for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジーエス・ユアサコーポレーション

6674.T

現在値

2,544.00JPY

変化

3.00(+0.12%)

出来高

559,100

本日のレンジ

2,516.00

 - 

2,570.00

52週レンジ

1,166.00

 - 

2,598.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,541.00
始値
2,552.00
出来高
559,100
3か月平均出来高
7.73
高値
2,570.00
安値
2,516.00
52週高値
2,598.00
52週安値
1,166.00
発行済株式数
80.61
時価総額
210,178.70
予想PER
27.85
配当利回り
1.38

次のエベント

Q3 2021 GS Yuasa Corp Earnings Release

適時開示

その他

Gs Yuasa Corp - To Buy Back Up To 0.85% Of Own Shares Worth 1.5 Billion Yen Through March 31, 2020

GS Yuasa Completes Share Repurchase

Gs Yuasa Bought Back Own Shares For 508.97 Million Yen In November

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジーエス・ユアサコーポレーションとは

ジーエス・ユアサ コーポレーショングループは、電池及び電源装置、照明器、その他の電池・電気機器の製造・販売を行う。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。自動車電池国内事業は、自動車用・二輪車用鉛蓄電池及び自動車関連機器等の製造・販売を行う。自動車電池海外事業は、海外における自動車用・二輪車用鉛蓄電池、据置用・電動車用鉛蓄電池及び小型鉛蓄電池等の製造・販売を行う。産業電池電源事業は、据置用・車両用・電動車用・その他各種用途鉛蓄電池、小型鉛蓄電池、アルカリ蓄電池、整流器、汎用電源、各種照明器具、紫外線照射装置等の製造・販売を行う。車載用リチウムイオン電池事業は、車載用リチウムイオン電池の製造・販売を行う。また、電池関連機器、電池製造設備、環境関連機器、移動体通信用電池及びその他各種用途電池の製造・販売も行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

1, Inobanba-cho

Nishinosho, Kisshoin

Minami-ku

KYOTO-SHI, KYT

601-8520

Japan

+81.75.3121211

https://www.gs-yuasa.com/jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Osamu Murao

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Toshiyuki Nakagawa

Senior Managing Director, Chief Financial Officer, Manager of Corporate Office

Naoyuki Inoue

Managing Executive Officer

Mikio Noda

Managing Executive Officer

Masahiko Oshitani

Managing Executive Officer

統計

2.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.4K

2019

0.4K

2020

0.4K

2021(E)

0.4K
EPS (JPY)

2018

138.900

2019

164.740

2020

168.230

2021(E)

89.237
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.56
株価純資産倍率(四半期)
1.17
株価キャッシュフロー倍率
6.97
総負債/総資本(四半期)
41.68
長期負債/資本(四半期)
33.40
投資利益率(過去12カ月)
4.15
自己資本利益率(過去12カ月)
2.81

最新ニュース

最新ニュース

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・三井不動産 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.03%にあたる10 00万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月13日 から2021年3月31日。 ・シップヘルスケアホールデングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1 .0%にあたる48万株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は5月13日から2021年3月31日。 ・川田テクノロジーズ 、子会社の富士前鋼業が保有する川田テクノロジーズ 株式...

春闘集中回答日、変わる賃上げ トヨタはベア見送り・電機は多様化

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。トヨタ自動車<7203.T>が基本給を底上げするベースアップ(ベア)を見送った一方、大手電機は福利厚生に使えるポイントを上乗せする企業があるなど多様化しており、賃上げのあり方が変化してきた。

春闘集中回答日、電機大手はベア7年連続

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。米中摩擦や、新型コロナウイルスの感染拡大の先行きが懸念される中での交渉となったが、電機大手では基本給を底上げするベースアップ(ベア)は7年連続となった。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=9日

