for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パナソニック株式会社

6752.T

現在値

1,356.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

733.50

 - 

1,520.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,356.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
168.06
高値
--
安値
--
52週高値
1,520.00
52週安値
733.50
発行済株式数
2,333.32
時価総額
3,327,032.00
予想PER
20.02
配当利回り
1.84

次のエベント

Full Year 2021 Panasonic Corp Earnings Release

適時開示

その他

Atar Capital Acquires Universal Lighting Technologies And Douglas Lighting Controls From Panasonic Corporation

Tesla Says Co & Panasonic Entered Into 2021 Pricing Agreement (Japan Cells) Effective As Of October 1, 2020 Until March 31, 2022

Panasonic: To Issue Up To 200 Billion Yen In Unsecured Bonds, Use Proceeds For Redemption Of Commercial Paper

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パナソニック株式会社とは

パナソニックグループは、同社及び連結子会社495社を中心に構成され、総合エレクトロニクスメーカーとして関連する事業分野について日本国内外のグループ各社との緊密な連携のもとに、開発・生産・販売・サービス活動を展開する。【事業内容】同社の製品の範囲は、電気機械器具のほとんどすべてにわたり、5つのセグメントから構成される。アプライアンスセグメントは、ルームエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、美・理容器具、電子レンジ、ビデオ機器、オーディオ機器、掃除機、炊飯器、自転車、ショーケース、大型空調、コンプレッサー、燃料電池等の開発・製造・販売を行う。エコソリューションズセグメントは、照明器具、ランプ、配線器具、太陽光発電システム、水まわり設備、内装建材、外装建材、換気・送風・空調機器、空気清浄機、介護関連等の開発・製造・販売を行う。AVCネットワークスセグメントは、航空機内エンターテインメントシステム・機内通信サービス、パソコン・タブレット、プロジェクター、放送用カメラシステム、監視・防犯カメラ、デジタルカメラ、固定電話等の開発・製造・販売を行う。オートモーティブ&インダストリアルシステムズ・セグメントは、車載インフォテインメントシステム、電装品、リチウムイオン電池、車載電池、乾電池、制御機器、モーター、電子部品、電子材料、半導体、液晶パネル、電子部品実装システム、溶接機等の開発・製造・販売を行う。その他セグメントは、パナホーム等により構成され、その他の事業に従事する。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

1006, Kadoma

KADOMA-SHI, OSK

571-8501

Japan

+81.6.69081121

https://www.panasonic.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Shusaku Nagae

Chairman of the Board

Kazuhiro Tsuga

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Hirokazu Umeda

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Director

Shigeki Mishima

Chief Human Resource Officer, Executive Officer

Mototsugu Sato

Executive Vice President, President of Subsidiary, Representative Director

統計

2.53 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

8.0K

2019

8.0K

2020

7.5K

2021(E)

6.7K
EPS (JPY)

2018

101.200

2019

121.830

2020

96.760

2021(E)

66.368
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.81
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.50
株価純資産倍率(四半期)
1.39
株価キャッシュフロー倍率
6.41
総負債/総資本(四半期)
71.26
長期負債/資本(四半期)
49.64
投資利益率(過去12カ月)
5.45
自己資本利益率(過去12カ月)
2.89

最新ニュース

最新ニュース

GMとLGエナジー、テネシー州に2カ所目の米電池工場建設へ

米ゼネラル・モーターズ(GM)と韓国の合弁パートナー、LGエナジー・ソリューションは16日、電気自動車(EV)用電池の中核部品である電池セルの生産工場を米テネシー州スプリングヒルに建設すると発表した。規模は23億ドル相当で米国で2カ所目の工場となる。

春闘集中回答日、コロナで水準低下 「官」主導の賃上げ失速も

2021年春季労使交渉(春闘)は17日、主要企業が労働組合の賃金要求に一斉回答した。今回の交渉は新型コロナウイルス感染症で事業環境の先行きが読みにくい中で行われ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は要求そのものが見送られるなど低調となった。トヨタ自動車や日産自動車など一部企業は満額回答となったが、2014年から始まった「官」主導で続いていた賃上げの流れは、勢いを失う可能性がある。

WRAPUP 1-春闘集中回答日、コロナで水準低下 「官」主導の賃上げ失速も

2021年春季労使交渉(春闘)は17日、主要企業が労働組合の賃金要求に一斉回答した。今回の交渉は新型コロナウイルス感染症で事業環境の先行きが読みにくい中で行われ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は要求そのものが見送られるなど低調となった。トヨタ自動車や日産自動車など一部企業は満額回答となったが、2014年から始まった「官」主導で続いていた賃上げの流れは、勢いを失う可能性がある。

UPDATE 1-春闘集中回答日、コロナで賃上げ水準低下 トヨタや日産は満額回答

2021年春季労使交渉(春闘)は17日、主要企業が労働組合の賃金要求に一斉回答した。今回の交渉は新型コロナウイルス感染症で事業環境の先行きが読みにくい中で行われ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は要求そのものが見送られるなど低調となった。トヨタ自動車や日産自動車など一部企業は満額回答となったが、2014年から始まった「官」主導で続いていた賃上げの流れは、勢いを失う可能性がある。

独自技術持つ企業に投資、年内あと2・3件=カーライル日本代表

米投資ファンドのカーライル・グループの山田和広・日本代表はロイターとのインタビューで、独自技術を持つ「グローバルニッチ企業」への投資に意欲を示した。今後も国内の大企業による非中核事業売却などで投資機会は増えるとみており、昨年新たに設立した日本特化ファンドを通じて年内にあと2、3件の買収を予定しているという。

