for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジャパンディスプレイ

6740.T

現在値

47.00JPY

変化

-1.00(-2.08%)

出来高

6,192,300

本日のレンジ

47.00

 - 

48.00

52週レンジ

38.00

 - 

71.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.00
始値
47.00
出来高
6,192,300
3か月平均出来高
129.83
高値
48.00
安値
47.00
52週高値
71.00
52週安値
38.00
発行済株式数
2,538.17
時価総額
40,615.96
予想PER
-1.79
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 6740.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Japan's SESC Recommends About 2.1 Billion Yen Fine Against Japan Display For Alleged False Statements In Securities Reports

Japan Display Says Chairman Scott Callon To Become CEO

JDI President Kikuoka To Step Down, Chairman Scott Callon To Become CEO - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジャパンディスプレイとは

ジャパンディスプレイグループは、主な事業内容は、中小型ディスプレイ及び関連製品の開発、設計、製造及び販売事業である。【事業内容】ディスプレイは、電子機器の出力装置として文字、写真、動画等の画像を表示する電子部品である。同社グループの手掛ける中小型ディスプレイは、主としてスマートフォン、タブレット端末、車載用機器、医療機器、ウェアラブル機器、デジタルカメラ等に搭載されている。同社の事業は、中小型ディスプレイ事業の単一セグメントである。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

Landic Daini Shimbashi Bldg.

3-7-1, Nishi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-0003

Japan

+81.3.67328100

https://www.j-display.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Scott Callon

Chairman of the Board, Representative Executive Officer

Minoru Kikuoka

President, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer

Akihito Okochi

Executive Officer, Chief Financial Officer

Yoshiharu Nakajima

Chief Technology Officer, Executive Officer, Chief Director of Research & Development

Kazuya Iizuka

Executive Officer, Director of Mobile Business

統計

4.33 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.7K

2019

0.6K

2020

0.5K

2021(E)

0.4K
EPS (JPY)

2018

-411.090

2019

-131.840

2020

-116.560

2021(E)

-26.855
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.10
株価純資産倍率(四半期)
3.54
株価キャッシュフロー倍率
13.26
総負債/総資本(四半期)
276.51
長期負債/資本(四半期)
213.96
投資利益率(過去12カ月)
-27.03
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.99

最新ニュース

最新ニュース

JDI、21年3月期の営業損益予想は296億円の赤字

ジャパンディスプレイ(JDI)は10日、21年3月期の連結営業損益予想について、296億円の赤字になると発表した。これまで営業利益予想は出していなかった。売上高の減少、LNG価格高騰による一部国内工場の電力料金上昇、超過需要による

証券監視委、JDIに21億円の課徴金勧告 開示規制違反で

証券取引等監視委員会は22日、ジャパンディスプレイ(JDI)が金融商品取引法に基づく開示規制に違反したとして、金融庁に対して課徴金納付命令を出すよう勧告を行ったと公表した。金融商品取引法に基づき算定される課徴金の額は21億6333万円。

UPDATE 1-証券監視委、JDIに21億円の課徴金勧告 開示規制違反で

証券取引等監視委員会は22日、ジャパンディスプレイ(JDI)が金融商品取引法に基づく開示規制に違反したとして、金融庁に対して課徴金納付命令を出すよう勧告を行ったと公表した。金融商品取引法に基づき算定される課徴金の額は21億6333万円。

JDI、菊岡社長が年末で退任 キャロン会長がCEO兼任

ジャパンディスプレイは10日、菊岡稔社長兼最高経営責任者(CEO)が12月31日で退任する人事を発表した。スコット・キャロン会長がCEOを兼務する。

JDI、営業赤字継続 売上高3000億円弱でも黒字化できる戦略提示へ

ジャパンディスプレイ<6740.T>は13日、2020年4―12月期の連結営業損益が198億円の赤字になる(前年同期は326億円の営業赤字)との見通しを発表した。全売上高の過半を占めるモバイル分野が競争激化のために減収となることなどが影響する。経費削減や新製品の投入などにより、売上高が3000億円弱でも黒字化できるようなプランを示したいとしている。

UPDATE 1-JDI、営業赤字継続 売上高3000億円弱でも黒字化できる戦略提示へ

ジャパンディスプレイは13日、2020年4―12月期の連結営業損益が198億円の赤字になる(前年同期は326億円の営業赤字)との見通しを発表した。全売上高の過半を占めるモバイル分野が競争激化のために減収となることなどが影響する。経費削減や新製品の投入などにより、売上高が3000億円弱でも黒字化できるようなプランを示したいとしている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線ともに下回る

<16:56> 日経平均・日足は「小陽線」、5日 線・25日線ともに下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。終値は5日移動平均線(2万347 7円90銭=28日現在)、25日移動平均(2万3446円04銭=同)をともに下回 った。一目均衡表では転換線(2万3469円74銭=同)に押さえつけられる格好とな っており、調整局面にきたとの印象を与えている。 <16:20> 新興株市場は反落、大塚家具はストップ高 IPOは3銘柄が初値 形成 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市 場からは「マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、大塚家具はストップ高 IPOは3銘柄が初値形成

