for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電産株式会社

6594.T

現在値

14,070.00JPY

変化

-5.00(-0.04%)

出来高

536,300

本日のレンジ

14,025.00

 - 

14,255.00

52週レンジ

12,890.00

 - 

16,835.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
14,075.00
始値
14,045.00
出来高
536,300
3か月平均出来高
17.58
高値
14,255.00
安値
14,025.00
52週高値
16,835.00
52週安値
12,890.00
発行済株式数
294.29
時価総額
4,194,861.00
予想PER
--
配当利回り
0.78

次のエベント

Dividend For 6594.T - 60.0000 JPY

適時開示

その他

Nidec To Appoint Former Nissan COO Seki President Effective April 1

Guangzhou Automobile's Unit To Form JV With Japan's Nidec On Electric Drive Project

Nidec Completes Acquisition Of Embraco, Whirlpool Corporation's Compressor Business

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電産株式会社とは

日本電産グループは、同社、連結子会社296社及び持分法適用関連会社6社で構成され、精密小型モータ、車載及び家電・商業・産業用製品、機器装置、電子・光学部品等の製造・販売を主な事業内容とする。【事業内容】同社は9つの報告対象セグメントとその他により構成される。日本電産セグメントは、日本電産(日本)から構成され、主にHDD用モータ、その他小型モータ及び車載用製品の開発販売を行っている。タイ日本電産セグメントは、タイの子会社であるタイ日本電産及びその連結子会社、HDD用部品を製造するその他のアジアの子会社から構成され、主にHDD用モータの製造販売を行う。シンガポール日本電産セグメントは、シンガポールの子会社であるシンガポール日本電産及びその連結子会社から構成され、主にHDD用モータ及びその他小型モータの販売を行う。日本電産(香港)セグメントは、香港の子会社である日本電産(香港)及びその連結子会社から構成され、主にHDD用モータ及びその他小型モータの販売を行う。日本電産サンキョーセグメントは日本の子会社である日本電産サンキョー及びその連結子会社から構成され、主に機器装置、車載用製品、電子部品及びその他小型モータの製造販売を行う。日本電産コパルセグメントは、日本の子会社である日本電産コパル及びその連結子会社から構成され、主に電子・光学部品、機器装置及びその他小型モータの製造販売を行う。日本電産テクノモータセグメントは、日本の子会社である日本電産テクノモータ及びその連結子会社から構成され、主に商業・産業用製品の製造販売を行う。日本電産モータセグメントは米国持株会社である日本電産アメリカ・ホールディングとその子会社である日本電産モータ及び北米の子会社並びに南米・アジア・欧州の他の子会社から構成され、主に家電・商業・産業用製品の製造販売を行う。日本電産モーターズアンド アクチュエーターズセグメントはドイツの子会社であるドイツ日本電産モーターズ アンド アクチュエーターズをはじめとする欧州・北米・南米・日本・アジアの他の子会社から構成され、主に車載用製品の製造販売を行う。主要な製品は、ハード・ドライブ、ハードディスク・ドライブ(HDD)用スピンドルモータ、その他精密小型ブラシレス直流(DC)モータ、ブラシレスDCファン、その他小型モータを含む精密小型モータ、家電用・産業用及び車載用の一般モータ、機器装置、電子・光学部品、ならびに自動車部品を有する。

連絡先

338, Kuze Tonoshiro-cho, Minami-ku

+81.75.9221111

https://www.nidec.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Shigenobu Nagamori

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Hiroyuki Yoshimoto

Exe President, Chief Operating Officer, Chief Dir of Automotive Motor & Electronic Control Biz, Chairman of Subsidiaries, Representative Dir

Mikio Katayama

Vice Chairman of the Executive Board, Chief Technology Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Hiroshi Kobe

Vice Chairman of the Executive Board, Chief Sales Officer, Chairman of Subsidiaries,, Representative Director

Akira Sato

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Chairman & President of Subsidiaries, Director

