for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社大泉製作所

6618.T

現在値

552.00JPY

変化

22.00(+4.15%)

出来高

52,500

本日のレンジ

538.00

 - 

556.00

52週レンジ

343.00

 - 

942.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
530.00
始値
540.00
出来高
52,500
3か月平均出来高
2.98
高値
556.00
安値
538.00
52週高値
942.00
52週安値
343.00
発行済株式数
8.38
時価総額
4,442.97
予想PER
-88.83
配当利回り
1.51

次のエベント

Ohizumi MFG Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Ohizumi MFG appoints new persident

Ohizumi MFG appoints new Chairman of the Board

Ohizumi MFG says exercise of warrants

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社大泉製作所とは

大泉製作所グループは、同社及び連結子会社5社により構成される。【事業内容】主な事業として、熱・温度変化によって電気抵抗値が変化する半導体セラミックスのサーミスタを利用した各種電子部品(エレメント製品)の製造・販売、並びにそれらを使用して、顧客である自動車部品メーカーや空調・家電メーカー等が最終製品に取付けて温度測定や制御に利用出来る温度センサ(センサ製品)を製造・販売する。同社グループがセンサ製品及びエレメント製品製造のために使用しているサーミスタは、大別すると、温度が上昇すると抵抗値が下降するNTCサーミスタ及び温度が上昇すると抵抗値が上昇するPTCサーミスタの2種類である。その温度計測及び温度制御機能は生活家電(エアコン、電子レンジ、IHクッキングヒータ、冷蔵庫、エコキュート、洗濯機など)、事務用機器(プリンター、コピーなど)、自動車部品(水温センサ、吸気温センサ、油温センサ、カーエアコン用センサ他)、医療機器(電子体温計、各種計測機)、工業産業機器(コンプレッサー、インバーター、工作機械など)に用いられ、温度補償機能は情報産業機器(携帯電話、電池パック、PC、無線機など)、事務用機器(プリンター、コピー)、AV機器(TV、モニターなど) に用いられ、回路安定機能は事務用機器(プリンター、コピー)の電源部分、照明機器に用いられ、液面検知機能は自動車の燃料残量警告灯、食器洗浄器用水位センサなどに用いられ、過負荷防止ヒーター機能は自動車のパワーウインド制御、電気蚊取り器、電気消臭プラグなどに用いられ、自動車関連分野において、温度センサ製品は燃料残量警告灯用センサ、エンジン制御用吸気温度センサ、カーエアコン用エバポレータ温度センサなど、自動車の高性能化に伴い自動車用温度センサのあらゆる部分に採用される。ハイブリッド車や電気自動車にも2次電池用温度センサをはじめとして多数の温度センサが搭載される。エアコン、家電分野において、特に同社が注力しているエアコンには、室内機には吸込み口温度、吹出し口温度、室内温度の検知のための温度センサをはじめ、室内機-室外機間の熱交換器温度検知及び室内の輻射熱検知用の温度センサなどが使用される。また、室外機には、外気温検知、コンプレッサ過熱温度検知、コンプレッサ表面温度検知のための温度センサが使われる。エレメント製品分野において、サーミスタ素体を1次加工して電子部品として使用出来る最小単位に仕上げた製品群であり、温度センサの感知部に使用されるほか、リード線や基板に直付けして温度補償や回路安定のために利用される。同社は、資材調達及び子会社への供給、サーミスタの開発・製造及び子会社への供給、エレメント製品及びセンサ製品の開発・設計、エレメント製品及びセンサ製品の販売を行い、八甲田電子は、エレメント製品の製造を行い、センサ工業は、センサ製品の製造を行い、東莞大泉傳感器は、センサ製品の製造・販売を行い、大泉國際貿易は、資材調達、エレメント製品、センサ製品の販売を行い、OHIZUMI MFG (THAILAND)CO.,LTD. は、センサ製品の販売を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

1-11-4, Shinsayama

SAYAMA-SHI, STM

350-1387

Japan

+81.42.9539211

https://www.ohizumi-mfg.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hidetsune Goto

