for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱電機株式会社

6503.T

現在値

1,518.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

1,304.50

 - 

1,817.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,518.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
114.78
高値
--
安値
--
52週高値
1,817.00
52週安値
1,304.50
発行済株式数
2,145.64
時価総額
3,242,274.00
予想PER
14.40
配当利回り
2.38

次のエベント

Q2 2022 Mitsubishi Electric Corp Earnings Release

適時開示

その他

New York City's Subway Operator Demands More Info On Mitsubishi A/C In 2,600 Subway Cars - Nikkei, Citing Transit Official

Mitsubishi Electric Corp - To Buy Back Up To 1.86% Of Own Shares Worth 50 Billion Yen

Mitsubishi Electric To Invest In Eke-Electronics Ltd. In Finland

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱電機株式会社とは

三菱電機グループは、主に総合電機事業を展開する。【事業内容】6つの事業セグメントで構成される。重電システム事業は、社会システム事業、 電力・産業システム事業、ビルシステム事業を行い、タービン発電機、大型映像表示装置、エレベーターなどを提供する。産業メカトロニクス事業は、ファクトリーオートメーション(FA)システム事業及び自動車機器事業を行い、プログラマブルコントローラ、数値制御装置、カーマルチメディア機器などを提供する。情報通信システム事業は、通信システム事業、インフォメーションシステム事業、電子システム事業を行い、無線通信機器、人工衛星、ネットワークセキュリティーシステムなどを提供する。電子デバイス事業は、半導体・デバイス事業を行い、パワーモジュール、高周波素子、光素子、液晶表示装置などを提供する。家庭電器事業は、リビング・デジタルメディア事業を行い、液晶テレビ、ルームエアコン、冷蔵庫などを提供する。その他事業は、資材調達・物流・不動産・広告宣伝・金融等のサービスを提供する。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

Tokyo Bldg.

2-7-3, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8310

Japan

+81.3.32182111

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masaki Sakuyama

Chairman of the Board

Kei Uruma

President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Tadashi Kawagoishi

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer, Director

Tomonori Sato

Managing Executive Officer, Chief Technology Officer

Eiichiro Mitani

Managing Executive Officer, Chief Operation DX Officer, Chief Information Officer

統計

2.43 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

4.5K

2020

4.5K

2021

4.2K

2022(E)

4.5K
EPS (JPY)

2019

105.650

2020

103.410

2021

90.030

2022(E)

104.976
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.66
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.74
株価純資産倍率(四半期)
1.17
株価キャッシュフロー倍率
7.06
総負債/総資本(四半期)
12.60
長期負債/資本(四半期)
7.78
投資利益率(過去12カ月)
8.24
自己資本利益率(過去12カ月)
5.45

最新ニュース

最新ニュース

三菱電に原因究明要請、機器は安全上問題なく使用継続=JR東社長

東日本旅客鉄道(JR東日本)の深沢祐二社長は6日の定例記者会見で、三菱電機による鉄道車両機器の検査不正について「大変遺憾」と述べ、三菱電機に原因究明を要請していると語った。検査方法を今後、協議する必要があるとの考えも示した。JR東は新幹線や在来線の空調機器約9800台を導入している。

三菱電機、検査不正で社長が辞任 「組織的と認めざるを得ない」

三菱電機の杉山武史社長は2日午後、鉄道車両用空調装置などで不正検査が判明したことを受けて会見し、辞任を表明した。不正検査が30年以上続いていたことから「組織的な不正行為だったと認めざるを得ない」と述べた。調査結果と再発防止策を9月に公表する。

三菱電機、検査不正で社長が辞任 「組織的と認めざるを得ない」

三菱電機の杉山武史社長は2日午後、鉄道車両用空調装置などで検査不正が判明したことを受けて会見し、辞任すると表明した。30年以上続いていたことから「組織的な不正だったと認めざるを得ない」と述べた。調査結果と再発防止策を9月に公表する。

三菱電機、不適切な検査で9月に調査結果と再発防止策

三菱電機は2日、鉄道車両用空調装置などで不適切な検査を行っていた問題で、9月に調査結果と再発防止策を公表すると発表した。社長を室長とする緊急対策室を同日付で設置する。

三菱電機、法令違反があれば適切に対応=梶山経産相

梶山弘志経済産業相は2日の閣議後会見で、三菱電機による不適切な検査が明らかになったことについて「法令違反があれば、関係法令に基づいて適切に対応する」と述べた。

三菱電機の長年にわたる不適切検査は遺憾、政府は機動的に対応=加藤官房長官

加藤勝信官房長官は30日午前の会見で、三菱電機が鉄道車両用空調装置の一部で不適切な検査を行っていたことについて、「長年にわたり実施されてきたことは問題があり、遺憾だ」と述べた。また、経済産業省が同社に対し、事実関係と原因の調査を進めるよう指示したことを明らかにした。