RIC 銘柄名 01 J―オイルミルズ 02 伊藤忠食品 03 味の素 04 クリエイトSD HLDG 05 綿半HLDG 06 ワコールHLDG 07 デジタル・インフォメーショ ン 08 パイプドHD 09 トクヤマ 10 関西ペイント 11 東計電算 12 コスモエネルギーHLDG 13 黒崎播磨 14 エーアンドエーマテリアル 15 フジクラ 16 オカダアイヨン 17 荏原実業 18 北越工業 19 アネスト岩田 20 ミマキエンジニアリング 21 ジーエスユアサコーポレーシ ョン 22 サンケン電気 23 ローランド ディー...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=8日

RIC 銘柄名 01 J―オイルミルズ 02 味の素 03 アルコニックス 04 エストラスト 05 ワコールHLDG 06 コムチュア 07 トクヤマ 08 関西ペイント 09 コスモエネルギーHLDG 10 黒崎播磨 11 エーアンドエーマテリアル 12 フジクラ 13 オカダアイヨン 14 荏原実業 15 北越工業 16 アネスト岩田 17 ミマキエンジニアリング 18 ジーエスユアサコーポレーショ ン 19 サンケン電気 20 ローランド ディー ジー 21 遠藤照明 22 中山福 23 大建工業 24 グローブライド 25 岩井...

トヨタ、CATL・東芝などからも電動車用電池調達

トヨタ自動車<7203.T>は7日、電気自動車(EV)など電動車に使用する車載用電池を世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>や比亜迪(BYD)<1211.HK><002594.SZ>、東芝<6502.T>、GSユアサ<6674.T>などからも調達することを明らかにした。

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ドウシシャ 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.68%にあたる10 0万株、取得総額18億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月14日から 12月30日。 ・太陽誘電 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.0%にあたる250万 株、取得総額40億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月27日から20 20年3月31日。 ・三谷セキサン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.61%にあたる1 2万株、取得総額3億6000万円を...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=7日

12.36%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 アルヒ 7.45 02 日東富士製粉 15.57 03 テイ・エス テック 16.21 04 アルプスアルパイン 16.29 05 ワコム 16.51 06 村田製作所 16.88 07 サカイ引越センター 17.54 08 TOTO 18.20 09 カナレ電気 18.26 10 サンデンHLDG 19.69 11 ジーエスユアサコーポレーション 19.73 12 日本テレビHLDG 20.15 13 小松製作所 20.19 14 東陽テクニカ 20.26 15 日東電工 20.40...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=23日

RIC 銘柄名 01 ジャパンフーズ 02 永谷園HLDG 03 飯田グループHLDG 04 アステラス製薬 05 ID HLDG 06 星光PMC 07 コスモエネルギーHLDG 08 三協立山 09 OKK 10 岡谷電機産業 11 ヘリオス テクノ HLDG 12 スズデン 13 西松屋チェーン 14 リョーサン 15 九州リースサービス 16 京浜急行電鉄 17 セイノーHLDG 18 ANA HLDG 19 東京瓦斯 20 東邦瓦斯  

春闘集中回答日、ベア前年割れ相次ぐ トヨタは1000円下回る

2019年春季労使交渉(春闘)で、自動車や電機などの主要企業が13日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。基本給を底上げするベースアップ(ベア)は前年水準を割り込む企業が相次いでおり、賃金上昇を起点とした消費拡大に黄信号がともる結果となっている。安倍晋三首相の賃上げ要請に応える「官製春闘」が支えてきたアベノミクスは正念場を迎えている。

訂正-UPDATE 1-春闘集中回答日、ベア前年割れ相次ぐ 消費拡大に黄信号

2019年春季労使交渉(春闘)で、自動車や電機などの主要企業が13日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。基本給を底上げするベースアップ(ベア)は前年水準を割り込む企業が相次いでおり、賃金上昇を起点とした消費拡大に黄信号がともる結果となっている。安倍晋三首相の賃上げ要請に応える「官製春闘」が支えてきたアベノミクスは正念場を迎えている。