President, Representative Director

Toshiki Saburi

Vice President, Director

Hiroyuki Kanemi

Senior Managing Director

Atsumoto Kudo

Senior Managing Director

Akira Takeuchi

Managing Director, Chief Director of Administration

統計

Revenue (MM, JPY)

2018

0.0K

2019

0.0K

2020

0.0K

2021(E)

0.0K
EPS (JPY)

2018

40.000

2019

67.010

2020

26.400

2021(E)

-6.000
株価売上高倍率(過去12カ月)
133.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.42
株価純資産倍率(四半期)
2.08
株価キャッシュフロー倍率
10.28
総負債/総資本(四半期)
211.39
長期負債/資本(四半期)
118.58
投資利益率(過去12カ月)
0.60
自己資本利益率(過去12カ月)
0.37

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、戻りへの期待感を打ち砕く

日経平均・日足は「小陰線」。新たに大きなマド(2万0329円01銭─2万0579円98銭)を空けて下振れし、戻りに対する期待を一気に打ち砕く動きとなった。下値不安を増幅させただけではなく、先行き反転したとしても9日高値2万0782円06銭が戻りの関門として強く意識されるようになるなど、調整が長引く可能性が強くなってきた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、アンジェスは大幅続伸

新興株市場は、日経ジャスダック平均が4日続落、東証マザーズ指数が反落となった。市場からは「日経平均と同様に新興株市場も軟調。下げている銘柄が圧倒的に多いが、内需株をはじめとする米中の対立から遠いと思われるような銘柄が個人中心に買われている」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。ローソク足は上ヒゲ、下ヒゲがと長く実体が短い形状。投資家の気迷い 心理を表している。10日移動平均線(2万1537円14銭=9日)は下支えとして意識されるが、終値 は2営業日連続で200日移動平均線線(2万1601円25銭=同)を下回っており、2万1500円─ 2万1800を中心にしたレンジから下放れする可能性も指摘されている。 <15:05> 新興株市場は軟調、個別銘柄には物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、個別銘柄には物色も

<15:05> 新興株市場は軟調、個別銘柄には物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落となった。「長続きは しないものの、個別の中小型株には物色されているものもある。為替変動に関係のない銘柄も多く、東証1 部の大型株に比べれば手掛けやすい」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、シェアリングテクノロジー 、JIG─SAW が大幅安。Nuts<761 2.T>、ASIAN STAR 、エヌエフ回路設計ブロック なども売られた。半面、アクセ ルマーク がストップ高比例配分。SAMURAI&J PARTNERS...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、マド埋め切れず

<15:58> 日経平均・日足は「短陰線」、マド埋め切れず 日経平均・日足は「短陰線」。前日空けたマド(2万1892円29銭─2万204 6円29銭)を埋め切れず、戻り売り圧力の強さを感じさせる。下降中の25日移動平均 線(2万2102円52銭=14日)も上値を圧迫している。現時点で調整局面から脱す る兆しはみられない。ここで戻し切れないと再び10月26日に付けた直近安値(2万0 971円93銭)をめどに2番底を探る展開が予想される。 <15:28> 新興株市場は軟調、個人の買い意欲盛り上がらず 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、個人の買い意欲盛り上がらず

<15:28> 新興株市場は軟調、個人の買い意欲盛り上がらず 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数がともに続落した。 市場では「個人の物色意欲が盛り上がらず、上値の重い状態が続いている。12月の大型 IPOを控え、需給の緩みも懸念され始めている」(国内証券)との声が出ていた。個別 銘柄ではバリューデザイン 、ファイバーゲート が買われ、アプライド<3 020.T>も高い。半面、ブロードバンドセキュリティ が安く、アクリート 、大泉製作所 も軟調だった。 <14:35> 日経平均は小じっかり、弱含みの円相場などが支え...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転

