for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士通株式会社

6702.T

現在値

9,459.00JPY

変化

-296.00(-3.03%)

出来高

891,800

本日のレンジ

9,382.00

 - 

9,870.00

52週レンジ

7,101.00

 - 

12,950.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,755.00
始値
9,764.00
出来高
891,800
3か月平均出来高
25.21
高値
9,870.00
安値
9,382.00
52週高値
12,950.00
52週安値
7,101.00
発行済株式数
202.68
時価総額
2,019,303.00
予想PER
--
配当利回り
1.64

次のエベント

Full Year 2020 Fujitsu Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Fujitsu Ltd Says To Buy Back Up To 2.71% Of Own Shares Worth 50 Billion Yen

Fujitsu And Autonomic Collaborate To Bring Advanced Mobility Services To Global Automakers

Fujitsu Bought Back 655,600 Own Shares For About 5 Billion Yen In Off-Floor Trading On Thursday

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士通株式会社とは

富士通グループは、同社及び子会社516社(うち連結子会社502社)により構成され、情報通信技術(ICT)分野において、各種サービスを提供するとともに、これらを支えるプロダクト及び電子デバイスの開発、製造、販売から保守運用までを総合的に提供する、トータルソリューションビジネスを行う。【事業内容】主要ビジネスであるテクノロジーソリューション、ユビキタスソリューションについては、同社が中心となって、デバイスソリューションについては、同社の連結子会社である富士通セミコンダクターが中心となって、グループ各社とともにテクノロジーを駆使した製品の開発、製造及び販売並びにサービスの提供を行う。テクノロジーソリューション事業において、主要製品・サービスの内容に関して、システム構築、業務アプリケーションなどシステムインテグレーション、コンサルティング、現金自動預け払い機(ATM)、店頭販売(POS)システム等を含むフロントテクノロジーを含有するソリューション・システムインデグレータ(SI)、データセンター、(ICT)運用管理、サービス型ソフトウェア(SaaS)、アプリケーション運用・管理、ビジネスプロセスアウトソーシング等アウトソーシングサービス、ビジネスネットワーク、インターネット・モバイルコンテンツ配信などネットワークサービス、情報システム及びネットワークの保守・監視サービスなどシステムサポートサービス、情報システム及びネットワーク設置工事などセキュリティソリューションを含むインフラサービス、メインフレーム、「UNIX」サーバ、基幹「IA」サーバ、パソコン(PC)サーバなど各種サーバ、ストレージシステム、オペレーティングシステム(OS)、ミドルウェアなど各種ソフトウェアを含むシステムプロダクト、並びにネットワーク管理システム、光伝送システムと携帯電話基地局などネットワークプロダクトを提供する。ユビキタスソリューション事業において、主要製品・サービスの内容はパソコン・携帯電話、及びオーディオ・ナビゲーション機器、移動通信機器、自動車用電子機器などモバイルウェアを含む。デバイスソリューション事業において、主要製品・サービスの内容は、大規模集積回路(LSI)、半導体パッケージ、電池、及びリレー、コネクタ等機構部品、光送受信モジュール、プリント板など電子部品を含む。また、富士通研究所が情報システム、通信システム及び電子デバイスに関する研究開発を行う。関連会社では富士通ゼネラルが空調機及び情報通信・電子デバイス製品の開発、製造及び販売並びにサービスの提供を、富士通リースが情報処理機器、通信機器等の賃貸及び販売を、それぞれ行う。

連絡先

Shiodome City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7123

Japan

+81.3.62522220

http://www.fujitsu.com/jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tatsuya Tanaka

Chairman of the Board

Takahito Tokita

President, Representative Director

Naoyoshi Takatsuna

Vice Chairman of the Executive Board

Hidehiro Tsukano

Vice Chairman of the Executive Board

Takeshi Isobe

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer

統計

2.39 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

4.5K

2018

4.1K

2019

4.0K

2020(E)

3.9K
EPS (JPY)

2017

428.300

2018

825.300

2019

512.500

2020(E)

793.613
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.94
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.52
株価純資産倍率(四半期)
1.64
株価キャッシュフロー倍率
5.71
総負債/総資本(四半期)
38.90
長期負債/資本(四半期)
19.19
投資利益率(過去12カ月)
9.31
自己資本利益率(過去12カ月)
4.99

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、二番底の模索が継続

<17:15> 日経平均・日足は「大陰線」、二番底の模索が継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」。25日移動平均線(1万9281円47銭=1日)に 接近していた日足はこの日遠ざかり、引き続き上値の重さが意識された。19日の安値(1万6358円1 9銭=19日)に対する二番底の模索が継続している。 市場からは「24日と25日に空けたマド(1万8100円39銭─1万8446円80銭)を意識し た展開となった。連日3兆円超となり膨れ上がっていた東証1部の売買代金は、きょうは3兆円を割り込ん だ。これは売り圧力が弱まっていると捉えることができ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、日経平均に連れ安 一部の銘柄では海外ファンドが買い

