for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤーマン株式会社

6630.T

現在値

1,219.00JPY

変化

27.00(+2.27%)

出来高

329,300

本日のレンジ

1,192.00

 - 

1,219.00

52週レンジ

1,007.00

 - 

2,458.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,192.00
始値
1,198.00
出来高
329,300
3か月平均出来高
12.88
高値
1,219.00
安値
1,192.00
52週高値
2,458.00
52週安値
1,007.00
発行済株式数
55.02
時価総額
69,551.87
予想PER
14.11
配当利回り
0.30

次のエベント

Dividend For 6630.T - 2.0000 JPY

適時開示

その他

Ya-Man: To Buy Back Up To 580,000 Shares Before Market Open Friday, At Thursday's Close Of 1,775 Yen Each

Ya-Man to acquire 100 pct stake in D-FIT and says private placement of treasury stock

Ya-Man likely to report 10 percent operating profit rise for quarter - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤーマン株式会社とは

ヤーマングループは、美容健康関連事業を主たる事業として、家庭用美容健康機器(フェイスケア・ボディケア等)及び化粧品の研究・開発・製造・仕入販売、バラエティ雑貨等の仕入販売を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを運営する。通販事業において、テレビによる通信販売業者を経由した個人消費者への販売、カタログ通販会社向けの販売、インターネット専売業者向けの販売を行う。店販事業において、家電量販店、大手百貨店、バラエティショップ等への販売を行う。直販事業において、インフォマーシャルと雑誌、新聞、ウェブ等を用いた個人消費者への販売を行う。海外事業において、海外の通信販売業者、卸売業者、個人消費者などへの販売を行う。

業種

Appliance & Tool

連絡先

1F, Shingu Bldg., 2-4-2, Toyo

KOTO-KU, TKY

135-0016

Japan

+81.3.56657330

https://www.ya-man.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kimiyo Yamazaki

President, Representative Director

Ryoichi Kunimoto

Executive Officer, Deputy Chief Director of Administration, Director of Finance

Chihomi Ito

Vice President, Chief Director of Sales, Director

Atsuko Kawasaki

Executive Officer, Manager of Promotion Planning Office

Keiko Takayama

Executive Officer, Director of 1st Healthcare Equipment Business

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

62.650

2020

23.660

2021

67.754

2022(E)

86.440
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.70
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.81
株価純資産倍率(四半期)
3.53
株価キャッシュフロー倍率
12.24
総負債/総資本(四半期)
13.06
長期負債/資本(四半期)
9.68
投資利益率(過去12カ月)
25.85
自己資本利益率(過去12カ月)
19.11

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日・25日線上を維持

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、5日・25日線上を維持 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。終値(2万9766円97銭=15日)は25日移動 平均線(2万9549円84銭=同)・5日移動平均線(2万9352円19銭=同)の上を維持しており 、短期的な上昇相場への転換を示している。日経平均は3万円回復に向けた値固めの動きを継続している。 <15:48> 新興株市場はまちまち、ジャスダックは7日続伸 個別物色の動き活発 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は7日続伸、東証マザーズ指数は5日ぶりに反落した。 前週末の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ジャスダックは7日続伸 個別物色の動き活発

<15:48> 新興株市場はまちまち、ジャスダックは7日続伸 個別物色の動き活発 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は7日続伸、東証マザーズ指数は5日ぶりに反落した。 前週末の米国株式市場でナスダックが反落した流れを引き継ぎ、マザーズ市場の大型IT関連株が総じて売 られる展開となった。市場では「マザーズ市場の銘柄は春先に買われる傾向があるが、前週末は大きく買わ れたこともあり、きょうはいったん利益確定売りとなった。ただ、個別では買われる銘柄もあり、地合いは 決して悪くない」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏で一進一退、様子見ムード強まる

<14:32> 日経平均はプラス圏で一進一退、様子見ムード強まる 日経平均は下げ幅を縮小し、プラス圏で一進一退。前営業日比20円ほど高い2万9700円台前半で の推移となっている。市場からは「月曜日であることに加え、今週はFOMC(米連邦公開市場委員会)を 控えているため、様子見ムードが強まりやすい。当面は米長期金利と米国株をにらみながらの展開となるだ ろう」(国内証券)との声が出ていた。 午後2時30分時点での東証1部の売買代金は2兆1920億0500万円。東証33業種では、海運 業、空運業、銀行業、鉄鋼、倉庫・運輸関連などの30業種...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、グロース株売り優勢 一巡後は堅調との見方も

<12:37> 日経平均は小幅安、グロース株売り優勢 一巡後は堅調との見方も 後場に入り、日経平均は前営業日比10円ほど安い2万9700円台前半で推移して いる。新しい材料は出ていないが、値がさのグロース株売りが続いており、相場の重しと なっている。市場からは、景気敏感セクターがしっかりしていることから、「グロース株 の売りをこなした後は、日経平均は堅調に推移するとみている」(国内証券)との声が聞 かれた。 <11:45> 前場の日経平均は5日続伸、景気敏感株で物色 グロース株売り続 く   前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比...