統計

2.05 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.2K

2018

1.5K

2019

1.5K

2020(E)

1.6K
EPS (JPY)

2017

376.670

2018

443.940

2019

375.830

2020(E)

324.429
株価売上高倍率(過去12カ月)
53.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.75
株価純資産倍率(四半期)
4.16
株価キャッシュフロー倍率
26.00
総負債/総資本(四半期)
61.05
長期負債/資本(四半期)
41.61
投資利益率(過去12カ月)
5.58
自己資本利益率(過去12カ月)
3.85

最新ニュース

最新ニュース

焦点:求心力問われる日産・内田体制 改革遅れに社内から批判

業績不振に苦しむ日産自動車<7201.T>で、内田誠社長兼最高経営責任者 (CEO)の采配に対し、社内役員や取締役から厳しい批判の声が上がっている。同社が収益改善のために策定した様々な施策の実現が遅々として進んでいない、との懸念があるためだ。

日本電産、日産元副COOの関氏が社長に就任 4月1日付

日本電産<6594.T>は4日、日産自動車<7201.T>の副COO(副最高執行責任者)だった関潤氏が、4月1日付で社長に就任する人事を発表した。吉本浩之社長は、副社長となる。

日本電産、25年までに売上高を3倍の5兆円に引き上げ=関係筋

複数の関係筋によると、日本電産<6594.T>は今後5年間で売上高を現在の3倍の5兆円程度に引き上げる計画だ。電気自動車 (EV) のパワートレインシステムに注力するほか、他社のモーター技術全般を買収することなどを通じて達成を目指すという。

中国で新型肺炎、対応進める日本企業 ユニクロは100店休業

中国の武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎感染の広がりを受けて、現地に進出する日本企業も対応を進めている。

上値重い、新型肺炎への懸念 国内企業決算にも注目=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は上値が重い展開が予想される。新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者が増加しつつあり、投資家心理を圧迫している。個別株は決算発表の内容で物色されそうだが、全体的には買いづらい地合いが続くとみられる。中国国外でも新型肺炎の拡大が確認される事態になればリスクオフムードが強まり、下値を模索する可能性もある。

中国で新型肺炎、対応に動く日本企業 小売りは休業も

中国の武漢市で確認された新型コロナウイルスによる感染の広がりを受けて、現地に進出する日本企業も対応に動き始めている。ただ、感染規模はまだ小さいとして、ビジネス継続とのバランスを慎重に見極めようとしている。

来週の日本株は上値重い、新型肺炎への懸念 国内企業決算にも注目

来週の東京株式市場は上値が重い展開が予想される。新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者が増加しつつあり、投資家心理を圧迫している。個別株は決算発表の内容で物色されそうだが、全体的には買いづらい地合いが続くとみられる。中国国外でも新型肺炎の拡大が確認される事態になればリスクオフムードが強まり、下値を模索する可能性もある。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を小幅に上回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、25 日線を小幅に上回る 日経平均・日足は「小陰線」。上下のヒゲは下ヒゲがやや長く、下値抵抗力の強さも 感じさせる。終値(2万3827円18銭)が25日移動平均線(2万3823円29銭 =24日)を小幅に上回ったことも、いったんの安心材料となりそうだ。ただ、5日移動 平均線(2万3920円41銭)は下向きで、来週以降、25日線とのデッドクロスの形 成が警戒されている。 市場からは「25日線の水準でもちこたえたものの、きょうは週末であったことに加 え、新型コロナウイルスへの警戒で売買は手控えられていた...