BRIEF-加藤官房長官:三菱電機の不適切な検査は遺憾、今後の対応が適切になされるよう機動的に対応する

加藤勝信官房長官は30日午前の会見で以下のように述べた。 * 加藤官房長官:三菱電機の不適切な検査、遺憾 今後の対応が適切になされるよう機動的に対応する考え * 加藤官房長官:まん延防止措置の運営、基本的対処方針にのっとり総合的に判断 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

三菱電機、鉄道用空調装置の一部で不適切な検査 現在調査中

三菱電機は29日、長崎製作所(長崎県西彼杵郡時津町)が製造する鉄道車両用空調装置の一部で、不適切な検査を行っていたことが社内調査で判明したと発表した。現在、調査を進めている。

三菱電、25年度の売上高5兆円・営業利益率10%目指す=中計

三菱電機は3日、2025年度に売上高5兆円、営業利益率10%、ROE(自己資本利益率)10%を目指す中期経営計画を発表した。

BRIEF-三菱電、発行済み株式の1.86%・500億円上限に自社株買いを決議

* 三菱電、発行済み株式の1.86%(4000万株)・500億円上限に自社株買いを決議 * 取得期間は6月4日から2022年3月31日

春闘集中回答日、コロナで水準低下 「官」主導の賃上げ失速も

2021年春季労使交渉(春闘)は17日、主要企業が労働組合の賃金要求に一斉回答した。今回の交渉は新型コロナウイルス感染症で事業環境の先行きが読みにくい中で行われ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は要求そのものが見送られるなど低調となった。トヨタ自動車や日産自動車など一部企業は満額回答となったが、2014年から始まった「官」主導で続いていた賃上げの流れは、勢いを失う可能性がある。

WRAPUP 1-春闘集中回答日、コロナで水準低下 「官」主導の賃上げ失速も

2021年春季労使交渉(春闘)は17日、主要企業が労働組合の賃金要求に一斉回答した。今回の交渉は新型コロナウイルス感染症で事業環境の先行きが読みにくい中で行われ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は要求そのものが見送られるなど低調となった。トヨタ自動車や日産自動車など一部企業は満額回答となったが、2014年から始まった「官」主導で続いていた賃上げの流れは、勢いを失う可能性がある。

UPDATE 1-春闘集中回答日、コロナで賃上げ水準低下 トヨタや日産は満額回答

2021年春季労使交渉(春闘)は17日、主要企業が労働組合の賃金要求に一斉回答した。今回の交渉は新型コロナウイルス感染症で事業環境の先行きが読みにくい中で行われ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は要求そのものが見送られるなど低調となった。トヨタ自動車や日産自動車など一部企業は満額回答となったが、2014年から始まった「官」主導で続いていた賃上げの流れは、勢いを失う可能性がある。

三菱電機、今期営業益予想を上方修正 5G・半導体関連がけん引

三菱電機は2日、21年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比26.8%減の1900億円に上方修正したと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響は残るが、FAシステムなどの産業メカトロニクスや家電を中心に業績の改善がみられるとしている。 IBESがまとめたアナリスト20人のコンセンサス予想では、21年3月期通期の連結営業利益の平均値は1709億円。

三菱電機、21年3月期の営業益予想を26.8%減の1900億円に上方修正

三菱電機は2日、21年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比26.8%減の1900億円に上方修正したと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響は残るが、産業メカトロニクス部門や家電部門を中心に業績の改善がみられるとしている。

今日の株式見通し=続伸、米株高と円安が追い風

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数が反発。外為市場でも円安が進行しており、主力株には追い風になりそうだ。

供給網強靭化、国内の生産拠点整備補助金に146件・2478億円を採択=経産省

経済産業省は20日、新型コロナウイルス感染症の拡大によって脆弱性があらわになったサプライチェーン対策として、生産拠点の集中度の高い製品や医療用資材などを対象に国内の生産拠点を整備するための補助金の採択事業を発表した。トヨタ自動車 <7203.T>とパナソニック <6752.T>の合弁企業による車載用リチウムイオン電池の生産ライン新設など146件、約2478億円が採択された。

三菱電機、不正アクセスで取引先の金融機関口座情報が流出

三菱電機<6503.T>は20日、契約しているクラウドサービスに第三者による不正アクセスがあり、取引先の金融機関口座情報の流出を確認したと発表した。情報流出の原因は現段階では分かっていない。昨年受けた不正アクセスとは手法が異なる可能性が高いとみており、すべての情報の調査までには時間を要するという。

三菱電機、通期の営業益を1500億円に上方修正 費用削減が奏功

三菱電機 <6503.T>は29日、2021年3月通期の連結営業利益見通しを従来の1200億円から前年同期比42.2%減の1500億円に上方修正した。売上高予想は新型コロナウイルスの影響で4兆0500億円へ500億円引き下げたが、費用削減が奏功するとしている。

三菱電機、中間配当1株10円 前年同期から4円減配

三菱電機 <6503.T>は25日、2021年3月期の中間配当を1株10円にすると発表した。前年同期の14円から4円の減配。期末配当は未定のままとした。前年同期は1株26円だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up