<16:20> 新興株市場は反落、大塚家具はストップ高 IPOは3銘柄が初値 形成 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市 場からは「マザーズ市場ではここ数日間、過熱感が強まっていた銘柄が急落する動きがみ られたが、売りは一巡したようにみえる。ただ、米大統領選を通過するまでは神経質な動 きとなりそう。米株が弱いときは流動性リスクが意識されるので、注意が必要」(国内証 券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.07%安。個別では、大塚家具 がス トップ高比例配分。ランチタイム中、大塚久美子社長...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は戻り歩調、閑散続く 米大統領選の不透明感で 

<14:30> 日経平均は戻り歩調、閑散続く 米大統領選の不透明感で  日経平均は前営業日比70円ほど安い2万3400円台前半での推移。為替の円高進 行と米株先物の軟化を嫌気し一時下落基調となっていたが、戻り歩調となっている。 市場では「商いは閑散としており、市場参加者は日計りの個人投資家が中心となって いる。朝方売った人たちが、後場になって買い戻した可能性が高い。米大統領選を巡って は、トランプ大統領選の支持率が足元で上昇しているとの世論調査もあり、結果が明確に なるまでは手控えたい」(国内証券)との声が出ていた。 <12:56> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、円高重しで輸出関連株売られる

<12:56> 日経平均は後場軟調、円高重しで輸出関連株売られる 日経平均は後場軟調、前営業日比70円ほど安い2万3400円台前半で推移してい る。前日の場中に比べてドル/円相場がやや円高に振れていることが嫌気され、輸出関連 株がさえない動きとなっている。個別では、トヨタ自動車 、ファナック 、ホンダ などが安い。 中国が2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討している と伝えられ、市場からは「中国の規制も自動車関連銘柄には重しとなっているようだ」( 国内証券)との意見が聞かれた。 <11:49> 前場の日経平均は...

午前の日経平均は続落、好業績銘柄の物色が下支え

28日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比75円04銭安の2万3410円76銭となり、続落した。前日の米国株式相場がまちまちの展開となる中、時間外取引で米株先物が軟調な動きとなったことを受け、日経平均も朝方から幅広い業種で売りが先行。だが、売り一巡後は下げ渋り、マイナス圏でもみあう展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、好業績銘柄が相場下支え

<10:46> 日経平均はマイナス圏、好業績銘柄が相場下支え 日経平均はマイナス圏、前営業日比50円ほど安い2万3400円台前半で推移して いる。時間外取引での米株先物の動きを受けて朝方は売り優勢で始まり軟調な推移となっ ていたが、下げ幅を縮小。市場からは「企業決算をみていると、主力の製造業の一角で実 績が市場予想を上回っている。4―6月期からの回復が確認されたことで、日経平均は、 上値は重いが下値も堅い展開が予想される」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、HOYA 、ジャパンディスプレイ 、シマノ など が堅調。 <10:05>...

JDI、4―6月は70億円の営業損失 固定費削減で赤字幅縮小

ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T>は10日、2020年4─6月期の連結業績が70億円の営業損失になったと発表した。構造改革に伴う固定費などの削減で、営業損失幅は前年同期の271億円から縮小した。

JDI、4―6月営業損失は70億円 固定費削減効果で赤字縮小

ジャパンディスプレイ(JDI)は10日、2020年4─6月期の営業損失が70億0600万円になったと発表した。構造改革に伴う固定費や経費削減効果で、営業損失は前年同期の270億7300万円から縮小した。

JDIとパナソニック、中国液晶パネル大手を提訴 特許侵害で

ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T>とパナソニック<6752.T>は、中国の液晶パネル大手の天馬微電子を、特許侵害による損害賠償などを求めて米国の地方裁判所に8月31日付(現地時間)で提訴した。

アングル:コロナで岐路の「現地現物主義」、メーカーはAIに活路

愛知県豊橋市にある武蔵精密工業<7220.T>の自動車部品工場では、ロボットが品質管理のための検査作業の一端を担っている。トヨタ自動車<7203.T>が提唱し、20世紀の大量生産モデルに革命をもたらしたと賞賛される「現地現物主義(直接現場に足を運んで現物を目にすること)」が、新型コロナウイルスのパンデミックによって急速な変化を迫られている製造業界の今を物語る光景だ。

JDI、白山工場を売却 シャープなどに700億円

ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T>は28日、白山工場(石川県白山市)をシャープ<6753.T>などに約700億円で売却すると発表した。JDIは構造改革を進め、シャープは生産能力拡充や基盤強化に活かす。

JDI、白山工場をシャープに412億円で譲渡 液晶設備も他企業に

ジャパンディスプレイは28日、白山工場(石川県白山市)をシャープに412億円で譲渡すると発表した。またJDIの顧客企業に対し、白山工場の液晶ディスプレー生産設備を8500万ドルで追加譲渡する。シャープおよび顧客企業に対する譲渡価格は合計6億7500万ドルとなる。

JDI、株主総会でいちごからの追加出資を承認

ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T>は26日開いた定時株主総会で、独立系投資顧問会社いちごアセットマネジメントのグループから最大604億円の追加出資を受け入れる会社提案を承認した。追加出資はいちごによる優先株引き受け50億円、いちごへの新株予約権554億円となる。

JDI、高性能ガラス指紋センサー量産開始 セキュリティー強化に対応

ジャパンディスプレイ(JDI)<6740.T> は24日、米連邦捜査局(FBI)に認定登録された静電容量式ガラス指紋センサー2品種の量産出荷を開始したと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up