for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電産株式会社

6594.T

現在値

10,500.00JPY

変化

-530.00(-4.81%)

出来高

2,531,100

本日のレンジ

10,500.00

 - 

10,955.00

52週レンジ

4,837.50

 - 

11,140.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
11,030.00
始値
10,920.00
出来高
2,531,100
3か月平均出来高
28.77
高値
10,955.00
安値
10,500.00
52週高値
11,140.00
52週安値
4,837.50
発行済株式数
585.73
時価総額
6,577,018.00
予想PER
--
配当利回り
0.54

次のエベント

Q3 2021 Nidec Corp Earnings Release

適時開示

その他

Nidec To Acquire The Delta Production Line From Secop Austria

Nidec To Appoint Former Nissan COO Seki President Effective April 1

Guangzhou Automobile's Unit To Form JV With Japan's Nidec On Electric Drive Project

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電産株式会社とは

日本電産グループは、同社、連結子会社296社及び持分法適用関連会社6社で構成され、精密小型モータ、車載及び家電・商業・産業用製品、機器装置、電子・光学部品等の製造・販売を主な事業内容とする。【事業内容】同社は9つの報告対象セグメントとその他により構成される。日本電産セグメントは、日本電産(日本)から構成され、主にHDD用モータ、その他小型モータ及び車載用製品の開発販売を行っている。タイ日本電産セグメントは、タイの子会社であるタイ日本電産及びその連結子会社、HDD用部品を製造するその他のアジアの子会社から構成され、主にHDD用モータの製造販売を行う。シンガポール日本電産セグメントは、シンガポールの子会社であるシンガポール日本電産及びその連結子会社から構成され、主にHDD用モータ及びその他小型モータの販売を行う。日本電産(香港)セグメントは、香港の子会社である日本電産(香港)及びその連結子会社から構成され、主にHDD用モータ及びその他小型モータの販売を行う。日本電産サンキョーセグメントは日本の子会社である日本電産サンキョー及びその連結子会社から構成され、主に機器装置、車載用製品、電子部品及びその他小型モータの製造販売を行う。日本電産コパルセグメントは、日本の子会社である日本電産コパル及びその連結子会社から構成され、主に電子・光学部品、機器装置及びその他小型モータの製造販売を行う。日本電産テクノモータセグメントは、日本の子会社である日本電産テクノモータ及びその連結子会社から構成され、主に商業・産業用製品の製造販売を行う。日本電産モータセグメントは米国持株会社である日本電産アメリカ・ホールディングとその子会社である日本電産モータ及び北米の子会社並びに南米・アジア・欧州の他の子会社から構成され、主に家電・商業・産業用製品の製造販売を行う。日本電産モーターズアンド アクチュエーターズセグメントはドイツの子会社であるドイツ日本電産モーターズ アンド アクチュエーターズをはじめとする欧州・北米・南米・日本・アジアの他の子会社から構成され、主に車載用製品の製造販売を行う。主要な製品は、ハード・ドライブ、ハードディスク・ドライブ(HDD)用スピンドルモータ、その他精密小型ブラシレス直流(DC)モータ、ブラシレスDCファン、その他小型モータを含む精密小型モータ、家電用・産業用及び車載用の一般モータ、機器装置、電子・光学部品、ならびに自動車部品を有する。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

338, Kuze Tonoshiro-cho, Minami-ku

KYOTO-SHI, KYT

601-8205

Japan

+81.75.9221111

https://www.nidec.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Shigenobu Nagamori

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Jun Seki

Executive President, Chief Operating Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Hiroshi Kobe

Vice Chairman of the Executive Board, Chief Sales Officer, Chairman of Subsidiary

Mikio Katayama

Executive Vice President, Chief Technology Officer, Chairman of Subsidiary

Hiroyuki Yoshimoto

Executive Vice President, Chief Director of Home Appliances Business, Chairman of Subsidiary

統計

1.90 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.5K

2019

1.5K

2020

1.5K

2021(E)

1.5K
EPS (JPY)

2018

221.970

2019

187.915

2020

102.130

2021(E)

182.036
株価売上高倍率(過去12カ月)
83.79
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.28
株価純資産倍率(四半期)
6.68
株価キャッシュフロー倍率
38.04
総負債/総資本(四半期)
59.79
長期負債/資本(四半期)
38.65
投資利益率(過去12カ月)
5.62
自己資本利益率(過去12カ月)
3.84

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、25日線上回り下値の堅さ確認

<16:30> 日経平均・日足は「下影陽線」、25日線上回り下値の堅さ確認 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「下影陽線」。実体部分が上方にある陽線だが、 終値は5日移動平均線(2万3522円09銭=27日現在)を下回り、買い上がるには 強い材料が必要となりそうだ。 一方、終値は25日移動平均線(2万3443円16銭=同)を上回ったことから、 下値の堅さは確認されたようだ。 きょうは前日の米株安を受けて軟調な展開となっていたが、方向感を欠く動きは続き そうだ。25日移動平均線がサポートし基調としては底堅いが、5日移動平均線が上値を 抑える...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、個人投資家の物色意欲強まる