<15:19> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転 日経平均・日足は「小陰線」。上方にマド(2万1892円29銭─2万2046円 29銭)を空けて下放れた。下ヒゲは長く、一定の押し目買い需要も示唆。ボリンジャー バンドは収縮基調にあり、日柄的な調整局面への移行も意識される。ただパラボリックは 陰転。反発時には一定の戻り売り圧力も掛かりそうだ。目先のところでは10月26日に 付けた直近安値(2万0971円93銭)どころが下値のめどとして意識されやすい。 <15:12> 新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い

<15:12> 新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い 新興株式市場は、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が続落した。マザーズは 一時3.5%安となったが、朝方の売り一巡後は下げ渋った。「海外投資家の売りが止ま った後は、個人投資家の買いが入った。その個人は前引けにかけ利益確定売りを出し、後 場は日経平均レバレッジ型ETF(上場投信)などに買い向かった」(ネット系証券)と いう。 個別銘柄ではロジザード 、大泉製作所 、UTグループ が大 幅高。サンバイオ がしっかり。メイコー 、ビリングシステム が 急落した。 <14:21...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、高値引けで先高見込み

<16:36> 日経平均・日足は「小陽線」、高値引けで先高 見込み 日経平均・日足は「小陽線」。高値引けとなっており先高観を示している。騰落レシオ(東証1部、2 5日平均)は107%台で、まだ過熱感が警戒されるゾーンではない。一目均衡表の転換線(2万2645 円60銭=27日)を下値支持線として上値を模索する展開もあり得る。 一方、25日移動平均線(2万2297円41銭=27日)と75日移動平均線(2万2401円16 銭=同)がほぼ同水準に位置しており、気迷いムードも漂う。「2万2000円方向か2万3000円方向 か分岐点に差し掛かっている...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが小反発、化学・好業績株に物色

<15:40> 新興株市場はマザーズが小反発、化学・好業績株に物色   新興株市場は、東証マザーズ指数が小反発となった。「化学株や好業績株が物色されている。これまで 新興株は出遅れており、好決算となった企業が素直に買われている」(ネット系証券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は5日ぶり反落。 個別銘柄では新規上場銘柄のエクスモーション やGA technologies がストップ高比例配分。アクサスホールディングス や大泉製作所 なども買われた。一方、 セプテーニ・ホールディングス は大幅安。ドリコム やメディアシーク なども売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、一目雲の中で先安見込み

<16:44> 日経平均・日足は「小陰線」、一目雲の中で先安見込み 日経平均・日足は「小陰線」。先週18日に2万3000円の上抜けに失敗した後、連続陰線となって いる。一目均衡表では雲の中に突入。辛うじて一目・転換線(2万2346円79銭=23日)や75日移 動平均線(2万2344円98銭=同)が支えとなったものの、先安見込みも強まってきた。 200日移動平均線(2万2261円21銭=同)は上向きではあるが、7月に1度下回っており、明 確なサポートにならないとの見方もある。同水準を下回れば、8月にかけて7月安値(2万1546円99 銭=...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、個別銘柄への物色継続

<15:48> 新興株市場はまちまち、個別銘柄への物色継続  新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均が小幅反発した一方、東証マザーズ指数が小幅反落と なった。日経平均が大幅に下落した中、比較的落ち着いた値動きとなったが「先週、円安進行で日経平均や TOPIXが戻った半面、新興株市場は取り残されていた。その分、反動も小さい」(国内証券)との見方 が出ていた。個別銘柄への物色が継続している。 個別銘柄では、大泉製作所 、オンコリスバイオファーマ 、ラクスル 、串カ ツ田中 、石垣食品 などが買われた。一方、ジャストプランニング 、デ・ウエスタ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、過熱感はやや低下

日経平均・日足は「小陽線」。前日との組み合わせでは陰線を陽線が包む形となり、買いシグナルを示している。14連騰を映して主要な移動平均線はそれぞれ上向きの強気形状を維持している。短期のRSI(相対力指数)は引き続き買われ過ぎ圏内にある一方、25日移動平均線(2万0652円85銭=20日)との上方かい離率や騰落レシオ(東証1部、25日平均)は低下した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、中間決算本格化を前に大型株に関心シフト