<16:15> 新興株市場は軟調、日経平均に連れ安 一部の銘柄では海外ファンドが買い 新興株市場は軟調。日経平均が後場に急落したことを受け、新興株も連れ安となり、日経ジャスダック 平均は1.62%安の3日続落、東証マザーズ指数は0.95%安の反落となった。前日大幅に買われた銘 柄を中心に利益確定の売りが出た。ただ、中小型株の中でも選別が進んでおり、一部の銘柄では買いが目立 った。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス が続落。前 日ストップ高となっていた出前館 、中京医薬品 なども売られた。チエル 、イメー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、600円超安 米株先物の下げ幅拡大を嫌気

<14:30> 日経平均は下げ幅拡大、600円超安 米株先物の下げ幅拡大を嫌気  日経平均は下げ幅拡大、前日比600円ほど安いの1万8300円台前半を推移している。市場からは 「米株先物の下げ幅拡大に伴い、日経平均も連れ安となっている。米国での新型コロナの急速な感染拡大を 受け、ジム・ロジャーズ氏やジェフリー・ガンドラック氏といった著名な投資家がネガティブなコメントを 出すなど、きょうは地合いが悪い。売りに押されてしまう」(国内証券)との声が出ていた。 <13:35> 日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず 日経平均は軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず

<13:35> 日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず 日経平均は軟調、1万8500円台後半を推移している。米国での新型コロナウイルスの感染拡大が急 増しており、31日には1日の死者数が初めて700人を上回ったことなどが嫌気され、米株先物が下落し ている。市場からは「米株先物が下げ止まらない。国内でも、引き続き首都封鎖のうわさがあるなど、地合 いは良くない。機械的な売りが入っている可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。   <11:45> 前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気  前場の東京株式市場...

日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比177円03銭安の1万8739円98銭となり、続落した。前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、主力輸出関連株を中心に安寄りして始まった。弱い日銀短観も嫌気され400円近くまで下げ幅を拡大したが、その後は下げ渋った。新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞が懸念されるものの、下値は日銀のETF(上場投資信託)買いに対する警戒もあり、売り込みにくいという。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気

<11:45> 前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比177円03銭安の1万8739円98銭となり、続落 した。前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、主力輸出関連株を中心に安寄りして始まった。弱い日銀短 観も嫌気され400円近くまで下げ幅を拡大したが、その後は下げ渋った。新型コロナウイルスの感染拡大 による経済停滞が懸念されるものの、下値は日銀のETF(上場投資信託)買いに対する警戒もあり、売り 込みにくいという。 寄り付き前に日銀が発表した3月調査短観は投資家心理を圧迫する...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は続落スタート、主力輸出関連株中心に安寄り銘柄多い

<09:05> 日経平均は続落スタート、主力輸出関連株中心に安寄り銘柄多い 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比230円89銭安の1万8686 円12銭となり、続落してスタート。前日の米国株式が軟化したことを受けて、主力輸出 関連株を中心に安寄りして始まる銘柄が多い。日銀短観は予想を若干上回ったものの、株 価に対してマイナスに働いた格好。先行きの悪化をここから株価に織り込むとの見方が出 ている。 <08:30> 寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー な...

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち

<08:30> 寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー な どが売り優勢となる一方、ホンダ 、キヤノン などが買い優勢で、主力の 輸出関連株は売り買いまちまち。富士通 、TDK 、任天堂 ソフ トバンクグループ などは買い優勢だが、指数寄与度の大きいファーストリテイリ ング は売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を下回る

<16:03> 日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。終値は5日移動平均線(1万9120円53銭=31 日)を下回り、上値の重さを意識させる。 25日に引いた「大陽線」から上下どちらかの方向に動きそうな状況だが、トレンドの方向性を明確に 示すのは同日の高値・安値いずれかを抜けてからになりそうだ。 <15:47> マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「個 人投資家に逆張りの動きが出たが、...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い

<15:47> マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「個 人投資家に逆張りの動きが出たが、まだ打診買いの域を出ていない」(ストラテジスト)との声が出ていた 。 マザーズ市場では、関通 、AI CROSS 、トレンダーズ が一時ストッ プ高。Jストリーム 、フィードフォース は売られた。 きょうマザーズ市場に新規上場したMacbee Planet は公開価格を28.3%上回 る2348円で初値を形成。1848円で取引を終えた。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏に下落、仕掛け的な売りか