午前の日経平均は5日続伸、景気敏感株で物色 グロース株売り続く

15日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比97円79銭高の2万9815円62銭となり、5日続伸した。前週末の米株高の流れを引き継ぎ、朝方からしっかりしたスタートとなり、経済正常化への期待から景気敏感株を中心に上昇した。ただ、米国株市場でハイテク株売りが進んだことを受け、半導体関連株などグロース株が軟化。日経平均の上値を追う勢いは限定的となった。

ホットストック:ヤーマンは東証1部の値下がり率トップ、好決算発表も材料出尽くし

美顔器メーカーのヤーマンは大幅に反落し11%超安。午前9時40分現在、東証1部の値下がり率トップとなっている。前週末に発表された決算内容は良かったものの、材料出尽くし感が意識され、利益確定売りが優勢となっている。

ホットストック:ヤーマンは反発、2023年4月期営業益72%増の計画を材料視

ヤーマンは反発。2023年4月期にも連結営業利益を今期見通し比72%増の100億円に増やす計画だと、8日に日本経済新聞電子版が報じたことが材料視された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線がサポート

<16:35> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線がサポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。日経平均は後場急速に下げ幅を拡大したものの、5日 移動平均線(2万5711円29銭=同)が下値支持線として機能した。前日に引いた日足チャートは「首 つり線」と呼ばれる天井形成を示すサインとなっただけに、地合いが悪化した印象が強い。市場では「短期 的な過熱感が意識されており、いったん利益確定売りが優勢となっている」(国内証券)との声が出ていた 。 <15:53> 新興株市場はまちまち、グロース売りが一服 マザーズ指数は75日線がサポート...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、グロース売りが一服 マザーズ指数は75日線がサポート

<15:53> 新興株市場はまちまち、グロース売りが一服 マザーズ指数は75日線がサポート 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは 「直近ではワクチン開発のニュースを手掛かりに、グロース株中心に利益確定売りが強まっていたが、落ち 着きを取り戻している。テクニカル的には、マザーズ指数は75日線(1180.30ポイント=18日) が下値支持線として機能しているようだ」(運用会社)との意見が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.05%安。個別では、HAPiNS 、ユニバーサルエ...

18日の日経平均は反落、米株安・円高や東京のコロナ感染拡大で

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米株式市場で主要3指数が下落したことに加え、外為市場でドル/円が104円台前半と円高に振れたことを受け、日経平均は終日軟調な展開となった。売り一巡後は下げ渋る場面もみられたが、後場では東京都の新型コロナウイルス感染が過去最高となったと複数のメディアが報じたことで下げ幅を拡大、一時前営業日比357円92銭安となった。

ホットストック:ヤーマンは大幅高、業績予想を上方修正 EC好調で

ヤーマンは大幅高。17日に、2021年4月期の通期連結業績予想について、純利益を従来の15億円から32億円に上方修正したと発表したことが好感されている。株価は午前9時21分現在、11%高で東証1部の値上がり率トップ。

ホットストック:ヤーマンが急騰、第1四半期は営業益前年比2.2倍に

ヤーマンが急騰。午前9時25分現在、東証1部で値上がり率第2位となっている。同社は11日、2021年4月期第1・四半期(5─7月)決算を発表。営業利益が前年同期比2.2倍の16億6600万円と大幅増益を確保した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、1万7000円台はキープ

<16:25> 日経平均・日足は「中陰線」、1万7000円台はキープ 日経平均・日足は「中陰線」。ローソク足の形状は上値追いに慎重な姿勢を示している。 移動平均線は5日、25日、75日、200日のすべてが下向き。ボリンジャーバンドは拡大基調の中 、マイナス3シグマ(1万5591円22銭=16日)とマイナス2シグマ(1万7615円18銭=同) 間でのバンドウォークが継続しており、下値模索の余地も残る。 市場からは「テクニカル的に主だった下値支持線を下抜けしているが、終値がかろうじて1万7000 円台を維持したことや、13日のザラバ安値を下回...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は4日ぶり反発、「自律反発の域を出ない」