パナソニック、電池事業でテスラ依存の低減必要─CEO=FT

パナソニックの津賀一宏最高経営責任者(CEO)は、電気自動車(EV)向け電池事業について、世界の自動車メーカーのEVとの互換性を高めることで、米テスラへの依存を減らす必要があるとの見解を示した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が14日報じた。

現時点で決定事実ない=米ソフト大手買収報道でパナソニック

パナソニックは9日、米ソフト大手のブルーヨンダーを買収する方針を固めたとする一部報道について「現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。企業価値向上に向け、さまざまな検討をしているとした。

ホットストック:パナソニックが5%超安、米ソフト大手買収報道を嫌気 資金面で警戒感

パナソニックは続落し5%超安で推移、東証1部の値下がり率上位に入っている。日本経済新聞は同社が米ソフトウエア大手、ブルーヨンダーを買収する方針を固めたと報じた。

パナソニックが「弱い」ロボ クラウドファンディングを活用

パナソニックは16日、「弱い」をコンセプトとするロボットのクラウドファンディングを開始すると発表した。パナソニックブランドとして、これから開発する製品のクラウドファンディングを活用するのは初めて。市場のニーズを見極め、新規事業の創出につなげたい考え。

5日の日経平均は急反発、東証1部時価総額は3年ぶり700兆円乗せ

東京株式市場で日経平均は、急反発。米株の上昇が追い風となって、終始買い優勢の展開となり、1月25日に付けた終値ベースのバブル後最高値2万8822円29銭に接近した。一方、TOPIXは1月14日の昨年来高値1885.93を更新。その結果、東証1部の時価総額は700兆9947億円と、2018年1月以来3年ぶりに700兆円に乗せた。東証1部売買代金も3兆円超の大商い。

ホットストック:パナソニックがしっかり、21年3月期見通しを上方修正

パナソニックがしっかり。同社は2日、2021年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比21.7%減の2300億円に上方修正したと発表し、材料視されている。 4―6月期の新型コロナウイルスの影響による落ち込みが重しとなるが、空調や電気自動車(EV)関連など社会変化を捉えた事業がけん引して2四半期連続で増益となり、足元の経営状況を踏まえた。

BRIEF-パナソニックCFO:テスラ向け電池事業、通期で黒字見込む

* パナソニックCFO:テスラ向け電池事業、通期で黒字見込む * パナソニックCFO:テスラ向け電池「4680」、来年度に向けて試作ライン設置を進める * パナソニックCFO:テスラ向け電池、ボリューム増とロスの低減で黒字化見通せるようになった *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (Reporting By Hitoshi Ishida)

パナソニック、今期営業益予想を上方修正 2四半期連続増益踏まえ

パナソニックは2日、2021年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比21.7%減の2300億円に上方修正したと発表した。上期を中心に生じた新型コロナウイルスの影響が重しとなるが、2四半期連続で増益になるなど足元の経営状況を踏まえた。

パナソニック、21年3月期の営業益予想を21.7%減の2300億円に上方修正

パナソニックは2日、2021年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比21.7%減の2300億円に上方修正したと発表した。

今日の株式見通し=続伸、米株高と円安が追い風

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数が反発。外為市場でも円安が進行しており、主力株には追い風になりそうだ。

パナソニック、太陽電池生産から撤退へ 来年度中

パナソニックは1日、太陽電池の生産から来年度中に撤退すると発表した。かつて世界上位のシェアを占めたが、中国メーカーとの価格競争でシェアを落とし採算も悪化していた。国内外での太陽電池の販売は継続する。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」、売り買いが交錯した相場環境を 表している。 一目均衡表では転換線(2万8439円49銭=22日)が基準線(2万7670円 60銭=同)の上に位置していることから、中長期的には上昇余地がありそうだ。ただ、 基準線が横ばいで推移していることから、目先としてはもみあう相場展開が予想される。 <15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる

<15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は3 日続伸した。市場からは「日経平均がさえない動きとなる中、個別の材料を手掛かりにマ ザーズ市場で中小型株の物色が活発になったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.27%高。個別では、イメージワン<2667. T>が一時ストップ高となったほか、ウエストホールディングス がしっかり。東映 アニメーション は連日の昨年来高値を更新した。一方、エム・エイチ・グループ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、東京五輪めぐる報道の影響は限定的との声

<14:14> 日経平均は下げ幅縮小、東京五輪めぐる報道の影響は限定的との声 日経平均はやや下げ幅を縮小。売り買いが交錯し、前営業日比70円ほど安い2万8 600円台後半で方向感のない動きが続いている。市場からは「材料出尽くし感があるこ とに加え、週末を控えており、動意に乏しい展開となっている」(国内証券)との声が聞 かれた。 また、朝方から東京五輪を巡る情報が交錯しているが、「マーケットに与える影響は 限定的ではないか」(同)との指摘もあった。 <12:53> 日経平均は後場さえない、市場の関心は企業決算へ 後場に入り、日経平均はさえない...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場さえない、市場の関心は企業決算へ

<12:53> 日経平均は後場さえない、市場の関心は企業決算へ 後場に入り、日経平均はさえない展開となっている。前営業日比90円ほど安い2万 8600円台半ばで推移。「来週以降、本格化する企業決算発表にマーケットの関心が向 かっている」(国内証券)との声が聞かれ、「7―9月期の決算では機械、電気機器、自 動車などの回復が目立ったが、今回は小売や流通など、出遅れた業界の回復がみられるか が焦点になる」(同)という。 <11:40> 前場の日経平均は反落、週末と高値警戒感からさえない動きに 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up