<15:39> 新興株市場は反発、個人投資家の物色意欲強まる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した 。市場からは「日経平均が軟調な展開となる中、個人投資家を中心に中小型銘柄の物色意 欲が強まったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.27%高。個別では、不二硝子 、シ ーズメン 、ニッポン高度紙工業 などが高い。半面、出前館 、ウ ェッジホールディングス などはさえない。 マザーズ指数は前営業日比1.65%高。個別では、弁護士ドットコム 、ヘ ッドウォータース...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、決算手掛かりに個別物色が下支え

<14:37> 日経平均は小幅安、決算手掛かりに個別物色が下支え 日経平均は小幅安、2万3400円台後半で推移している。前場には一時、前営業日 比200円安となる場面もあったが、下げ幅は縮小。市場からは「好決算を発表した銘柄 の物色が活発になり、相場を下支えしているのではないか」(国内証券)との声が聞かれ た。個別では、ヤマト 、キヤノン 、コクヨ などが高い。 <12:53> 日経平均は軟調、日銀ETF買いの期待薄か 日経平均は軟調、前営業日比90円ほど安い2万3400円前後で推移している。前 場には下げ幅を縮小する場面もあったが、後場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、日銀ETF買いの期待薄か

<12:53> 日経平均は軟調、日銀ETF買いの期待薄か 日経平均は軟調、前営業日比90円ほど安い2万3400円前後で推移している。前 場には下げ幅を縮小する場面もあったが、後場スタート後は軟調な展開となっている。市 場からは、前場のTOPIXが0.41%安で取引を終えたことで「日銀のETF買いが 入らない可能性が高いとみている投資家が多く、売りにつながった可能性もあるのではな いか」(国内証券)との声が聞かれた。 市場では、午前のTOPIXが前日終値から0.5%ほど下落すると日銀がETFの 買い入れを行うとみられている。 <11:45...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、米株安でムード悪化も下げ渋り 

<11:45> 前場の日経平均は続落、米株安でムード悪化も下げ渋り  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比65円64銭安の2万3428円70 銭となり、続落した。前日の米国株式市場が大幅安となったことが嫌気され、市場のムー ドを悪化させたものの、時間外取引で米株先物が底堅く推移したことが安心感を誘い、下 げ渋る動きとなった。 26日の米国株式市場は薄商いの中、大幅安。新型コロナウイルス感染者が急増し、 追加のコロナ経済対策合意を巡る不透明感が増したことを受け、S&P総合500種は4 週間ぶりの大幅な下げ率を記録した。米国、ロシア、...

ホットストック:日本電産が反落後に切り返す、業績上方修正を好感

日本電産が5日ぶり反落スタート後、プラス圏での推移となっている。26日、2021年3月期の営業利益(国際会計基準)予想を前年比29.0%増の1400億円に上方修正したことが材料視されている。原価改善などで4―9月期業績が想定を上回ったことを反映した。

今日の株式見通し=続落、米株大幅安を嫌気 下げは限定的

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場が大幅安となったことを受け、利益確定売りが広がる展開となりそうだ。ただ、このところ米国株と日本株の連動性が薄まってきていることもあり、下げは限定的なものにとどまりそうだ。主要企業の決算発表や米大統領選を控えていることから、東京株式市場はきょうも様子見ムードが強まり、連日の薄商い相場となりそうだ。

日本電産、営業利益予想を29%増に上方修正 上期「想定上回る」

日本電産<6594.T>は26日、2021年3月期の営業利益(国際会計基準)予想を前年比29.0%増の1400億円に上方修正した。原価改善などで4―9月期業績が想定を上回ったことを反映した。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は1425億円。

BRIEF-永守日本電産会長:車載関係は第2四半期でかなり挽回、第3四半期以降さらに改善見込む

* 永守日本電産会長:車載関係は第2四半期でかなり挽回し、第3四半期以降さらに改善を見込む *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回り上値の重さを意識

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回り上値の重さを意識 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。引き続き実体部分が短い状態が続い ており、方向感が定まっていない。さらに、終値が5日移動平均線(2万3538円34 銭=26日現在)を下回り、同時に上値の重さを意識させている。 一方、25日移動平均線(2万3438円14銭=同)にサポートされた状態が続く など、底堅い印象にも変化がみられない。チャートの煮詰まり具合からいずれかに大きく 振れることが読み取れるものの、目先は目立った材料がない限り狭いレンジで動くことに なりそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、先駆株に見切り売り急ぐ動き

<15:15> 新興株市場は軟調、先駆株に見切り売り急ぐ動き 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。市 場からは「完全に調整ムードとなっている。先駆株の中には見切り売りを急ぐ動きが目立 つ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.09%安。個別では、今村証券 、ま ぐまぐ など直近の人気銘柄が値を消したほか、出前館 もさえない。一方 で、不二硝子 がストップ高となった。 マザーズ指数は前営業日比0.93%安。個別では、BASE 、ジーエヌア イグループ 、メルカリ などが軟調...