日本平均は反発、週末前に手控えムード 新型肺炎への警戒も

東京株式市場で日経平均は反発した。引き続き中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念されている。週末前ということもあり、大きくポジションを傾けづらかった。市場参加者の関心は来週から本格化する企業決算に向かっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、新型肺炎への懸念が投資家心理圧迫

<15:07> 新興株市場は軟調、新型肺炎への懸念が投資家心理圧迫 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は3日続落した。市場からは「新規上 場を巡る資金循環も一巡してきた。新興市場は個人投資家も多く、東証1部以上に心理的な影響を受けやす い。新型肺炎の拡大が懸念される中、投資は手控えられやすい」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ市場は、メルカリ 、Sansan 、ラクス など時価総額ランキング 上位が軟調。アドベンチャー はストップ安比例配分、オンコセラピー・サイエンス が続落 した。半面、BuySell Technologies...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換、週末控え短期筋がショートカバーか

<13:58> 日経平均はプラス転換、週末控え短期筋がショートカバーか 日経平均はプラス転換、2万3800円台半ばで推移している。ドル/円は朝方は円 高基調だったが、午後は円安に振れている。 市場からは「特段の材料はない。前引けから後場寄りにかけて短期筋が利益確定売り をしていたのが、週末を控えショートポジションを買い戻しているのではないか」(国内 証券)との声が出ていた。 <11:45> 前場の日経平均は小幅続落、新型肺炎は引き続き懸念材料 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比12円77銭安の2万3782円67 銭となり、続落した...

前場の日経平均は小幅続落、新型肺炎は引き続き懸念材料

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比12円77銭安の2万3782円67銭となり、続落した。前日の米国株式市場はまちまち。引き続き中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大が懸念されるほか、円高に振れている為替相場に対する警戒感も意識された。また、週末であることから売り買いともに偏ったポジションが取りにくく、見送りムードが高まった。

ホットストック:日本電産が高寄り後に下落、通期見通しを下方修正

日本電産が高寄りした後、下落している。23日に2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円(従来予想は1500億円)に下方修正したと発表。業績底打ち期待から寄り付きは買いを誘ったが、その後は売りに押されている。

日本電産、業績予想を下方修正 「底打ち感」と永守会長

日本電産<6594.T>は23日、2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円に下方修正したと発表した。従来予想は1500億円。もっとも、同社の永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)は業績面での底打ち感を示した。

UPDATE 1-日産から関さんに入社してもらい、ものづくり担当してもらう=永守日本電産会長

日本電産の永守重信会長CEO(最高経営責任者)は23日の決算会見で、日産自動車の新経営体制の3トップの1人で副COO(執行役副最高執行責任者)だった関潤氏に入社してもらい、ものづくりを担当してもらうと述べた。

23日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

23日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本電産 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.36%にあたる400 万株、取得総額500億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は1月24日から 2021年1月22日。 ・アドヴァン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.9%にあたる40万 株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は1月24日から3月2 0日。  <株式分割> ・ピアラ は、2月14日現在の株主に対して、2月15日付けで、1対2の 株式分割を実施すると発表...

BRIEF-永守日本電産会長:日産から関さんに入社してもらい、ものづくり担当してもらう

* 日本電産会長:日産から関さんに入社してもらい、ものづくり担当してもらう *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

日本電産、20年3月期営業利益を下方修正

日本電産<6594.T>は23日、2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円に下方修正したと発表した。従来予想は1500億円。リフィニティブがまとめたアナリスト21人による予想の平均値は1511億円。 足元の需要などを見直した。米国景気減速への懸念のほか、中国の景気動向やイランなど中東の地政学リスクなどへの懸念があり、引き続き楽観できないとしている。 売上高予想は1兆5500億円(従来予想は1兆6500億円)に、当期利益予想は850億円(従来予想は1000億円)に、それぞれ引き下げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日移動平均線を割り込み調整局面

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、25日移動平均線を割り込み調整局面 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。上ヒゲがやや長く、投資家の失望感 を表している。 終値は下値サポートとして意識されていた25日移動平均線(2万3831円12銭 =23日)を下回り、短期的な調整局面に入ったとの印象を与えている。上値を伸ばしき れず、引き続き2万4000円の壁の重さが意識されている。 一方で、75日移動平均線(2万3171円25銭=23日)や200日移動平均線 (2万2024円74銭=23日)は依然として上向きで、中長期の上昇トレンド...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up