for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社東芝

6502.T

現在値

2,977.00JPY

変化

1.00(+0.03%)

出来高

1,363,000

本日のレンジ

2,951.00

 - 

3,010.00

52週レンジ

1,982.00

 - 

3,825.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,976.00
始値
2,999.00
出来高
1,363,000
3か月平均出来高
42.67
高値
3,010.00
安値
2,951.00
52週高値
3,825.00
52週安値
1,982.00
発行済株式数
453.85
時価総額
1,342,623.00
予想PER
18.19
配当利回り
0.68

次のエベント

Q3 2021 Toshiba Corp Earnings Release

適時開示

その他

Toshiba Says It Will Request Moody’S Investors Service To Withdraw From Rating It

Toshiba Likeky To Post Net Profit Of About 4 Billion Yen For April-Sept On Kioxia Profit Recovery, To Increase Yer-End Dividend -Nikkei

Toshiba Information Systems Implements Verimatrix’s Whitebox Technology

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社東芝とは

東芝グループは、エネルギーシステムソリューション、インフラシステムソリューション、リテール&プリンティングソリューション、ストレージ&デバイスソリューション、インダストリアル情報通信技術(ICT)ソリューション及びその他事業を行う。【事業内容】6つの事業セグメントで構成される。エネルギーシステムソリューション事業は、火力発電システム、原子力発電システム、電力流通システム、太陽光発電システム、水力発電システム等を提供する。インフラシステムソリューション事業は、上下水道システム、放送システム、電波機器、エレベーター、産業光源、コンプレッサー、産業システム、環境システム、道路システム、駅務自動化機器、一般照明、業務用空調機器、交通機器、電池システム等を提供する。リテール&プリンティングソリューション事業は、販売時点情報管理(POS)システム、複合機等を提供する。ストレージ&デバイスソリューション事業は、パワーデバイス、小信号デバイス、光半導体、ミックスドシグナル集積回路(IC)、イメージセンサ、ロジック大規模集積回路(LSI)、ハードディスク・ドライブ(HDD)、半導体製造装置等を提供する。インダストリアルICTソリューション事業は、情報技術(IT)ソリューションサービス等を提供する。その他事業は、物流サービス等を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

Toshiba Bldg., 1-1-1, Shibaura

MINATO-KU, TKY

105-8001

Japan

+81.3.34574511

https://www.toshiba.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Satoshi Tsunakawa

Chairman of the Board

Yoshimitsu Kobayashi

Independent Chairman of the Board of Directors

Nobuaki Kurumatani

President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Masayoshi Hirata

Representative Executive Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer

Masayasu Toyohara

Vice President, Representative Executive Officer

統計

1.80 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

3.9K

2019

3.7K

2020

3.4K

2021(E)

3.1K
EPS (JPY)

2018

1,628.900

2019

1,641.850

2020

-236.390

2021(E)

162.125
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.44
株価純資産倍率(四半期)
1.43
株価キャッシュフロー倍率
9.95
総負債/総資本(四半期)
45.72
長期負債/資本(四半期)
39.88
投資利益率(過去12カ月)
2.77
自己資本利益率(過去12カ月)
1.52

最新ニュース

最新ニュース

東芝、エフィッシモが臨時株主総会招集許可を地裁に申し立て

東芝は20日、筆頭株主であるシンガポールの投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネジメントが臨時株主総会の招集許可を東京地裁に申し立てたと発表した。

水野氏が経産省参与を退任、国連特使就任で

経済産業省は18日、水野弘道氏が参与、グリーンイノベーションファイナンスアドバイザー、TCFDサミットアンバサダーを退任したと発表した。本人から辞任の申し出があったという。

東芝、4月までの臨時総会開催で調整 1部復帰に遅延の恐れも

東芝は15日、臨時株主総会の基準日を2月1日に設定すると発表した。開催日程は基準日から3カ月以内で今後調整する。筆頭株主のファンドなどが総会招集を請求していた。臨時総会の結果次第では、東京証券取引所での1部復帰が遅れる可能性もある。

東芝、臨時総会の基準日を2月1日に設定 大株主の請求踏まえ

東芝は15日、臨時株主総会の基準日を2月1日に設定すると発表した。開催日程は基準日から3カ月以内で今後調整する。筆頭株主のファンドなどが総会招集を請求しており、臨時株主総会の招集を決定した場合、日程や付議議案を速やかに通知するとしている。

情報BOX:緊急事態宣言に企業も対応、テレワーク徹底や時短など

東京都など1都3県を対象にした緊急事態宣言が7日に発令され、企業も新たな対応を取り始めている。営業時間の短縮などで対応する外食や流通、テーマパークのほか、在宅勤務など従来の取り組みを徹底する動きもある。

