for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インスペック株式会社

6656.T

現在値

2,112.00JPY

変化

-68.00(-3.12%)

出来高

147,700

本日のレンジ

2,046.00

 - 

2,197.00

52週レンジ

1,050.00

 - 

6,250.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,180.00
始値
2,072.00
出来高
147,700
3か月平均出来高
11.34
高値
2,197.00
安値
2,046.00
52週高値
6,250.00
52週安値
1,050.00
発行済株式数
3.76
時価総額
8,205.96
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 6656.T - 3.0000 JPY

適時開示

その他

Inspec receives order for testing devices worth about 450 mln yen

Inspec receives order for roll to roll testing devices worth about 400 mln yen

Inspec receives order worth over 600 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インスペック株式会社とは

インスペックグループは、半導体パッケージ基板・精密基板検査装置関連、精密基板製造装置関連及びデジタルパソロジー関連機器製造・販売を主な事業内容とし、その他のこれらに関連する研究開発及び保守・サービス等の事業活動を展開する。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。半導体パッケージ基板・精密基板検査装置関連事業はスマートフォン、タブレット・パソコン(PC)とウェアラブル端末などの先端的なデジタル機器に使用される半導体パッケージ基板と精密プリント基板などの外観検査装置の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。精密基板製造装置関連事業はプリント基板用フォトプロッター、インクジェットプリンター、ダイレクトイメージング装置の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。デジタルパソロジー関連機器事業は医療用画像処理システム・ホールスライドイメージング(WSI)の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。

連絡先

79-1, Arayashiki

Kumoshikari, Kakunodate-machi

SEMBOKU-SHI(SENBOKU-SHI), AKT

014-0341

Japan

+81.18.7541888

http://www.inspec21.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masashi Sugawara

President, Representative Director

Teruhiko Watanabe

Executive Officer, Senior Director of Sales, Director

Shogo Motegi

Executive Officer, Director of Technology Production

Kieko Tomioka

Chief Director of Administration, Director

Takaaki Domon

Independent Director

統計

4.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.0K

2018

0.0K

2019

0.0K

2020(E)

0.0K
EPS (JPY)

2017

40.810

2018

-143.610

2019

67.370

2020(E)

17.000
株価売上高倍率(過去12カ月)
58.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.33
株価純資産倍率(四半期)
4.33
株価キャッシュフロー倍率
43.63
総負債/総資本(四半期)
55.69
長期負債/資本(四半期)
18.30
投資利益率(過去12カ月)
5.99
自己資本利益率(過去12カ月)
3.35

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:INSPECが一時ストップ高、主力製品の受注好調

インスペックは一時ストップ高。同社は18日、半導体用精密基板のパターン検査装置(AOI)と最終外観検査装置(AVI)で約4.5億円の受注を獲得したと発表し、好感されている。一部の受注案件は、2019年4月期の計画に織り込み済みだが、業績見通しに対する影響は状況を見極めて開示するとしている。

新規上場日程一覧(31日現在) 「テックポイント・インク」

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)...

新規上場日程一覧(30日現在)「MS&Consulting」

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TR:REIT TP:TOKYO...

新規上場日程一覧(29日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TR:REIT TP:TOKYO...

新規上場日程一覧(28日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TR:REIT TP:TOKYO...

新規上場日程一覧(25日現在) 「ロードスターキャピタル」 「マネーフォワード」 など

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TR:REIT TP:TOKYO...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、25日線を割り込む

日経平均・日足は「中陰線」。日中の値幅が前日の高値と安値の幅を包み込んだ形である「包み足」となった。6月29日─30日に空けたマド(2万0197円38銭─2万0044円01銭)をほぼ埋め切ったが、下値支持線であった25日移動平均線(2万0029円70銭=4日)を割り込んだ。オシレーター系の指標に過熱感は見られないものの、調整が一巡したとは言い難い。目先は一目均衡表の基準線(1万9944円12銭=同)が下値となりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、マザーズは一時3%超安

新興株式市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ総合がともに反落した。日経ジャスダック平均は年初来高値を更新した。マザーズは一時3%を超える急落となった。市場では「マザーズはここ2カ月ほど休みなく上昇し続けており、調整不十分だった。主力銘柄に利益確定売りが広がっており、今後もしばらく調整する可能性がある」(ネット系証券)との声が聞かれた。インスペックが大幅高、弁護士ドットコムが堅調で、細谷火工がストップ高。半面、アンジェスが下落、リミックスポイントが安く、ブロッコリーも軟調。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up