日本電産、21年3月期営業利益予想を29%増の1400億円に上方修正

日本電産は26日、2021年3月期の営業利益(国際会計基準)予想を前年比29.0%増の1400億円に上方修正した。4―9月期業績が想定を上回ったことを反映した。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は1425億円。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、商い乏しく模様眺めに

<14:25> 日経平均は弱もちあい、商い乏しく模様眺めに 日経平均は弱もちあい。2万3500円を挟んで推移しているが、後場に入ってから の上下振れ幅は、午後2時25分現在で34円38銭にすぎず、動きが止まっている状態 。市場関係者によると、「米大統領選挙が終わるまで投資家は身動きが取れない。そのた め商いが乏しくなり、模様眺めとなっている」(国内証券)という。 <13:00> 日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心 後場の日経平均はマイナス圏での推移となっており、前営業日比30円ほど安い2万 3400円台後半。時間外取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心

<13:00> 日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心 後場の日経平均はマイナス圏での推移となっており、前営業日比30円ほど安い2万 3400円台後半。時間外取引での米株先物が下げ幅を拡大したことが重しとなっている 。市場では「個別では企業決算を控えている銘柄が期待先行で買われているが、全体では 材料に乏しく、閑散としている」(国内証券)との声が出ていた。 午後1時現在での東証1部の売買代金は9066億1800万円と薄商い。東証33 業種ではサービス業、鉄鋼、証券業、情報・通信業などの27業種が値下がり。倉庫・運...

午前の日経平均は小幅反落、決算前の様子見ムード強まる

26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円18銭安の2万3514円41銭となり、小幅に反落した。前週末23日の米国株式市場はまちまち。きょうの東京株式市場は、今週本格化する4─9月期の企業決算や米国の新型コロナウイルス追加経済対策の取りまとめの行方を見極めたいとして、様子見ムードが強まった。前場の上下の値幅は約73円にとどまり、狭いレンジでもみあう展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、決算や臨時国会控え慎重姿勢強まる

<10:28> 日経平均は小動き、決算や臨時国会控え慎重姿勢強まる 日経平均は小動き、前営業日から小幅プラスの2万3500円台半ばでもみあう展開 となっている。きょうは臨時国会が召集され菅義偉首相が所信表明演説を行う予定で、市 場からは「既に政策は打ち出されているので、何か目新しい発言があれば注目だ」(国内 証券)との声が聞かれた。 また、日本電産 、日東電工 などの決算発表を引け後に控え「投資家 の慎重な姿勢が強まるだろう」(同)とみられている。 <09:10> 寄り付きの日経平均は小幅続伸、決算控え様子見姿勢強く 寄り付きの東京株式市場...

今日の株式見通し=もみあい、米大統領選控え様子見ムード強く

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいの展開が想定されている。米国の追加経済対策をめぐる与野党の協議に不透明感が残っているとして、前週末の米株市場はまちまちの展開。本日の日本株市場では、米大統領選が接近していることもあり、様子見姿勢が強まりそうだ。前週末の終値近辺でもみあう展開が予想されている。

2万4000円を意識、様子見続く中で企業決算に注目=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、企業決算を見極めながら節目の2万4000円を意識した展開となりそうだ。来週は月末月初の週に当たり、国内外で主要な経済指標の発表が予定されているが、翌週には米大統領選を控えて様子見姿勢が続きそうだ。国内では、企業の決算発表が本格化する。主力企業の明確な業績回復が確認されれば、日経平均は2万4000円にトライする可能性もある。

来週の日経平均は2万4000円を意識、様子見続く中で企業決算に注目

来週の東京株式市場は、企業決算を見極めながら節目の2万4000円を意識した展開となりそうだ。来週は月末月初の週に当たり、国内外で主要な経済指標の発表が予定されているが、翌週には米大統領選を控えて様子見姿勢が続きそうだ。

焦点:日本電産と日産がジヤトコ巡り綱引き、自動車に電動化の波

精密小型モーターで世界トップシェアを握る日本電産<6594.T>が、さらなる成長の原動力として目を向けているのが自動車だ。電動化の波が押し寄せる中、バッテリーに蓄えた電気を駆動力に変える技術にビジネスチャンスを見いだし、企業を相次いで買収。総仕上げとして、日産自動車<7201.T>が7割以上の株式を持つ変速機メーカー、ジヤトコ(静岡県富士市)の取得に乗り出している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up