春闘集中回答日、ベア前年割れ相次ぐ 消費拡大に黄信号

2019年春季労使交渉(春闘)で、労働組合の賃金要求に対する主要企業の回答が始まった。基本給を底上げするベースアップ(ベア)は前年水準を割り込む企業が相次いでおり、賃金上昇を起点とした消費拡大に黄信号がともる結果となっている。安倍晋三首相の賃上げ要請に応える「官製春闘」が支えてきたアベノミクスは正念場を迎えている。

訂正:中国の車載電池大手CATL、ホンダとEV電池を共同開発

中国最大手の電気自動車(EV)向け電池メーカー、寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>は5日、ホンダ<7267.T>とEVやプラグインハイブリッド車(PHV)など向け電池を共同開発すると発表した。CATLは2027年までに約56GWh(ギガワットアワー、ギガは10億)のリチウムイオンEVバッテリーをホンダに供給する。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=27日

0.98%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 アダストリア 21.20 02 東天紅 24.03 03 西松屋チェーン 24.33 04 フージャースHLDG 24.56 05 オンワードHLDG 26.69 06 富士ピー・エス 26.88 07 武田薬品工業 27.34 08 ジェイリース 27.60 09 元気寿司 28.14 10 東亜ディーケーケー 28.21 11 エレマテック 28.30 12 日東工器 28.43 13 オークネット 28.53 14 ヨータイ 28.56 15 トピー工業 28.81 (*):RSIが...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=9日

1.40%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ヒノキヤグループ 19.97 02 安藤・間 20.21 03 オプトHLDG 21.92 04 レック 22.60 05 ノーリツ鋼機 22.84 06 日揮 25.29 07 三井松島HLDG 25.34 08 住友精化 26.01 09 SRA HLDG 26.40 10 カワタ 26.56 11 富士石油 27.26 12 コニカミノルタ 27.27 13 タチエス 27.99 14 日本触媒 28.08 15 OSJB HLDG 28.48 (*):RSIが70以上、または30以下...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=29日

RIC 銘柄名 01 コメダHLDG 02 ノムラシステムコーポレーション 03 堺化学工業 04 リオン 05 プレス工業 06 ヴィアHLDG 07 小松ウオール工業 08 北沢産業  

焦点:アジアがEVバッテリー市場席巻、欧州の巻き返しあるか

電気自動車(EV)用バッテリーは中国の比亜迪股分有限公司(BYD)<1211.HK><002594.SZ>など先行するアジア勢が市場を席巻し、欧州でも生産拠点を増やして現地の自動車メーカーから契約を獲得するなど、巻き返しを狙うが、劣勢は否めない。

ホットストック:GSユアサが年初来安値、ホンダが中国企業とEV電池開発と報道

ジーエス・ユアサ コーポレーションが3月26日に付けた年初来安値を更新した。ホンダが電気自動車の主力モデルに搭載する新型電池を中国の寧徳時代新能源科技(CATL)と共同で開発すると、日本経済新聞が報じた。GSユアサはホンダとの共同出資企業を通じ、車載向けリチウムイオン電池の生産を手掛けている。自動車関連株の地合いの悪さに加え、車載リチウムイオン電池事業の競争環境の激化による収益への影響も懸念されている。

8日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

8日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・理想科学工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.47%にあたる5 4万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月18日から 6月15日。 ・コムシスホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.74 %にあたる200万株、取得総額50億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 5月9日から2019年3月31日。 ・ジーエス・ユアサ コーポレーション 、自己保有株を除く発行済株式総数 の0.43%にあたる180...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=2日

RIC 銘柄名 01 LIFULL 02 大冷 03 日本フエルト 04 ブロードリーフ 05 東京窯業 06 サンコール 07 ジーエスユアサコーポレーション 08 岡谷電機産業 09 アズワン 10 きもと 11 MUTOH HLDG 12 明和産業 13 太平洋興発 14 丸運  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up