新興株式市場は軟調だった。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。「来週から企業の中間決算の本格化を控えており、目先は大型株の決算に関心が向きやすい」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線との上方かい離率はやや低下

<15:27> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線との上方かい離率はやや低下 日経平均・日足は「小陰線」。引き続きボリンジャーバンドのプラス2シグマ(2万 1417円43銭=18日終値)近辺で上値を押さえられる格好となったが、12連騰の 中では底堅く推移したと評価することも可能だ。短期のRSI(相対力指数)は買われ過 ぎ圏内にある一方、25日移動平均線(2万0522円30銭=同)との上方かい離率や 騰落レシオ(東証1部、25日平均)はやや低下。ただ日柄的な調整がなお欲しい局面で もある。下落局面では5日移動平均線(2万1212円93銭...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、東証1部銘柄への資金シフト続く

<15:16> 新興株は軟調、東証1部銘柄への資金シフト続く 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が反落。東証マザーズ指数は4日続落した 。「東証1部への大型株シフトが続いているが、ジャスダック平均はまだ下値が堅い印象 もある。好業績銘柄を選好しようとの雰囲気も続いている」(国内証券)との声が聞かれ た。個別銘柄では壽屋 、大泉製作所 、放電精密加工研究所 がし っかり。重松製作所 、GNI 、Gunosy がさえない。 <14:25> 日経平均はプラス圏、検査不正問題の日産自は小幅安で推移 日経平均はプラス圏。2万1300円台後半で...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日・75日線がゴールデンクロス

<15:25> 日経平均・日足は「小陰線」、25日・75日線がゴールデンクロス 日経平均・日足は「小陰線」。前日の陽線に対するカブセ線の形成を回避した。天井 圏でのカブセ線の出現は、買いポジションから売りポジションへの切り替えのポイントと されるが、チャート上では底堅さが見受けられる。25日移動平均線(1万9971円2 9銭=4日)が75日移動平均線(1万9936円18銭=同)を上抜け、ゴールデンク ロスを達成。中長期的な上昇トレンドも示唆されている。ただ短期のRSI(相対力指数 )などが過熱感を示しており、日柄的な調整入りが意識される...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はさえない、海外勢が中小型株に利益確定売りとの見方

<15:15> 新興株はさえない、海外勢が中小型株に利益確定売りとの見方 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が高値更新後に下げ、6日ぶりの反落。東 証マザーズ指数は続落した。マザーズの売買代金は前日比で2割減少。「個人投資家は押 し目買いの姿勢をみせたが、中小型株に対する海外投資家の利益確定売りが出た」(国内 証券)との声も聞かれた。WASHハウス 、アルファ 、シンワアートオ ークション が大幅高。シライ電子工業 、大泉製作所 、ジーエヌ アイグループ がさえない。 <14:13> 日経平均は下げ転換、先物主導で売られる 自動車株...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を上回る

<16:14> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を上回る 日経平均・日足は、下ヒゲを伴う「小陰線」となった。新たなマド(2万0278円 09銭―2万0299円68銭)を空けて上放れ、5日移動平均線(2万0330円88 銭=28日)を奪回した。主要な移動平均線が終値の下方に位置し、かつ方向性も上向く 強気形状となっている。ただ、高値圏で6日連続陰線となり、上値の重さも感じさせる。 心理的節目の2万0500円が抵抗線として機能している。この節目を突破すれば、20 15年6月24日に付けた安倍政権下での高値2万0952円71銭を試す展開が期待...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、EV関連株などに資金流入

<15:26>  新興株式市場は堅調、EV関連株などに資金流入 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、マザーズ総合はともに続伸した。日経 ジャスダック平均は連日で年初来高値を更新している。市場では「電気自動車(EV)、 人工知能(AI)などのテーマに沿った材料株人気が継続している」(国内証券)との声 が出ている。大泉製作所 、田中化学研究所 が買われ、グレイステクノロ ジー も高い。半面、ASJ が安く、ヒロセ通商 、エクストリー ム もさえない。きょう東証マザーズ市場に新規上場したロードスターキャピタル は、公開価格を約37%上回...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up