米ファンドのファラロン、東芝に対し臨時株主総会の開催を請求

米ヘッジファンドのファラロン・キャピタルは25日、東芝に対して臨時株主総会の招集を請求したと発表した。

米ファンドのファラロン、東芝に対し臨時株主総会の開催を請求

米ヘッジファンドのファラロン・キャピタルは25日、東芝に対して臨時株主総会の招集を請求したと発表した。

今夏の東芝株主総会、経産省参与がハーバード大基金に干渉=関係者

東芝が7月末に開いた定時株主総会を巡り、経済産業省の参与が米ハーバード大学の基金運用ファンドに対し、会社側の意にそぐわない形で議決権を行使した場合、改正外為法に基づく調査の対象になる可能性があると干渉していたことが分かった。4人の関係者が匿名を条件に明らかにした。

7月の東芝株主総会、経産省参与がハーバード大基金に干渉=関係者

東芝が7月末に開いた定時株主総会を巡り、経済産業省の参与が米ハーバード大学の基金運用ファンドに対し、会社側の意にそぐわない形で議決権を行使した場合、改正外為法に基づく調査の対象になる可能性があると干渉していたことが分かった。4人の関係者が匿名を条件に明らかにした。

臨時総会開催の株主請求、なるべく早く方針決めたい=東芝社長

東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO) は18日、同社に対して筆頭株主が臨時株主総会の開催を請求していることについて「なるべく早く対応方針を決めたい」と述べた。ロイターのインタビューで語った。

東芝、臨時株主総会の招集は「慎重に検討の上決定次第開示する」

東芝は18日、臨時株主総会の招集について「慎重に検討の上決定次第開示する」とのコメントを発表した。

BRIEF-東芝、臨時株主総会の招集は「慎重に検討の上決定次第開示する」

* 東芝、臨時株主総会の招集は「慎重に検討の上決定次第開示する」 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

議決権誤集計、社長の報酬減額 三井住友信託とみずほ信託

三井住友信託銀行とみずほ信託銀行は17日、企業の株主総会で議決権行使書の一部を無効扱いしていた問題で、社長ら役員の報酬を減額すると発表した。誤集計を招いた従来の方法を改めるとともに、議決権行使のオンライン化を促進し、再発防止に努める方針も併せて示した。

エフィッシモ、東芝に臨時株主総会の招集を請求

シンガポールの投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネジメントは17日、東芝に臨時株主総会の招集を請求したと発表した。今年7月の定時株主総会が公正に運営されたかどうかを調査するためだとしている。エフィッシモは東芝の筆頭株主。

具体的な投資は決定していない、引き続き検討中=一部報道で東芝

東芝は17日、同社が今後5年間で1兆円を投資するとの報道を受けてリリースを公表し、「具体的な投資内容を決定しているわけではない」と説明した。

東芝、ムーディーズの格付けを取り下げ JCRから新規取得

東芝は15日、ムーディーズ・ジャパンから取得している格付けを取り下げると発表した。一方、日本格付研究所(JCR)から「BBBプラス」の長期発行体格付けを新たに取得した。格付け見通しは「安定的」。

水素普及に業界超えた協議会が発足、88社参画 来年2月に政策提言

トヨタ自動車や三井住友フィナンシャルグループなど9社が理事会員となり、自動車、インフラ、金融、商社などの企業が業界の垣根を超えて水素サプライチェーン形成を推進するための協議会を立ち上げた。7日時点で88社が会員企業として参画。来年2月には政府に政策提言を行う予定としている。

ホットストック:東芝は2%超高、出資先のキオクシアがファーウェイへの輸出許可取得

東証2部の東芝は反発し、2%超高での推移となっている。半導体メモリー大手のキオクシア(旧東芝メモリホールディングス)が中国の華為技術(ファーウェイ)に対する半導体の輸出許可を一部の製品で取得したと、日経新聞電子版が4日報じたことが材料視されている。データセンターのサーバーなどに使われる汎用品が中心という。

東芝、20年4―9月期営業利益は94%減 コロナ影響が重し

東芝<6502.T>が11日発表した2020年4ー9月期の連結営業利益(米国基準)は前年同期比94%減の31億円だった。半導体製造装置の設置遅れのほか、HDDや車載向け半導体を中心に新型コロナウイルスの感染拡大の影響が出た。

BRIEF-車谷東芝社長:今回計画はコミット、前回計画とは位置づけ異なる

東芝の車谷暢昭社長の会見での主な発言は以下の通り。 * 車谷東芝社長:今回計画はコミット、前回計画とは位置づけ異なる *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up