021年度中の株式上場を目指すと発表した。

コラム:「アップルケア」でジャパンディスプレイが得た保証

「アップルケア」はユーザーの不安を軽減してくれる。経営再建中の中小型液晶パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T>が調達した最大6億6500万ドル(約720億円)のうち、約15%がアップル<AAPL.O>からのものだ。アップルとしては異例の出資だが、液晶パネルの供給業者は数が限られている。アップルの「保証」を得たことで、JDIは他からも資金を集めやすくなるだろう。

米アプライド、旧日立系半導体装置KOKUSAI買収 22億ドル

米半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)<AMAT.O>は1日、旧日立製作所系の装置メーカー、KOKUSAI ELECTRIC(東京)を現金22億ドルで買収することで合意した。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)から買い取る。

米アプライド、旧日立系半導体装置KOKUSAI買収 22億ドル

米半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)は1日、旧日立製作所系の装置メーカー、KOKUSAI ELECTRIC(東京)を現金22億ドルで買収することで合意した。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)から買い取る。

キヤノン、東芝メディカルシステムズ買収巡りEUが罰金2800万ユーロ

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は27日、キヤノン<7751.T>が東芝メディカルシステムズ買収でEUの買収関連規則に違反したとして、2800万ユーロ(3180万ドル)の罰金を科すと発表した。

今日の株式見通し=続落、米国株安を嫌気 押し目買いは限定的か

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は続落が予想されている。前日の米国株主要3指数がそろって下落したほか、為替が円高基調となっている。20カ国・地域(G20)首脳会談(サミット)を控えて様子見ムードが広がる中、押し目買いよりも手仕舞い売りが優勢になりそうだという。リスク回避的に円買いが強まり再び1ドル106円台に突入した場合は、日経平均は2万1000円を割り込む可能性もある。

トヨタ、CATL・東芝などからも電動車用電池調達

トヨタ自動車<7203.T>は7日、電気自動車(EV)など電動車に使用する車載用電池を世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>や比亜迪(BYD)<1211.HK><002594.SZ>、東芝<6502.T>、GSユアサ<6674.T>などからも調達することを明らかにした。

訂正:東芝が米LNG事業を仏トタルに売却へ、今期930億円損失計上

東芝<6502.T>は1日、米国液化天然ガス(LNG)事業をフランスのエネルギー大手トタル<TOTF.PA>に売却すると発表した。巨額損失のおそれのあったLNG事業を切り離すことで経営再建を加速させる。

東芝、仏トタルに米LNG事業売却へ=関係筋

東芝は、米国の液化天然ガス(LNG)事業を仏エネルギー大手トタルに売却することで合意した。関係筋が31日、明らかにした。

東芝、停止したファーウェイ向け出荷を再開

との取引を原則禁じる制裁措置を取ったことを受け、ファーウェイ向けの出荷を一時停止した。

東芝、ファーウェイ向け出荷を一時停止

東芝は23日、米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)との取引を原則禁じる制裁措置を取ったことを受け、ファーウェイ向けの出荷を一時停止したことを明らかにした。

東芝、今期営業益予想3.9倍の1400億円 車谷会長「計画順調」

東芝<6502.T>は13日、2020年3月期(米国会計基準)の営業利益は前年比3.9倍の1400億円を予想していると発表した。構造改革や調達改革が寄与する見通し。会社予想はリフィニティブが集計したアナリスト16人の予想平均1163億円を上回る。

東芝、社外取締役7人から10人に増員 議長に三菱ケミ・小林会長

東芝<6502.T>は13日、定時株主総会(6月26日開催予定)に付議する取締役選任案を決定した。社外取締役を7人から10人に増員し、12人中10人を占めることになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up