for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

太洋工業株式会社

6663.T

現在値

403.00JPY

変化

-4.00(-0.98%)

出来高

33,300

本日のレンジ

398.00

 - 

413.00

52週レンジ

364.00

 - 

580.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
407.00
始値
405.00
出来高
33,300
3か月平均出来高
0.90
高値
413.00
安値
398.00
52週高値
580.00
52週安値
364.00
発行済株式数
5.95
時価総額
2,422.30
予想PER
--
配当利回り
1.23

次のエベント

Q3 2022 Taiyo Industrial Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Taiyo Industrial completes off-floor distribution

Taiyo Industrial to offer off-floor distribution of shares

Taiyo Industrial to offer off-floor distribution of shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

太洋工業株式会社とは

太洋工業グループは、同社及び連結子会社4社により構成され、電子基板、基板検査機、検査システム及び鏡面研磨機の製造・販売を主たる業務とする。【事業内容】同社は5つの事業セグメントにより構成される。電子基板等事業において、同社は、フレキシブルプリント(FPC)の製造・販売等を主に行い、FPCの製造において、試作関連業務に特化する。FPCはその特性である折り曲げられることと高機能化に対応した基板精度技術の進歩により機器の小型軽量化に伴った限られたスペースへの部品配置を可能にし、それまでリジッドプリント配線板(以下、「リジッド板」という。)が採用されてきた機器・部位にリジッド板に代わり採用され用途が拡大。その代表的なものには、携帯電話端末、デジタルスチルカメラ等がある。同社では、配線パターン設計から穴あけ・めっき・エッチング工程・最終検査まで部品実装以外全て完全社内一貫体制での対応が可能となり、パターン設計を含めて受注から最短3日での納品を実現し、ユーザーの短納期ニーズに応える。基板検査機事業において、同社は、部品が実装されていない電子基板の導通抵抗及び絶縁抵抗などの電気検査を行う通電検査機、外観からパターンの欠損・めっきの変色・表面の傷等を補完的に検査する外観検査機、部品が実装されている電子基板の回路の動作を検査する機能検査機の製造及び販売を行う。検査システム事業において、子会社が生産ラインにおける視覚検査装置並びに画像処理装置等の開発・製造・販売を行い、同社が製造した機器の販売を行う。鏡面研磨機事業において、グラビア製版用の製版ロール、アルミニウム圧延ロール、磁気テープ用カレンダーロール等の表面を超鏡面仕上げする円筒鏡面研磨機を連結子会社が製造し、同社が販売する。商社事業は、主にメーカー各社の産業機械等の販売を行う。

業種

Semiconductors

連絡先

661, Arimoto

WAKAYAMA-SHI, WKM

640-8390

Japan

+81.73.4316311

http://www.taiyo-xelcom.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshinori Hosoe

President, Representative Director

Kiyotaka Tanaka

Executive Officer, Chief Director of Sales, Director of Sales, Director

Hiroshi Mizutani

Executive Officer, Chief Director of Administration, Director of Accounting, Director

Asahi Kiyohara

Executive Officer, Chief Director of Manufacturing, Director of Electronic Device, Director

Reiko Uenishi

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
13.68
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
0.94
株価キャッシュフロー倍率
8.41
総負債/総資本(四半期)
48.76
長期負債/資本(四半期)
26.30
投資利益率(過去12カ月)
4.50
自己資本利益率(過去12カ月)
3.44

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値はわずかに75日移動平均線に届かず

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、終値はわずかに75日移動平均線に届かず 日経平均・日足は「小陰線」。短い上ヒゲと長めの下ヒゲを引く「小陰線」。終値で75日移動平均線 (2万9072円69銭=25日現在)にあと一歩届かなかったものの、回復したばかりの25日移動平均 線(2万8888円73銭=同)の上方で推移し、強い基調にあることを示している。一目均衡表の「雲」 領域から上放れる格好となったことも、買い方に自信を与えそうだ。 ただ、2万9200円─2万9300円のゾーンは、2月の年初来高値以降、強力な節目として意識さ れていた右肩下...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、直近IPOの動きが明暗分ける

<15:10> 新興市場はしっかり、直近IPOの動きが明暗分ける 新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が小幅に4日続伸、日経ジャスダック平均は反発した。市場 では「IPOラッシュとなっているが、銘柄によって動きに明暗が分かれている」(国内証券)との声が聞 かれる。 きょうマザーズに新規上場したステムセル研究所 の初値は公開価格に対して72.5%高い4 830円で初値を付けた後、ストップ安に売られる一方、日本電解 は初値こそ公開価格と同じ19 00円だったものの、その後は堅調に推移した。 前日に値が付かず上場2日目のベイシス は公開価格...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を維持

<16:28> 日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を維持 日経平均・日足は「小陽線」。かろうじて25日移動平均線(MA、2万8858円 79銭=24日)を維持し、底堅さが意識されるが、上下のヒゲはほぼ同じ長さで方向感 は出ていない。前日に頭を押さえられた心理的節目2万9000円が目先の上値めど。早 期に75日MA(2万9068円38銭=24日)を回復して上昇に弾みをつけるかが焦 点となる。 <16:10> 新興市場はまちまち、メルカリが業績予想上方修正で買われる 新興株市場は、東証マザーズ指数が小幅に3日続伸した一方、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、メルカリが業績予想上方修正で買われる

<16:10> 新興市場はまちまち、メルカリが業績予想上方修正で買われる 新興株市場は、東証マザーズ指数が小幅に3日続伸した一方、日経ジャスダック平均 は3日ぶりに小幅反落した。 マザーズ指数は前営業日比0.06%高。メルカリ の上昇が指数を押し上げ た。2021年6月期通期の連結業績予想の上方修正を23日に発表したことが好感され た。上場以来、通期決算で初の黒字になる見込み。 ティアンドエス は一時ストップ高。一方、前日上場したアイドマ・ホールデ ィングス は値下がり率トップだった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.19%安。シキノハイテック...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up