<13:14> 日経平均は安値圏に下落、仕掛け的な売りか 日経平均は後場、前日終値を挟んでもみあっていたが、一時的に下押し圧力が強まり、きょうの安値を 付けた。市場からは「前引けでTOPIXがプラスとなり、日銀がETF(上場投資信託)の買い入れはな いとみた向きが仕掛け的な売りを出したのではないか」(国内証券)との声が出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は反発、予想を上回った中国PMIを好感 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比148円53銭高の1万9233円50銭となり、反発 した。前日の米国株式市場が反発したほか、立ち会...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、予想を上回った中国PMIを好感

<11:50> 前場の日経平均は反発、予想を上回った中国PMIを好感 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比148円53銭高の1万9233円50銭となり、反発 した。前日の米国株式市場が反発したほか、立ち会い時間中に発表された中国のPMIが予想を上回ったこ とが好感され、景気敏感株を中心に買い優勢となった。きょうは年度末最終で期末株価が注目されるが、そ うした中で、日銀が購入した上場投資信託(ETF)の買いコストとなる損益分岐点の攻防が意識されてい る。 30日の米国株式市場はヘルスケア関連株などに買い戻しが入り反発。投資家は新型コロナウイルス...

春闘集中回答日、変わる賃上げ トヨタはベア見送り・電機は多様化

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。トヨタ自動車<7203.T>が基本給を底上げするベースアップ(ベア)を見送った一方、大手電機は福利厚生に使えるポイントを上乗せする企業があるなど多様化しており、賃上げのあり方が変化してきた。

春闘集中回答日、電機大手はベア7年連続

2020年春季労使交渉(春闘)で主要企業が11日、労働組合の賃金要求に対して一斉に回答した。米中摩擦や、新型コロナウイルスの感染拡大の先行きが懸念される中での交渉となったが、電機大手では基本給を底上げするベースアップ(ベア)は7年連続となった。

デンソー・富士通、スペインで自動車用機器の生産ライン停止へ準備

デンソー<6902.T>と富士通<6702.T>が共同出資するスペイン南部マラガの自動車用機器の部品工場では、新型コロナウイルスの感染拡大により中国からの部品供給に支障が出ており、必要な場合に一部の生産ラインを停止する準備を進めている。

富士通、スペインで自動車用機器の生産ライン停止へ準備

富士通は、新型コロナウイルスの感染拡大により中国からの部品供給に支障が出ていることから、スペイン南部マラガの自動車用機器の部品工場で一部の生産ラインを停止する準備を進めている。

焦点:格差拡大前提の成果型賃金、賃金カーブ消滅で中高年冬の時代

今年の春闘は、かつての一律賃上げ交渉に替わり、成果を反映した賃金体系への移行をより強く反映するものとなりそうだ。これまでも一部に成果型賃金を取り入れてきた企業は多いが、今年は春闘の先頭を走るトヨタ労組が賃上げ率に差が出る方法を提案。ひと握りの優秀な人材や人口減の著しい若手への配分が厚くなるなかで、中高年にとっては厳しい状況となりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値重い印象で自律反発の域は出ず

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、上値重い印象で自律反発の域は出ず 日経平均・日足は、長い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」となった。5日移動平均線 (2万3224円31銭=31日現在)を終値で上回ることができなかったほか、75日移動平均線(2万 3312円18銭=同)に上ヒゲでタッチしたにとどまるなど、上値が重いという印象があり、自律反発の 域を出ていない。 ただ、オシレーター系指標などに売られ過ぎのサインが出ているほか、前日の急落局面において下値の 目安である昨年11月21日安値(22726円71銭)に距離を残...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は8日ぶり反発、下値リスクは残る

<15:52> マザーズ指数は8日ぶり反発、下値リスクは残る  新興株市場で、日経ジャスダック平均は7日ぶり反発、東証マザーズ指数は8日ぶり反発となった。マ ザーズ指数は前日の取引で大幅安となり2019年8月に付けた安値を下回った。きょうはいったん反発し たものの、「自律反発狙いの買いも入らず、反発力は弱い。来週以降の下値リスクは残る」(国内証券)と の声が出ていた。 マザーズ市場では、Jストリーム 、プレシジョン・システム・サイエンス がストップ 高比例配分。一方、カヤック は大幅安。HPCシステムズ 、UUUM 、弁護士ド ットコム...

日経平均は反発、WHO宣言で買い戻し 午後は様子見

東京株式市場で日経平均株価は反発した。世界保健機関(WHO)による緊急事態宣言を契機に新型肺炎の収束期待が高まった。外為市場でドル/円が円安方向に振れたことも好感され、買い戻しが活発化。一時上げ幅は400円を超えた。その後、買いは続かなかったものの大きく売られる材料もなく、後場はプラス圏でもみあいが続いた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up