<16:01> ジャスダック指数は4日ぶり反発、「自律反発の域を出ない」 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反発、東証マザーズ指数は4日続落となった。ジャス ダック指数は上昇したが、市場では「値ごろ感が出ている銘柄が多かった。下げ過ぎの反動による自律反発 の域を出ない」(ネット系証券)との指摘があった。 ジャスダック市場では、ヤマザキ 、高見沢サイバネティックス がストップ高比例配分 。遠州トラック も買われた。テリロジー はストップ安比例配分だった。 マザーズ市場では、メルカリ 、フリー など軟調。半面、アンジェス 、アドベ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時450円超安、日銀ETF買い入れ額増額の持続性に疑問の声

<14:53> 日経平均は一時450円超安、日銀ETF買い入れ額増額の持続性に疑問の声 日経平均は節目の1万7000円を割り込み、下げ幅も一時450円を超えた。 市場からは「12兆円を上限に残高増加ペースを引き上げるとしているが、脚注をみると、原則的な買 い入れペースは引き続き年間6兆円ペースとしている。新型コロナ次第だが、一時的な買い入れ額の上振れ はあっても、持続性は低い可能性がある」(ニッセイ基礎研究所のチーフ株式ストラテジスト、井出真吾氏 )との声が出ている。 <14:41> 日経平均はマイナス転換、一時300円安 日銀の金融政策...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス転換、一時300円安 日銀の金融政策は「想定内」との声

<14:41> 日経平均はマイナス転換、一時300円安 日銀の金融政策は「想定内」との声 日経平均は1万7100円台前半で推移している。日銀の金融政策発表後、プラス転換して上げ幅を一 時300円超まで拡大したが、その後、伸び悩み、再びマイナス圏に沈んだ。現在は300円を超える下げ となっている。 日銀は16日の金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)の買い入れ目標を、従来の年6兆円から年 12兆円に引き上げた。市場からは「金額は倍増したが、予想される範囲を少し上回った程度。そのほかも 事前に想定されるメニューだった」(国内証券)との声が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は荒い値動き、日銀会合の結果発表後に一時300円高

<14:17> 日経平均は荒い値動き、日銀会合の結果発表後に一時300円高 日経平均は荒い値動き。日銀の緊急会合の結果発表後、プラス転換し、一時上げ幅を300円超に拡大 したが、その後、上げ幅を縮小している。ETF(上場投資信託)の買い入れ額の上限を12兆円に増額し たことに反応しているもよう。 <12:41> 日経平均は小動き、日銀がETF購入目標額変更なしなら失望か 日経平均は小動き、1万7400円台後半で推移している。日銀の緊急会合の結果発表待ちとなってい る。 第一生命経済研究所の主任エコノミスト、藤代宏一氏は、ETF(上場投資信託...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、日銀がETF購入目標額変更なしなら失望か

<12:41> 日経平均は小動き、日銀がETF購入目標額変更なしなら失望か 日経平均は小動き、1万7400円台後半で推移している。日銀の緊急会合の結果発表待ちとなってい る。 第一生命経済研究所の主任エコノミスト、藤代宏一氏は、ETF(上場投資信託)買入額の拡大や、貸 出支援基金を通じた資金繰り支援策の導入・拡大などを予想。マイナス金利の深掘りについては、市場のボ ラティリティーを一段と増幅させてしまう恐れがあるため見送られるとみる。 ETF買入れについては「6兆円の購入目標額そのものを変更せず、機動的買入れによって株式市場を 下支えするという...

前場の日経平均は小反発、米緊急利下げなど消化難で一進一退に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比18円54銭高の1万7449円59銭となり、小反発した。米連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げを実施したほか、日銀が正午から企業金融の円滑化と市場の安定確保に向けた緊急会合を行うことになり、これらの材料を対して消化難とも言える状況になった。日経平均は上下に大きく振れながらも、前場中盤から前週末比変わらず近辺で一進一退の展開となっている。

ホットストック:東京製鉄がしっかり、自社株買いを手掛かりに

東京製鉄がしっかり。前週末に自社株買いを発表したことが手掛かりにされ、買い優勢となっている。自社株買い銘柄は、同社のほかにも軟調な地合いの中でも評価されている銘柄が多い。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up